フォクシー(メリー・メロディーズ)

(パブリックドメイン)

アニメのゴールデンエイジと称された1930年代にワーナー・ブラザースにより作られた、
アニメーション短編映画シリーズ「メリー・メロディーズ」の最初期のキャラクター。
KOF』のキャラはこちら

キツネの少年という設定だが、耳と尾以外はあのミッキーマウスと瓜二つである。
無論、当時はウォルト・ディズニーの作風に影響を受けたアニメーターは数多く存在し、
しあわせウサギのオズワルドで起きた騒動でディズニーを離れた元アニメーターには、
なんやかんやあって当時ワーナーに鞍替えしていた者も複数いたし、そもそもミッキー自身も耳と尾以外はオズワルドと瓜二つなのだが
それを差し引いても同時期のアニメ作品の中でこれほどミッキーに酷似しているキャラは他になく、
覇権に君臨していたディズニーの影響の大きさが窺い知れるキャラとなっている。

ただでさえオズワルドの一件で過敏になっているディズニーに喧嘩売るような真似したためか、
「メリー・メロディーズ」の顔としてフォクシーは作られたにもかかわらず、出番は短編映画3本だけと短命に終わった。
しかし、「メリー・メロディーズ」及び姉妹作である「ルーニーテューンズ」自体は、
何度か低迷こそあったが息の長い人気作品として存続し続けることになり、
その系統であるTV作品『タイニー・トゥーンズ』では、第87話(日本放送は91話)『モノクロタウン』で、
フォクシーはデザインを変えつつ再登場している。


MUGENにおけるフォクシー(メリー・メロディーズ)

コンパチキャラに定評のあるCrow Sar氏の製作したキャラが公開中。
氏のレトロアニメシリーズの第七弾のキャラである。
やや近接攻撃のリーチが短めだが、広範囲にとらばさみを仕掛ける設置技や、
ヘリに乗り込んで銃撃する超必殺技などでカバー可能。
AIもデフォルトで搭載されている。
DLは下記の動画から

出場大会

  • 「[大会] [フォクシー(メリー・メロディーズ)]」をタグに含むページは1つもありません。


最終更新:2022年08月10日 14:59