カード能力解説 > ドッペルゲンガーアルル

ピエロ ドッペルゲンガーアルル
レア度 ☆3~6
カードタイプ バランスタイプ・単体
スキル能力 チャンスぷよの数×nの赤属性ダメージ
Lスキル能力 コンビネーションボーナスの能力アップ・☆4は+1.5倍、☆5は+2倍、☆6は+2.5倍
コスト量 大(8,14,20,28)
変身合成 専用素材+ぷよアイスが必要

解説

概要

2014/04/21~2015/03/09の間に、『ぷよぷよ!!クエスト』の招待報酬としてもらうことのできた限定カード。
2015/03/09以降はぷよP交換所で入手可能。それと同時に☆6も実装された。

元招待報酬のためか、☆5までで300P、☆6までは累計600Pと他のキャラ達の約2倍のぷよPが必要。
マルチプレイ実装後は、確率は低いが赤の大宴会の辛口と激辛でへんしん素材がドロップするようになった。(本体ドロップはなし)
なお、招待特典だった頃は、3人招待で☆3ピエロのカード、5人で☆4にするための変身素材、10人で☆5にするための変身素材が手に入った。

ぷよクエ初の、変身するとカード名が変わるカード。
元は『ぷよぷよ~ん』のラスボスである。なお、ぷよ原作で「ピエロ」として戦うのは『ぽけっとぷよぷよ~ん』のみ。

ステータス

☆6MAXで体力3530/攻撃1694/回復705
ステータスはバランス型。赤属性らしく回復低め、攻撃高めのステータスになっている。
最終ステータスはあやしいクルークより気持ち低い程度と優秀。
赤ガールズのスペック要員としても十分に使って行けるレベルである。

スキル

通常チャンスぷよはなぞり消し後の連鎖途中で巻き込んで消すことで「大連鎖チャンス」を発動する効果であるが、このスキルはチャンスぷよを元の色ぷよに戻す代わりに全体攻撃を行うというもの。
☆3ではチャンスぷよの数×5000、☆4ではチャンスぷよの数×10000、☆5では×20000、☆6では×40000の威力になる。
類似スキルを持つカードとして、「魔法使いシリーズ」がいる。
火力はこちらが基本的に上。

固定ダメージなので、低レベルの時点でも高火力を打てる利点がある。
逆に、固定ダメージなので攻撃力増強系スキル・リーダースキルは一切効果なし。タワーボーナスによる差もない。
ただし、チャージは有効。
また、当然だがチャンスぷよがなくなるので、他のカードのスキルが溜まるスピードも遅くなる。

プラス状態は有効で、チャンスぷよがプラス状態ならちゃんと2個分としてカウントされる。

さかなシリーズ」「スイートアミティ」や「よ~んシリーズ」はチャンスぷよ生成スキルを持っている。
サポート含め自分のデッキを全てこれらのカードで埋めれば、最大で20個のチャンスぷよを生成することが可能(☆6の場合)。
その後このカードのスキルを使えば20*40000で80万ダメージの全体攻撃をたたき出すことができる。
あくまでも固定ダメージ攻撃なので、他スキルによる攻撃力アップの効果は乗らないが、赤属性の攻撃であるため緑属性の相手に対してはさらに倍になる。
さらに、状態異常によるダメージ増幅や「受けるダメージをアップ」の効果も乗るため、1枚をウンディーネやディーナなどに切り替えることで、前者なら16*40000*2*2で256万ダメージ、後者なら384万ダメージを確実に与えることができる。
エレメント祭壇でさえもこのコンボで突破可能で、コタエノ森でも非常に有効(最終面でも全員HPは60万と132万)。

ただ、カード資産が豊富なプレイヤーならば、単色デッキで「童話」をリダサポにして「魔導学校」「初代」「すずらん」で総攻撃した方が、事前準備も不要であり総合ダメージは上である。

全体攻撃なので、通常クエの集団ボスに対しても有効。
逆に、ギルイベなどの単体ボスでは初代の方が圧倒的にダメージ量が大きい。
相手が複数の時に「幻獣プリンセス」で全体攻撃をチャージして、単体ボス相手にチャージ攻撃を放つ、というコンボは可能。手間はかかるが、これなら単体ボスに対しても大ダメージを与えられる。

