愛乃はぁと






「愛は絶対勝つんだよ! ぜーったい!」

  • 初出作品: アルカナハート
  • 格闘スタイル: 愛の鉄拳ぱんち
  • 出身地: 国籍:日本/現住所:北区赤羽喫茶あいの
  • 誕生日: 1月14日(愛と希望と勇気の日 やぎ座、14歳)
  • 身長: 156cm
  • 体重: 46kg
  • スリーサイズ: B74 W55 H79 
  • 血液型: B型
  • 好きなもの: ケーキ、パフェ、ハヤシライス、
  • 趣味: テレビ鑑賞
  • 苦手なもの: ゴキブリ
  • 特技: パフェ作り(自称)
  • 家族構成: 母
  • 得意な科目: 体育、音楽、図工
  • 苦手な科目: 国語、英語
  • 所属(学年、部活): 都立御苑女学園中等部2年A組
  • キャッチコピー: 「愛のためにがんばる聖女
  • 関連キャラクター: 冴姫 - 舞織 - リーゼロッテ - ペトラ - あかね

アルカナハート』シリーズに登場するアホ毛少女で、『2』までの主人公。
「メイン格となるキャラは14歳の女の子」という点は(主人公ではないが)ペトラヴァイスにも引き継がれている。
…早生まれの中学二年生で14歳は明らかにおかしい(本来は13歳になるはず)が、気にする事はない。

声優は『スーパーロボット大戦』シリーズのクスハ・ミズハ役などで知られる 高橋美佳子 女史。楠葉汁? 何の事かな?
格ゲーでははぁとの他に『剣サム』においてナコルル、紫ナコルル、レラの3役をこなした。

 トレードマークはハート型の特徴的なアホ毛。感情によって変形したりする。 
 (特に初代の立ち絵では顕著に表れている)
 性格は元気満点で天真爛漫。曲がった事が大嫌いであり、
 大のお節介焼きでかなりのお人好しでもある。
 また、愛で解決できない事はないと本気で信じている。
 趣味はテレビ鑑賞で、特に特撮ヒーロー番組とアニメがお気に入り。
 必殺技などの名前はそれらの影響から即興で付けているのだとか。
 恐らく特に好きな番組はこれであろう。時期的にも合致するし。
 廿楽冴姫とは幼馴染みで大親友。彼女のためなら何だってできる気がする、との事。
 友達、会った人達にあだ名を付けて呼ぶ癖があるが、ペトラきらは物凄く嫌がっている。
 あだ名については冴姫も「今となっては恥ずかしい」として控えてもらうように頼んでおり、「冴姫ちゃん」と呼ばれる事も多いようだ。

+ニックネーム一覧
廿楽冴姫 さーたん
春日舞織 まおりん
リリカ・フェルフネロフ りりちー
安栖頼子 よりぷー
朱鷺宮神依 かむかむ先輩
このは このこの
美凰 めーめーさん
華明芳 みんみん博士
リーゼロッテ・アッヒェンバッハ りぜっち、りぜちー
フィオナ・メイフィールド ふぃおぽん
大道寺きら きららん
ペトラ ぺとらん
ドロシー・オルブライト ドロぴん
犬若あかね あかねーねー
犬若なずな なずなず
シャルラッハロート しゃるるん
パルティニアス パルちゃん
ヴァンリー ヴァンちー

ここに載っていないキャラに関しては大抵「さん」か「ちゃん」付けで呼んでいる。また、一部の呼び名はプレイヤー間でも頻繁に使われる事がある。
『3』主人公のヴァイスは「ヴァイスさん」だが、同作のファンブックで「あだ名考えなきゃ……」と言っているので、
『4』になったらきっとあだ名呼びであろう。

本人は自覚ゼロだが、実は聖霊庁においては国内外を問わず「稀代の聖女*1」と呼ばれる有名人。
子供のころから聖霊を見れるほど力が大きく(そのおかげで聖霊パルティニアスと出会えた)、悪質なものを除けばどんな聖霊とも仲良くなる事ができる。
それ故に「東京事変」(=初代アルカナハート)ではミル姉さん…もといミルドレッドに自覚なく狙われる事となる。
また、関東大崩壊における騒乱でもペトラをはじめとする海外組のほとんどに最初から名が知れており、
積極的にコンタクトを取るものも多い。良くも悪くも自覚がないため、巻き込まれ型主人公のような様相を呈している。
なお聖女の力は通例思春期を超えると失われてしまうのだが、はぁとの母親は「聖女の力を持った大人」という、非常に稀な存在であるらしい。
現在は名前も明らかになっていないが、主人公の母親という立場に加え、
ゲーム本編に出る最低条件「聖女である事」を満たしているので、今後出てくるという事は十分考えられるだろう。
まぁ、「ほとんどが女子中高生の中で一人だけ保護者層」と書くとイヤでもこの人を彷彿とさせるワケだが…。

ファンからの通称は「はぁと様」など。「様」の由来はもちろん世紀末のあの人である

ちなみに家が喫茶店なので、料理は得意(逆に冴姫は大の苦手)。
現在、母の味に近付くために頑張っている。ゲーム版ではパフェ、漫画版ではオムライスを作っている。
たまにこの喫茶店がイベントなどで現実世界へやってくる事もあるようだ。

+待遇
ヒロイン(女主人公)としてなら王道を貫いている事もあり、決して主人公らしくないわけではないとか、
人気が無いわけではないのだが、彼女の主人公としての立場を疑問視するファンも少なからず存在する。

