カード能力解説 > カーバンクル

カーバンクル
レア度 ☆3~6
カードタイプ たいりょくタイプ・単体
スキル能力 3ターンの間、敵全体の攻撃を封印
Lスキル能力 全能力値が上昇
コスト量 大(8,14,20,28)
変身合成 専用素材が必要

解説

2013/07/22の収集イベントの報酬カードとして登場。ぷよシリーズ最強生物のカーバンクル。
イベントが終了した現在では、P交換所で一人1枚だけ交換することができる。

ステータス

☆6MAXで体力5408/攻撃1598/回復314
全ての能力値が無駄なく高く、特にたいりょく値は永らく☆5・☆6共に最強の値を持っていた。(2015/05現在は「ドワーフシリーズ」などに抜かれている。)
体力タイプにしては攻撃力も高く、まるでこうげきタイプであるかのような攻撃力をあっさり会得するようになる。

体力タイプは回復が低い傾向にあるが、このカードは(黄属性の補正もあってか)回復力もそこまで低くない。

リーダースキル

初代ぷよシリーズ」と同一の、無条件で全能力がアップするLスキル。
倍率も同じで☆3で1.1倍、☆4で1.2倍、☆5で1.3倍、☆6で1.4倍となる。
普通にリーダー役として抜擢可能。初代と同じ使い方ができる。
もちろんご本人の高すぎるステータスが更に強化される事になる。

スキル能力

属性にかかわらず相手全員を3ターン封印する。封印された相手は一切の行動ができない。
☆3から能力が変化しないので、へんしんさせずとも十分に活躍できる。

かつては最強クラスのスキルと賞された時代もあったが、「神殿ラッシュ!」以降は多くのボスが封印盾を装備するようになってしまい、このスキルは相対的に弱体化している。
また、反射・混乱・遅延など、似た効果を得られる便利なスキルが後から登場したため、黄色以外の単色は別のカードを選ぶことも多くなった。
それでも混色でも問題なく使えるメリットは大きい。
現在も、特殊素材の超激辛など、封印盾を持たないボスもまだ居る。そういったクエストでは往年と同様の活躍ができる。
幻獣プリンセス、特にユニカとのスキル相性がよい。封印したターンにワンパンするリスクがなくなるため、封印ターン中にスキルの再チャージがしやすくなる。

コンビネーション

「ボス!?」「初代メンバー」「ふんいきトーク」の3つ。
ガチャ限やレパートリーに乏しいカードと組むことになるので、発動しにくい。
素のステータスやスキルが高性能なので、無理やり発動させずとも十分だろう。
「謎のカタマリ」みたいな説明文ではあるが、なぜか「ナゾ多き」を所持していない。
これさえあればエコロとりすくま先輩とでナゾ多き三人(?)として組むことができるようになったのだが……。

デッキ考察

汎用性は高いので、どこに入れても差し支えないだろう。
先述通り、単色相手ならば他のスキルで代用できるので必須級とまでは言わない。
また、封印盾相手の場合には、(カーバンクルが黄色で屈指の強さを誇る人以外は)他のカードに任せるのが推奨。

また、土日特殊素材やギルイベなどの混色が出現する場合に向けての汎用的な放置リダとしても優秀。紫では事故の危険性があるものの、それ以外の色ではとりあえず劣ることは無い。

評価

全体的には優秀なカード。ただし、封印盾という致命的な弱点があることには注意。
「神殿ラッシュ!」以降のギルイベやとこクエでは封印盾がほぼ標準装備になってしまったため、往時のように「必須カード」とは呼べなくなってしまったが、依然としてリーダースキルやステータスの優秀さは損なわれていないため、単純に戦闘要員として組み込むだけでも十分に働いてくれる。
現在も、特殊素材の超激辛など封印盾を持たないボスも結構居るので、そういったクエストでは往年と同様の活躍ができる。

ギルイベを始めとするクエストでは(封印盾故に)ぷよPで追撃や割合を優先的に交換するのが得策だが、持っておくと便利なカードなので、ポイントに余裕のある人や通常クエ・特殊素材の長期戦対策が必要な場合は早めに交換しておこう。

備考

現在はぷよPによる交換が行われており、ポイントさえあれば誰でもいつでも交換可能。
なお、交換所では1人1匹しか所持できない制限が設けられているが、第一回カレー満腹祭り第二回の分の両方に参加したユーザーのみ2枚所持することが可能となっている。


余談だが、内部データを覗くと、各色のカーバンクル
&素材が確認できる。
当初は全色で出すつもりだったのだろうか?
☆追記
Ver6.8.1現在、内部データでは素材のみ確認できる
最終更新:2019年11月30日 10:36