ミートボール

登録日:2012/04/14(土) 23:21:23
更新日:2020/01/31 Fri 21:39:22
所要時間:約 3 分で読めます




ミートボールとは、挽き肉を丸く成型した料理、もしくは食材の事である。
日本語では肉団子と訳される。


挽き肉を成型した料理は世界中に存在するが、現在日本人が一般的にミートボールと認識しているのはアメリカの家庭料理のミートボールが原型である。
更にその源流を辿ればドイツのハンバーグに行きつき、調理法も多くが共通する。

日本生まれの挽き肉を団子状とした料理はつくねが存在するが、山芋や卵をつなぎとしたこれとミートボールは全く別物だと認識されている。

前述通り、パン粉や卵をつなぎにする調理法はそのほとんどをハンバーグと共通しているので、ほとんど「小さく丸めたハンバーグ」だと認識されており、
実際そんな感じで作れば問題無かったりする。


■主なミートボール料理

◆ミートボールスパゲッティ
トマトソースで煮込んだミートボールをスパゲッティに絡めたもの。
イタリアでなくアメリカ発祥の料理であり、現在も一般的な家庭料理である。
ルパンの映画カリオストロの城にてルパンと次元が競い合うように食べていた。
山盛りにされるとやはり胸が躍る一品。

◆ミートボールの甘酢餡かけ
「酢豚の豚の代わりにミートボールを入れたもの」とでも認識しとけば間違いない。
肉汁が封じ込められジューシーなミートボールは甘酸っぱく強めな味の甘酢餡にも違和感なくよく合う。
代用に落ちない味わい。

◆ミートボールスープ
春雨と共に中華スープ仕立てにしても良いが、やはりミネストローネ風にトマト仕立てにするのがロマン。
「おじさん。肉団子二つ入れて」

◆ミートボールカレー
お肉の代用としてミートボールを入れた日本生まれのカレー…ではなく、実は本場インドでもミートボールカレーは一般的だったりする。
シシカバブ文化がある中東の影響もあるらしい。

◆ミートボールハンバーグソース
前述通りにほぼ小さなハンバーグとも呼べる存在なので、ハンバーグを作っている最中に路線変更してミートボールにする事だって可能。
ハンバーグとほぼ同じ調理法ができるので、デミグラスソースやカクテルソースを絡めたり、
上記のようにビーフシチューをソースにしてチーズをかけてオーブンで焼くなど、ハンバーグと同じ応用が可能。


■ミートボールが好物なキャラクター
  • アレキサンドリア・ミート(キン肉マン)
  • 新堂功太郎(コータローまかりとおる!)
  • 日下部みさお(らき☆すた)



追記・修正お願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/