と言うのも、彼女は基本的に巻き込まれ型の主人公であり、
特に『2』では神依やペトラがはぁと以上にストーリーの本筋に関わる一方、
彼女のストーリーとの因縁は極めて薄い。
特に『すっごい!』では、ラスボスをプレイヤー使用した時の代理ボスも、
隠しボスとの因縁も神依が担当している。
昨今、『KOF』『GUILTY GEAR』『鉄拳』など、ストーリーの重要人物を務める主人公も多く、
それらの主人公と比べてはぁとの重要度は低い。と言うか、彼女がいてもいなくても、ストーリー上何の問題もない。
そのため、「ストーリーに一番関わっているキャラクターが主人公」という考えに立つなら、彼女は主人公とは言えないだろう。

だが、そもそもこの「ストーリー重視」と言うべき発想は、格ゲーにおいてはそこまで普遍的な法則と言う訳ではない。
特に、元祖格ゲー主人公であるリュウについてもストーリーにおける重要度は非常に薄く、
むしろ一部の方が遥かにラスボスと因縁が深い。
「作品の顔とストーリー上の重要キャラは別」と言うのは格ゲーにおいてさほど珍しくないのである。
主人公で且つ重要人物なのに見た目のせいで本当に主人公なのかと疑われたヤツもいるし
事実、スタッフ曰く『アルカナハート』のストーリーのコンセプトは
適当にさまよってたら核心に近付いちゃって、取り敢えず出てきた黒幕をやっつける
と言われている
(なお、はぁととリュウにはオーソドックスな性能、優秀な対空必殺技持ち、赤い布を巻いている(部位は違うが)など結構共通点がある)。

そしてその観点からすれば、彼女は本作品の雰囲気をハートフルなものと印象付けるのに強く貢献している。
『すっごい』以前の1Pの初期位置も一貫して彼女であり、関連商品でも中心を担うなど、作品の「顔」である事は疑いようがない。
そう言う意味で彼女は間違いなく主人公であり、それに疑問を持つファンはまずいないだろう。

『アルカナハート3』では彼女に代わってヴァイスが主人公となったのだが、
その結果、はぁとのストーリー本筋に対しての空気ぶりが更に増しており、プレイヤーセレクトの初期位置からも外されてしまった
(1Pはヴァイス、2Pがペトラ。はぁとは枠の一番下であるが、
 初代からのキャラクターは全員下の方であり、はぁとの位置は最上段のヴァイスと対比されていると思われる)。
『3』のメインストーリー上では、同作初登場のキャラクターともボス組織とも背景の因縁とも接点が全く存在しない。
ちなみに、神依もぺトラもボス組織との因縁が深く(ペトラは実際、ヴァイス達を救出している)、
神依に至っては某大戦の頃から知っているなど、やはり欠かせない人物。

とはいえ完全に空気かと言えばそうでもなく、新主人公のエンディングに登場したり、
ライバル兼ボスキャラクターのエンディングで彼女の台詞を引用されたりと大事な部分ではちゃんと登場している。
新主人公を導く旧主人公的なポジションに移行した」と言うのが正しいかもしれない。
新旧どちらの主人公にも見せ場を与える理想の交代劇だったと言えるだろう。

さらに、家庭用(PS3/Xbox360版)のパッケージではしっかりとセンターにいて、それどころか全てのPVでナレーションを務めていた。
これではむしろヴァイスの方が主人公(笑)になりかねない状況だが、ストーリーはちゃんとヴァイス中心なので安心しよう。
まあ、ヴァイスのキャラでハートフルなプロモーションは難しいしね

Steam版の『XTEND』では「ダークハート」なるキャラが登場したが、
「髪の色や顔立ちははぁとと酷似(なお3サイズは圧倒的にダークハートの方が上(B82/W56/H90))
「ドレクスラー機関生まれのヴァイス達のような緋目
「他人には礼儀正しいがはぁとに対しては強烈な憎しみを持っている
…と、まるでどこぞのミラーライダーのような設定。果たして何者なのか…。

+あの企業とのコラボ!
なんと、『ハローキティとまほうのエプロン』にてハローキティと夢のコラボを果たした。同作のスペシャルカードとして登場する。
+ハローキティとまほうのエプロンとは
サンリオ創立50周年を記念した、サンリオとエクサム共作のキッズカードゲームである。
ハローキティを初めとした、サンリオのほぼ全てのキャラクターが登場する。
内容は、キャラクターカードでキャラを選択し、食べ物カードで材料を決め、魔法カードで料理して料理を完成させるというもの。
親が料理を手伝う事ができるシステムもあり、子供だけでは無く、かつてサンリオファンだった親世代もターゲットとしている。
通常版とプレミアム版の2種類が存在し、このうちプレミアム版は金箔が貼られたキラキラの豪華仕様である。但し、プレミアム版は愛が試される確率らしい。
このカードを使用すると、スペシャルメニュー「いちごクリームケーキ」を作る事ができる。

+2012年4月1日には…
エイプリルフールという事で2012年はニトロプラス(スーパーそに子)とのコラボを行った。
それだけなら、以前より営業にも行っていた事もあるので珍しい事ではないが…
+エクサムXニトロ
この手の込み様である。
2010年4月1日にアークシステムワークスとエイプリルフールのコラボを行った時は、後にアーク移植・販売で家庭用アルカハナート3が発売されており、
今度はニトロプラスとの何らかの関わりが発表されるのでは、という期待が高まった。

+そして2015年…
それまで制作中とだけアナウンスされていたニトロプラスの対戦格闘ゲームがエクサム製作で進んでいる事が発表され、
2015年に『ニトロブラスターズ』としてアーケード用としてリリースされた。

それに留まらず、なんと2015年12月10日発売の家庭用版にまさかの愛乃はぁとがゲスト参戦
(『アルカナハート3 LOVE MAX SIX STARS!!!!!!』からの参戦という扱い)。
しかもDLCで水着衣装になるという、2D対戦格闘ゲームの常識に一石を投ずる新仕様をひっさげての登場である。
ドット絵なのに完全な衣装替えという斜め上の発想を実現するエクサムは良い意味で頭おかしい
12月24日にはアップデートでアーケード版でも使用可能になった。

