豚カツ

登録日:2011/11/17(木) 23:00:51
更新日:2020/03/21 Sat 23:29:23
所要時間:約 4 分で読めます




画像出典:日本橋 紅とん 公式サイト

豚カツとは豚肉に小麦粉・溶き卵・パン粉をつけて油で揚げた料理。
昔は温野菜を付け合せにするのが定番だったが、今では手間が掛からず値段も安いキャベツの千切りを添えるのが定番となっている。

主にロースや肩ロース、ヒレ等の部位が使われることが多い。
もっとも、ヒレを使った場合はヒレカツでロースの場合はロースカツなんだが

キャベツを先に食べると消化に良いと言われているが、豚カツマニアを自称する豚山カツ夫(仮名)氏は、「豚カツなどの揚げ物は、調理が終わってすぐの状態が一番美味しい時間であり、キャベツを先に食べている間にカツを劣化させる行為は、出禁レベルのマナー違反」だと反論している。
まぁ価値観や考え方というものは人それぞれなので、自分に合った食べ方をすればいいだろう。

◆作り方

1.
適当な棒で肉を叩いて柔らかくする。あまり強く叩きすぎるとせっかくの肉が潰れてしまうので注意。
なお、叩く際に肉にラップ等を被せておけば後で棒を洗う手間が省ける。

2.
肉に塩と胡椒を振って、小麦粉→溶き卵→パン粉の順に付けていく。全体に満遍なく付けること。
特にパン粉は剥がれやすいのでぎゅっと力を入れて付ける。

3.
油で揚げる。
弱火~中火でじっくり気長に揚げよう。
強火で揚げようとすると、衣は焦げて肉は生という状態になりかねない。
肉が厚ければ厚いほど長く揚げる必要がある。

4.
揚げた豚カツをキッチンペーパーや網に置いて余分な油を落とした後、食べやすい大きさに切る。
お好みでキャベツの千切り等の付け合せとともに皿に盛り付け、ウスターソースとからしをかけて召し上がれ。

サクサクの衣、豚肉の旨みと脂の甘さ、ソースの香ばしい風味が口の中で三位一体となり極上のハーモニーを奏でる。
そこに白米を掻き込めば、まさに至福。

ソース以外ではを振って食べるのもよい。
さっぱりとした塩の風味が豚肉の旨みを一層引き立たせてくれる。

その他、醤油・ポン酢・味噌ダレ等々。


◆派生品


ツユで玉ねぎとカツを煮込み、卵綴じにして頂くのが主流だが、
キャベツを用いたソースカツ丼やデミグラスソースを使用するものなど地域や店毎に様々なパターンがある。
詳しくは項目参照。

  • カツカレー
皆大好きなカレーライスと豚カツが一つになったのだから美味しいに決まっている。
スパイシーなカレーがかかった豚カツをライスと一緒に口に運べばもう言葉はいらないだろう。
カツがふやけることが気になるならカレーライスと豚カツを別々に盛り付けるという手もある。

  • チキンカツ
豚肉の代わりに鶏肉を使ったカツ。
豚カツと比べてさっぱりとした味わいで、カツ丼やカツカレーにするならこっちの方がいいと言う人も。

「カツカレーとうどん」なのか、「カツとカレーうどん」なのか、「カツとカレーとうどん」なのか…

大阪名物の一口サイズの肉と玉ねぎなどを串にさして揚げたやつ。種類も豊富。

  • ヒレカツ
文字通りヒレ肉を使ったカツ。ロースと違い脂身が無い分アッサリしている。

  • とんかつ茶漬け
ご飯とお茶とは別皿で、豚カツの上に炒めキャベツを乗せて醤油味のタレをかけたものが出てくる。
要するにひつまぶしの豚カツver.みたいなもの。
まずは豚カツ本来のサクサク感を楽しんで、その次はご飯に乗せ渋めのお茶を注いでさっぱりと頂く。

  • 赤い豚カツ
温度の違う油に交互に入れて極低温でじっくり揚げることによってできるレアの豚カツ。
噛み締めるとじゅわぁ~っと肉汁が溢れ出してくる。

  • カツラーメン
とんかつがのったラーメンである。
まず、あげたてサクサクのカツを食べる。うん、うまい
ラーメンを食べましょう、カツも一切れだけ残して食べてしまいましょう
そして最後にスープを吸ったカツを…ウマイ!なんてものを食わせてくれるんだ!
…賛同者がいねぇ by花見沢Q太郎(月刊ニュータイプより)

  • チョコトンカツ
何と中にチョコレートが入った変わり種




























  • トンカツパフェ
愛媛県松山市の清まるで頂ける逸品。
トンカツにアイスとフルーツを乗せて食す。
旨い…らしい。




<●><●>


へえートンカツって豚の死体だったんだ





追記・修正お願いします

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

添付ファイル