トニオ・トラサルディー

登録日:2010/08/12(木) 00:10:31
更新日:2021/02/08 Mon 21:13:45
所要時間:約 5 分で読めます




「さ、料理を続けましょうか」



名字はイタリアのファッションハウスから。
CV:松原大典(ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル) 、川島得愛(テレビアニメ版)



【概要】

杜王町の霊園近くに一風変わったイタリア料理店『トラサルディー』を構えるイタリア人で、その正体はスタンド使い。
至高の料理を求めて世界中を旅してきた料理人で、旅の途中スタンドを発現した。

故郷イタリアでは新人の自分が店を出す余地がないため、遠路遥々日本の杜王町へ新たな可能性を求めてやって来て仗助億泰と出会う。
彼の作る料理は作者の画力やグルメ漫画も裸足で逃げ出す億泰の解説も相まって実に美味しそうである。
ちなみに料理の味についてはスタンド能力とは関係なく、純粋に彼の腕前によるもの。

しかしスタンドが能力を発する時、食べた者の体に一時的に異常をきたすため、仗助はスタンド攻撃で億泰を殺そうとしていると誤解していた。

スタンドとは関係なく、客の両手を見るだけでその人の抱える肉体の異常全てを見抜く特技を持っており、その情報を元に客が健康になるような料理を作る。
そのため、彼の店に献立表は無い。

「そんなもの、ウチにはないよ…」

客の好き嫌いはどうなると思うが、辛い物が苦手と称していた億泰が辛めのパスタを夢中になって食べたため、あまりの美味しさに多少の好き嫌いは気にならなくなってしまうようだ。
完全に健康体の人が来店したらどうなるのだろう? と言いたくなるが、その時は客のリクエストや、いわゆる「本日のおすすめ料理」みたいなのを振る舞ってくれる様子。コースの値段は内容に関係なく一律で決まっている模様。


恐らく従業員を雇う余裕がまだ無いのに加えて特殊な注文システムのせいか、一人でコックとウエイターを兼ねているため、店は小さくテーブルが2つしかない。
日本語に慣れていないのか「いらっしゃいマセ」といったように台詞の端々が片仮名になることがある。

いつも柔和な笑顔をたやさない穏和な人柄の持ち主で
客にいい料理を食べさせ、快適になって貰うことが最高の喜びで最大の幸せと語る料理人の鑑。
その一方で自分なりの料理道を究めるという意志は凄まじく固く、そこには一切の妥協が無い。
若くして世界各国を冒険し東洋の漢方医学やアマゾンのメディシィンマンの薬学を修めており、美味と健康、幸福の調和を目指して日夜研鑽を重ねている。
また「故国では自分のような若僧が店を持つことは許されない」
「自分は一部の気取った食通が食べるような料理は出さない」
など、言葉の端々からロックな「トゲ」を感じさせることが偶にあり、表面には出さないが内面には激しい闘争心を秘めているのがわかる。

番外編の「岸辺露伴は動かない」では大切な人の病気を癒すために決然と違法行為に踏み切る「覚悟」も見せており、
出番こそ少ないが単に「良い人」で片づけられない深みのある人物である。

己のプロフェッショナリズムの結晶としてスタンド能力が発現した第4部ならではの背景を持ったキャラクターであり、これまで殺し合いの道具か呪いのようなネガティブな形でしか描写されなかった
スタンドに「プロ根性の象徴」というポジティブな側面を持たせた草分け的な存在。
作中始まって以来の
「怪しい雰囲気ではあったが結局敵意は一切なく、むしろこちらにとって良いことづくめでしかなかった」
という形で終息する彼の登場エピソードはシリーズを通しても個性とクオリティが両立したマスターピースとして読者から大いに評価されている。
なお、同エピソードの「料理を食べると体調が劇的に回復する」というくだりの元ネタは筒井康孝の短編小説「薬菜飯店」と言われている。

