レインボーダッシュ


It needs to be about 20% cooler.

英字表記は「Rainbow Dash」。

ハズブロによるアニメ作品、『マイリトルポニー』の第4シリーズこと"Friendship is Magic"に登場するメインキャラクターの一人(一頭)。
虹色ヘアーがトレードマークのペガサスポニーの女の子。
インドの山奥で修行したヒーローではないし、ストⅡの海賊版の事でもない。
原語版の声優はAshleigh Ball女史(アップルジャックと兼役)。
ブシロード版は『探偵オペラ ミルキィホームズ』のコーデリア・グラウカ役や、
『私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!』の「もこっち」こと黒木智子役で知られる橘田いずみ女史。
劇中での愛称は「ダッシィ」、もしくは「RD」。ファンからは「レインボー」「ダッシィ」と呼ばれる事が多い。カップケーキの材料」?何の話かな?
物語の舞台である魔法の国エクエストリアのとある地方の村、ポニービルの天候の調整を行う事を主な仕事としている。
「クラウズディル」という雲の上の街からポニービルに移り住んだようで、雲の上に自宅を持っている。
また、王都キャンタロットの警護を行う特殊飛行部隊"ワンダーボルト"の入隊を目指し、ブートキャンプに参加し訓練を受けている。
対応するエレメント(シンボル)は『忠誠』。

どんな事があっても他者を裏切らない義理人情に厚い性格である。
とはいえ、怯えるフラッターシャイを置いていこうとしたり、調子に乗って自慢をしたりと、
「どこが忠誠?」と言えるような場面もあるが。
最も、本当にピンチの時には迷わずその身を挺して助けに行くため、間違いではない。
アップルジャックの方が忠誠心あるんじゃ」とか「”忠誠”というよりは”勇敢”とか”勇気”じゃないか?」とかも言われたりするけど。
尚、フラッターシャイに特にキツく当たるのは、「同郷の幼馴染で遠慮が無いから」でもある。
そして軍隊に入隊する為のトレーニングを日々欠かさない男勝りないわゆる脳筋女子。
アップルジャックとはちょっとしたライバル関係だが、今一歩彼女に及ぶ事ができない為に何かとズルをしてでも勝ちを握ろうとするなど、
負けん気の強さだけはメインキャラ髄一である。

また、イタズラ好きでよく人をからかったりして遊んでおり、その言動から「少年だと思った」人も少なからずいる様子。
極めて類まれなアクロバット飛行能力の持ち主であり、翼だけ動かしていれば、体全体でジェスチャーしながら話をしようと寝転がった体制になろうと、
どんな体制になっていようと最高速度で飛行できる。
そして音速を超えると同時に虹を発生させる"ソニックレインブーム"はあらゆるものを破壊する超必殺技なのだ。
(有志の検証によるとなんと、マッハ5超らしい)
ペガサスの中でもこの技が使えるのはレインボーダッシュをおいて他には存在せず、ワンダーボルトからも一目置かれている。
そしてこのソニックレインブームは他のメインキャラ全てを一つに結びつける重要な役割をしており、
彼女の存在がなかったらメーン6は生まれなかったと言っても過言ではないのだ。
その勇ましい人柄に、空を飛べないペガサスの女の子"スコ太郎""スクータルー"からは特に憧れられている。

物語のサブキャラとしてはかなり重要なポジションを担う彼女だが、その一方で彼女が話のメインになる時となると、
変身ヒーローと張り合おうとして大ゴケかましたり、夜の病院にスリッパを強奪するため不法侵入し大目玉喰らったりなど、
ポカをやらかして散々な目に遭っている姿が度々見られる。でもそんな所もカワイイと思う

ペットは陸亀のタンク。
当初は、「動きがノロマ」という理由で邪険に扱っていたが、自身のペットを決める大会を催した際、
自身の危機を救われた事にとても感激してペットにした。
人前で仲良く振る舞う所を見せたがらないもののかなり愛着を持っており、
冬眠で一時期離ればなれになってしまうときは職権乱用で冬が来ないようにしてしまい
ポニービルを混乱に陥れ、挙句大号泣する事態となったが、最終的には受け入れた。

また、普段は強気だがここぞという時にはヘタレて臆病になってしまったり(この際、中の人繋がりで「もこっち」と呼ばれる事も)、
男の子的性格にみえて実は一番女の子していたりとギャップが多い。
また、一人称は"ボク"で前述の通り中々ボーイッシュな性分であるが、時折非常に女子らしいしぐさや表情を見せる事があり、さりげなくファンの
ハートを射止めてくるので侮れない。
事にwhy wub wooは全世界が萌えた!

