ラ・カサミ改(書籍版第5巻の近代化改修後)

ら・かさみかい

フォーク海峡海戦で大破・座礁したムーの戦艦ラ・カサミに、日本新世界技術流出防止法が許す限りの魔改造強化を施した結果、完成した戦艦。
書籍版第五巻にて(日本船舶技術者の過重労働という犠牲の元)、サプライズ的に登場する。このためWeb版では未登場だが、回顧場面としての戦闘記録において登場している。
改修前 改修後
全長 131.7m 136m
全幅 23.2m 23.2m
基準排水量 15,140t 不詳
機関 ディーゼルエンジン
出力:15,000馬力
ガスタービン4基・COGOG方式
出力不詳(推定80,000馬力以上)
速力 最大18kt 最大32kt
兵装 主砲
口径:30.5cm
連装2基
4門
主砲(前部)
口径:15.5cm
口径長:52
3連装1基
主砲(後部)
口径:12.7cm
口径長:54
単装1基
副砲
口径:15.2cm
単装14門 副砲(滑腔砲・両舷)
口径:12.0cm
口径長:44
単装4基
艦首長魚雷発射管
口径:53.3cm
2門
89式魚雷8発
両舷短魚雷発射管
口径:32.4cm
3連装2基
18式近距離艦対空誘導弾発射機 8連装(おそらく)4基
ミサイル搭載数約100発
改良型中距離多目的誘導弾 100発
高性能20mm機関砲 4基

前史

事の始まりはフォーク海峡海戦。ここでラ・カサミは操舵不能に陥り、座礁してしまう。
だが、結果的にこの海戦唯一の生存艦となり、日本の国力を知るマイラスや親日派が上層部に掛け合うことで、日本に離礁および技術支援による修理を依頼することになる。
日本も国際情勢からムーを抑止力として強化する思惑があり、技術流出防止法を回避するため、新造ではなく修理・改修という形で計画が進み始める。

改修計画

改修の大前提として、技術流出防止法を守りながらも第二次世界大戦レベルの艦艇に優位性を持ちつつ、最悪の場合、日本にとって脅威にならない程度の性能とされた。
書籍版ではWeb版と違い、ディーゼルエンジンを採用しているためか、ブラックボックス化したガスタービンエンジンへの換装も許可されており、出来ることが多かった。だが技術者たちが改修案を出した後、そんなことすら些事と言える難題が持ち上がる。

混乱

日本政府から「5ヶ月以内の戦線復帰」が打診されたのだ。これは、ムーからバルチスタ沖海戦にラ・カサミ改を参加させたいと要請があったため。
しかし、戦線復帰と言うことは、修理と改修だけではなく、ムー海軍乗組員に対する「新技術の説明と運用方法の講習及び訓練」まで終わっていると言う事。つまり修理・改修を5ヶ月未満で完了させなければならない。
ミサイルやレーダーはまあいい。だが、主砲やFCSとなるとハードだけでなく、ソフトウェアの開発も同時に行わなければならず、そもそも日本は無論、現代地球においてラ・カサミの様な戦艦クラスの砲製造施設なんて存在しない。
あまりな無理難題に技術者たちは頭を抱え、そして休日がなくなったであろう・・・・。
その結果、突貫工事と現存兵器の流用という形で改修が進むこととなる。

完成

そして完成したのが上記スペック表のものとなる。
細かい説明は各種兵器説明に譲るとして、ここでは特徴的な武器について説明する。
なお時間不足の都合、モニタに表示される言語は地球基準のものらしい。

「主砲」56口径15.5cm三連装砲
おそらく技術者がもっとも苦労したと思われる武装。
口径から察して欲しいが、自衛隊の155mm榴弾砲の砲身や装填機構をそのまま転用している。
砲塔に複合装甲を採用し、FCSの命中精度と自動装填による速射で威力低下を補っている。
特にFSCと砲制御機構は「完全な新規開発」であり、半年未満で完成までこぎつけたのは驚異的といわざるを得ない。
技術者の皆様に脱帽である。

「副砲」12.0cm単装砲
まさかの10式戦車砲塔流用
いや、確かに装甲貫通能力はトップだし、命中精度も非常に高いが、いくら近接戦闘用の舷側砲とはいえ、戦車砲とはいかがなものか・・・。
突貫工事のため、(いろんな意味で)かなり無理した感じがある。

