若葉ひなた


「遊びじゃないよ!」

誕生日: 4月12日
身長: 155cm
体重: 41kg
スリーサイズ: B78 W56 H78 
血液型: O型
好きなもの: ショートケーキ・レアチーズケーキ・珍しい物・格闘技
嫌いなもの: 不潔な物・虫(特にゴキブリと蛾)・書道(じっとしていられない)
特技: 体を動かすことなら何でも・カラオケ
キャッチコピー: 「嵐の女子高生」
所属高校: 太陽学園
CV: 半場友恵

CAPCOM作の3D格闘ゲーム『ジャスティス学園』シリーズに登場するキャラクター。

太陽学園に通う女子高生。学年は1年生(続編『燃えろ!ジャスティス学園』では1年経ったため2年生)。
明るく活発な性格ではあるがバカと言うわけでもなく、むしろ成績は優秀な方。でも書道は苦手。
一文字伐(バツ)、鑑恭介とはクラスメイトで良く一緒に行動しているが、そのおかげで彼らを取り巻く事件にいつの間にか巻き込まれたりもする。
また、五輪高校の鮎原夏や玉川南高校の春日野さくらとは親友同士であり、寄り道して行きつけの店「デルフォンヌ」でケーキをよく食べる仲。
さくらの場合は彼女のストリートファイトを喧嘩と勘違いし、これを止めようとしたのが初の出会いとなっている。
また、さくらの親友である千歳ケイともドラマCD版ではさくらを通じて既に仲良くなりつるんでいる。
ストリートファイターV』ではビーチのステージでティファニー・ローズと共に水着姿で背景に登場している。

通信教育で「ケン・マスターズ格闘術」を習っており、それをベースに戦う。
マスターズ流だけあって必殺技も「竜巻旋風脚」のような「炎舞脚」、「昇龍拳」のような「昇陽拳」などリュウケンのものに似ている。
『燃えろ!~』では飛ばす事こそできないものの、「気功掌底」という気弾を形成する技までマスターしている。
しかし通信教育だけであそこまで強くなれるものなのかとも思うが、見よう見まねで波動を扱えるようになった娘もいるわけだしなに、気にすることはない
そもそも、PS版初代ジャス学に収録されていたアドベンチャーモード「熱血青春日記」によれば、マスターズ流では少なくとも、
空中で連続回転する方法や炎の出し方などは一切教えていない。「技名に炎が付いてるから」という理由でひなたが自分で炎を出しているレベル。
しかもそのおかしさに気づいておらず、通信教育の賜物だと思っている。
現に、『燃えろ!~』で参戦した委員長(本名不明)は後に同じ「マスターズ格闘術」を習ったものの、炎や気弾を出すには至っていない。
説教一発で相手を爆破するが。
どうも元からあった素質がマスターズ流で開花してしまったようである。

戦う際は制服姿のままであるが、スカートの下はブルマスパッツパンストなどを履いておらず、素でパンツのみである。
じゃあなのかと言うと3Dなのでそういう訳にもいかず、パンチラしまくりである
……というか、パンチラってレベルを超えているパンモロである。
彼女にボーマンのツープラトン「Wパワーバスター(二人ががりでキ○肉バスターを繰り出す技)」を食らわせると大変な事に……。
そういうゲームじゃねえからこれ!!
ちなみにジャス学のスコア画面では、ハイスコアを取ったキャラがカメラ目線で戦う仕様なのだが、
彼女の場合ハイキックやダウンなどをすると……あとは言うまでも無いだろう。


原作での性能

原作では癖が無く扱いやすいキャラクター。手数は多いものの火力が不足気味。
ペースを維持できてるうちはいいが、いったん劣勢になると巻き返される事も。
火力不足についてはゲージさえあればショートエアバーストからの螺旋炎舞脚で補えるので
致命傷ではないものの、通常技必殺技ともに性能は良いが総じてリーチ負けしやすいのが難点。
結果、どの作品でも中堅キャラとして落ち着いている。立ち位置が安定しているのはさくらと同じ。

愛と友情のツープラトン「ガッツ百倍」は攻撃範囲が狭くダメージも微量だが、仲間を激励しゲージを増加させる効果を持つため、
利用価値はかなり高い(技の効果で5本回復、ツープラトン使用で2本消費なので実質3本回復)。

CVS2』では恭介の超必殺技「ファイナルシンフォニーRemix」使用時のみバツと共に登場する。
こちらも2Dのドット絵でありながらパンチラを自重していない
これでも全年齢対象である。
もっとも紳士達によるキャラカラーメイクの前では、些細な事だが



MUGENにおける若葉ひなた

上記の『CVS2』出演時のドットを基にしたものと、その改変版が存在する。

+ Li kun氏 & Fervicante氏製作
  • Li kun氏 & Fervicante氏製作
『CVS2』ドットで製作されたひなた。
Fervicante氏のサイト消失後は「Brazil Mugen Team」にて代理公開中。
前述の「ファイナルシンフォニーRemix」のモーションをベースに、足りない部分はさくらのモーションを流用したり、手描きしたりしている。

『CVS』風仕様となっており、原作で使えた技に加え、ツープラトン技としてバツとの「W気合弾」、ランとの「いただきスクープ」も使用可能。
エアバースト(エリアルレイブのようなもの)も使用可能であり、なかなかの完成度を誇る。
また、海外にしては珍しく別作者(HJK氏)によるAIパッチも配布されており、積極的に攻めてくる中々の強さの良AIである。
ただし、こちらの本体は後述する新版の公開により入手不可となっているので注意。
パンチラの参考動画

2010年1月1日には新バージョンのひなたが公開された。
こちらはジャス学シリーズの3作とCVS2のEXグルーヴから、システムと操作性を選択でき、
それぞれに対応した必殺・超必殺技、そしてツープラトン、スリープラトンが搭載されているという、
これまた高い完成度を誇るキャラクターである。
また、旧verではかすれ気味だったボイスがクリアになっている。
現在公開されているのはこちらのバージョンだけで、先述したHJK氏のAIには対応していないので注意。

AIはいい動きを見せてくれるものがデフォルトで搭載されている他、ホルン氏の外部AIも公開されている。
そちらは恒例のコンボ・立ち回り・反応・ガードレベルに加え、モード選択やブロッキング及びJDの頻度を設定可能。
想定ランクは強との事。

+ Infinite氏製作
  • Infinite氏製作
上記のひなたの改変版で、MUGEN1.0以降専用。
超必殺技ではリュウも真っ青な威力の「真空波動拳」を放つなど、凄まじいアッパー調整が施されている。
AIも非常に強力なものがデフォルトで搭載済み
プレイヤー操作(2;40)

出場大会

シングル
タッグ
チーム
その他
削除済み

出演ストーリー

プレイヤー操作

アルで昇華(part61、Infinite氏製)


最終更新:2021年01月22日 20:18