作品外では、実写映画『トランスフォーマー/ロストエイジ』に彼女の人形が出てきたりする。

公式擬人化コンテンツである『エクエストリアガールズ』では、
ポニー達の世界と平行して存在する世界のハイスクールに通う学生の一人として登場しており、ポニーの時と同じく虹色の髪型をしている。
陽気な性格で、歌やパーティやいたずらなど楽しい事が大好きな所と社交的で誰とでも友達になろうとする性格はこちらの世界でも健在。
服装はキューティーマークのユニフォームと半袖のジャンパー、白とピンクのスカートの中にスパッツを着ている。
短編アニメ、エクエストリアガールズの『赤ちゃんウミガメの危機』にも陸亀のタンクが登場、
タンクがウミガメの赤ちゃんを海まで連れて行く活躍が描かれている内容は一見の価値あり。

2018年頃の『エクエストリアガールズ』では服装が一新され、スカート+スパッツから虹色の雷の柄の付いたジーンズに変更された。

ファン人気の高さからファンアートや二次創作での登場率も高く、本編通りの性格や様々なコスプレで描かれる事が多い。
また、カップリング絵では主にフラッターシャイ、アップルジャック、ソアリンとの絡みのイラストが多い。

格闘ゲームにおけるレインボーダッシュ

ファンによる二次創作ゲーム『Fighting is Magic』と、そのプロジェクトがハズブロによる要請から開発中止になった後、
水面下で製作されていた『Fighting is Magic Tribute Edition』という格闘ゲームが存在しており、プレイアブルキャラクターになっている。

基本的に飛び道具を持たず圧倒的な機動力と豊富な中下段択で相手を崩すタイプの位置付けとなっている。
攻撃力が少なめで装甲という設定ではあるが、マジックゲージを消費して通常技をキャンセルしながら8方向に突進できる能力を持ち、
低い火力を優れた攻撃速度、立ち回り能力で補うコンボキャラである。

必殺技は目の前に雷雲を発生させて時間差で攻撃する「ライトニングクラウド」や、自分が竜巻になって相手を巻き込む「ハリケーンキック」等。
超必殺技には1ゲージ消費の空中突進技「レインボーバレッジ」、3ゲージ消費技「ソニックレインブーム」を持つ。
特にソニックレインブームが相手にヒットさせた後のカットインは一見の価値あり。
マジック技はレバー+ボタンで8方向に移動する突進技で
特殊アクションは地上ダッシュ中にジャンプすると大きく飛び上がる「モーメンタムジャンプ」と
214+Aで攻撃動作をキャンセルしながら飛行できる「フライト」が可能。


MUGENにおけるレインボーダッシュ

+RockRage8962氏&Captain Russia氏製作
  • RockRage8962氏&Captain Russia氏製作
RockRage8962氏とCaptain Russia氏の合作である手描きのレインボーダッシュ。
必殺技のソニックレインブームはもちろんの事、本アニメモブキャラの代表格ことダーピーストライカーとして召喚し、雷雲で攻撃させる事ができる。
またペットの陸亀ことタンクを呼び出し、マリオのごとく投げ付けて攻撃する。
コンボによるハメ技が非常に強く、高性能のAIも実装されているので人操作のみならずwatchモードにも非常に適している。

+木。氏製作
  • 木。氏製作
2016年03月09日に公開。
カラーによって性能が変化し、幅広いランクに対応可能。
イントロでスパイダーマンのパロディのセリフを喋る。
EX版の「ライトニングクラウド」、連続で相手に向かって突進する1ゲージ消費技「マキシマムレインボー」を搭載。
ハリケーンキックはカウンター攻撃に変更されている。

7P以降からはガードを削る能力が付与され、同時に時間差攻撃が可能になる。
カラー差にもよるが相手に攻撃を当てると中段からの弱→弱→中→中→レインボーキャノン×3~5回分のコンボで圧倒して来たり、
相手がガードを行うと下段からの弱→弱→中→中→強→ライトニングクラウドEXによるコンボでガードをじわじわと削ってくる。
特に相手がガードを行うと上記のガード削だけでも余裕で10割も持っていく事が多く、
切り返しの手段を持つキャラでなければ死が確定する。
9P以降になるとゲージが一つ以上も余ればライトニングクラウドEX×2→マキシマムレインボー
さらにはライトニングクラウドEX→レインボーバレッジという時間差攻撃まで繰り出し、起き攻めにはライトニングクラウドEXを2回も使用してくる。