「改良型中距離多目的誘導弾」
テスト的兵装。恐らく、今回のような技術供与目的のために研究中と思われる装備。
元は対戦車・対舟艇用の「中距離多目的誘導弾」。対艦誘導弾や重MATや96式多目的誘導弾システムに比べ、低コストかつ小型だが、射程は対艦用としてはかなり短いため、ロケットブースターを追加することで射程延伸(約40km)をはかっている。
地球の兵器に例えると艦載ヘルファイアに近い。元が元なので弾頭は軽いが、撃ちっぱなし能力や同時攻撃能力があるため、小型艦や木造帆船には充分な威力を発揮する。警備艇用や供与武器としてはうってつけである。

蛇足であるが、第一次改修ということがムーに伝達してあり、今後も改修を続ける予定とのこと。
書籍版では一足先に登場しているが、今後はWeb版でも登場してくるだろう。
今後の活躍に期待である。

作中での活躍


フォーク海峡海戦での損傷後、日本まで曳航され、広島県の呉基地にて修理・改修を受ける。
中央歴1642年12月24日朝、ムー海軍に引き渡され、翌1643年1月28日、海上自衛隊第4護衛隊群に護衛されて、ムー国オタハイト軍港に帰還。

2月7日、首都オタハイトグラ・バルカス艦隊が迫っているとの知らせを受け、オタハイト港を出港。

先に出撃していた首都防衛艦隊の救援には間に合わなかったが、まず対空兵器でグラ・バルカスの艦載機数十機を撃墜。
続いてグラ・バルカス本国艦隊第52地方艦隊、通称イシュタム分遣隊8隻と交戦
戦艦「メイサ」の砲撃で大破・航行不能に陥りながらも、89式魚雷改で「メイサ」と巡洋艦「フルド」を撃沈。他に砲撃とミサイルで駆逐艦2隻を撃沈、巡洋艦1隻と駆逐艦2隻を戦闘不能にするという大戦果を上げた。
なお魚雷の第一射を第二射で敵艦への照準と被弾の順番が逆になっているが、これはムー側の練度不足と日本語能力の都合による設定ミスで、第一射を第二射が追い抜いて敵が被弾し、その後第一射がとどめを刺したとのこと。