流石にアルカナ選択はできないが、一部のパルティニアスの技が使用可能。

+更に2019年には
アーク2D格ゲーのドリームマッチ『BLAZBLUE CROSSTAGBATTLE』にVer1.5のDLC追加キャラとして
ニトブラに引き続き『アルカナハート3 LOVE MAX SIX STARS!!!!!!』からのサプライズ枠で登場。

格ゲーでの外部出演はこれで二度目。
…アークさーん、ブレイブルーの中二で殺伐とした世界観にはもうちょい似合うキャラがいるんじゃないですかー…
ちなみにこの作品に出るまでは外部出展も含め全て女性しかいなかったため(一部怪しいのはいたが)、初めて男性との殴り合いをする事となった。


原作での性能

主人公らしくオーソドックスでバランスの取れた性能を持ち、通常技も比較的普通で初心者でも使いやすい。
基礎コンボ長め、且つ低空ダッシュが必要など難しい要素もあるが、ゲームに慣れるにはうってつけだろう。

必殺技は対空技の「はーとふるぱんち」、突進技の「鉄拳ぱんち」など。
「はーとふるぱんち」はしょーりゅーけん、「鉄拳ぱんち」はばーんなっこーに見えるがなに、気にすることはない
…飛び上がらなかったり超必版があるあたり、どっちかというと「鉄拳ぱんち」は弾拳のえらい人みたいだというのは内緒だ。
ちなみに立ちCは見た目が某帝王のしゃがみ強Pに似ている事から「デヨ」と呼ばれ、
初代ではこれを用いた「デヨループ」が存在した(『2』以降では不可能)。

彼女が使う超必殺技の一つ、初撃が命中すると遥か高みまで昇っていく(バグではない)、
「すっごいはーとふるぱんち」は通称「凄昇龍」と呼ばれて親しまれている。
弱点は自身の技に遠距離での攻撃手段が無い事だが、デフォルトのアルカナである愛のアルカナなどで補える。
余談だが、アルカナシリーズにおいてスタンダード系とされるキャラで、自身の技に飛び道具系を持つ者は、
「3LMSS」で登場した天之原みのりくらいだったりする(エルザのサンクトゥスは設置技としての特性が強い)。

クリティカルハートは「とにかくすっごい愛の鉄拳ぱんち」。
鉄拳ぱんちの超必殺技版である「愛の鉄拳ぱんち」の更に上位版だが、
それらとは異なり斜め上へ飛んでいくという実に斜め上……もとい斬新な性能の技になっている。
技自体はゲージさえあれば無条件で出す事が可能で、発生の速さ、射程、範囲、威力と多くの面で優秀であり、
コマンド入力後の暗転中にレバーを回転させると射程、威力、範囲がさらに向上する。
加えて非常に無敵時間が長い(上昇中は完全無敵)ので、贅沢ではあるが起き攻めや択を拒否る事も可能。
斜め上に飛んでいくので地上の敵には当たらないと思われがちだが、密着状態なら地上でも当てる事も可能である。
『3』ではエクステンドフォース中に使用する事で従来の動作の後に反対側の斜め上へ飛んでいくようになる。
斜め上へ飛んでいく理由はこの技を編み出すために「崖の上からおっきな岩を(略)」という独自の修行をしていたため。
まるでこの人(旧の方)のようである。
漫画版ではミルドレッドをこの技で倒している。……時間軸が合わない?その道はボンガロがすでに通過している。
むしろこの「続編の新技でラスボスにトドメを刺す」演出を使った作者はよく分かっているとも言える。

「とにかくすっごいすっごい
愛の鉄拳ぱーんち!!」

初代~FULLでは同じくスタンダード型の冴姫に比べ、通常技の性能で劣るため下位互換扱いを受け、
『2』では通常技の弱体化によりほぼ最弱と言えるくらいにまで落ちるなど主人公なのにどうもパッとしない事が多かった
(ここでも他のスタンダード系のキャラの劣化とされる。一応フォローしておくとCHを含めた対空面の優秀さなど強みがないわけではない)。
しかし、調整版の『すっごい!アルカナハート2』では再び強化された通常技や
「りぼんびーむ」・「すっごいはーとふるぱんち」の強化で一転してランクアップし、美凰や新キャラ・犬若あかねと並んで最強クラスとなった。
その上バグによる永久(魔のアルカナ限定)も発見された。
後に2.6にバージョンアップした際にやや下方修正されたがランクはそれほど落ちなかった。
対空能力に優れた特殊技が追加された事で元々の対空技・はーとふるぱんちの性能と相まって守り、特に対空に強いキャラとなっている。

続編の『3』では1Pカーソルだけでなく2Pカーソルも奪われた対価としてか、発生の早い中段特殊技を獲得。
稼動初期にはヴァイスと共に新旧主人公コンビがお手軽強キャラとしてゲーセンで猛威を振るった。
研究が進んでも数キャラが同程度には並んできたもののはぁとのランクが低下する事はなく、上位5強として最上位に君臨している。
調整版の『LOVEMAX!!!!!』では、地上中段である6Bの発生鈍化、拾い直しコンボのキモであったJCの受け身不能時間の減少や、
最強クラスの性能だったJAの補正悪化等により全体的な爆発力の低下が見られ、中堅かその少し上といった位置に落ち着いている。
新要素が無いわけでもないが、良くも悪くも前作より勝ちにくいキャラになってしまったため、(前作と比べると)相応の熟練が必要とされる。



