スケーター


「このロボのダッシュこうげきで、めにものみせてやる!」

任天堂がファミコンで発売したロボット格闘ゲームジョイメカファイト』の登場ロボット。
ステージ2の8体の敵キャラクターの内の1体として登場する。
倒しても仲間にはならないが、ハードモードをクリアすると対戦で使えるようになる。
スタンダードな外見だが、膝のあたりに車輪がくっついており、走行可能。


原作での性能

性能としては、前後移動が速いスピードタイプ。
突進時無敵の「スピンアッパー」や判定の強い「ドライブキック」など移動技が多く、攻撃を潜り抜けてのカウンターが得意。
また2種の対空技を持ち、特に「ホイールアタック」はそこそこの使い勝手。
そのため、飛び道具をよく使う相手や空中から攻めてくる相手に対しては有利に立てると思っているのか?

2種の突進技はどちらも無敵時間や判定の強さではカバーしきれないほど隙だらけで、「攻撃を潜り抜けてのカウンター」なんてものにはまず期待できない。
そして何より彼には投げ技が無い
投げが一律1F発生・ガード硬直中にも決まる・無敵時間あり、と超高性能な上に他にガードを崩す手段がほぼないこのゲームではあまりにも致命的。
特に削り性能の高い必殺技も無く、ガードに対して取れる手段が一切無い。
目の前でじっとガードされるだけで打つ手がなくなり、必殺技で微々たる削りダメージを入れた所で反撃確定。もはや戦いにすらならない。
対空技もまあ使えなくはないくらいの性能ではあるものの、飛び道具も無ければ投げも使えず、
正面から愚直に突っ込む以外に出来ることがほぼない彼に、誰がわざわざ飛びかかってくれるというのだろう……。

投げの無いロボ達の中でも一際救いようの無い性能であり、少なくとも対人戦においては最弱候補の1機。
ある海外プレイヤーからは「全キャラに10:0で負ける」とまで言われているほど。
……実際ガードされるだけでほぼ詰む以上、大げさとも言い切れないのが悲しい。

必殺技

  • スピンアッパー(←タメ+B 16POW)
高速回転しながら突進し、アッパーを叩き込む。
前述の通り突進中は無敵であるため、一見飛び道具へのカウンターとして有効そうに見える。
が、アッパーを出すまでは攻撃判定も発生しない上、無駄に突進の時間が長く、アッパーの発生も妙に遅く、後隙もめちゃくちゃ大きい、
と無敵技の利点を帳消しにして余りあるほどに隙だらけ。
くるくる回っている間にガードしてしまえばおしまいなので、飛び道具へのカウンターとして差し込まれたとしても余裕で対応が間に合う
こんなもんで有利に立てる飛び道具使いなんてせいぜいジオくらいだろう。
ガードされると、どころか出した時点で反確と言っていいくらいの代物であり、正直に言ってどうしようもない技。
『スパII』~『スパIIX』期のアクセルスピンナックルを彷彿とさせるダメ技なのだが、ワルナッチ博士はまさかあれを参考にしてしまったのだろうか

  • ドライブキック(←タメ+A 12POW)
足を前方に突き出し、タイヤを使って高速で突進しながら蹴りを入れる。
発生が早く前方への判定も強い。加えてダウン性能もある。
しかし地上突進の上持続が変に長いため、ガードされると投げなりなんなりで反確。速度や威力も微妙。
若干とはいえタメが必要なので簡単に読まれるのも痛い。
とはいえ煮ても焼いても食えないスピンアッパーよりは幾分かマシなので、こんなんでもなんとか使っていくしかない。
タメさえ誤魔化せれば発生は早いのでどうにかガードの切れ目を狙って奇襲にでも……
一応これから始動する擬似永パ(猶予1Fだが投げで抜けられる)があるが、結局のところチャンスが少なすぎるので過度な期待はしないのが無難。

  • トリプルサマーソルト(↓A同時押し 16POW)
ある意味スケーターを象徴する技。
タイヤで体を高く浮かせ、名前通り空中で三回転するサマーソルトキックを放つ。
スピンアッパーと並ぶスケーターの最高火力技。見栄えもいい。
だが発生が遅い・判定が弱い・無敵もないの三重苦で対空技としては使いにくい。
じゃあ対地には使えるのかと言うと全くそんな事は無く、密着するレベルで接近していないとほぼ当たらない。
じゃあ何に使うのかって?さあ……。
CPUも使い方に困っているのか、ダウンを取るなどした際に意味も無くくるくる回ってみせたりするくらいしかしない。煽ってんのかテメー
加えてコマンドの入力難易度がかなり高い事でも有名。
「ジョイメカ」の同時押しコマンドは入力の猶予が1Fしかないため、↓とAという組み合わせも手伝いとにかくタイミングがシビア。
このゲームではしゃがみパンチというものが無いので、この技を狙ってただのパンチを連打している様は哀愁を誘う。

  • ホイールアタック(AB同時押し 12POW)
ホイールを頭上に向けて勢いよく振り出す対空技。
こちらは真上〜斜め上前方まで幅広くカバーする攻撃判定を持ち、食らい判定もかなり下寄りになるためちゃんと対空や飛び込みへの牽制に使える。
ただし地上の敵には掠りもしない。
スケーターの必殺技の中では比較的マトモな性能だが、
そもそも地上戦ですら何一つ怖い要素のないスケーター相手にわざわざ飛んであげる必要なんて皆無なので結局使い所が無い。
強いて言うなら同じく投げがなくて飛び回る以外やれる事の無いスターとかには有効かもしれない。


MUGENにおけるスケーター

卵寒天氏が製作したものも存在し、現在ははいうぇい氏によって代理公開されている。
なお、非常に分かりづらい所にあるので「ジョイメカ」でサイト内を検索する事をお勧めする。

原作通りの技が搭載されているが、上下ガードや空中ガード、ダッシュやバックステップなど、
現在の格闘ゲームで標準装備されている要素も追加されている。
また、コマンドも普通の格闘ゲームのものになっているため、トリプルサマーソルトも出しやすい。
IX氏による外部AIが公開されている。

出場大会

凍結

出演ストーリー

少し遠く(うp主役)


最終更新:2024年06月22日 17:04