カード能力解説 > 時空探偵シリーズ

プーボ セオ あたり ロキアー

レア度 ☆5~7
カードタイプ 各自・単体
Lスキル能力 各自
スキル能力 各自
Bスキル能力 なし
コスト量 各自
変身合成 専用素材

概要

2021/10/27の大型アップデートで登場。
時空探偵社に所属するぷよクエオリジナルの新キャラクター。
同時に追加された新規の「メインストーリー」の主人公たちで、
ぷよぷよの伝統にしたがって、プーボを除く3人の名前の頭文字が「A」「R」「S」になっている。

いずれのキャラもガチャからは登場せず、初回報酬のみの入手となっている。
あたりはチュートリアル突破で獲得できる。
プーボ、ロキアー、セオと、各キャラの専用へんしん素材はメインストーリーの初回クリア報酬として入手できる。
また、各キャラを☆7にできるワイルドストーン(WS)が特定の「ノーマル」ミッションから入手できる。
入手はいずれも1回限りで、キャラカードや専用素材は売却、パワーアップ合成、まぜまぜ召喚の消費素材にすることはできない。

ちなみに、上記キャラカードの☆6へのへんしんは専用へんしん素材1枚で行うことができる。

入手方法

  • 【☆5】あたり … チュートリアル突破
  • 【☆5】プーボ … メインストーリー第1部「ぷよクエの世界」1章の「たいあたりで解決です」初回クリア
  • 【☆5】ロキアー … メインストーリー第1部「ぷよクエの世界」3章の「せんぱい探偵あらわる!」初回クリア
  • 【☆5】セオ … メインストーリー第1部「ぷよクエの世界」5章の「新たな時空探偵」初回クリア
  • 各キャラの専用へんしん素材 … メインストーリー第1部「ぷよクエの世界」5章の「即断即決、即解決!」初回クリア
  • 各キャラのWS✕5 … 指定の「ノーマル」ミッションをクリア

ステータス

キャラクター カードタイプ コスト 体力 攻撃 回復
プーボ かいふく 20,30,42 6160 1848 2560
セオ こうげき 22,34,46 5900 3680 306
あたり たいりょく 8653 2700 324
ロキアー バランス 6150 2987 945

配布キャラの位置づけではあるが、現状では入手が1度きりである関係か能力値がかなり高く設定されている。
どの能力も高水準で配布カードによくあるステータスの低さで足を引っ張ることは基本的に起こらない反面、カードコストは配布キャラとしては重いので注意。

リーダースキル

プーボ
味方全体の攻撃力と回復力をn倍にし、クエスト出発時の1回のみフィールド上の色ぷよをランダムでm個チャンスぷよに変える。
☆5で攻撃力と回復力が2.2倍、チャンスぷよ1個。
☆6で攻撃力と回復力が2.6倍、チャンスぷよ2個。
☆7で攻撃力と回復力が3.2倍、チャンスぷよ3個。

体力が上がらないため、熱砂と組むなどの工夫が必要。
リーダーとして使う機会は限られる。

セオ
あたり
ロキアー
☆5: 味方全体の攻撃力と体力を2.5倍にする。
☆6: 味方全体の攻撃力と体力を3倍にし、さらになぞり消し数を2個増やす。
☆7: 味方全体の攻撃力と体力を3.5倍にし、さらになぞり消し数を3個増やす。

配布枠と考えると非常に優秀なリーダースキル。
芸術家シリーズ影山飛雄などの上位互換。
体力倍率は一線級の水準、攻撃倍率も決して低い水準ではないなど、カードが揃っていないうちはリーダーにしやすいカードと言えるだろう。
入手が簡単で、☆6~☆7ではなぞり消し数増加を持つため、このカードに慣れすぎて通常のなぞり消し数5個に対応できなくなっては本末転倒。
本カードのリーダースキルは強力なものだが、ゲーム性に慣れてきたら、ほかのカードも使えるようになった方が良いだろう。

スキル

プーボ
nターンの間、味方全体の攻撃力と回復力をm倍にし、さらにnターンの間、味方全体にこのカードの「かいふく」✕1.5の自動回復。
☆5で1ターン攻撃力と回復力が2倍&自動回復、
☆6で2ターン攻撃力と回復力が2.5倍&自動回復、
☆7で3ターン攻撃力と回復力が3倍&自動回復。
必要ぷよ消し数は40個。