リーダースキル

コンビネーション強化。
味方デッキでコンビネーションボーナス発生時、☆4で効果150%アップ、☆5で効果200%アップ、☆6で効果250%アップ (フィーバーどうぶつシリーズと同じ)。

計算式が特殊なので、詳細はコンビネーションボーナスのページを参照。
同一のLスキルを持つシリーズとして、「フィーバーどうぶつシリーズ」も存在する。「ガールズ」の汎用性を考えればこちらが上か。

「ガールズ」はどの色でも非常に多いので発動はさせやすいが、スキルを活用しようとするとデッキ構成は限られてくる。
スキルを無視して、赤単色ガールズデッキのリーダーとしてもよいだろう。
リーダーとサポートを☆6ルルーと☆6ドッペルゲンガーアルルにした時は全ステータスは2.38倍となり、Wルルーの2.352倍より若干高い。
多色ガールズデッキを組むならばサポートは歌姫ハーピーにしてさらなるコンビネーション強化を図るのもいいだろう。

以前は敵側でコンビネーションが発動しなかったため迎撃デッキには採用しづらかったが、アップデートでコンビネーションが発動するようになったので、シェゾの代わりにこれを先頭に据えて、スタメンサブに初代ガールズを並べるという方法も悪くない。あるいは2、3番手にカーバンクル、くろいポポイを置いてボス!?コンビネーション発動を狙ってもいい。その場合は他のボス!?シリーズも一緒に並べてもいいだろう。

コンビネーション

「ボス!?」「ナゾ多き」「ガールズ」。
ピエロの段階では「ナゾ多き」のみ。
ちなみに、アルルとは別キャラ扱いだが、データ上は「ピエロ」と「ドッペルゲンガーアルル」で同一キャラ扱いとなっている。
(現状はどちらか1枚しか所持できないのでゲーム内では確認不能。)

デッキ考察

パターンは限られてくるが、全てが有用とも言い切れないので、取り敢えずデッキ構成のページとは別枠で詳しく紹介。
Lスキルはドッペルゲンガーアルルのスキル攻撃威力を左右しないので、今回はコンビネーション以外を考えないことにする。

①スキル全体向け最大火力
順番 1番目 2番目 3番目 4番目 5番目 6番目
キャラ名 ドッペルゲンガーアルル スイートアミティ ジャァーン チコ ウンディーネ
コンビボーナス対象 -
スキルで最大火力を出し、尚且つリーダースキルも活かしたいなら、ドッペルゲンガーアルル、スイートアミティ、ジャァーン、チコ、ウンディーネ(☆5,6)の「ガールズ」デッキがリーダースキルを無駄なく活かした最高の組み合わせになる。
バランス型が多くなるので回復力がそこそこ高めという一面もある。
危ないときは欲張らずに大連鎖チャンスで全消しして回復することも可能だ。

サポーターには同じくガールズが乗り、かつコンビネーションを更に強化する歌姫ハーピーがオススメだが、用意できない場合は他のチャンスぷよ生成キャラ(出来れば☆6のパノッティやインキュバス)が推奨。

サポがチャンス生成で最大火力16*40000*2*2で256万

②スキル単体向け最大火力
順番 1番目 2番目 3番目 4番目 5番目 6番目
キャラ名 ドッペルゲンガーアルル スイートアミティ ジャァーン チコ ディーナ
コンビボーナス対象 -

①に比べ、「全体が確率で怯え」→「単体が確定で麻痺」にすることにより、単体に焦点をより当てた戦法。ロックオンを忘れずに。
ギルイベなどで起用したり、「取り巻きの体力はなんとかなるのだが、ボス本体は…」というときにおすすめ。

サポがチャンス生成で最大火力16*40000*2*3で384万
取り巻きには128万

注釈は①と同じ。

③揃えやすさ重視
順番 1番目 2番目 3番目 4番目 5番目 6番目
キャラ名 ドッペルゲンガーアルル すけとうだら ニジイルカ ふふふ さかな王子 ブラックタイガー
コンビボーナス対象

