カード能力解説 > フィーバーどうぶつシリーズ

ほほうどり バルトアンデルス どんぐりガエル ぞう大魔王 ポポイ
レア度 ☆2~7
カードタイプ たいりょくタイプ・全体
スキル能力 5ターンまで相手全体の攻撃力低下・☆3から
Lスキル能力 コンビネーションボーナスの能力アップ・☆4から
コスト量 大(5,8,14,20,26,38)
変身合成 ☆2→☆3:大ぷよ、大ぷよ、岩ぷよ
☆3→☆4:大ぷよ、大ぷよ、岩ぷよ、星ぷよ
☆4→☆5:大ぷよ、大ぷよ、ぷよキャンデー☆3、☆4、☆5
☆5→☆6:ぷよキャンデー☆4、☆5、☆5、☆6、☆6
☆6→☆7:へんしんボードで行う
CV ほほうどり:かわむら拓央
バルトアンデルス:菅沼久義
どんぐりガエル:若林直美
ぞう大魔王:安元洋貴
ポポイ:倖月美和

解説

主に、ぷよぷよフィーバーで登場したどうぶつタイプのモンスターで構成されているシリーズ。
ぞう大魔王のみ、魔導物語および初代ぷよぷよから登場するモンスターである。

クエストドロップや召喚Pガチャで入手可能だが、魔導石ガチャからは出現しない。
かつては魔導石ガチャからも出現していた。*1

2013/08/29に☆5解禁。新たにぷよキャンデーが必要になった。
2015/03/16に☆6が解禁された。
2015/06/24にボイスが実装された。
2018/04/26に☆7が解禁された。

ステータス

+☆7Lv120時
キャラクター たいりょく こうげき かいふく
ほほうどり 7485 562 313
バルトアンデルス 7392 555 353
どんぐりガエル 7576 549 333
ぞう大魔王 7485 549 353
ポポイ 7392 562 333

☆6MAXで体力4470(+53/-55)/攻撃398(±5)/回復255(±15)

通常攻撃が全体攻撃になっているというのが最大の特徴である。現在、くろいポポイとこのカードのみが全体攻撃ができる。
しかし、攻撃力が非常に低く、素の状態では全体攻撃能力を活かすことが難しい。
そのくせ、クエストで敵として登場すると、恐るべき攻撃力であっという間にこちらを全滅させてくるのが歯がゆい。
攻撃に+を入れたりとっくんボードで攻撃を上げれば1000を越えるので、くろいポポイに次ぐ2枚目や他色での全体攻撃要員になれなくもないが、雑魚殲滅を完全に任せられる水準までは若干足りない感がある。弱くはないが、貴重な攻撃+を振ったりとっくんボードで攻撃を上げられるかという所が本当の問題か。

実は意外にも幻獣プリンセスと相性が良い。
チャージ中に全体攻撃分をチャージし、更にそれを全体攻撃で放出するため、雑魚処理には丁度良いレベルになる。
ただし、やはり+があまり多くなかったりとっくんボードで攻撃を上げないと心細い。

スキル

5ターンの間、相手全体の攻撃力の低下。☆3で30%、☆4で40%、☆5~☆6で50%、☆7で75%の攻撃力ダウン。
相手の攻撃力をダウンさせるスキルではSUNシリーズよりも効果が弱い。しかし相手の属性に左右されないという長所がある。

相手が単色デッキであることが事前にわかっているクエストならば、減少率のより高いSUNシリーズを使ったほうがよいだろう。
混色の場合なら使えない事はないが、封印の方が完全防御&総合効果が高い(5ターンでスキル単体で考えると、封印は40%に、こちらは50%になるため)ので、封印の方がおすすめ。

このように様々なスキルの劣化ではあるが、☆5以上なら軽減50%になるので無いよりは大分マシ。
しかし5割では高攻撃力の敵には押し切られる。通常クエスト6巡目最後のようなクエストボス対策にはおすすめできない。

現段階では、カードプールが揃うプレイヤーなら混色敵相手でも使うことは少ない。
それは怯えがそれ以上の効果を持っている(+封印と違って盾を持つ敵が殆ど居ない)ことも要因と言える。
特にウンディーネと比べてしまうと元のカードの使い勝手を含めて差異が大きく開いてしまう。