契約アルカナについて


「パルちゃんお願い!どっかーんといっちゃって!!」

契約アルカナは愛のアルカナ「パルティニアス」。
愛を説き続けた聖女。それ故に魔女扱いされ処刑されてしまった悲劇の聖人でもある。
聖霊となった後、世界を彷徨っていくうちに子供の頃のはぁとと運命の出会いを果たす。
はぁととは固い絆で結ばれており、彼女が愛を失わない限り、無償で力を貸してくれる。
前述の癖により、はぁとは彼女の事を「パルちゃん」というあだ名で呼ぶ。
ちなみに大聖堂で祀られていたり、『すごカナ2』版のエルザ・ラ・コンティのイラストで
彼女が持っている聖書に紋章があったりと、どうやらアルカナ世界では世界規模で信仰されている存在のようである。
そんな存在と仲良しさんなはぁとさんまじパネェ。

特徴は飛び道具、遠距離戦に特化したアルカナであるという事。
発生は遅いが技後の隙が少なくゆっくりと飛ぶ誘導性の高い飛び道具「ロズ スフェラ」、通称「愛玉」と、
発生が早く画面端まで一瞬で届くが技後の隙が多いビーム「ロズ トクソ」、通称「パルちゃんビーム」を備える。
相手の飛び道具を受け止め、愛玉の誘導性をさらに高めた玉を撃ち返したりもできる「ロズ キクロス」という技もある。
強い絆で結ばれているという設定に恥じる事なく(?)、自身が飛び道具を持たないはぁととは相性が抜群に良い。

補正も技も優秀で癖も少なく、とくに初心者にはおすすめ。
使用アルカナに困ったら是非パルちゃんを。 愛玉を盾にしながら相手に近付いたりしよう。

悲劇の聖人の割に、漫画版では登場する度にとても楽しそうな表情でセクシーポーズを見せ付けたりしてくれるが…。
単に作者がおっぱい&尻星人なだけなのであしからず。


「パワーぜんかーい!!」


MUGENにおける愛乃はぁと

MUGENでは以下のものが存在している。
かつてはそこまで数は多くはなく、動画に出演するのはほぼIna氏のものとりゅん氏のものであったが、
2012年の6月末から8月にかけて何故か別々の制作者から一気に複数の改変キャラが公開されるという不思議な現象が発生した。
結果、(神・狂改変ではない)通常ランクのキャラに限ればアルカナキャラでは断トツのバリエーションを誇っている。
しかもそのほとんどにAIが用意されているという充実ぶり。今後の活躍に期待しよう。

+Ina氏製作
  • Ina氏製作
愛、のアルカナが搭載されている。
初代、Fullの性能に準拠のモードのほか、アレンジされたモードもあってこちらは「必殺きっく」が地上で出せる。
『2』版のアニメーションカットインが搭載され、オプションで初代のものとどちらかを選ぶ事も可能。
さらに勝利画面を演出・BGM・台詞を、初代と『2』から組み合わせて設定できる。
また、アルカナブレイズでKOした場合にファン感涙の特殊な演出をオプションで付加できる。
ブリス七つの傷特殊やられにも対応。
氏のサイトで現在公開されているのはファイル構成などがリニューアルされた新バージョン
(今の所はまだ搭載されていないアルカナなども多く、AIも未搭載)の他に、公開停止されていた旧版も再公開されている。
なお、旧版は蜂百合氏のOneDriveでも代理公開中である。

ちなみにSoraXNagisa氏によって何故か声がキャプテンファルコンになるパッチが公開されている。
こちらのパッチはMVC舞の演出強化パッチの作者のサイトで代理公開中。

そしてニコロダでeurota氏によるAIパッチ(旧版専用)が公開された。
AIレベルや切り返しレベル、コンボループ回数などが細かく設定できる他、特定キャラAI殺し対策スイッチもある。
キャラ持ち前の優秀な固め崩し性能や特定技の相殺判定の強さを存分に生かしており、ガン攻めながら凶キャラも苦にしない非常に強力なAIとなっている。
その相殺判定の強さで相手の無敵技を相殺しつつその隙を狙って攻撃する姿は一種の世紀末を彷彿とさせるかもしれない。
これも全部愛が成せる業という事なら仕方ないよね!
ニコロダの閉鎖に伴い入手が困難となっていたが、2012年6月15日に語るスレ用小物ロダにて風のアルカナに対応した最新版が公開された。
ただし、現在は削除されているため入手不可。

新版はぁとはsffも全面的に作り直されカラーパレットも整理されたが、その副作用(?)として
別のカラーを使うとブリスと七つの傷の画像が色化けしてしまうようになった。
そのためか、デフォルト以外のカラーは無くなっている。

現在は、カッ昏倒氏によってそれを解消するための差し替え用画像と幾つかのカラーパレットが公開されている。
元々は動画用に自作した霧島佳乃風カラーの副産物との事。
Ina氏新版だけでなくそれをベースとした多くの改変キャラにも使用可能で、外見の変化している
HM氏のブラックはぁと用にアホ毛と目のハイライトを消した画像も同梱されている。

参考動画

+Ryo&Jo氏製作
  • Ryo&Jo氏製作
現在は公開されていない。
海外製だがこちらもゲージ、アルカナ共に搭載され、氏のキャラ恒例のデフォアルカナ発動時のカットインのアレンジなど完成度は高い。