なお、当然ながら衛生には人一倍気を遣っており、仗助が手も洗わずに無断で厨房に入り込んできた時は彼に悪鬼の如き形相で振り返り問答無用で包丁を投げつけるという過激なリアクションを返したことがある。
その際投げた包丁が柱に半分ほど突き刺さっていた。料理人の体力は超人的である。
厨房の脇にある殺風景な小部屋に自身の料理の実験台を兼ねて子犬を一匹飼っており、「厨房で犬飼うのは良いのか」という点は読者によくつっこまれる。

彼の登場エピソード『イタリア料理を食べに行こう』は四話に渡り億泰はトニオの料理を食べ続け、仗助は勝手に疑って空回りするだけでスタンドバトルは一切無い。
その上、自分も注文したモッツァレラチーズとトマトのサラダは最後まで持ってきてもらえず(カプチーノはよく見ると億泰の一品目の際に確認できる)、
挙げ句(自業自得とはいえ)台所掃除までさせられるというなんとも仗助トホホな展開である。
実にジョジョらしい奇妙なエピソードだと言える。
なお、アニメに於いては仗助の注文した分と思われるモッツァレラチーズとトマトのサラダを作ってる場面がちゃんと写っており、仗助は掃除後、バイト代代わりに夕食をごちそうしてもらったようである。

その後もちょい役で何度か登場しており、仗助たちも彼の店の常連になっているようだ。
仗助はいつか彼の店で一番高い料理を食べるのが夢な様子。

更に最終回では、億泰が父親(と猫草)と一緒に食べに来たり、噴上裕也も取り巻きの三人娘と一緒に来るようになったりとお店は以前にも増して賑やかになったようだ。

ちなみにとある二次創作ゲームでの役回りからファンからは『恐怖の店長』の通り名で知られている。
本wikiでは語れないので詳しくは他サイトで。

◆とある日のメニュー

客は億泰。
仗助はその時お腹が空いてなかったので注文せず。同じものを飲んでも規則正しく生活していて健康体だったので効果は無かった。
億泰は親父があの状態なのでやっぱり世話とかで苦労しているのだろうか、全身あちこちに体調不良を来していた。


・ミネラルウォーター

なんつーか 気品に満ちた水っつーか たとえるとアルプスのハープを弾くお姫様が飲むような味っつーか
スゲーさわやかなんだよ…3日間砂漠をうろついて、初めて飲む水っつーかよぉーっ

アフリカキリマンジャロの5万年前の雪どけ水。とても美味しいらしく、仗助も億泰ほど大袈裟ではないが「確かにウマいぜ」と感心していた。
飲むと感動のあまり眼球が萎むほどの涙が出る。
効能:睡眠不足の解消

・前菜『モッツァレッラチーズとトマトのサラダ』

ゥンまああ~いっ こっこれはああ~っこの味わあぁ~っ
サッパリとしたチーズにトマトのジューシー部分がからみつくうまさだ!!チーズがトマトを!トマトがチーズをひき立てるッ!
「ハーモニー」っつーんですかあ~「味の調和」っつーんですかあ~っ
たとえるならサイモンとガーファンクルのデュエット!ウッチャンに対するナンチャン!高森朝雄の原作に対するちばてつやの「あしたのジョー」!……つうーっ感じっスよお~っ

イタリアで最も代表的な前菜の一つ。「カプレーゼ」という名前でも知られる。
単体ではごく普通の味わいのチーズとトマトを一緒に食べることで素晴らしいハーモニーが生まれる。
食べるとチーズのカルシウムとトマトのビタミンの効果で喉にある甲状腺が活発化、新陳代謝がよくなり、ソフトボール大の垢が出る。
ファミリーレストラン「サイゼリヤ」では、「モッツァレラトマト」という名前で供されており、気軽に食べることができる。この話のせいで同メニューが人気メニューになってるとかいないとか…
2019年に同メニューのトマトが刻まれたものになった際には、多数のジョジョファンが悲しみの声を上げた。
効能:肩凝りの解消