このカード以外でコンビネーションをさかなシリーズ5体で結成される「スイマー」コンビネーションを使う方法。
レアリティ無視ならば効果は素と同じ。
ドッペルアルルを包含した揃えやすさを考える上では、リーダーとサポートは逆に考えれば良い。
基本的には低ランカーでも他人から借りれば問題は無い。

また、サポートキャラがさかなシリーズだと安定力に優れるスキル「タフネス」に加え、ドッペルゲンガーアルルのスキルの火力も上がり、一石二鳥。
ただし、ステ向上とタフネスの相性は決して高いとは言えない。ステ倍率同士を掛け合わせる為に初代の方がいい事が多い。

最大火力は20*40000*2=160万

➃取り巻き利用
順番 1番目 2番目 3番目 4番目 5番目 6番目
キャラ名 ドッペルゲンガーアルル スイートアミティ チコ ジャァーン フェイニィ ディーナ
コンビボーナス対象

取り巻きがいた時のみ、単体最大火力を出せるパーティー。チャージで貯めたダメージを麻痺したボスに一点集中して攻撃する方法。
相手ボスが1体+取り巻き4体の構成の場合、最大で単体に12*40000*2*3*5*1.31872万与えられる。
ただし、先述通り、場所は限られる。
また、ここまでの超火力は必要な場面は少ないので、素直にチャンスぷよ生成キャラクターを1体ぐらいカーバンクルや漁師などの別キャラにして、取り巻きの雑魚ボスを安定して倒せる術を持つのが理想。
余談だが、この方法を利用して与えられる最高ダメージは(コンテでスキル発動を繰り返すと)48*40000*2*3*5*1.3で7000万超えとなるが、言うまでも無く非実用的である。

➄単色構成

順番 1番目 2番目 3番目 4番目 5番目 6番目
キャラ名 ドッペルゲンガーアルル スイートアミティ モモ ストロベリーナ ミヤビ ?
コンビボーナス対象 -

フルーツシリーズとケーキシリーズを組み合わせることで、単色構成にしたパーティー。雅楽師シリーズであるミヤビのスキルを利用して回転率を高めつつ、チャンスぷよの大量生成ができるのが大きな利点。サポートにはタフネス付与 + チャンスぷよ生成を兼ねられるさかなシリーズがおすすめ。これらのカードだけでも10(14) * 40000400000(560000)と充分なダメージが見込める上、1回のクエストで複数回の使用が可能なため、曜日クエストの周回等、複数回挑戦する必要があるクエストの攻略も楽になる。

注意点としては、ぷよの配置次第では「ストロベリーナ + モモ」のスキル発動の時点でチャンスぷよが暴発する可能性があること。ストロベリーナのスキル使用後は盤面を見直して、「ハートボックス + 赤ぷよ」で4個繋がっている部分が無いか確認しよう。また、漁師シリーズと違い「ミヤビ」のスキル発動タイミングが難しいことや、赤ぷよが足りなくなる可能性が高いので、常に赤ぷよが枯渇しないようにするなど。もっとも、それらの部分を気を付ければ480000程度の全体攻撃を連発出来るので、実用性は高い。

⑥スキル無視構成
説明するまでもないが、このカードのスキルを使わない選択。
このカード自体はステータスが高いので入れる分には問題なし。
赤ガールズパに入れるのが最も効率が良いだろう。
リーダーでも良いし、スタメンの攻撃要員でもOK。


チャンスぷよ作成スキル持ちカードが1枚でも☆6なら160000の赤属性全体攻撃ができるので無理して全てのカードをそうする必要は100パーセントあるとは言えないが、利用したほうが効率的。

〜中ランカー程度なら、ドッペルゲンガーアルルとチャンスぷよ生成キャラ1体を普段と変えて、曜日ダンジョンボス(HP100000×5体)を即全滅させる戦法も効率良い。

評価

基本ステータスが高いので、攻撃要員&全体ステ調整として採用できる。
スキルを利用したコンボは安定して一定火力が出せるのは魅力。
Lスキルは赤ガールズパで過度な攻撃力アップを避けることで確実にスキルを貯める、ステータスアップで安定させる事が可能。