+りゅん氏製作
  • りゅん氏製作
原作のシステムを廃止し、代わりに『KOF』のシステムが搭載されている。あと上記の画像のように生足
炎を纏った拳で戦うスタイルになっている(パルちゃんじゃなくてランゴンと契約してたらこうなってたんだろうか?)。
飛び道具、突進技、対空と3種の神器を揃えたオーソドックスなキャラなので扱いやすい。
しかし、突進技に派生がやたら多く、スマブラドンキーコングのジャイアントパンチ@対空のような性能の、
「CHEAP HIPPIES」などの技も所持しているため、状況に応じて幅広いコンボが選択できる、スタンダードながらも奥深い戦い方が可能な、
やり込みがいのあるキャラクターに仕上がっている。
また、技構成や演出など所々どこかで見たような感じのものがある。
リーダー超必殺技は追加入力式で、タイミングや位置を考える必要があるが、
フィニッシュまで決めれば威力が高く、演出も一見の価値があるのでそういう意味でも狙っていきたい技。
ちなみに、技名は全てレベッカの楽曲から取られている。たぶん作者の趣味なんだろう。
AIもデフォルトで搭載されている。

2013年12月11日には、CLIMAX版が公開された。
演出面の変更、新技や新システムの追加が行われている。
こちらにもAIがデフォルトで搭載されており、元ネタさながらの容赦無い壁コンを決めて来る。
なお、現在氏のOnedriveでDL可能なのはこちらのみで、旧バージョンは既に公開を終了している。

+HM氏製作 ブラックはぁと
  • HM氏製作 ブラックはぁと
まさかの暗黒面に落ちたはぁと。だったが設定が変更され、「はぁとによく似た謎の少女」になった。
どこぞの騎士王のごとくアホ毛は消滅している。あとレイプ目。
「愛を否定する」とかではなく、むしろ「愛を盲信し、自らの愛で愛のない世界を救おうとしている」状態。
ただし、その方法は歪んだものになっている。
キャラに同梱のテキストに詳細な設定が書かれているので、詳しくはDLして確認してみよう。
趣味が調教だったりガチレズだったり色々とエロいヤバい気がするがツッコんではいけない。
原作のシステムは廃止され、『エヌアイン』っぽいシステムが搭載されている。でも逆ギレアクションがある。
モーションや技名に面影こそ残すものの、鉄拳ぱんちは軽くジャンプして急降下する中段の突進技、
必殺きっくは低い姿勢でスライディングする下段の突進技、はーとふるぱんちは2種類の派生技がある代わりに無敵が無くなるなど、
通常のはぁととは全く別の性質、使用感を持つ、言わばEXキャラクター
クリティカルハートはなんと天翔乱姫。性能もまんま乱姫なので元ネタと同じ感覚で使用できる。
動画だとやたら連続技の威力が高いように見えるかもしれないが、
実際は中下段の揺さぶりやゲージ消費のコンボは強くスピードもあるものの、
かわりにノーゲージだと端以外ではコンボがほとんどできないため非常に安くゲージもたまりにくいと、強いのは確かだがちゃんと考えられている。
現在は公開されていないが、語るスレ用小物ロダにてeurota氏のAIが存在していた。鉄拳ぱんちを中心にした堅実な立ち回りが特徴。

+HM氏製作 愛乃はぁと
  • HM氏製作 愛乃はぁと
ブラックはぁとと同じエヌアインっぽいシステムの、暗黒面に落ちていないはぁと。ちゃんとアホ毛はあるし目に光もある。
基本的なモーションはブラックはぁとと同じだが、移動速度が遅かったり、判定やモーションが微妙に違ったりと、
細かいながらきっちりと差別化されている。
必殺技もロズ スフェラ、ロズ トクソの飛び道具2種に鉄拳ぱんち、はーとふるぱんちと三種の神器を揃えた主人公らしい構成のものになっている。
超必殺技のすっごいはーとふるぱんちやクリティカルハートのとにかくすっごい愛の鉄拳ぱんちの火力が高いため、火力はブラックはぁと以上。
しかし実は地上中段技が無く、固めも微妙に頼りないという欠点も抱えているため攻めるのはやや苦手だったりする。
反面、はーとふるぱんちにちゃんと無敵があり、逆ギレもブラックはぁとより明らかに性能が高いため、守りの性能はかなり高い。
ブラックはぁとが攻めに向いた性能なら、こちらは守りに向いた性能と言える。
モーション、システムがほぼ同じながら全く違う性能、特徴を持つ、良く考えられた2キャラである。
eurota氏の外部AIが語るスレ用小物ロダで公開されていたが、現在は入手不可。

実はブラックはぁと共々黒カラー相当の11Pと性能強化が入る金カラー相当の12Pが存在する。後述の某大会で大暴れしたのはこの12P。
共通で攻撃力が上昇し、ブラックの12Pは防御力上昇+ゲジマシ、こちらのはぁとの12Pは自動回復+ゲジマユ。

+way-oh氏製作 エヌアイン風仕様
  • way-oh氏製作 エヌアイン風仕様
氏恒例のエヌアイン風アレンジ。
特殊技の打ち上げ(6C)など一見スタンダードっぽいが、6Cはアーマーつきの代わりに発生が遅くコンボに使えない。
また飛び道具も持っていないのでアカツキエヌアインとは違うタイプのキャラに仕上がっている。
アルカナは3ゲージで登場するのみで、パルちゃん固定である。

AIは未搭載だが、原作再現響でお馴染みのkmym氏による外部AIが存在する。

+DHQ氏製作 スパIV風アレンジ
  • DHQ氏製作 スパIV風アレンジ
スーパーストリートファイターIV風のシステムのはぁと。
ただし基本的には3ボタン仕様で、投げ、セービングにボタンが割り当てられている。
パルちゃんが出る技が一つも無いので飛び道具は無いが、鉄拳ぱんちの硬直差が比較的優秀なのでどんどん相手に触っていける。
スーパーコンボは愛の鉄拳ぱんち、ウルトラコンボはすっごいはーとふるぱんち。
すっごいはーとふるぱんちは根元でヒットすると相手をロックし、ダメージが増加する。
ただし原作のように飛び上がりはせず、しんりゅーけーん!っぽい乱舞技になる。
AIは未搭載。