リーダースキル

コンビネーションボーナスUP。コンビネーション発動時のステータスが上昇するというもの。
上昇量は☆4が+150%、☆5が+200%、☆6が+250%、☆7で+800%。
計算式は1+0.2×(1+リーダー分+サポート分)(150%は1.5として計算する)。詳しい計算方法はコンビネーションボーナスのページを参照。
リーダー、あるいはサポート単体で発動すれば☆4で1.5倍、☆5では1.6倍、☆6で1.7倍、☆7で2.8倍となる。リダサポのWなら最大4.4倍になる。

登場時は他の能力アップスキルの多くを食ってしまうほどの破格な性能だったが、それは計算間違いだったらしく2013/06/10に正しい計算式に修正された。
しかし、その正しい仕様があまりに弱すぎたため、このシリーズの需要は大きく下がってしまった。
その後、2013/07/16の再調整をもって、本来の強さに近い強化具合を無事に取り戻した。

初代ぷよぷよシリーズ」のリーダースキルは「無条件で味方の全ステータスを1.1~1.4倍強化」というもの。
こちらはコンビ発動など無関係にデッキ全体を強化することができる。
仮に☆6リーダー同士の全員にコンビネーションが発動した状態で比較した場合、
  • 初代:Lスキル1.4倍×コンビネーション1.2倍=トータル1.68倍
  • フィーバー動物シリーズ:Lスキル1.7倍
このようにわずかであるが上昇量は勝る。
しかしWリーダーでは初代が2.352倍であるのに対し、フィーバー動物は1+0.2×(1+2.5+2.5)=2.2倍なので、初代に逆転されてしまう。
リダサポがフィーバー動物と初代の組み合わせも考慮すると、デッキ内の発動中のコンビネーションに対する強化倍率は、Wフィーバー動物2.2倍<W初代2.352倍<フィーバー動物・初代2.38倍である。
フィーバー動物をダブルで組ませるより、初代と組み合わせたほうが強くなる。そしてその場合でもW初代との差がほとんどない。
特にポポイはくろいポポイが初代と同じLスキルを所持しているため、性能が食われがちになっている。

このシリーズのカードそのものに付いているコンビネーション自体がマイナーなのも難点。
カードの追加により以前よりもマシになったとはいえ、リーダー含めての5枚構成はデッキ構成がかなり限定される。
このカードがコンビネーションを発動する必要は無いので、マイナーなコンビネーションに拘らずにこのカード以外で汎用なコンビネーションを組む手もあるが、その場合はこのカードのみが強化されないためにリーダーが落とされやすいデッキになってしまう問題が残る。
その点では同一のLスキルを持ち、同時にデッキ全員でコンビネーションを統一しやすいを組みやすい「ガールズ」や「ボーイズ」を所持する「ドッペルゲンガーアルル」や「歌姫ハーピー」、「ゆかたのシグ」らに大きく劣ると言える。

結論付けると、初代あるいは他のコンビネーション強化持ちのカードがあれば、このシリーズのLスキルを使う必要はあまり無い。

デッキ考察

攻撃力が足を引っ張るので、他のカードで補いたいところ。
乗算でなく加算で攻撃力を上げるリーダースキルでの爆発力は他のカードにない魅力である。
おしゃれアミティ系」のリーダースキルをWで使用すると、無条件に攻撃力+2000となり強力な全体攻撃カードに変貌する。
冒険家シリーズ」は残り体力の条件がネックだが、なんと10000越えの全体攻撃になる。

サブをこのシリーズで固めて全体攻撃でサクサク進めるなら、リーダーはスタメンの色の数で攻撃力が強化される賢者シリーズ、クロミ(コモネ)、くろいシグ系しろいフェーリ系がオススメ。
特にくろいシグ系をリーダーにした場合、元々の体力の高さもあって片方だけの起用でも簡単には落ちなくなる。バルト、ぞう大魔王、ポポイ(くろいポポイ)でどうぶつコンビネーションが組めるので、最低限この3体は並べて起用したいところ。
この例ならば、青か黄か紫を4個繋げるだけで雑魚を全滅出来るようになるため、低難易度クエストのクリア速度では群を抜く。

オートプレイも実装されたため、リダサポをあかいアミティ、くろいシグ、しろいフェーリなどにして挟んで、本シリーズをサブに使えば完全放置でも星天超激辛程度は安定する。
オートを使う以上通常のデッキでも支障はないが、全体攻撃ならではのクリア速度が頼もしい。

