エレン・ラ・サンタ・テレサ


「僕は、男を捨てた…もうあの頃の陽気にギターを弾いてた僕じゃないわ。」

国籍:スペイン
性別:男(見た目は女)
職業:フラメンコダンサー(元音楽家)
誕生日:9月29日
年齢:20歳
身長:170㎝
体重:64㎏
血液型:B型
趣味:踊ること
特技:女装
好きな食べ物:ワイン、パエリア
嫌いな食べ物:牛乳
格闘スタイル:フラメンコスタイル
キャッチコピー:薔薇の貴公子
イメージカラー:薔薇色

見た目は美人のフラメンコダンサーだが、その正体は女装男子で、要するにオカマである。
普段は女性的に振る舞っているが感情が荒ぶると、女口調から本来の男っぽい汚い口調になる。
性格は高飛車でよく「オホホ」と笑う。ちなみにバイセクシャル
彼にはヴェロニカという美しいフラメンコダンサーの姉がいて、
姉がいたころは喧嘩が強い有名な音楽家でその頃はまっとうな男だった。
しかし姉はある日マンションのベランダにて事故で転落死し、そのショックで心を閉ざし、男を捨てて女装し今のような姿に。
その姿は胸以外生前の姉にそっくりで、身に着けているピアスにネックレス、
そしてハイヒールは全て死んだ姉の形見であり、ドレスだけは姉とお揃いのを買って自分用にアレンジして作ったもの。
エンバーミングを施され朽ちることなく綺麗な姿で、ガラスの箱の中に残されている姉の遺体の前では女装を解くらしい。
フラメンコダンスを武器に、死んだ姉の為に闘うというが…!

(以上、付属の「キャラ設定」より引用・改変)

亜乱田堂氏のコンプゲー『ワールドファイティング・ジェネレーション』のキャラクター。
進撃の巨人』の主人公や照れ屋な幽霊とは無関係。
オカマである事を反映してか、フリー素材を使用したボイスは基本的に女性声であるものの、
後述の「フラメンコエスケープ」では中性的な声を出す。
女装を隠すために男子会ではなく女子会に参加している。
女装する前はモテていたらしいが、シスコンなために姉以外の女性に興味はない。

当初はスペイン代表の正統派女性キャラにする予定だったが、『堕落天使』の結蓮に影響されて女装男子にした。
女装の理由付けは『ふしぎ遊戯』の柳宿を参考にしている。

ホームステージの「バトロン城」はスペインに実在する建造物。


性能

飛び道具は持たないが、蹴りを中心に投げ技を持つ。
投げ技の「フェイススラップ」と移動しつつ回し蹴りを放つ「フラメンコキック」は、氏恒例のボタンによって威力が3段階に分かれる仕様となっている。
「フラメンコエスケープ」は攻撃や相手をすり抜けられる防御技。
必殺技はフラメンコキックの強化版「フラメンコスパイラル」と、前進して掴みかかる投げ技「フラメンコダンス」の2つ。
乱舞技となっている超必殺技の「薔薇色の舞」は7割近く持っていく威力を持つ。
AIは未搭載だが、IX氏による外部AIが公開されている。




「私は強い、そして美しい!ああ、なんてお罪深い事…!」

出場大会



最終更新:2024年01月10日 00:35