+なだげつ氏製作
  • なだげつ氏製作
現在は氏のOnedriveからデータが消えており、残念ながら入手不可。
同氏のエルザ同様の非コンボゲーアレンジ。
HM氏のはぁとと同じように、攻めより守り重視の性能になっている。
必殺技は強版がEX版となっており、0.5ゲージ消費。
一部超必の演出が若干特撮っぽいロック技になっており、ここが作者が一番やりたかった点であるという。

AIは搭載されていない。
eurota氏による外部AIが語るスレ用小物ロダで公開されていた事もあったが、こちらも削除済みで現在入手不可。

+Flowrallia氏製作 KOFXIII仕様
  • Flowrallia氏製作 KOFXIII仕様
2体目のKOFXIII仕様だが、こちらは新MUGEN専用となっている。
AIはデフォルトで搭載されている。

+Flowrallia氏製作 GG仕様
  • Flowrallia氏製作 GG仕様
上記の同氏が製作しているアルカナハートキャラ初のギルティギアアレンジ仕様。
技はほぼソルと同じものが適用されている。

+Flowrallia氏製作 北斗の拳仕様
上記の同氏が製作しているアルカナハートキャラ初の北斗の拳アレンジ仕様。
ケンシロウシンがアシスト技で登場する。

+Felicity氏製作 MVC3仕様「キャプテンはぁと」
  • Felicity氏製作 MVC3仕様「キャプテンはぁと」
アルカナキャラに『MVC3』システムを導入するという氏お得意のアレンジ。
お題はキャップことキャプテン・アメリカ
カラーリングもキャップ風になっている。
フィオナ・メイフィールド廿楽冴姫ストライカーで呼ぶ。
前者はハルク風、後者はマイティ・ソー風に援護攻撃してくれる。
彼女も負けじとアヴェンジャーズのキャップよろしく大暴れを見せる。
男性ボイスだが、ハルク声のフィオナに比べればキャップはまだ爽やかな方。
作者によるAIがデフォルトで搭載されており、かなり強い。

+kmym氏製作 わくわく7仕様
アルティメット待ちガイル原作再現の響さんといったネタキャラに定評のある氏によるはぁと。
『わくわく7』風にアレンジされており、わくわく風演出やドキドキアタックも搭載されている等、
氏の作品にしては珍しくまともな格ゲーキャラに仕上がっている。
5段階にレベル調整可能なAIもデフォルトで搭載されている。

+aaa氏製作 Aはぁと
  • aaa氏製作 Aはぁと
Ina氏製のはぁとを元に作られた、はぁと改変の中でも珍しい凶~狂クラスの性能を持っている。
氏曰く「格ゲーしているようでしていない」との事で、最高設定だと狂最上位クラスにまで上がる。

+AO氏製作 Dirtyはぁと
  • AO氏製作 Dirtyはぁと
精霊力(と愛)を失った設定のはぁと。
ポトレやカットインなどがいつもの可愛らしさが無くなっている上、戦闘スタイルもフライングお構いなくする程、かなり暴力的になっている。
ドット絵はなんと全面的に描き直されており、本来のはぁととは全く異なる独自のモーションも多い。製作者の歪んだ愛が感じられるキャラである。
あと何故かジェノサイドカッターも使える。
固有ゲージの『アイゲージ』は通常技以外の技を当てると上昇し、使える必殺技が増えたり喰らい抜けが使えたりと、あらゆる性能が強化される。
ただしアイゲージが溜まった時に使えるほとんどの必殺技は体力も消耗するため、乱用は禁物。
AIは未搭載だが、tryshur氏による外部AIが公開されている。
AIレベルの設定も可能でデフォルト設定だと凶中位ぐらいとの事。
またホルン氏によるAIも公開されている。
製作者本人によるキャラ紹介
ホルン氏AIの挙動

+AO氏製作 愛乃そうる
  • AO氏製作 愛乃そうる

ドット改変でエプロンを着ているのが特徴。
はぁとの双子の姉という設定らしく、精霊力は持たないが謎の特殊能力を付与した徒手空拳で戦う。
同氏のDirtyはぁと似た技もいくつか見られるが、愛は失っていないのかエフェクトも本家はぁとに似た桃色。
ショルダータックルで岩を破壊したりイカリングを射出したりと必殺技と見紛う派手な通常技が目を引く。
通常時はチェーンコンボすらできない非コンボキャラだが単発火力が凄まじく、
専用ゲージを貯めてからの解放時は火力を犠牲にキャンセルや超必殺技が解禁される。
はぁとや冴姫とのタッグ超必も所持しており、息の合った演出は必見。
氏のキャラ恒例の手描きカットインも複数搭載済み。
上記のDirtyはぁと同様、こちらにもホルン氏の外部AIが公開されている。
製作者本人によるキャラ紹介 ホルン氏AIの挙動

+bus氏製作 Aブラックはぁと
  • bus氏製作 Aブラックはぁと
HM氏のブラックはぁとをベースとしてアッパー改変されたキャラで、対応ランクは凶中位~狂最上位。神カラーも存在するが未完成。
カラーによる性能差もあるが特に性能を左右するのはオプションで、
コンボ補正やゲージ自動上昇率といったものからhit数抜けやライフ管理といった狂以上御用達のシステムまで様々な項目を設定可能。
5P以降は常時AIとなっている。

