カード能力解説 > トナカイユウ&レイ

トナカイユウ&レイ
レア度 ☆4~7
カードタイプ かいふくタイプ・単体
スキル能力 フィールドにあるハートBOXの数×nの2連続無属性攻撃を行い、
フィールドをリセットする。
Bスキル能力 なし
Lスキル能力 味方全体の紫属性と回復タイプの体力、回復力がUP
コスト量 14,20,28,40
変身合成 ☆4→☆5:ぷよチョコ☆3,☆4,☆4,☆5,魔導書☆5
☆5→☆6:ぷよチョコ☆5,☆5,☆6,☆6,100点テスト☆6

解説

第5回聖夜のプレゼント祭りのスペシャル特攻カードとして登場。
2020/12/21に☆7が解放された。

ステータス

☆6LvMAXで4211/1021/1649。
☆7LvMAXで6738/1429/2638。

スキル

ハートBOXの数に応じた無属性攻撃を行い、フィールドをリセットする。

☆4なら「ハートBOX数×10000の2連続攻撃」
☆5なら「ハートBOX数×20000の2連続攻撃」
☆6なら「ハートBOX数×35000の2連続攻撃」
☆7なら「ハートBOX数×350000の2連続攻撃」
ハートBOX自体の出現率が高くないので攻撃機会が不安定。
ぷよ消しは☆6までは40個。☆7にすると30個になり、早くなる。
ちなみに、フィールドにハートBOXが1つもない場合、スキルを発動できない。

フィールドが全てハートBOXになっているなら、単体の相手に対し
☆6では48×35000×2=3360000、☆7ではその10倍にあたる33600000のダメージを出すことができる。

トナカイシェゾのスキルに似ている。
トナカイシェゾは、属性攻撃で、48個のハートBOXで、☆6であれば48×30000×6=8640000のダメージになるが、紫盾に弱い。
このカードは、無属性攻撃なので、ギルイベにおける全盾に有効なのが異なるので、使い分けが重要。

また、フィールドリセット効果も所持。
スキル使用後のほうがハートが多くなった、なんてことも起こりうる。
チャンスぷよが消える点はうみうしと同じ。タイミングを見極めよう。

このスキルを活用する場合、聖なる恋の使者シリーズなどハートBOXを増やすスキルを持つカードとの組み合わせを推奨。
第2回ハイキューコラボで配布されたマネージャーのドラコは下3段をハートBOXに変えるスキルを持つため相性がよく、おじゃまぷよが無ければハートBOX24個で16800000のダメージと、無属性攻撃としてはかなりの数字になる。

リーダースキル

味方全体の紫属性と回復タイプの体力、回復力がUP
☆4で体力1.6倍、回復1.5倍。
☆5で体力2.2倍、回復2倍。
☆6で体力2.8倍、回復2.5倍。
☆7で体力3.2倍、回復3.5倍。

体力と回復が両方とも伸びるため、耐久をする前提ならば使い勝手は良い部類。
攻撃は伸びないため普段向けではないが、スキルはステータスを参照しないので気にする程でもない。

コンビネーション

☆4はボーイズ、おばけ。
☆5以降はボーイズ、ガールズ、おばけが乗る。
ボーイズガールズ両方が乗る数少ないカードであり、コンビネーションは組ませやすい。

余談だがユウレイ全体で見ても、ユウちゃんよりレイくんの方がイラストが多い亜種は非常に珍しい。
さらに余談だが、トナカイの恰好をしているが「つの」は乗らない(トナカイシェゾもそうだが)。

デッキ考察




評価

最終更新:2021年09月16日 17:16