麻中蓬

登録日:2021/04/16 (金) 00:52:19
更新日:2021/05/15 Sat 00:17:51
所要時間:約 3 分で読めます







守れる者は……守る!





出典:SSSS.DYNAZENON、2話『戦う理由って、なに?』、21年4月2日から放送中、TRIGGER、
「DYNAZENON」製作委員会、©円谷プロ ©2021 TRIGGER・雨宮哲/「DYNAZENON」製作委員会

概要

麻中(あさなか)(よもぎ)』とは、『SSSS.DYNAZENON』の登場人物である。

CV:榎木淳弥

本作におけるもう一人の主人公で、青髪で黄色い瞳をしている。あだ名は『よも君』(Byらんか)、『よもさん』(By飛鳥川ちせ)。
フジヨキ台高校に通う高校一年生で、南夢芽とはクラスメイトにあたる。
放課後はスーパー『ゆりマート』でアルバイトをしている。
普段はコンタクトをしているようで、自宅にいる時は眼鏡をかけている。

そんなごく普通の日常を送ってきたが、『怪獣使い』を自称する青年ガウマと出会い、
更に怪獣が現れ、ガウマが召喚した謎のロボット『ダイナゼノン』の搭乗者となったことで、彼の日常に変化が訪れる事となった。


人物

特に特徴のないごく普通の少年。
ただ日常的に会話する同級生が複数おり、社交性は悪くはない。
その友達である淡木、なずみ、らんか、金石とのLINEグループ名が『kmkrえんそく』であることから、
どうやら4月の鎌倉遠足の際の班分けを契機に仲良くなったようだ。

ただ、ややお人好しすぎる傾向があり、不審者全開だったガウマから逃げる事はせず、
空腹だった彼にスペシャルドッグを差し出したり、怪しい噂のある同級生・南夢芽と待ち合わせを約束され、
それがわかっていても律義に待ち続け、それをすぐに許した。
このように表面上は社会性に富んでいる一方で、脚本の長谷川圭一氏曰く「人に合わせるが、実は壁を作る性格」と答えており、
雑誌の見出しには上記の対応は「柔和な対応は処世術?とまで書かれている。

ダイナゼノンに関しては「もっとふさわしい人に任せるべき」と乗り気ではなく、
一応悪いとは思いながらも操縦訓練よりもバイトを優先していた。
しかし、夢芽に戦場跡地に連れていかれ現状を認識した後は、その考えを改め始めている。


雨宮哲監督直筆によるボイスドラマ1.1回「カシワギルティ」では、
学園祭の出し物について話し合う際、友人である淡木&なずみの男子陣から『カシワギルティ』と評されている*1
シリーズ開始の前日、バイト中だった蓬がいないことをいいことに、男子陣とらんか&金石の女子二人組が、
蓬の話題で持ちきりだった際にノリで言ってしまうが、当の蓬本人は意味が分からず困惑していた。


家族

小学三年生の頃両親が離婚し、現在は母と祖母との3人暮らし。実家も母方の祖母のもの。
ボイスドラマ2.2回「優しい家で育ったから」によると、蓬自身は別に大変とかはないし、経済的にも問題もなく、
ただ離婚時に苗字が変わってめんどくさくなったり、小学生の頃苗字の方のあだ名で呼ばれていたため、周りに気遣うようなクセがついたとのこと。

母には現在上条さんという恋人がいるが、ボイスドラマ2.2回では(母にも上条さんにも)それとなく気遣われているのが分かり、「俺が単純に嫌なのかもな」と思うと居た堪れないと感じている。
その反発心は、彼から貰った入学祝いを募金箱にこっそり入れている場面も見せている。
そんな感じで家族とはやや距離があり、アルバイトをしているのも速く独立したいからという思いもあるようだ。



ダイナソルジャー



アクセスモード!  ダイナソルジャー!!!


