ウルトラマンタイガ

「タロウ」の息子の物語。
そして「タイガ」がここにいる!


この地球に、宇宙人が密かに暮らしている事はあまり知られていない。
これは、そんな星で出会った若者達の奇蹟の物語である。

「叫べヒロユキ!バディゴー!」

「光の勇者、タイガ!」
「バディー………ゴー!!!」

ウルトラマンタイガ!

円谷プロの特撮作品『ウルトラマンタイガ』の主役ヒーローであり、ウルトラ兄弟の六男であるウルトラマンタロウの息子(上記画像中央)。
「光の勇者」という二つ名を持つ新人ウルトラ戦士であり、光の国出身の主役ウルトラマンの中では最年少である
(外伝作品を含むなら『ウルトラマン物語』や『ウルトラマンキッズ』に登場した幼少期のタロウが最年少(小学生相当)。
 それ以前にタロウの年齢には色々疑問があるのだが…
 出身地を問わなければジードが「19歳」でぶっちぎりの最年少である)。
また、令和初のウルトラ戦士でもある。担当声優は 寺島拓篤 氏。
当然ながら仮面ライダーからウルトラマンになったとかではない(中の人は『ウルトラマンネオス』の主役も務めていたけど)。
道場を開いていたり手乗りな訳でもない(手乗りサイズに縮小化も可能だが)。

+ プロフィール
身長 50メートル(一時的に人間サイズ、もしくは10数センチの幻影状態になる事もある)
体重 4万トン
年齢 4800歳(地球人換算で中学3年~高校1年生)
飛行速度 マッハ10
走行速度 マッハ2.4
水中速度 150ノット
ジャンプ力 800メートル
腕力 6万トン

また、タロウの息子なのでウルトラの父、母は祖父母、ウルトラマンエースは義理の伯父、
タロウの従兄弟ウルトラセブンの息子ウルトラマンゼロは再従兄になる。
これでは「肩書が渋滞している」と言われても仕方がない…


(『ザ☆ウルトラマン』から40年ぶりに登場した)惑星U40のウルトラ戦士である「ウルトラマンタイタス」(画像左の黒くマッチョなウルトラマン)と、
惑星O-50のウルトラ戦士である「ウルトラマンフーマ」(画像右の青いウルトラマン)との3人で、
ヒーローチーム「トライスクワッド」を結成していた。
しかし、悪のウルトラ戦士であり、かつてのウルトラマンタロウの友人でもあったウルトラマントレギアに戦いを挑むが返り討ちに遭い、
他のトライスクワッドの2名共々粒子レベルで分解されてしまう。
そのまま宇宙を漂う内に、地球と同様の環境の惑星に他の星の宇宙人も密かに生活しているという別次元の地球"パラレルアース"に流れ着く。
その地において、宇宙人から怪獣ゲスラの幼体を身を挺して守ろうとする少年、工藤ヒロユキの行いに心打たれ、彼と一体化し宇宙人より命を救う。
12年後、民間警備会社E.G.I.S.のメンバーとなったヒロユキは、マグマ星人が競売にかけようとするゼガンのデモンストレーションの戦いに巻き込まれた上に、
護送している途中であったザンドリアスの赤子をマグマ星人に人質として取られてしまう。
更にゼガンとの戦いに突如出現したヘルべロスによって絶体絶命の危機に陥るが、
ザンドリアスの赤子を救おうとする強い意志をタイガに認められ、ウルトラマンタイガへと変身。見事ヘルべロスを撃破する。
その後、タイガ同様に粒子となり宇宙を放浪していたタイタス、フーマとも出会い一体化、
『ウルトラ』シリーズ史上初となる3人のウルトラマンと一体化している変身者となった。