他に軽空母1隻が無傷で残っていたが、艦載機をほぼすべて喪失しており、直後にムー本土から航空隊316機が駆けつけ、4隻すべてを撃沈している。

関連項目
兵器ラ・カサミ級戦艦ミニラルオタハイト沖海戦

※既存のコメントに返信する場合、返信したいコメントの左側にチェックを入れて下さい。
過去のコメント
  • 失礼、途中でコメントしてしまいました。『第一次改装』という事は、第二次では30.5cm連装砲に戻るのでしょうか?日本がどこかに秘密の製鋼所を作って。で、その砲を参考に超弩級戦艦建造の足掛かりにするとか? - 笠三和大 (2019-02-26 20:33:07)
    • Web版での登場が、第二次か第三次と同じ感じになるかもね。 - 名無しさん (2019-02-26 21:41:38)
    • 書籍版でも度々ワイバーンや戦列艦にミサイル撃つのは資源の無駄みたいな議論が出てたんでな、むしろこいつのFCS付き15.5センチ三連装砲塔を熟成させて命中率や装填速度を高めたモノが次期護衛艦の主砲になるんじゃないのか。オットーメララは手数で優っても射程と威力でバルカスに負けるのだし。 - ハインフェッツ (2019-02-28 10:31:30)
  • とりあえず書籍版と明記した上で改装過程を追記。ただネタバレしすぎない程度が分からないから、どこまで書いていいのか・・・もっと削ったほうがよかったかな。 - 名無しさん (2019-02-26 21:40:21)
    • やっぱネタバレすぎだったので展開リストに変更しましたm(__)m - 名無しさん (2019-02-26 22:15:37)
      • ネタバレ期間終了宣言してるわけだし配慮要るのかな…… - 名無しさん (2019-02-26 22:18:47)
        • あくまで補足的な資料・・・ってぐらいがちょうどいいのかなっと。物語的なものはなるべく省いて。 - 名無しさん (2019-02-26 22:39:42)
  • 超突貫工事で何とか仕上げたあたり、技術者も作業員も、超絶デスマーチだったろうな……。長めの休暇がとれていることを祈ろう。 - 名無しさん (2019-02-27 09:00:58)
    • 大破カサミ改「た だ い ま」 - 名無しさん (2019-02-27 10:40:18)
      • やめたげてよぉ! - 名無しさん (2019-02-27 12:37:08)
    • 『ラ・カサミはその改装をまだ二回残している。この意味がわかるな?』――技術者さん、作業員さんに黙祷。過労死待った無しになりそう。フリーザ様や怪獣惑星のガイガンを思い出した。 - 読歩人 (2019-02-27 15:52:20)
  • この性能なら、グレードアトラスターと1対1でやり合っても勝ってしまうかもしれない。30~40kmの距離から、砲撃で牽制しながら、89式魚雷を撃てば良いのだ。89式魚雷を8発食らったら、グレードアトラスターでも十中八九沈む。 - 名無しさん (2019-02-27 17:53:55)
    • そもそもそれが改装の基本コンセプトだからね。「第二次大戦時程度の技術力を持つ相手に対し、優位性を持って戦えるようにする」と言う。逆に、それが出来なきゃ改装する意味がない。 - 名無しさん (2019-02-28 21:14:27)
    • 実際に物語の中で、グレードアトラスターにとどめを刺す役目を与えても良さそうに思う。 - 名無しさん (2019-03-15 19:54:56)
  • 第二次改装は46cm単装砲装備だな‼ - 名無しさん (2019-02-28 07:53:55)
    • んな、三景艦じゃあるまいし… って言うか作者は後書きでラ・カサミは早々に戦闘のレベルについていけなくなる事が想定されたので、今のうちに見せ場を与える為に突貫工事で改修してああいう展開にしましたみたいな事書いてたが。 - ハインフェッツ (2019-02-28 10:26:32)
    • それ一体何処のフューリアス? - ドリフ提督 (2019-02-28 10:57:37)
  • さすがに次はラ・カサミ改二じゃなく日本の船を提供すると思う - 名無しさん (2019-02-28 18:04:41)
    • 流石に最新型渡すのもアレなので、はつゆき型(まだ2隻程度は残っていた筈)とかはたかぜ型とか? - ドリフ提督 (2019-02-28 18:43:08)
      • いや、ラ・カサミ改の修理をマイカルの日本企業のドックでやって、終わったら施設丸ごとムー軍に提供とか。日本から買った部品を組み立てて「これはムー製の軍艦でござい」って、スマホの生産みたいな事するとか。 - ハインフェッツ (2019-02-28 23:30:04)
    • それは流石に先方の心象悪くするんじゃない? 敢えて嫌な表現すれば「お前らの最新鋭艦とやらなんて役に立たねえからうちらの中古船くれてやるよ。感謝しろよ」って事だぞ? - 名無しさん (2019-02-28 21:41:38)