出典:SSSS.DYNAZENON、2話『戦う理由って、なに?』、21年4月2日から放送中、TRIGGER、
「DYNAZENON」製作委員会、©円谷プロ ©2021 TRIGGER・雨宮哲/「DYNAZENON」製作委員会



ガウマから託された、ダイナゼノンのコアユニットとなる小型の竜人型ロボット。
ダイナゼノンおよび変形後のダイナレックスの頭部・胸部を構成し、ダイナレックス時には腕部分にも変形する。
普段は手のひらサイズに縮小されているが、上記の台詞と共にぐんぐんカットで巨大化する。コクピットは頭部にある。

コアユニットなのでダイナゼノン/ダイナレックスになる際には合体の中心になる。
インナースペースは背後以外の視界は良好なため、合体時には自分の周囲に他機が迫ったり、怪獣の顔がアップで映る場面を見る事になる。かなり怖い!

構成メカで唯一四肢が存在し、それを使った格闘戦を得意とすると思われるが、
蓬がバイトで訓練をしていないため、現在はその能力を十全に引き出せていない。
実際、人型で操縦が複雑なのか第2話における初の分離戦ではなんと両腕しか動かせなかった。まあ、夢芽のフォローで何とか勝利できたからいいが……。
第4話では蓬が風邪をひいてダウンしていたため、飛鳥川ちせが急遽操縦することになった。
しかし、いざ乗ってみると相手とは逆方向に歩いて行ったため、結局蓬に頼る羽目に……さすがにゲームのようにはいかないか。
ただ、『誰でも乗れる』という特性の為か、ちせもパイロット補欠として今後の訓練に参加。飲み込みが早いのか、第5話冒頭ではダッシュからのきりもみジャンプを披露している。今後に期待といえよう。

なお自宅にいる時は小型化したソルジャーをエアコンの上に隠してある。ボイスドラマ4.4回で堂々と机の上にダイナウイングを置いている南さんとは大違いである。


派生形態

ダイナソルジャー・ウイングコンバイン

初披露は第2話。
夢芽の操縦するダイナウイングと単独で合体することで完成する、高機動形態。
前作における大空合体超人 スカイグリッドマンに該当する形態で、飛行能力も追加されている。


ダイナソルジャー・ストライカーコンバイン

初披露は第5話。
ちせの提案を受け渋々山中暦が操縦するダイナストライカーと合体した姿。
前作における剛力合体超人 マックスグリッドマンを思わせる巨腕が目を引く。
右からストライカーストームα、左からストライカーストームβという超高熱火炎を放出する。
バランスに問題があるため初合体時にはバランスを崩して後ろに転倒してしまった。


余談

  • 演じる榎木氏は、前作『SSSS.GRIDMAN』でYouTuber『Arcadia』のタカト役で出演していた。
    また榎木氏は飛鳥川ちせ役の安済知佳氏とはリアル従兄妹である。

  • 名前の由来は故事成語の1つ「麻の中の蓬」だと思われる。
    意味は「まっすぐに伸びる麻の中に生えれば、曲がりやすい蓬も影響を受けてまっすぐに伸びるように、善人と交われば、自然に感化されて善人になる」ということ。

  • ダイナソルジャーのぐんぐんカットは背部に浮かぶサイン*2と共にロボット玩具サイズのものが巨大化するものであり、長谷川氏がシリーズ構成を務めた『ウルトラマンギンガ』のウルトライブ*3を思わせる。
    実際、ガウマ役の濱野大輝氏も4月9日にて自身のtwitterで「ギンガ味もある。根岸さん*4に観て欲しい」というコメントを残している。
    また、左拳を突き上げるポーズも原点である『電光超人グリッドマン』のグリッドマンを意識している模様。


追記・修正お願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2021年05月15日 00:17

*1 ぶっちゃけて言うと、第1話冒頭部にて水門の上にいる夢芽が気になってだんまり状態だったたためこう言われている。蓬本人は彼女を「気になるわけじゃないけど嫌いでもない」と評するが、その後好みのタイプは年上か?とかおっぱいは大きければ誰でもいいのか?といろいろイジられており、最終的に『カシワギルティ』『ヨモギルティ』と認定されてしまうのだった……早い話、年相応にムッツリスケベ?といったところか。

*2 そのデザインは、グリッドマンの胸部中央にある『クリスタルコンバーター』とその周囲に施された三つの青いパーツ『トライジャスター』に酷似している。

*3 スパークドールズを使いウルトラ怪獣/ウルトラヒーローに変身すること。特にデザインが似ているブラックキングへの変身が近い

*4 『ギンガ』シリーズで主役の礼堂ヒカルを演じた根岸拓哉氏