・第一の皿『娼婦風スパゲティー』

そ…そうなんだよな… 食えるはずがねえーんだよなこんなカライの! でも思わず食っちまった…
クセになるっつーかいったん味わうとひきずり込まれるカラさっつーか…
たとえると『豆まきの節分』の時に年齢の数だけ豆を食おうとして大して好きでもねぇ豆をフト気づいてみたら一袋食ってたっつーカンジかよぉ~っ!
うわああああはっ腹が空いていくよお~っ!食えば食うほどもっと食いたくなるぞッ!こりゃあよおーッ!!!

イタリア料理史上最も古くからあるパスタの一つ。「プッタネスカ」とも。唐辛子が入っているが、辛いものが駄目な人でも大丈夫。
にんにくを使ったパスタには通常チーズをかけないが、これは例外でかけて食べる。
食べると虫歯が勢いよく抜け飛び、その跡に正常な歯が新たに猛スピードで生えてくる。
効能:虫歯の治療

・メインディッシュ『子羊背肉のリンゴソースかけ』

ガマンできねぇッ ハラがイテーけど食わずにはいられねーっ
リンゴソースの甘ズッパさと子羊の肉汁がのどを通るタビに幸せを感じるッ!
こんな味がこの世にあったとはァーーーッ 幸せだァーーーッ

トニオ秘密の味つけが際立つ一品。
果実をソースにするという技法はイタリアンではなくフレンチのものであり、彼の国境を問わない料理修行や研究の成果を感じられる逸品。
付け合せにはアスパラガス。
食べると腹が裂けてハラワタをぶちまけた後、噴水の如く血ヘドを噴き上げて下痢気味の腹が治る。
試食として同じくお腹の調子が優れなかった子犬に食べさせていたがこちらも問題なく、 内臓が飛び出し吐血した後に 元気いっぱいに回復していた。

効能:胃腸の調子を調える

・デザート『プリン』

デザートはプリン~?
ケッ! オレは不良だよ…! 『プリン』なんて女子供の食うものなんてチャンチャラおかしくて…
ン ま あ ~ ~ ~ い ! !

女子供の食う物だと笑うなかれ。ちなみにここでは喰わず嫌いしていたが、元来億泰は甘党で乳製品やアイスクリームが好き。

効能:水虫が治る


【スタンド】

スタンド名:『パール・ジャム』
破壊力-E
スピード-C
射程距離-B
持続力-A
精密動作性-E
成長性-C

顔のついた果実のような本体から腕が生えたデザインの群体型スタンド。
一応自我があるようで、「メッシャァーッ!」と鳴く。
数は無数にあり、空中に浮かんで移動するほか、トニオの作った料理の中にもこっそり紛れ込んでいる。*1
スタンドなので一般人には見えないし、食材ごと食べられても特にダメージや本体へのフィードバックは存在しない。
スタンド名はアメリカの同名バンドから。名前は単行本で明かされた。


◆能力

料理に混入して食べた人間を健康にするという、仗助のクレイジー・ダイヤモンドとは異なるベクトルで『なおす』スタンド。

治癒できる症状は食材の本来持つ薬効に大きく左右される為、トニオは客の症状ごとにその人物に合った料理を作る必要がある。
健康な人には同じ料理を食べても治癒効果は現れない。

上記の通りいくら体調が完璧になるとはいえその前にとんでもないオーバーリアクションが起こるのだが、億泰は全く疑問に思っていなかったので、
スタンドにはそういうことを気にしないようにさせる能力もあると思われる(痛みもほとんどなかった模様)。
料理の美味しさに感激しすぎて気にならなかった可能性もあるが、垢については家族旅行で行った温泉で同じような経験があったらしいので
能力を抜きにしても億泰は素で気にしていなかっただろう。その温泉の垢すりの人、まさかスタンド使いだったんじゃ…

