カード能力解説 > まっくらやみのヴァハト

まっくらやみのヴァハト

レア度 ☆6~7
カードタイプ こうげきタイプ・単体
Lスキル能力 青属性カードの攻撃力を3.5倍、体力を3倍にし、
相手が「怯え」状態の場合、このカードの与えるダメージを1.5倍にし
クエスト開始時から2ターンの間、相手全体とこのカード以外の味方全体を「怯え」状態にする
スキル能力 相手単体にフィールド上の青ぷよの数×青属性カードの「こうげき」の合計×nの属性攻撃を与え、フィールドをリセットする
Bスキル能力 なし
コスト量 48,60

概要

2019年9月のぷよフェスにて登場。同時に★7へんしんも解放された。

ステータス

☆6レベル99でたいりょく4190、こうげき2430、かいふく220
☆7レベル120でたいりょく6180、こうげき3887、かいふく269

リーダースキル

青属性カードの攻撃力を(A)倍、体力を(B)倍にし、
相手が「怯え」状態の場合、このカードの与えるダメージを(C)倍にし
クエスト開始時から2ターンの間、相手全体とこのカード以外の味方全体を「怯え」状態にする

☆6で攻撃力3.5倍、体力3.0倍、「怯え」で1.5倍。
☆7で攻撃力4.5倍、体力3.2倍、「怯え」で1.6倍。

味方が怯えてしまうため、このままでは相手の怯え効果を享受できるのは本カードだけとなるが、
味方カードにとっくんで怯え盾を付けておくと、この怯えを回避できより有利になる。

スキル

相手単体にフィールド上の青ぷよの数×青属性カードの「こうげき」の合計×nの属性攻撃を与え、フィールドをリセットする

☆6で2.0倍、☆7で2.5倍。
必要ぷよ消し数は40個。

フィールドに10個あおぷよがあっても25倍と、素の状態ではフェスとしてはかなり非力。
しかし、攻撃力を一撃にまとめるスキルのため、麻痺との相性がよいほか、
「怯え」を活かす方向性のカードなので、本カードをリーダーにして、
麻痺のかわりにテンキッズのシトリのフィールド効果「雨」と怯えを併用すると、さらにダメージを上げられる。
(あおぷよが10個の場合、25倍 × 怯え2倍 × 雨による怯え1.5倍 × リーダースキルによる怯え1.6倍 = 120倍)

コンビネーション

ボーイズのみ

デッキ考察


評価

開幕で相手全体を「怯え」にするリーダースキルはユニークで、他では代替できないものだが、
怯え盾を付けられるカードにしか恩恵がなく、わざわざこのリーダースキルのために
各カードにとっくんで盾を付けるのは費用対効果としては疑問符が付く。強みとして活かすのは難しい。
さらに、盤面参照スキルもつきよのウィッチなどと同じく、あまり威力が伸びないという欠点を抱えている。
とはいえ、つきよと異なり一撃にまとめるスキルで麻痺との相性がよく、
相性が良いテンキッズの登場により、本カードの実装直後と比べると、デッキを組む余地は広がっている。

最終更新:2021年05月13日 15:49