登録日:2011/12/12(月) 16:44:51
更新日:2018/12/31 Mon 12:47:08
所要時間:約 3 分で読めます




○(^¬^(モチモチ


餅とは、日本をはじめ、アジア各地で食べられている食品。英語ではRice cakeと呼ばれる

中国では小麦粉を練って焼いたものを指すが、ここでは日本の、もち米と呼ばれる米から作られるそれを説明する。

日本人がいつから餅を食べていたかは定かでは無いが、
弥生時代には、もち米を蒸す装置が既に開発されており、稲作の神への信仰を込めた神聖な食べ物として、崇められてきた。
現在の日本では、正月の食べ物の定番である。


■餅つき

日本の年末には、正月用の餅を大量に作る「餅つき」が、今も習わしとなっている。
餅つきをする日付は、「苦」を避ける為に29日の前後だったり、「福」を呼ぶ為に29日にしたりと様々だが、年の暮れに行うのが恒例である。
臼と杵を使った伝統的なものも残っているが、家庭用の餅つき機で製造したりもする。


■餅の食べ方

◆あべかわ餅
きな粉をまぶした食べ方。
基本だが、やはり外せない優しい甘味。

◆あんころ餅
中にあんこを入れた食べ方。やはり固くなる前に出来立てで食べるのが一番である。

◆砂糖醤油
手軽さが売りだが、それに見あわぬ美味さ。

◆磯辺餅
醤油海苔で。辛口派も満足。

◆絡み餅
大根おろしで。出来立ても堪らないが、揚げた餅にポン酢と紅葉おろしを絡めても堪らない。

◆納豆餅
こちらも出来立てで。ご飯もいいけどあつあつのお餅も捨てがたい。

◆ムーチー
沖縄のお餅。餅粉をこね、白糖や黒糖で味付けを行い、月桃(げっとう)の葉で巻き、蒸して作る。
月桃の葉の香りが付いているので香りから楽しめる。
焼いても美味しい。


〆の具として定番。


■餅を使った料理

お雑煮
言わずとしれたお正月の定番にして、代表的な餅を使う料理。
だし汁をとったスープに材料をぶち込んで煮込むというシンプルな作り方ながらその中身は多種多様。
各地域どころか各家庭ですらだし汁、入れるものは変化する。餅を入れない地域さえある。
東日本で入れるのは切り餅、西日本では入れるのは丸餅とはよく言われる話だが必ずしもこの通りではない。

◆お好み焼き
内部に封じ込めると、生地にもちもち感が付加され、ボリュームある食べ味が出る。

◆餅チーズピザ
ピザ生地に餅とチーズを乗せて、照り焼きソースで食べるとジュルリ(´ρ`)
好みでベーコンやハムを乗せよう。
カロリー半端無いので食べ過ぎるとピザるが。

◆餅ピザ
餅そのものをピザ生地のかわりにする食べ方。普通のピザと同じ要領で好みの具をのせ、チーズをパラリ。ダブルで伸びる餅とチーズがたまらない。

◆トッポッキ
韓国の雑煮。唐辛子味のスープでトックと呼ばれるうるち米で作った一口大の餅と野菜を煮込む。

◆力うどん
具として餅が入っているうどん

【余談】
因みに、餅を喉に詰まらせて死亡する人数はおよそ毎年200人前後。割合としては老人が多い。
某ゼリーの100倍の人数が死亡しているが、こちらが叩かれないのは餅で人が死ぬのは常識だかららしい。
お前は何を言っているんだ。


580 :異邦人さん :2006/01/08(日) 00:44:07
アメリカ人に
日本人がとても好む食べ物だが
日本で一番危険な食べ物で
これを食べて毎年何人かが死んでる
って
餅を勧めたらびびってた



追記、修正は、お餅を目一杯伸ばしてからお願いします

この項目が面白かったなら……\モチッと/