ドドンゴ

特撮『ウルトラマン』第12話「ミイラの叫び」に登場する怪獣
別名「ミイラ怪獣」。身長30メートル、体重2万5千トン。

古代に生息していたとみられる怪獣で、
壁画が発見された奥多摩の鬼の台丘陵の洞窟で仮死状態になり眠っていた。
その姿は中国神話の幻獣・麒麟にそっくりであり、角と翼を持つ馬のような姿をしている。
最大の武器は両目から出す怪光線と口から噴射する有毒の黒煙。
また設定上はマッハ1.8で走ることや飛行することが可能とされる。

劇中では同じく洞窟から発掘されたミイラ人間科学特捜隊によって倒された際の断末魔により復活。
洞窟から出てミイラ人間の遺体がある東京を目指し破壊活動を行った。
途中科特隊によって両目を潰され痛々しい姿になるも暴れ続け、ウルトラマンと対決。
武器である怪光線も使用できずウルトラマンに文字通り馬乗りにされ
ロデオの如く攻撃を受けたのちにスペシウム光線を受け倒された。

『ウルトラマン』に登場した怪獣の中でもひときわ変わった体型の怪獣だが、
これはこの頃円谷プロ内で「人間の体型上両手両足を地面につけて動くハイハイの動きになるが、四足歩行怪獣を他の方法で動かせないか?」
と様々なパターンを検討をし、この内「スーツアクター2人で前後に並ぶ」という方法で4本足にした怪獣だったため
(他に「左右に2人並んで4本足に見せる」という案から生まれたのがやはり変則な体型のペスター)。
ただ、この方法は後側担当のスーツアクターが常時腰を曲げて動かねばならない上、前述の「ウルトラマンがこの上に乗ってロデオ」という、
後スーツアクターにばかりいじめものの負担がかかったため、昭和ウルトラでは以後2人前後に並んで入る構造の怪獣は後側にもでっぱりを設けることになった
(ブロッケンやジャンボキングの「上に向かってそそり立つ尻尾」などはこの後スーツアクターが立つための空間である)。

ウルトラマンオーブ』の超全集に掲載された「エピソード10構想」では、第4章で紀元前1800年のイシュタール文明で新興宗教マガ教の神殿に出現し、
オーブに倒されるが、その怪獣カードがジャグラーによって闇の魔王獣マガタノゾーアの復活に利用されたらしい。

元ネタがキリンビールで有名な為か、円谷プロの公式グッズでドドンゴが描かれたビールジョッキが発売された事もある。

ドドンゴと言うには微妙な登場例として、漫画『ウルトラマン STORY 0』ではよく似た顔の龍の神像が古代のバラージに存在。
ゾフィーを導いた「星の声」が宿り、アントラーと交戦するが敗れて砕けてしまうも、
残された首が女王チャータムの投げた青い石と一体化し、アントラーの硬い甲殻に穴を開け、ゾフィーのM87光線へと繋げた。

MUGENにおけるドドンゴ

カーベィ氏の製作したキャラが公開中。
kMIKEj氏が作成・提供したスプライトを用いて製作された。
同じく氏が製作したジャンボキングと同様投げ無効の設定となっており、
技も共通しているものが多い。

通常技は頭突きや噛み付き、踏み付け攻撃が搭載されているが総じてリーチは短め。
一方で必殺技の怪光線や黒煙等は飛び道具となっているので使い分けるといいだろう。

超必殺技はいずれも1ゲージ消費で、「必殺怪光線」「突撃」「ミイラの叫び」の3つ。
「ミイラの叫び」では画面上に自動で攻撃を行うミイラ人間を召喚することができる。
しかし倒されるとその場に倒れ、そのラウンドでは再び召喚することができなくなるため注意。
AIもデフォルトで搭載されている。
紹介動画

出場大会

  • 「[大会] [ドドンゴ]」をタグに含むページは1つもありません。


最終更新:2021年10月23日 20:49