      • ムーはガ帝から既に侵略を受けているのだから、そんなプライドに拘ってる場合じゃない。 - 名無しさん (2019-02-28 22:10:24)
        • 他でも書かれてるけど「日本から貰った船が大活躍」では困るんだよ。日本政府としても。あくまで「日本の各種支援を受けたムー(の兵器)が格段に強化されました」でないと。それは5巻の25P~26Pでちゃんと書かれてる。将来的にムーを日本の属国化したいとか言うなら話は変わって来るけどね。 - 名無しさん (2019-03-01 19:40:54)
    • 日本にとってあくまで”ムー”を抑止力にしたいので、兵器そのものを渡すとムーじゃなくて日本自身が抑止力扱いされて大変なことになるので・・・ - 名無しさん (2019-02-28 22:23:39)
      • それだけならまだましで、型落ち品でも供与となると、自分のところにも日本の兵器を売ってくれと言う声が(現在でも有るだろうが)関係各国から一気に高まるのは確実。当然、それに全て応える事は出来ない。物理的にも、法的にも。当然、供与を受けられたもの(ムー等)と、そうでなかったものの間にしこりが残る。「日本には遅れるものの、日本と同じ機械文明を基盤とするムーだからこそ、日本の支援を十全に活用でき、抑止力が増大した」と言う体を取るのは日本自身の為でもあるわけだね。 - 名無しさん (2019-03-01 20:04:10)
    • かもね。先進国の船をもらって運用するのは古今東西の常識ですし。解析してデッドコピー作るもよし、将来のために船員を育てるのもよし……個人的には『ラ・カサミ改更に改善』とか『帰ってきたラ・カサミ改Ⅱ』とかでも(浪漫)。 - 読歩人 (2019-03-01 10:11:01)
    • 『蒼き鋼のアルペジオ』のイ401を連想してます。今回は余所(日本)から武装を取り入れたし。次は合体かな? 最終的には戦艦の…… - 名無しさん (2019-03-01 19:06:47)
  • 改良型中距離多目的誘導弾は護衛艦用のモジュール作ったら、モジュール換装で乗せられそう - 名無しさん (2019-03-01 13:29:40)
  • ラ・カサミ改を前と同じに修理し、他のムーの軍艦も強化するしかないということになる。 - 名無しさん (2019-03-01 20:04:06)
  • 弩級になるのは確実、更にうちっぱ短ミサイルてんこ盛りは行くかな? - 名無しさん (2019-03-01 20:34:35)
  • だれかイラスト描いてくれないだろうか。 - 名無しさん (2019-03-01 21:53:05)
  • ムーの国威発揚に宇宙戦艦ヤ〇ト風の歌とかどうですかね?『護国戦艦カサミ』とか? - 笠三和大 (2019-03-03 22:15:00)
  • 試算したら、改装後の推定期間出力、八万数千馬力と出た。 - 名無しさん (2019-03-04 10:43:23)
    • 試算したあなたも凄いが護衛艦ばりの出力を持つラ・カサミ改も凄い。 - 名無しさん (2019-03-04 14:16:20)
      • そんなに難しくないと思います。船や飛行機の場合、必要とされる機関出力は、理論上、速度の3乗に比例するとされています。32/18の3乗はおよそ5.62で、これに1万5千をかけると8万4千ないし8万5千となるのです。 - 名無しさん (2019-03-04 19:39:43)
  • 船体の形を変えて抵抗を減らせるなら7万馬力でも何とかなるかな - 名無しさん (2019-03-04 20:46:59)
    • バルバスバウ追加したって言ってたがよくもまあ、あんな短期間に”効果的な形状”割り出せたよな。 - ハインフェッツ (2019-03-05 22:40:40)
  • 政治的理由から改二しかないとすると、ムーのドックで日本協力のもと修理改造だけど、その前に対グ帝戦が終わりかねん。 - 名無しさん (2019-03-09 22:27:12)
    • この感想を見て思ったのだが、『ラ・カサミ改』の第二次改装はもちろん、『疾風』も『震電改』もグ帝戦には間に合いそうにない。もしかしてだが、ミ帝やグ帝に近い能力を持つアニュンリール皇国戦で日本の同盟国として参戦し活躍するとかあるかな? - 笠三和大 (2019-03-12 10:20:00)
      • だから、五巻の後書きで作者が書いてますがな。「今出しておかないと今後出せなくなる恐れがあったから、急いで出した」って。 - ハインフェッツ (2019-03-12 13:04:00)
        • それは知っています。あくまで『ラ・カサミ改』はあのまま出番がないとしても、『疾風』と『震電改』はマイラスが発言している事を考えると登場しないとは考えにくいのです。それに、例の廉価版ノスグーラが第二文明圏にいたという話、もしかしてそいつはアニュンリール皇国から逃げ出して転移してきた昔のムー大陸で眠っていたとかではないでしょうか?そうすればアニュンリール皇国が何かしらの形で介入してくる可能性があるかと思います。 - 笠三和大 (2019-03-15 20:53:30)