性格は良くも悪くも熱血漢の若者といった感じであり、「困難な状況にも立ち向かえる」という長所になる時もあれば、
「考え無しな行動で窮地を招いたり、相手の地雷を踏み抜いてしまう」という短所として描かれる事もあった。
(後者に関しては、タイタスの過去について語られるボイスドラマ内で彼の身体が黒い事についての疑問を口にし、
 フーマから「見た目の話ってのはデリケートなんだよ!」と咎められる一幕がある*1
また本人からすると「タロウの息子」という肩書きは誇りであると同時にコンプレックスでもあり、
トライスクワッドを結成するまでは心の底から信頼できる友人もほとんどいなかったという一面もある。
とはいえ、マイナーな怪獣・超獣にも詳しいなど、タイタス程ではないが知識の豊富な一面も見せており、
ファンの間では「基本的には育ちの良い優等生」と評価される事が多い
(次作の主人公であるウルトラマンゼットが「勉強の苦手なアホの子」として描かれた事も大きい)。
……「勤務中に宇宙警備隊大隊長(つまり上司)を「じいちゃん」と呼んでしまい、父親のタロウにお叱りを受ける(『ギャラファイ・大いなる陰謀』にて)」
など、ポカをやらかす事もないではないけど。
父へのコンプレックスなどもあり、前半は本編開始前にコンプレックスを乗り越えたタイタス、フーマに比べて心身ともに劣っている面が目立っていたが
(特撮でよくある初期フォームで苦戦、別形態で勝利という作劇上の都合もある)、
フォトンアース、トライストリウムになる過程で精神的にも大きく成長し、それに伴い実力もあがっていった。
それ故か本編開始前はタロウからは半人前扱いされていたが、危険な技であるウルトラダイナマイトを見様見真似で再現するなど
(口ぶりからタロウが伝授していなかったのは確実。物騒だから仕方ないが)、
祖父と父同様に才能に恵まれてはいた模様。

+ 各形態の詳細
  • フォトンアース
「輝きの力を手に!」
ヒロユキがフォトンアースキーホルダーをダブルリードする事により、黄金の鎧を身に纏ってチェンジする強化形態。
地球のパワーと、タイガの中に宿る光の力が融合した事により誕生した。
ナイトファングやギマイラなど、通常形態では敵わなかった相手も難無く撃破できる程にパワーアップしている。
ちなみに経緯上タイタスやフーマがこの鎧を貰っていた可能性もあり(ぶっちゃけるとたまたま入手時にヒロユキが変身していたのがタイガだったため)、
ボイスドラマでは他2人にタイガだけ強化形態を得た事について羨ましがられた。
筋肉や素早さに対する鎧は持ち味を十分生かし切れなさそうであるが…
鎧やウルトラホーンの大型化から、デザインモチーフは『超闘士激伝』の超闘士タロウではないかとする視聴者もいるようだ。

  • トライストリウム
「タイガ、トライブレード!燃え上れ、仲間とともに!」
「バディー、ゴーー!!」
トライスクワッドの3人がヒロユキを介して合体して誕生した。
トレギアをも打ち倒すほどの実力で、タイガ、タイタス、フーマそれぞれの技、能力が使用可能。
更に必殺武器「タイガトライブレード」を手に、
炎を纏った斬撃「風真烈火斬」や、相手の頭上から攻撃できる上に火力も高い「タイタスバーニングハンマー」、
ウルトラダイナマイトを思わせる必殺の突き「タイガブラストアタック」
(これらはそれぞれ順にフーマ・タイタス・タイガの新必殺技に準ずるように扱われている)、
そして剣先からトライスクワッド全員の力を宿した超光波熱線「トライストリウムバースト」を繰り出す。
その容姿は偶然にもかつて父が所属していたZATの制服を彷彿させる姿である。

+ ネタバレ注意
  • ウルトラマンレイガ
劇場版『ウルトラマンタイガ ニュージェネクライマックス』に登場した
タイガトライストリウムのウルトラホーンに、ギンガビクトリー(2人)、エックス・ベータスパークアーマー、オーブトリニティ、
ジード・ウルティメイトファイナル、グルーブ(3人)が合体した総勢11名によるスーパーウルトラマン
必殺技はレイガ版コスモミラクル光線といえる「レイガ・アルティメットブラスター」。
なお同劇場版には他のウルトラマンの変身者も出演しているが、レイガのインナースペースにはヒロユキとタイガの声以外は現れない。

