ポテトサラダ

登録日:2011/12/11(日) 19:16:27
更新日:2019/03/22 Fri 16:13:30
所要時間:約 2 分で読めます




ポテトサラダとは、ジャガイモをつぶし、マヨネーズで和えた料理である。
その源流は、アメリカのマッシュポテトだと言われている。

食事のメインにはなれないが、添え物としての地位は最強クラスと言えよう。
想像してほしい。トンカツハンバーグにただの生野菜や温野菜が乗っているのと、ポテトサラダがあるとでは、どちらが嬉しいか、言わずもがなである。

野菜嫌いの子供を持つ親にもおすすめ。

ただし当然のごとく主成分は炭水化物と油分。カロリーが高い為、食べ過ぎには気を付けよう。


■作り方

ジャガイモを茹でて、皮を剥き、ポテトマッシャーでつぶし、マヨネーズで和える。以上!
茹でて完全にペースト状にするか、ある程度形を残すかはお好みで。

ジャガイモは生芋の状態で、湿度に注意して気温2度で長期保存(冷蔵庫は湿度上の問題で3日が限度)すれば、ホクホク感と引き替えに糖化して甘味が増す。揚げ・焼き物には適さなくなるので注意。
店で買う場合、北海道産の2~4月あたりに出荷されるもの(所謂"熟成ジャガイモ")がこれにあたる。家庭でやるのが難しい場合はこちらをどうぞ。

マヨネーズに砂糖を入れたら、コクが出るぞ。粉チーズを入れるのも良い。


また、マヨネーズで和えずアボカドと酢を混ぜたペーストやクリームチーズで和えてもさっぱりとした味が楽しめる。
この場合、具材は玉ねぎキュウリ、パセリぐらいにするとなおよい。


■入れるといいもの

◆キュウリ
まあ、はずせない。彩りもよくなり、さわやかさと瑞々しさが加わる。

ハム
彩りの意味が強い。野菜の旨味のみを求めるなら無しで。

ニンジン
ゆでて角切りにしてポテトに混ぜてもよし。細ぎりにしてのせて良し。

ゆで卵
黄身の濃厚な風味と白身の食感が加わると、ちょっとリッチな気分。

◆タマネギ
生のをざく切りかスライスしたのをあえるだけ。タマネギの酸味と匂いが食欲をそそること間違いナシ!

キャベツ
ぶっちゃけマイナーだが結構イケる。

他にもみかんやりんごを入れちゃったりなんかして。


■かけるもの

ウスターソース
ピリリとスパイシー。食欲が出る。

醤油
一気に和風の味に。コクと旨味が出る。マヨネーズとの相性も良し。

◆ケチャップ
お子様大好き。トマトの旨味が加わるとより濃厚に。

■応用例
◆ポテトサンド
ポテトサラダをパンに挟む。
それだけだが実に美味い。
トーストしたパンでも、コッペパンでも行ける。
フランスパン、特に一般的にイメージされるような「長いパン」であるバタールやパリジャンの中をくり抜き、
その中にポテトサラダを詰めるというのもあり。

◆ポテトサラダ詰め
ポテトサラダをフィリングとしてハムで巻いたり竹輪の中に詰めたりして、
フライや天ぷらにしていただく。
濃厚で複雑なポテトサラダと、それを包むハムや竹輪の旨味、そして衣のカリカリ感…ああ、たまらない。

◆ポテトサラダコロッケ

追記修正は、ポテトサラダを食べて口の周りにマヨネーズをつけてからお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/