+カラー差一覧
1,7Pカラー
  • デフォルト
5Pカラー
  • ゲジマユ
6Pカラー
2,8Pカラー
  • 便乗回復
  • バースト時ゲージを消費しない
  • ゲージ溜めに攻撃判定追加
  • とにかくすっごい愛の鉄拳パンチに当身追加
3,9Pカラー
  • 攻撃中アーマー
  • 被弾後一定時間無敵(調整可)
  • バースト時ゲージを消費しない
  • とにかくすっごい愛の鉄拳パンチに当身追加
4,10Pカラー
  • 便乗回復
  • ゲージ溜めに攻撃判定追加
  • スリップダメージ追加(スリップダメージでは倒せない)
  • すっごい愛の鉄拳パンチに当身追加
  • とにかくすっごい愛の鉄拳パンチに当身追加
  • 常時アーマー
  • 被弾後一定時間無敵(調整可)
  • 愛のハートフル乱舞が最初の一撃が当たらなくても乱舞化
  • 愛のハートフル乱舞、愛のハートフルパンチ全画面化
  • 挑発当身が即死化
  • すっごいりぼんびーむに直接送り型落下即死追加(スイッチでオンオフ可)


この他にもCruz氏によるPotS氏スタイルのはぁとや、
アフロン氏が製作した、ハート様と共に戦う「ハート&はぁと」なるキャラが存在する(こちらは基本的にハート様が本体)。
PotS氏スタイルのはぁと
また、単体キャラではないが、HIGEの敗北演出の一つ(天に召される)で登場していたりする。

昔の動画ではあまり見かけなかったため、たまに動画に出ても「誰?」という扱いを受ける事もあった。
『アルカナハート』自体の知名度が上がり、優秀なAIも相まって動画の出演率もかなり高くなったので「誰?」扱いからは脱却はしている。
が、当時の世紀末ブームもあってか愛称の「はぁと様」の受けが良すぎて、逆にまともに名前を呼んでくれる人があまりいなくなっちゃったり。
様を付けろよデコスケ野郎!

ストーリー動画では早くから活躍していた神依リーゼロッテ舞織等に後れを取っていたが、大会での活躍に応じて出番も増加。
名前繋がりや「愛に生きる」というキャラ付けのおかげか北斗キャラ、特に南斗との共演が妙に多い。
???「愛などいr「やっぱり愛だよね!」アーイ!

他にも『アイドルマスター』の天海春香が、はぁとや舞織をベースに作られている。
余談だが、アルカナハートは音無小鳥役の滝田樹里菊地真役の平田宏美
高槻やよい役の仁後真耶子など、アイマスに出演した声優が多い。

また、この動画においてはこれまた名前繋がりクロちゃんと共演中。
地獄の王子もはぁと&パルティニアスの前ではタジタジ。
尚、弾幕張りまくる相棒の援護を受けて、はぁとが前衛として突っ込むと、予想外の戦闘力を発揮するため、
強豪タッグの一つである事には間違いないようだ。

+大会ネタバレ
主人公連合vsボス連合対抗多人数チームトーナメントでは先生飛竜の2人と、
「飛ぶと死ぬ(相手か自分が)」チームで出場。
最強と最弱のメンバーを抱える極端なチームではあったが、敗者復活トーナメントを勝ち上がり、準優勝という結果を収めている。
飛竜の働きばかりに目を奪われがちだが、はぁと個人としても、
緋雨閑丸擁する「武器チーム」への2回を皮切りに複数回の3タテ勝利を決めており、
要所々々でかなりの強さを見せている。
続く主人公連合vsボス連合ランセレ勝ち抜き戦においても、死にかけた先生を飛竜と共に医務室へ運ぶなど、
チームとしての絆はしっかりと残っているようである。

新コンビ探求・男女ペアタッグ大会において前田慶次と「恋愛主人公ズ」で出場し、
連携の高さ(というよりも相方の一撃技が目立っていたが……)見事優勝している。
男女タッグ祭り2009春にも同ペアで出場し、
「雷属性ライバル」との対戦中、1ラウンド奪取まで相手HPが僅かと言う所で慶次がオーモーイーガーを発動させ、
パワーゲージがない状態で次ラウンドを迎える事になった。
結果?お察しください。

年忘れだよ!主人公ランダムタッグトーナメントでは斬真狼牙と組み、
互いの特徴である高いコンボ精度のラッシュを主軸とした戦闘スタイルで優勝している。
とてもランダムセレクトで生まれたとは思えない強さである。

冬休みだよ!ダンジョンアタックサバイバルにおいても狼牙と組み、「アルカナ番長」チームとして参戦。
ここでも一度浮かせれば落とさない脅威のコンボ精度のラッシュを武器に勝ち進んでいく。
その後、ダンジョン最深部にて待ち構えるボスを相手に、お得意の落とさないコンボ繋ぎで遂に撃破。
ダンジョン最速踏破を達成した。まさかの同作者トナメ2連覇である。

またアメコミ・海外キャラと大規模タッグGPではブラックハートとタッグを組んで出場。
前衛のはぁとが殴り、後衛のクロちゃんが弾幕を張るという抜群のコンビネーションで大暴れ。
自重しない連中に対してクロちゃんがブチ切れたり、秀逸な掛け合いなどもあって、先述のストーリー動画の主役にもなった。

愛をとりもどせ!!タッグトーナメントにおいてはケンシロウと「愛は滅びぬ」チームとして出場。
こちらも互いのコンボ精度が高く、ケンシロウのバニコン中にクリティカルハートを叩きこむなどして大活躍した。
そして決勝へと進出し、ジョインジョイントキィタッグとの激闘の末にこれを撃破し優勝を果たしている。

これ程タッグ戦で何度も優勝しているのは、やはり愛の力……というのもあるが、
高いゲージ回収力と、パートナーとコンビネーションしやすい拘束時間の長いコンボ&攻撃後の復帰、
そして何より優秀なAIによるものだろう。
「やっぱりAIだよね!」