  • トライストリウムレインボー
『ウルトラギャラクシーファイト 大いなる陰謀』に登場したトライストリウムの強化形態。
本来トライストリウムにはヒロユキが必須なのだが、「その場にいなくても絆は繋がっている」事を証明した兄弟子にならい、
3人で修行を重ね、ヒロユキ抜きで合体可能になった事でたどり着いた形態。
ヒロユキが必須であるトライストリウムの最強技「クワトロスクワッドブラスター」に代わる新必殺技として、
「レインボーストリウムバースト」を習得した。
そして本編や映画でヒロユキが人間離れしすぎてたため、この技を使う時にヒロユキも虹色に光り輝いているのでは?と多くの視聴者が疑う事態となった


MUGENにおけるウルトラマンタイガ

トラウマガメラギマイラなど、手描き怪獣キャラでお馴染みのzektard氏によるウルトラマンタイガが公開された。
mugen怪獣スレ3の940にて公開中。
スプライトフォトンアース形態であり、当初は簡易版として投げ技無しで通常技超必殺技の「オーラムストリウム」のみ実装されたものが公開されていたが、
後に完成版が公開された事によって、より演出面が強化された仕様となっている。

試合開始イントロにおいては工藤ヒロユキからのタイガ通常形態への変身を経てフォトンアースへの強化を完了するという演出がなされており、
更に各超必殺技においてヒロユキの姿に戻った上で各形態へ変身を遂げる。
タイタスにフーマといった他のトライスクワッドメンバーへと変身でき、
その上各メンバーもフォトンアースの鎧を装着して攻撃するというオリジナルの要素もある。
そしてトライストリウム形態にも、更にはウルトラマンレイガにも変身するなど、タイガの各形態が網羅されている。
AIは搭載されていない。

出場大会

  • 「[大会] [ウルトラマンタイガ]」をタグに含むページは1つもありません。


*1
実はタイタスは『ザ☆ウルトラマン』の悪役であるヘラー軍団(宇宙征服を唱えてU40を追放された者達)出身である。
ただし両親は自分達と同じ道を歩ませたくないとして、タイタスが生まれると同時にU40に送ったため、タイタス自身がヘラー軍団に所属したことは無い。
『ザ☆ウルトラマン』本編の裏で仲間達と共にヘラー軍団と戦っており、体色へのコンプレックスから変身を避けていたのだが
(U40の人間は地球人と同じ姿をしているが、全員ウルトラマンに変身が可能。ただし巨大化出来るのは選ばれた7人の勇者のみ。
 一方でヘラー軍団はU40出身ながらも永遠の寿命を得る代わりに変身能力を失っている)、
義兄弟(育ての親の実子)の死と遺言を受けてコンプレックスを乗り越え変身、部隊を壊滅に追い込んだ怪獣を倒している。
後に(ヘラー軍団とは別の事件を解決した事で)勇者の一人に選ばれている。胸のスターシンボルはその証である
そのためフーマはタイタスに気を使ったが、タイタス自身は体色の事は既に気にしていない
(一方で、フーマはU40はO-50よりマイナーだと言ってタイタスを怒らせたりも。まぁリアル40年ぶりだしね)。

ちなみにフーマが容姿に関する話題を諌めた理由は、
後のボイスドラマで語られた「自分がヒューマノイドタイプだから戦士の頂に選ばれたのではないか」と疑念を抱いたことが根底にあると推測される
(実際今までに描かれている戦士の頂に力を与えられた人物はいずれもヒューマノイドタイプである)。
また、タイガがこの手の話題に鈍感だったのは、シルバー族レッド族ブルー族といった体色の違いを、
血液型や得意分野の違い程度に認識しているM78出身だからという事情もあるだろう。

メタ的にはヘラー軍団出身だから黒くなったのではなく、デザイン決定時に差別化のために黒くした後で、
U40出身という設定が後付けで決まり、整合性を取るため両親がヘラー軍団出身という設定が付け加えられたらしい。


最終更新:2022年04月30日 23:32