2017年12月16日の更新によりシステムが変更され、マジックゲージの廃止、EX必殺技はパワーゲージ消費で使用可能となった。
更にAI戦用のオプション設定も12Pだけの設定から、7P~12Pまで幅広く適用が可能となっている。

接近戦と立ち回り能力が強いキャラで、常に突破力のみで攻めるスタイルとなっている。
主戦場となる大会は強~凶中位付近の大会が中心であり、相性次第では一瞬で倒す事もできる。
特に強ランク付近になると並み居る強キャラと名勝負を作る事ができる。
その反面飛び道具は持っておらず、飛び道具・当身・設置技・リーチの長い攻撃を得意とする相手は苦手としている。
故に全画面攻撃・無敵時間が異常に長い防御性能・即死攻撃(即死当身、全画面即死攻撃等)、逃げ場のない弾幕
遠距離から連発可能な投げ技ローコスト一撃必殺相手が死ぬまで張られ続ける高威力の弾幕、ノーリスクのハイパーアーマーといった
狂った仕様が飛び交う狂大会では苦戦を強いられる事が非常に多い。
そんな厳しい状況に追い込まれやすい彼女ではあるが、
パッチカラーが増えるごとに突破力・接近戦・立ち回り能力が強化されていき、必殺技、超必殺技の火力も大幅に強化される。
そのため、11P以降になるとライトニングクラウドEXによる性能も大幅強化され、
常時ゲージMAXになると即死等身やライトニングクラウドEXを連続で繰り出し、こちらも相性によっては一瞬で倒す事もできる。

12P以降に入ると超必が完全無敵になる他、ソニックレインブームが即死技に変化するなどの性能強化が加わり、
デフォルト設定だとランクは狂中位クラス
コンボ補正、追撃設定、ゲージ上昇量、開幕ゲージ量等の設定を全開にすると、狂上位クラスにまで強さが跳ね上がる。

ただし、かならず圧倒できるとは限らず
上記の説明の通り、狂下位~狂上位関係の大会では相性で負ける事も度々見られる。

2019年06月09日の更新により、レインボーダッシュ含む各MLPキャラに狂中位以上のランクを想定したマジックバリアが実装された。
独立したライフ値を持ったアーマーが付与され、本体にダメージを与える事ができない特性を持ち、
ライフ値を削り切ると一定時間アーマーが解除される。
一定時間が経過すると再びアーマーが展開され、再度ダメージを受けない状態となる。
一度の被弾で削れるライフ量はHitdefのダメージ量と同等で、ライフ量でアーマーを保っているため、高ダメージを叩き出す狂ランク以上だと保たない事もある。
しかし、低ダメージの技に対しては強いため、相手によって相性が出る模様。

+必殺技解説
レインボーキャノン
前方に突進する技。
別の攻撃ボタンを入力すると突進する位置が変わる。

ライトニングクラウド
雷雲を発生させて時間差で雷を一度落とす。
一度雷を落とすと雷雲は消滅する。

ライトニングクラウドEX
ライトニングクラウドの強化技、相手の頭上に合計3回も雷を落とす。

エアキャッチ
空中限定技。
自身が空中時に居る時に相手の近くで掴む投げ技であるが、7P以降になると相手がガード中でも掴む事ができる。

+超必殺技解説
レインボーバレッジ
1ゲージ消費。
空中問わずに前方に乱舞を繰り出す突進技。

マキシマムレインボー
1ゲージ消費。
画面端に取り付き、暗転後、相手を狙って高速で突っ込む乱舞技。

ソニックレインブーム
3ゲージ消費。
相手の近くに飛びあがり、相手の頭上に突っ込んで爆破で〆る技。
レインボーダッシュが飛びあがるとき、攻撃判定あり。

ソニックレインブーム, Lv2
5ゲージ消費。
9P以降から使用可能の当身技。
彼女の近くに攻撃を行うと自動的に乱舞繰り出し、上空から飛び上がった瞬間にカットインして相手の頭上に体当たりをする大技。
11P以降になると即死判定に変化する。

+各レベルの強さ
  • AIレベル7の場合
レインボーダッシュの短所である前述の説明通りではあるが決してそこまで弱くないので注意。
時折永久を多用して来たり相手が離れていればライトニングクラウドEXを連続で使用、もしくはマキシマムレインボーを多用してくる。
この設定での場合、ライトニングクラウドEX、カウンター等の攻撃が彼女の勝敗を大きく左右される。