属性を問わず、多色デッキでも使用できるエンハンススキル。
無条件に味方の攻撃と回復を倍化し、自動回復するスキルは、サビクに続いて二枚目である。

セオ
2ターンの間、相手全体が受けるダメージをn倍にする。
☆5で2.6倍、☆6で3.2倍。
☆7で2ターン3.8倍、さらにフィールド上の色ぷよをランダムで6個「プラス状態」にする。
必要ぷよ消し数は40個。

緑属性の被ダメージアップスキルとしてはめくるめくアリィに続いて二枚目である。
タイプや、ラブリーオーラの有無で使い分けは可能。
プラスぷよ生成もあるので、チャミドラ/ひやッチ砲と相性がよい。

あたり
相手単体に味方全体がフィールド上の色ぷよの数✕「こうげき」✕nの属性攻撃を与え、フィールドをリセットする。
☆5で0.5倍、☆6で0.7倍。
☆7で1倍、さらにこのカードの状態異常、攻撃力減少、回復力減少をすべて解除する。
必要ぷよ消し数は40個。

ぷよ消しを行わないスキル砲で、チャーミードラコ・ひやくのウィッチに似ている。
威力がやや弱くれんさのタネ生成もないが、☆7で最大48.0倍の威力となり、
黄属性ではすずしげなレムレス☆7の51.68倍よりほんの少し劣る程度。
黄属性で多色でも使えて、☆7フェスに迫る貴重なスキル砲として、初心者のみならず幅広い層にとって活躍できるだろう。
また、攻撃力減少や回復力減少を解除する効果は本スキルが初。

ロキアー
nターンの間、3属性以上の同時攻撃で味方全体の攻撃力をm倍にする。
☆5で1ターン3倍、☆6で2ターン3.5倍。
☆7で2ターン4倍、さらに2ターンの間、相手全体を「封印」状態にする。
必要ぷよ消し数は40個。

条件付きエンハンススキル。
☆7にすれば、相手を「封印」状態にする効果がつくため、さらに強力になる。
類似するスキル持ちが同色にまばゆいヤナがいるが、
こちらの方が条件を満たしやすい。
複数回殴りたいときに封印も生きるので使い分けもできるのではないだろうか。

コンビネーション

全員共通で「時空探偵」「トラベラー」を持つ。
個別のコンビは各カード詳細を参照。

「時空探偵」はシリーズ固有となる。
属性がキャラクターごとに異なり、かつ、各キャラクター一品限りのため、
「時空探偵」をおうえんデッキで発動することはできない。

デッキ考察

どのカードも互いを強めあうスキルを持つため、単純に時空探偵シリーズ4枚+任意の赤属性カードで多色デッキを組んでおけばしばらく安心。
この場合、最後に動くアタッカーはあたりになる。

赤属性枠は自分のキャラクターBOXやプレイスタイルと相談で自由に組み替え可能。
すけとうだらツバキを入れてスキルを早めてよし、サラマンダー蒸気都市のりんごでさらに火力を増やしてよし。慣れるまではいろいろ模索するとよいだろう。

もちろん単色デッキに時空探偵シリーズを導入しても何も問題ない。

評価

2021年現在のぷよクエで代表的なバフ/デバフの重ね掛けを、手軽に体験できるシリーズ。

単色デッキで火力を高めたいときは、この時空探偵シリーズのスキル説明文を参考に補助キャラを探すとよいだろう。
(効果量や持続ターンが異なるだけの効果は同時に1つしか作用しないため)

★7にすれば、スペシャルキャラクターの手持ちが増えるまでのつなぎとしては充分すぎるほどの強さを発揮する。
さすがにフェスなどと比べると見劣りするものの、いないよりは断然強力である。

各カード詳細

プーボ
コンビネーション: 「時空探偵」「ふんいきトーク」「トラベラー」


セオ
CV: 足立由夏
コンビネーション: 「時空探偵」「ガールズ」「商人」「トラベラー」

魔導物語、ぷよぷよシリーズでは主人公の名前のイニシャルがARSとなるのが通例だが、S枠にあたるキャラでは初の女性となっている。
名前の由来は最高経営責任者を意味するCEOを日本語読みしたものと思われる。でもそれじゃSじゃなくてCでは?

あたり
CV: 田嶌紗蘭
コンビネーション: 「時空探偵」「ガールズ」「ヒロイン」「トラベラー」


ロキアー
CV: 川端快彰
コンビネーション: 「時空探偵」「ボーイズ」「トラベラー」

主人公の名前の頭文字ARSのR枠では、りすくませんぱいに続き男性キャラとなっている。りすくまには人外設定とされているためか「ボーイズ」が乗らないこともあり、性別コンビ持ちとしてはR枠初の男性と言える。
べストールに見えたとの声もあるらしい
最終更新:2021年11月25日 13:00