アリゲーターイマジン

登録日:2020/02/18 Tue 23:59:30
更新日:2020/08/14 Fri 22:21:27
所要時間:約 4 分で読めます





今日で完全に世界を消してやろう…!



アリゲーターイマジンとは、特撮テレビドラマ『仮面ライダーディケイド』に登場する怪人である。
彼の初出となるエピソードは放送当時に公開された映画『劇場版 超・仮面ライダー電王&ディケイド NEOジェネレーションズ 鬼ヶ島の戦艦』の前日譚となっている。
なお、ワニモチーフの怪人だが、これは原典『仮面ライダー電王』の劇場版第1作『劇場版 仮面ライダー電王 俺、誕生!』のラスボス仮面ライダーガオウと同一である。




【データ】
身長 201cm
体重 142kg
種族 イマジン
童話モチーフ イソップ童話『キツネとワニ』よりワニ
時間移動した日付 2008年12月30日
特色・力 怪力
波動による攻撃
声優 三宅健太(『ディケイド』)
クリーチャーデザイン 韮沢靖
初登場回 『ディケイド』第14話「超・電王ビギニング」
『ディケイド』第15話「超モモタロス参上!」
『ディケイド』第31話 (最終回) 「世界の破壊者」



【概要】

電王の世界』に現れ、時間の破壊活動を行っていた悪質なイマジン。
モモタロスをして「“大物のニオイ”がする」と評される実力者である。
多数のモールイマジンを引き連れて時空を越えて暴れ回り、その影響でビルが消滅し、モモタロス達が実体を保てなくなるなどの悪影響を齎していると目された。

目的の為なら幼い子供を危険に晒すことも厭わない卑劣漢。
凄まじい怪力を誇り、仮面ライダーとの戦闘では仮面ライダーディケイド仮面ライダー電王の両者を素手で圧倒するほど。
更には電王から奪ったデンガッシャー・ソードモードを駆使し、本来の持ち主を追い詰めた。
決戦時には実体を取り戻したモモタロスが専用剣・モモタロスォードを手にアリゲーターイマジンと切り結んでいる。
また、手からは一撃で高層ビルを破壊する威力の波動弾を放つことができる。


当初は浮浪者風の男性に憑依し活動していたが、ディケイドと電王が戦闘している最中に男性警察官に乗り移り、その場から逃走。
後にモモタロスや光夏海にその事を覚えられ、追跡されると今度はレジャーランドにて自転車に乗った男の子に乗り移り、
彼を利用して2008年12月30日の世界に移動
モモタロスが所持していたライダーチケットが反応しないものの、『電王の世界』を訪れた時点で士が入手していた別のチケットにより、彼らの追跡を許してしまう。
ディケイドと電王を圧倒し、仮面ライダーディエンドが召喚した3体のライオトルーパーを倒すが、
ディケイドによる電王のファイナルフォームライドでモモタロス (とついでに小野寺ユウスケ) が自身の身体を取り戻すと形勢逆転。
敵と間違えてモモの首元にマイティキックをかます仮面ライダークウガ「貴様ら…ふざけるな!!」と呆れたりもしていたが、
最期はデンガッシャーを奪還したモモタロスがクウガゴウラムのに剣先をぶっ刺して放ったディケイドライナー「俺の必殺技・ディケイドバージョン」を食らい、クウガゴウラムに押し潰される形で爆死した。


最終回では大ショッカースーパーアポロガイストが蘇らせた「悪の勇者」の1人として再登場。
『電王』劇場版第3作『劇場版 さらば仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウン』でゴーストイマジンや仮面ライダー幽汽スカルフォームが使用していた長剣を手にディケイド達と戦うが、
タイガーオルフェノク共々、ディケイド コンプリートフォームの強化ディメンションキックで倒された。
タイガーオルフェノクとは復活の方法が被ってしまっている。



【『仮面ライダーディケイド』におけるモールイマジン】


鼻が利くようだな……!

アリゲーターイマジンの尖兵として活動するモグラのイマジンで、モモタロス曰く「あっちこっちにいるモグラ野郎」
原典『電王』における詳細は項目参照のこと。
外見は黒いジャケットに身を包んだもので、『電王』終盤に大量発生したいわゆる「NEWモールイマジン」である。
本作でもアックスハンド・ヒッポハンドなど、複数種類の武装を施したモールイマジンが出現し、ディケイドや電王と交戦している。
第14話冒頭で現れたアックスハンドの個体はサラリーマン風の男性に憑依した状態で士達と遭遇するが、
イマジンの匂いを嗅ぎつけて現れたモモタロスが士に憑依し、変身した電王相手には終始劣勢で、
最期はエクストリームスラッシュ「俺の必殺技・こんチクショー!!」で真っ二つになり爆散した。
その後、アリゲーターイマジンと共に行動する数名がシルバラ率いるオニ一族ゲルニュートを差し向けられている。
第15話ではコハナの説明内にクロスハンドの個体が破壊活動を行う様子が描かれた他、サンドウィッチマン風の男性に憑依していたヒッポハンドの個体がモモタロスに見つかり、やはり倒されている。
残る個体はアリゲーターイマジンと共に2008年12月30日に移動し、ディケイド、電王と戦うも、アタックライド・ディケイドブラストでまとめて倒された。



オニ一族


ディケイドと電王の戦闘をよそに音楽堂を襲った謎の怪人達。
シルバラの指揮の下、ミラーモンスターのゲルニュートが建物付近の警察官やモールイマジンを襲撃していた。
なお、この混乱に乗じてアリゲーターイマジンは警察官の1人に憑依し、姿を眩ませている。
士とモモタロス、ユウスケの奮闘でアリゲーターイマジンが倒されてからも建物の消滅やデンライナーのイマジン達が実体を失うなどの異常が続くが、
一連の異変を別ルートで調べていた野上幸太郎野上良太郎 (小太郎) によりその関与が明らかになる。
以降の活動はこちらを参照のこと。



下らん追記・修正をしている余裕があるのか?!


この項目が面白かったなら……\デデデデンオウ!/

最終更新:2020年08月14日 22:21