  • AIレベル8の場合
弱点となっている短所が少しずつ無くなっているため、
一部、互角だった相手を圧倒できたり不利だった相手と対等に渡り合う事ができる。
主に永久による容赦の無い攻撃を連続で使用して来たりゲージが溜まればすかさず超必殺技を使用してくる。
ゲージが最大まで溜まればソニックレインブームLv2で圧倒する場面が見られる。
ただし、こちらのAIレベルも相性による関係もあるため、必ず活躍するとは限らない。

2017年の夏頃に入ってからは一部の視聴者からは11P・AIレベル7の設定が凶最上位クラスと認識される事があったが、
これは賛否両論あるため、レインボーダッシュの狂下位の分類に入る11P・AIレベル7の設定を勝手に凶最上位と判断するのは注意が必要。
ただし、更新によって他のMLPキャラと同様7P~11Pの設定が幅広く設定できるようになっているため、
AIレベル、ゲージ上昇量、コンボ補正の調整次第では、狂下位上限のランクの相手と互角に渡り合う事が可能となっている。

youtubeにおけるMUGEN動画でも登場回数が多く、主に9Pカラーのレインボーダッシュが登場する事もあってか、
2017年6月に更新されていた頃の旧版は凶最上位クラスのシルバーサムライと互角に渡り合うほどの強さを見せたが、
同じ凶最上位クラスのアステカ相手に対しては時折ストレート勝ちする事があり、調子が良ければノーダメージで1ラウンドを取る事もある。


ニコニコMUGENでのレインボーダッシュ

大会で活躍しているのは主に木。氏製作のレインボーダッシュである。
MLPキャラの中でも大会出場回数は比較的多く、2017年には27大会、2018年には18大会に出場。
勝利ポーズでの煽る仕草から、一部の視聴者からは「煽りは欠かせないRD」と呼ばれている。
狂クラスでの大会に出場する事が多く、ガード削りによる戦法で相手を圧倒する活躍を見せている。
しかし、狂ランクの大会では相性や調整の関係で負ける事も多く、レインボーダッシュ自身の行動や調子が悪ければすぐに敗退するが、
持ち前の攻めで魅せながら勝つ事もあれば、弱点が災いしてすぐに撃沈する事もあったりと、
平均戦績は他のMLPキャラと比べると少し低く、2勝前後辺りである。
しかし、2018年以降に入ってからは他の大会では徐々に戦績を収めつつあり、少しずつ頭角を現してきているため、
現在においてもガード削りによる戦法で視聴者達を楽しませてくれている。


+大会ネタバレ
新世代台パン入門ランセレバトル2015-2016では並み居る強豪と戦い、終盤に霧崎ミスト等を下す。
その後も、球磨川禊に1勝、彼女を含め4人になるも、芭菜子=アマソネとの激闘の末に惜しくも敗退した。
最終成績は第4位 8勝5敗。

凶の宴 ザ・ファイナルステージ 凶上位ランセレバトル!では前半から登場。アグリアスに1勝する所からスタートする。
しかし中盤に進むにつれて敗退リーチとなり、ここでも芭菜子=アマソネとの戦いに。終始互角に渡り合うも敗れ去った。

ゲージMAX!!クレイジータッグランセレバトルでは、
第1フェーズにて超必殺技即死当身技等を駆使した戦法で勝ち進み、第2フェーズへ進む。
第2フェーズの第37試合で因縁の相手であった芭菜子=アマソネとタッグを組み、
2ラウンド目でアマソネがダウンする一方、たった一人で即死当身技等による戦法で2を撃破する活躍を見せた。
第3フェーズではBチームにて登場。次第に負け越して敗退リーチとなる中、第68試合にてアップルジャックと組む事になる。
1ラウンド目に相方が即死当身技で島村卯月を倒す一方、もう一方の相手が全画面攻撃を仕掛けて来た為、
レインボーダッシュとアップルジャック双方が即死当身技を連続で繰り出す事態となった。
20秒間即死当身技連発する激戦の末に1ラウンドを取るも、2ラウンド目には相手の全画面攻撃→即死攻撃によるコンボにより脱落確定に。
3ラウンド目には相手チームを下す働きを見せたが両者は結局脱落。「全☆滅」等のコメントが飛び交う事態となった。
最終戦績 9勝6敗。

その後、最終フェーズの第2ターン第7試合にて、Aチームの妨害役で鈿女と共に登場。
全画面攻撃を放つと同時にライトニングクラウドexで赤座あかりショボーンsnを圧倒、Aチームにプレッシャーを与える活躍を見せた。



出場大会


添付ファイル