このように、高ステータスに加え、準備が必要だが大きな火力が出せるスキル・安定するLスキルを持ち「招待報酬で入手可能なカード(=非課金入手可能)」だったので、相対的価値は高いカード…だった。

だが、2015/03/09以降このカードは入手&育成に300~600Pという多大なぷよPが必要な課金カードとなっている*1
約半分のぷよPで入手&育成可能なカードである「すずらん+αシリーズ」の方が汎用性は高いし、専門性でいえば「西洋妖怪シリーズ」はほかのカードでは代替の利かない特殊なスキルを持っている。
また、600Pも貯まる頃にはある程度課金カードが揃っているはずであり、スキルの項で述べたように「わざわざここまで下準備しなくても他のスキルで…」となってしまう可能性も大いに考えられる。
その頃には「通常クエストは余裕」レベルまで他のカードも育っているだろうし、「通常クエストが安定する」程度ではこのカードを入れる価値は見いだしにくい。

マルチプレイの正式実装により☆5までのへんしん素材がクエストドロップで入手できるようになったが、出現率は☆6魔導書や100点テストと同等かそれ以下と低いので、
専用素材が揃う頃にはやっぱり「わざわざここまで下準備しなくても他のスキルで…」となってしまう可能性は大いに考えられるし、
それまでに☆6魔導書や100点テストが入手できたなら、それらで☆6にできるキャラを育てた方が有効かもしれない。
とはいえドロップで専用素材を手に入れてしまえば本体を交換するための50ぷよPとぷよアイスだけで☆5にできる。
50ぷよPで☆5となれば他のぷよP交換カードより割安であるし、赤ガールズバランスタイプ良ステータスと使い勝手もよいため交換価値も出てくるだろう。

まとめると、300~600ものぷよPを持っているなら購入すべき有用なカードは他にあるし、それだけのぷよPが溜まるほどガチャを回していれば、有用なガチャ限カードが既に揃っているはず、ということである。
単体で見れば決して使えないカードではないが、ぷよPという入手方法を考えると損をしているカードである。
現段階では廃課金者の収集カードの域を出られない。招待やマルチプレイで☆5まで手に入れた人も無理に☆6にするのはおすすめできない。

ちなみに上下位ランカー混在ギルドならば、低ランカーにドッペルゲンガーアルルをサポートとして貸して、スキルコンボを教えてあげれば、交流ギルドなどではかなり重宝してもらえるだろう。
チャンスぷよ生成キャラ自体も育成意義はあるので、低ランカーにはかなり有用な連携手段。このカードを出している外部プレイヤーのサポートを使うのも十分アリ。

バトルイベントのボーナスタイムでスキルが発動してもほとんど無意味なので、ボーナスタイム中はデッキの控えに移動することを推奨。

余談

ゲーム内のカード図鑑を見ると、このカードは「よ~んシリーズ」と同じ位置に置かれている。
ドッペルゲンガーアルルというキャラは魔導物語も含めて何体か登場しているが、このカードは「ピエロに変装している」という『よ~ん』のラスボスを出典とした設定となっているため、開発段階ではよ~んシリーズの赤属性としてデザインされていたのかもしれない。
ver9.1.0実装のキーワードしぼりこみではよ~んシリーズと共に「よ~ん」に含まれる。

ver3.1.0以前は、スキル攻撃が属性ダメージ扱いであるにも関わらず赤属性盾を貫通していたが、これはバグだったようで貫通しない仕様に修正されてしまった。

このカードが出たことで「アルル」「アルル ver.ぷよテト」「サンタアルル」「ダークアルル」「ドッペルゲンガーアルル」で被りなしの「アルルオンリーデッキ」が可能。
ただし、「アルル」「アルル ver.ぷよテト」「サンタアルル」は同一人物扱いのためコンビネーションは発動しない。
内容的にかみ合う要素もほぼ無い、いわゆるファンデッキである。
6枚目の「アルルver.冬休み」、7枚目の「戦乙女アルル」、8枚目の「お祝いアルル」の登場により、さらに作りやすくなった。
最終更新:2021年09月09日 01:07

*1 一応ぷよPはイベント報酬やとことんクエストなどでも入手可能だが、それらの手段で600Pを貯めるには相当の時間を費やしてしまう