この能力から、虹村父を元に戻せそうなスタンド候補として時折ファンの話題に上っており、アニメ版最終話では実際に料理を口にしたのだが、化け物の姿のまま肌ツヤが良くなるという結果になった。パール・ジャムはあくまでも健康にする能力なので「健康な化け物」にしかできないということなのだろう。
それでも健康になり嬉しそうな父を見て「まあいっか」とこぼす億泰の姿はなんとも頬笑ましい。

なお、作中での彼の発言から4部の中では数少ない、スタンドが発現した理由がで射られたことではないスタンド使いであることが分かっている。

「岸辺露伴は動かない」でも存在を示唆されているが
こちらは対象の病状があまりにも重篤すぎて癒すことが叶わなかった模様。




【本編以外での活躍】

・「The Book jojo's bizarre adventure 4th another day
蓮見琢馬双葉千帆が来訪。
サラダを食べると、大量の鼻水が出て鼻づまりがスッキリし、
パスタを食べると、咳き込んだ末に肩こりが治るという、本編に比べると幾分マイルドなリアクションだった。
また、琢馬が耳にした噂話では、治る見込みのなかったガン患者がここの料理を食べたことで快癒したという。


・「恥知らずのパープルヘイズ
本人の登場はないが、元貴族出身という事実が判明。
本名は「アントニーオ・ヴォルペ」で、トニオという名前は愛称(トニーとかアントンとかそんな感じ)。
ヴォルペ家の跡継ぎだったが、元々ヴォルペ家は破産寸前で父親の性格も最悪だった為、家に愛想を尽かし料理人になることを決意。
父にその意思を理解されず勘当され、母方のトラサルディー姓を名乗っている。

世界中を旅してるときに「パール・ジャム」を何時の間にか身に付けたとは本人の弁だが、
実際は弟マッシモ・ヴォルペがスタンド「マニック・デプレッション」を発現した際に、兄弟故か発現した能力。
ただしトニオさん本人がこの事実に気付いてるかは不明(マッシモは兄がスタンド使いになったことを確信している)。

ちなみにマッシモの「マニック・デプレッション」は「パール・ジャム」と対極のスタンドで、過剰に使えば対象が死ぬ。
マッシモは「(同じ身体能力の活性化でも)あの兄のことだから、"健康的な料理を作る"といった、夢のある能力になったんだろう」と、別れてから一度も再会していないにも関わらず的確に推測していた。
トニオさんも別れ際にマッシモに対して忠告をしていることも含め、兄弟仲は良かった模様。


・「岸辺露伴は動かない 〜エピソード6‥密漁海岸〜
パール・ジャムでも治せないほど重い脳腫瘍を患っていて、車椅子から立つこともできない恋人ヴェルジーナのために、
文献を調べて探し当てた杜王町のヒョウガラ列岩で取れる極秘の最高級クロアワビを密漁するために露伴に手伝いを頼んだ。
その後、なんとか手に入れたアワビで作った料理で(ちなみにトニオさんはほとんどの間、昏睡してたのは内緒)ヴェルジーナは立って歩けるほどに回復した模様。
(恐らく完治したか、医療で解決できるレベルに病状が良くなったと考えられる)

◆登場したメニュー


  • 『鮑のリゾット』
薄く切られた半生のアワビと細かく刻まれた冬瓜と摩り下ろしたとろろいもが具材のリゾット。和の食材を伊の調理技術で作った二文化の調和が光る逸品。
前述のミネラルウォーターと同じく、目が溶けるほどの涙を流す。
クールな露伴がキャラを忘れて派手にリアクションを取るほどにおいしい。
効能:疲れ目がスッキリする

  • 『タコのトマトソース煮』
実は殺人生物だったクロアワビを撃退するために利用したタコ君の成れの果て。命の恩人でも食材は食材
露伴や仗助、億泰、康一に振舞われた。
効能:食べたところで漫画が終わったため不明。


「さっ! 編集を続けましょうか………」

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2021年02月08日 21:13