そして遂にはぁとのベストパートナーが決まる戦いが始まった。
+ベストパートナーに輝いたのは・・・(成績ネタバレ)
ベストパートナー(優勝) 廿楽冴姫
2位 ストライダー飛竜
3位 斬真狼牙

???「なんで私以外とのタッグばかり目立ってるの?
            こんなの納得できない! 陰謀よ!」

そんなタッグ戦に定評のあるはぁとだが、シングル戦で主に目立ったのが筐体クラッシャーズ集合!台パンシングルランセレバトルのHM氏製12P。
はぁとが注目されるきっかけとなったのは、2試合目、Aロックとの対戦から。
両者譲らぬノーガード殴り愛は、視聴者に大きなインパクトを与えた。
その後も勝利を重ねながら、時には恋愛談議に花を咲かせ、時には愛を捨てた男に愛を説き、時にはキング・オブ・はぁとを継承したりと、
豪快な試合展開だけでなく、ネタ的にも視聴者を楽しませた。
快進撃は止まらず、遂には上位五傑まで勝ち残る。
いずれ劣らぬ強豪達であったが、はぁとはその拳で優勝の栄光を掴み取った。
最終戦績は14勝5敗、最多撃破(7人)。
Part64、大会総試合数582にも及ぶ死闘の末、はぁとはこの大会でお決まりになったこの言葉を遺した。

「必ず最後に愛は勝つ!絶対に!ぜーったいに!」


+その一方で…(名誉のため閲覧注意)
真お神杯凶下位~上位タッグバトルでは台パン界のアイドルことラオウと「愛と悲しみの拳」として出場。
彼女自身のゲジマユ&高火力に相方の優秀ゲージ技で相手を捻じ伏せる超攻撃系タッグであった。
…のだがランセレ運に恵まれず連戦連敗。しまいには超殲滅力を誇るアイドルマスターコンビに封殺されるというあっけない最期を迎えてしまった。
戦績は0勝3敗かつ取得R数1という散々な成績だった。
+しかし希望はあった
しかしこの大会には敗者復活というシステムがありかつ0勝敗退タッグには強化が施されるシステムがあった。
相方もろども強化を施され狂下位入口付近の実力を獲得し門番として登場した帰宅部長を撃破し本戦復活、逆襲の快進撃が始まろうとしていた。
+その結果は……
大会でもトップクラスの強化を施され復帰した彼女らであったが復帰戦で「鬼畜支援弓」ペアに当たってしまったのが運の尽きであった。
当時未強化ならが大会最狂クラスの実力で開幕6連勝していた相手に一方的に攻められ1R落とし、
続くRでも彼女自身は開始から僅か5秒で秒殺されてしまう。
それでも相方が粘るもリザレクションを使った直後に一撃必殺技を叩き込まれストレート負けを喫し、
強化復帰したにも拘らず1勝もできないまま大会敗退となってしまった

最も大会終了後に行われた門番対抗戦ではサイクロッペス相手にストレート勝ちするなど決して弱いタッグではない事は確かであった。
そして続編大会では相方を変えて参戦。前大会の不調がウソみたいな活躍を見せた。
大会中盤で惜しくも脱落してしまったが彼女なりにある程度名誉を回復したと言えよう。


出場大会

+一覧
シングル
タッグ
チーム
その他
削除済み
更新停止
凍結
非表示

出演ストーリー

+一覧
Drえーりん診療所
Home,Saint Home.
K&K
Medium Heart
Monochrome
Mr.Kの挑戦状Dynamite
MUGEN'S EVERYDAY'S
MUGEN STORIES INFINITY
MUGEN街の夜雀亭
MUGENサーカス ジョースター一座
MUGEN町 任侠伝
S&S ~ようこそ、古明地探偵事務所~
Tea Party of Witches
Timekeepers
Transfer Avengers
アイマスハート(主人公、中身は天海春香
いおりんやったれMUGEN譚
イングリッドの愉しい学園生活
炎邪じゃー!!(ヒロイン)
仮面ライダー778
続!京とユカイな仲間たち(続!シリーズ第24話~)
クロス・イン・ワンダーランド~夢幻武闘劇~(K&K枠)
御近所M語II
コンパチヒーローカードウォー
ジャギ学熱血青春日記
紳士先生オズわ!
人造生物03RIA-紅
真無限
血が嫌いな吸血鬼
中華にゃん
姉、ちゃんと闘(や)ろうよ!
覇亜斗の拳 ∞聖女伝説(主人公)
パーフェクトソルジャーは動かない
はい、○人組作って運動会
はたらけアイスマン
春香さんの学園天国!
ヒナナイの剣
武瑠亜無限学園
プロジェクトB
宝石少女とツギハギのカミサマ
暴君の嫁探し
舞織の日々
無限超時空大戦
無限旅行
女神異聞録アルカナ(主人公)
燃えよ陰陽!!
ロック魔理沙の探偵物語

プレイヤー操作

MUGENキャラをさっくり触ろお!!(第三十三回、りゅん氏製CLIMAX版)
最近の愛乃はぁとをまとめて使ってみた
単発!良キャラ発掘絵巻(操作キャラ及び対戦相手(part84他))


「愛があって、勇気があって、希望があって!
 本当にいいものってなくならないよ。
 絶対に!」


*1
単純な聖霊力で言えば頼子の方が大きい(御苑女学園内で最大級)が、彼女はそういった扱いを受けてはいない。
はぁとが稀代の聖女たる所以はこの段落に記されたように、
「幼い頃から聖霊を見る事ができて且つ一部を除いて種類に関わらず親交を持てる」
…というのが大きいのかもしれない。これには頼子のガチで怖いものは怖がる性格(詳しくは本人の項に譲る)などの影響もあるのだろう。


最終更新:2021年05月13日 16:14