閉ザサレシ世界ノ冥神(遊戯王OCG)

登録日:2020/11/07 (土曜日) 01:02:16
更新日:2022/01/04 Tue 20:31:18
所要時間:約 ? 分で読めます




閉ザサレシ世界ノ冥神(サロス=エレス・クルヌギアス)とは「遊戯王OCG」に登場するモンスターである。

【カードテキスト】

リンク・効果モンスター
◀  
リンク5/光属性/悪魔族/攻3000
【リンクマーカー:上/右上/右/下/右下】
効果モンスター4体以上
このカードをリンク召喚する場合、相手フィールドのモンスターも1体までリンク素材にできる。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
相手フィールドの全ての表側表示モンスターの効果は無効化される。
(2):リンク召喚したこのカードは、
このカードを対象とする効果以外の相手の発動した効果を受けない。
(3):1ターンに1度、墓地からモンスターを特殊召喚する効果を含む、
魔法・罠・モンスターの効果を相手が発動した時に発動できる。
その発動を無効にする。

【概要】

第11期のパック「BLAZING VORTEX」で初登場したモンスター。同パックのホログラフィックレアを務める。
カード名が非常に難解であり、「閉ザサレシ世界ノ冥神」と書いて「サロス=エレス・クルヌギアス」と読ませるという、
初見では絶対読めない名前をしている。

イラストは紫のドレスを着た女性であり、後ろにはドラゴンのような影のモンスターを従えている。
その表情は無機質であり、どこか威圧感を漂わせる。
背景には黒の球体からが覗いており、恐らく日蝕の様子だと思われる。

【モンスター効果】

このモンスターはリンクモンスターであるため、召喚にはリンク数分のモンスターを個別の条件を満たした上でコストにする必要がある。
さて、このカードの条件は…

リンク5で効果モンスター4体以上

という非常に重いモンスターである。
リンク5なので最大で効果モンスター5体、リンク2モンスターの他に3体の効果モンスターが必要になってくる。
想像しただけで頭が痛くなりそうだが、このカードには独自の救済措置がある。

それは…

相手のモンスターも1体だけリンク素材にできる。

という物であり、実質相手の効果モンスターを1体除去しながらリンク召喚できる。
これは効果外テキストであるため、耐性のあるモンスターだろうと問答無用で除去できる。
上手く相手のリンク2のモンスターを素材にできればこちらの消費は3体で済む。
無論、相手に依存するため不安定であるので、自分で素材を用意しておくに越したことはない。
さらに言えば、このカードの存在でこちらもリンク2のモンスターを棒立ちさせることへの危険性が増したともいえる。

そこまで難解な召喚条件を持つだけあり、このカードの持つ効果は非常に強力である。

1つ目の効果はリンク召喚に成功した時に相手の表側表示モンスターの効果を無効にする効果。
彼女が降臨した瞬間、相手モンスターがどんなに強力な効果を持っていようと無意味になるので、こちらは安全に攻めていける。
ただフィールドのモンスター限定なので、手札や墓地のモンスター効果は発動を許してしまうのは注意。

2つ目の効果はこのカードを対象とする効果以外の効果を受け付けない効果。
対象を「取らない」効果を無効化する、対象以外耐性とでも言うべき珍しい耐性(前例としては「異次元竜 トワイライトゾーンドラゴン」)で、《激流葬》や《ブラック・ホール》は勿論のこと、
超融合》に融合素材にされることもない。
ただ、(1)の効果でも無力化できず、対象をとる効果である《エフェクト・ヴェーラー》や、《無限泡影》で効果を消されるのには注意。
無論、壊獣のリリースにもされてしまう。

3つ目の効果は蘇生に関する効果の発動を無効にする効果。
1ターンに1度だけだが、ノーコストで相手の展開を邪魔できる。

このように召喚に手間がかかる分場持ちもよく「閉ザサレシ」の名の如く相手の行動を阻害し3000もの攻撃力でねじ伏せる、
とても頼れる女神様である。

欠点としてはやはり素材の重さ。いくら相手を利用出来ると言っても、結局の所最低3体必要なことに変わりはない。
相手にリンク2が立っていなければ、こちらでリンク4つ分を用意する必要がある。
そしてリンク4には、汎用素材でもヴァレルロード・ドラゴンやアクセスコード・トーカーと言った強力な除去を使えるモンスター、
召命の神弓-アポロウーサやトロイメア・グリフォンなどの制圧力の非常に高いモンスターなどが存在する。
リンク召喚を使用するデッキはエクストラデッキの枠が厳しい事もあり、どのリンク4を採用するかは慎重に考える必要がある。

【相性の良いカード】

  • I:Pマスカレーナ
  • 星遺物からの目覚め
相手ターンにリンク召喚を行えるリンク2モンスターと通常罠。
マスカレーナや他のリンク2モンスターと効果モンスター2体等を並べて相手ターンに相手のモンスターを巻き込んで「冥神」をリンク召喚し、相手の行動を阻害できる。

上記のマスカレーナ含めリンク2の展開に長けたカテゴリ。
奥の手として投入しておけば彼女等の低い打点を補うことができ、
キスキル・リィラのデメリットである悪魔族限定となるEXデッキからの特殊召喚もクリアできる。
その姿はまるで女性怪盗団を影で支える裏社会の女ボスである。

  • スキル・プリズナー
選択したカードを対象とする効果を無効にする通常罠。
このカードの穴である対象をとる効果を無力化できる。

【元ネタなど】

カード名のルビは聞きなれない音だが、実はシュメール語。誰がわかると。
「サロス」は「3600」、「エレス」は「女王」、「クルヌギアス」は「冥界」。クル・ヌ・ギ・アと書けばわかる人もいるかもしれない。
日食をモチーフとしたイラストであることから、日月食が発生するサイクルである「サロス周期」が元ネタの一つだろう。

キャラクターとしては、シュメール語の名前で冥界の女王ということから、メソポタミア神話における冥界クル・ヌ・ギ・アを支配する女神「エレシュキガル」が元ネタと思われる。


追記・修正は、このカード名を初見で読めた方にお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2022年01月04日 20:31