          • リョノスの項でも書きましたが、ツイッターに何故リョノスが第二文明圏にいたのか説明ありましたね。穿ち過ぎた予想してすみませんでした。 - 笠三和大 (2019-03-17 19:39:59)
  • 一つ気付いたことがある。後部の砲が127mmなら、砲塔を2基設置することはできなかったのだろうか? - 名無しさん (2019-03-11 23:49:19)
    • ターレットリングの穴は1つだし、拡張する時間もないし1基でよかったのでは? - 名無しさん (2019-03-12 09:41:57)
  • さらなる改装の際に時間があれば金剛みたいに船体の延長をしたりするかもしれない - 名無しさん (2019-03-15 12:09:32)
    • もう伸びてるよん - 名無しさん (2019-03-17 22:15:04)
      • これ、船体延長なん? 普通にバルバスバウ追加じゃね。 - ハインフェッツ (2019-03-17 23:00:20)
  • 第二次改修では違法建築のような艦橋にしてほしい - 名無しさん (2019-05-09 04:57:32)
  • まさかの航空戦艦化とか・・・!?(なんか、艦尾の方が吹き飛んでたような?) - 名無しさん (2019-05-19 16:22:24)
    • 伊勢・日向っすか?大きさ的に無理があるような……でも出来たら面白そう。現実路線ではまた対空用の主砲じゃないですかね? - 笠三和大 (2019-05-20 11:03:02)
      • 砲身の製造施設はないけど、使用していた旋盤やた - 名無しさん (2019-06-21 08:34:18)
        • ごめん、ミス。砲身製造の機材自体は未だに現役だったり、最近まで現存してたらしいし、現代だとさらに大物鋼鉄製品なんてざらだから、ムーの職人の知見を再導入すれば戦艦砲を改めて製造できるかも。東さんの言う通り、試験は年単位でする必要あるけどね。 - 名無しさん (2019-06-21 08:38:39)
          • むしろ、パクるなよと言わんばかりにチタン製の砲身作っちゃったりして。・・・なんでも発電用タービンの軸がチタンの鍛造品で、コレは地球上でも北海道のとある工場の設備とそれを動かす数人のオペレーターだけが作れるとか。 - ハインフェッツ (2019-06-23 12:44:29)
            • いやいや、チタンは耐熱が低いから砲身になんて無理でしょ( ̄◇ ̄;)それに薬室の強度や高膨圧に耐えうる砲身は単純な削り出しでは無理だから、大変かも。現代は中小口径の技術しかないし、ムーがどこまで技術を発達させているか・・・。それだったらグ帝から輸入か賠償艦で手に入れた方が早いかも。 - 名無しさん (2019-06-23 18:27:45)
              • だが、海水流して冷却する事を前提にすれば、錆びない上に軽いという長所があるんだぞ。 ・・・これが下手にマルエージ鋼なんか使ったら、グ帝程度の技術があればすぐにパクれてしまう。 - ハインフェッツ (2019-06-24 23:51:43)
                • でもまあ、下手に大口径化しても射程が伸びなきゃ兵器としては微妙だし、装填速度で手数も稼ぎたいしとなると、長距離はやっぱミサイルに任せてオットーメララの進化系みたいな20~10センチ砲の高精度両用砲って感じに纏めるべきかと。 - ハインフェッツ (2019-06-24 23:55:23)
                • いやー・・・そもそも冷却は速射による過熱を防ぐためで、耐熱性とは違うのよね。耐熱性が低い=溶けやすい、つまり摩擦や爆炎で容易に磨耗することなので、銃ならまだしも大砲クラスで、しかも秒単位で速射される艦砲だと、下手したら秋月並みに交換前提になりそう。そもそもチタン耐熱、8〜600ぐらいだから薬室逝くのでは・・・汗 未だに鋼鉄兵器が主流なのも、生産性以前に耐熱とか耐久のバランスいいからなのやね。あ、そうそう、チタンなんだけど、耐熱なさすぎて旋盤で燃えちゃうレベルだから、特殊な密閉空間に特殊旋盤による長時間加工が必要だから、予備砲身には期待するなよ笑 - 名無しさん (2019-07-13 18:47:30)
                  • むしろ、そういった部分をミスリードさせる意味でも逆にチタンなら良さそう… - ハインフェッツ (2019-08-04 21:35:36)
  • 中多、詰め込もうと思えばMk41VLSに5発くらい詰め込めれそうなんだよな… - 名無しさん (2019-07-17 10:18:25)
  • 日露戦争でも上部構造物破壊のソフトスキンが目的だから - 名無しさん (2019-07-17 17:44:05)

ここを編集
〔最終更新日:2020年02月13日〕