複数体を同時運用することで輝く場面が出てくるという珍しいシリーズである。



評価

攻撃の低さがボス戦で不利、スキル面は封印や怯えの方が効率が良い、リーダースキルは初代の方が扱いやすい…とあまり輝けきれない印象はあるものの、全体攻撃を活かしたりと特別な使い方はできるカード。
…が、その特殊さ故に扱いにくいので、普段は使うことが余り無い。

とはいえ、こうげき+を限界まで振ったりとっくんボードで攻撃を上げれば、雑魚処理におすすめの性能にまでは上がる。そういう意味では、課金者向けのカード。
一体しか持てない黒いポポイと併用出来る点も活かしたい。

☆4までは普通の素材ぷよで育成できるが、☆5以降の進化には特殊素材のぷよキャンデーが必要となる。
☆6にしてもスキルは変わらない上にカードの用途も特殊なので、リーダースキルを使わないならば☆5止まりでも十分。

まとめると、この系列の有効な使い道は、
  • チャージ(幻獣プリンセス)と併せた攻撃。(攻撃+推奨)
  • 低難易度クエスト高速周回(複数体同時運用)
といったところ。

余談

以前は魔導石ガチャからも出没しており、そのたびにプレイヤーをがっかりさせた……という話が、この系列に対する標準ユーザーの評価を示唆していると言えよう。

各カード詳細

ほほうどり
鳥タイプとして案の定「はばたき」のコンビネーションが乗る。
2013/09/17、新たに「めがね」コンビネーションを取得。

バルトアンデルス
固有のコンビネーションは「まもの」「ふんいきトーク」「ヘビー級」「どうぶつ」と数は多い。
これらの対象カードに攻撃に特化したカードが少なかったが、まものは対応カードが増えた事により、十分に活用できるようになった。また、ヘビー級においてはガーディアン達が対応しているため、このカードの後ろにこれらを並べることでなかなか嫌らしい防衛デッキもつくれる。
2013/11/28、密かに「どうぶつ」コンビネーションが加わった。
コンビネーションが現時点で4つもあり、おそらく一番優遇されているといえるだろう。

どんぐりガエル
ゴキゲンなカエルさん。
固有のコンビネーションは「ふんいきトーク」と「しょくぶつ」。
(2014/3/17のアップデートにて「しょくぶつ」に新しく対応するようになった。)
頭の帽子から「つの」が来ればもっと採用率が上がるのかもしれないが・・・。
ちなみに、さかな王子と中の人が同じであるためか、このカードは他のカードより早くボイスが実装されている。
・・・のだが何故か☆6のふきだしボイスは付いていない(他は全員付いている)

ぞう大魔王
妖精交換で入手可能。
『初代ぷよぷよ』から登場していたにも関わらず、なぜか「フィーバーどうぶつ」にされてしまっている(デザインは15thのもの)。
固有のコンビネーションは「ヘビー級」と「どうぶつ」「あっちっち」。ヘビー級においてはバル同様ガーディアンと組めるので防衛デッキとしてリーダーに抜擢する余地はある。
黄色属性だが、このシリーズは攻撃力が低い事を考えるとほほうどり&バルト&カエルより防御面で劣ると言える。
華麗なるぞう大魔王との併用は、あまり賢いとは言えないかも?

ポポイ
固有のコンビネーションは「どうぶつ」「ボス!?」「ナゾ多き」「ヒゲ」*2を所有。
ぞう大魔王と同様、単体で見るとほほうどり&バル&カエルより性能面で劣る事に。
「ボス!?」については、こいつを除いて全員期間限定カードなことが最大の難点。ただし、ボスコンビが発動する前提においてはくろいポポイのリーダースキルより上昇率が上なので防衛ボスデッキのリーダーには向くかもしれない。
また、くろいポポイよりもスキルターンおよび体力が多いのも一応差別化点になりうる。
なお、このカードを使ってくろいポポイのスキル上げが可能なので、その目的のために通常クエストで乱獲されている。

*1 出典 かつては魔導石ガチャからも出現していたのだが、「聖夜のプレゼント祭り(2014)」前後のころから目撃例がなくなっていた。(当時は魔導石ガチャの出現内容が公表されていなかったため、具体的にいつ頃から出現しなくなったかは不明。)

*2 2015年4月下旬以降に適用された模様