カード能力解説 > トラップ職人シリーズ

ダット サンス ベレーナ シルッセル ホーパス
レア度 ☆5~☆7
カードタイプ たいりょく・単体
スキル能力 nターンの間、相手の有利属性(黄・紫は自色の属性)攻撃をm倍にして反射
☆7ではさらに3ターンの間、フィールド上の色ぷよをランダムで2個チャンスぷよに変える
Lスキル能力 70%の確率で自属性カードのあたえるダメージアップ
☆7ではさらに自属性の体力を3.2倍にする。
コスト量 20,40,54
変身合成 ☆5→☆6:ぷよキャンデー☆5、【☆5】、☆6、【☆6】、魔導書☆6
※【】は副属性色。その他は主属性の色。

概要

2017年10月の期間限定ガチャでサンスより順次登場。
2021/4/24のガチャラインナップ更新より、魔導石ガチャから常設で出現するようになった。
2021/5/25より☆7が実装された。

ステータス

キャラクター たいりょく こうげき かいふく
☆6(Lv99)
ダット 4991 1600 309
サンス 4971 1580 319
ベレーナ 5031 1560 309
シルッセル 4991 1560 319
ホーパス 4971 1600 309
☆7(Lv120)
ダット 8502 2160 403
サンス 8451 2133 430
ベレーナ 8553 2106 417
シルッセル 8502 2106 430
ホーパス 8451 2160 417
たいりょくタイプの中ではかいふくが高め。

スキル

nターンの間、味方全体が相手の特定の属性攻撃をm倍にしてはねかえす。
赤・青・緑は自分から見て有利な属性、黄・紫は自分と同じ属性の攻撃を反射する。

☆5で2ターン8倍。
☆6で3ターン10倍。
☆7で3ターン20倍。
☆7ではさらに3ターンの間、フィールド上の色ぷよをランダムで2個チャンスぷよに変える効果も付与される。
必要ぷよ消し数は40個。

赤・青・緑はアリスシリーズ龍人シリーズの上位版(龍人シリーズ☆7と本シリーズ☆6が同じスキル)。
黄・紫はアリスシリーズ・龍人シリーズと異なり、自属性を反射する。

☆7のチャンスぷよ変換は芸術家シリーズなどと同様に、スキル発動時にも変換が行われ、
変換するときは自属性のぷよを優先して変換し、ない場合はいずれかの色ぷよがチャンスぷよに変換される。

リーダースキル

自属性カードが相手に与えるダメージを、n%の確率でm倍にする。
☆5で、50%の確率で4.5倍。
☆6で、70%の確率で4.5倍。
☆7で、70%の確率で5倍。さらに自属性の体力を3.2倍にする。

神官エルフシリーズくのいちシリーズと同様の効果。
相手に攻撃がヒットした時に判定が行われるので、バトルには不向き。
(攻撃の期待値は☆6で3.45倍、☆7で3.8倍)

☆6までは体力に倍率がつかないため、高難度クエストのリーダーに適さないが、
☆7ではフェス未満としては高めの倍率がかかるため、候補のひとつになれる。

また、この確率でのダメージアップ効果はステータスの攻撃力ではなく、攻撃ダメージを直接倍加する。
そのため、攻撃回復逆転ステージでも、ダメージ増幅効果が回復に逆転しないほか、
チャージから解放されたダメージにも適用されるため、攻撃力に倍率がかかるリーダーを先頭にした状態でダメージをチャージし、
デモサバスイッチでリーダーを本シリーズに入れ替えたうえでチャージを発動すると、チャージ解放したダメージにさらに倍率をかけることができる。
また、闇の天使シリーズ冒険家シリーズの冒険家砲のような、攻撃力依存ではないダメージにも適用可能である。

コンビネーション

各自を参照

デッキ考察



評価

ステータスが高く、副属性の付いたアリスシリーズと言ったところ。
高難易度クエストである挑戦!きわどい魔界では黄属性のシルッセルが効果を発揮している。
ガチャの常設ラインナップに加わったことでスキル上げがしやすくなり、☆7も実装されたので、
主力の反射スキル持ちカードとして活用できるものとなっている。


備考

とことんの塔では赤・青・緑は有利色で、黄・紫は同色での挑戦を前提とした調整がなされている。
アリス・龍人と違い、黄・紫が同色対象なのはとことんの塔での起用を想定した設定にされているためである。
このため、同じく上記の属性での挑戦を前提としているギルドタワーや蒸気と暗闇の塔 (主属性は1色で挑戦・3属性以下で挑戦)でも起用しやすくなっている。

余談



各カード詳細

ダット
コンビネーション:「ボーイズ」

サンス
コンビネーション:「ボーイズ」、「ひえひえ」

ベレーナ
コンビネーション:「ガールズ」、「めがね」
名前の由来はイタリア語で「毒」を意味するヴェレーノ(Veleno)。

シルッセル
コンビネーション:「ガールズ」
名前の由来はドイツ語で「鍵」を意味するシュルッセル(Schlüssel)。

ホーパス
コンビネーション:「ボーイズ」、「ヒゲ」
最終更新:2021年11月11日 15:48