チュチュリーナ(ペーパーマリオRPG)

登録日:2024/06/18(火) 16:31:11
更新日:2024/07/11 Thu 23:13:11
所要時間約 4 分で読めますわ





ワタクシは 世界をまたにかける ドロボー チュチュリーナ♡


チュチュリーナとは、ゲーム『ペーパーマリオRPG』の登場人物である。

【概要】

作中マリオ達と度々邂逅するチューさん*1の女泥棒。珍しいバッジを求めて各地に盗みに入っている。
体色は白で、赤いアイマスクを付けており、尻尾でハートマークを描いている。そして、これまた赤いハイヒールを履いている。
一人称は「ワタクシ」で「~ですわ」とお嬢様のような口調で話す。
ただしこの手の怪盗キャラにありがちな美学のようやものはあまり持っておらず、バッジ以外のものには手をつけない(というより興味がない)ものの、必要とあらば暴力で解決しようとする。実際、大樹においてはメガバッテンの構成員が彼女の手によって気絶させられている。

マリオの事は気に入っているようで、ゴンババ城で初めて会った時を始め、仕事中に彼と遭遇する度にキスをしている。
その際の仲間達それぞれのリアクションは必見。クリスチーヌは嫉妬丸出しの対抗心を見せる他、ノコタロウ大事な彼女がいるにも拘わらずチュチュリーナの美貌に魅入られてしまう。

その後も大樹や闘技場で出会うも、それ以降は登場しなくなるが…






ステージ4クリア後におなやみセンターに「???」という人物からの依頼*2が追加され、それを達成すると登場し、仲間になる。本作唯一の任意加入キャラ。
バレルより先に仲間にすることもできるが、仲間ローテーションの順番はバレルの後になる。

ちなみにゴロツキタウンにあるバッジ屋「ラブリーチューチュー」の店長の正体も彼女。
見習いのバイト店員が1人いるが、カゲの女王との最終決戦で「店長!」とエールを叫んでいることから正体は知っている様子。
なお、このバッジ屋ではバッジボロドーに持って行かれたバッジの買い戻しが可能で、彼女が珍しいバッジを求めて各地を巡っていることと併せて考えると、ラブリーチューチューは故買屋であり、下取り以外で仕入れた商品はチュチュリーナが盗んできたバッジであると推察出来る。
バッジボロドーは本来100階ダンジョンの50階台に出現する。コイツまさかダンジョンに生息するモンスターではなくマリオと同じ挑戦者側なのでは…?

仲間になってからも泥棒としての性が抜けていないようで、ステージ6の事件では泥棒としての目線からの発言もしばしば。
仲間になる以前にも描かれていることだが、己の手腕には相当な自信を持っているらしく、
闘技場の倉庫でコソコソと暗躍していた犯人ではないかと疑われた際には「ワタクシは物音を立てるなんてヘマはいたしません」ときっぱり言い切っている。
「倉庫の物音はネズミが紛れ込んでいたのではないか?」というキノシコワの誤魔化しのセリフは偶然にしては中々的を射た発言だったといえる。
ブンババとの対面ではクリスチーヌとノコタロウ以降の仲間はマリオから聞かされた事になっている中、彼女は城に忍び込んでマリオとゴンババの戦いの顛末を見たのか「確かマリオに倒されたはず…」と言及している。

ED後でも相変わらずバッジ屋と泥棒を兼業している模様。
クリスチーヌの目の前で、一瞬にして裏の仕事での姿に変身する場面も。

フィールド技はアイテム探知で、そのフロアにアイテムが隠されているかを教え、アイテムのある方向を向いてくれる。
ちなみにたった1コインは勿論、敵がドロップしたアイテムにも反応するため割と融通が利かないときがあるかもしれない。


【ステータスと技】

ランク 初期ランク スーパーランク ウルトラランク
HP 15 20 25

お嬢様口調にビンタと前作レサレサを思わせるが、中身は防御力無視の攻撃技1つに他は全てサポート技とどちらかといえばアカリンを彷彿させる性能。
アイテム強奪に状態異常付与、回復と隠しキャラらしく多彩なバリエーションの技を覚える。

あいのビンタ

消費FP:0
アクションコマンド:スティックを左右に連打する。

初期技。
ビンタなのでレサレサの扱っていたような連続ヒット技かと思いきや攻撃一発でダメージを与える技であり、防御力無視技でもある。
接触技なので燃えている敵やトゲに覆われている敵には通じないし当然空中の敵にも使えない。
全体的にアカリンのビリビリアタックを弱体化したかのようなスペック*3だが、ノーコストの防御無視攻撃という基礎性能を鑑みるならばむしろこれが適正ライン。
前作のアカリンを強く設定し過ぎた反省故の調整なのかもしれない。

チュードロボー

消費FP:2
アクションコマンド:ゲージのカーソルが「OK」と右端の間に達した時にAボタン。

初期技。
敵の持っているバッジやアイテムを盗む。何ももっていなければコイン(あるいは低確率で、戦闘中に所持する事のあるアイテムやバッジ*4)を入手する。チュチュリーナの要と言える技。
これも接触技なので燃えている敵やトゲの敵には無効であり、空中の敵には攻撃が届かずアイテムを盗められない。
本作のバッジは一部を除いて複数入手する手段に乏しい為、持っている敵を見かけたら積極的にくすねていきたい。100階ダンジョンの深層にも有用なバッジを所持する敵は多く*5世話になることは多いだろう。
やり込み派のプレイヤーはけんきゅういんやエリートぐんだんいんに繰り出すのが馴染み深いか*6そしてこいつらは期間限定の敵である為多くの廃人がステージ7に幽閉される運びとなった
盗むという行為がいけないのかこの技を使うと観客が減ってしまうが、リメイク版では「ナイス」判定が出るようになり海外版のみに登場していたアクロバットコマンドが追加されたので補填が効くようになった。
一方連続して逃げにくくなった仕様変更により*7「遭遇する→所持アイテムを確認し、所持していれば盗む→逃げる→エリアを入り直してから再び遭遇する」というループがしにくくなっているので注意が必要。また、同様にリメイク版ではバッジ屋に在庫として1種類につき3個しかストックできなくなった上に所持バッジの最大数も200個のままなので、バッジを集める際には気を付けておきたい。

まどわせ~る

消費FP:3
アクションコマンド:Aボタンを押したり離したりしてゲージが降り切れないようにキープする。

スーパーランクから使用できる技。
分身して敵全体を惑わせ、グルグル状態を付与する。

おねえさんのキス

消費FP:10
アクションコマンド:A・Bボタンを交互に連打する。

ウルトラランクから使用できる技。
マリオのHPを最大10回復する。ただ消費FPの割に回復量が少ないので扱い辛い。
『マリオストーリー』の星の精ネールが使用するものと同じ技名および効果*8である。仮にも精霊と同じ技が使えるこの女只者じゃない


【余談】

  • 続編である『スーパーペーパーマリオ』では彼女が仲間になったのが正史となっているらしく、マリオの家に飾られている歴代の仲間達の写真には彼女も写っている。
    • 更にエンディング後、元通りになったモノノフ王国での100人抜きを達成すれば、彼女のカードが他の仲間達の物と共に手に入るのだが、説明文にて『「ペーパーマリオRPG」にとうじょうしたマリオのなかま』と書かれている。


  • 同じ任天堂作品には彼女と同じくネズミで泥棒のキャラクターが後に登場している。
    • 日本では昔からネズミと泥棒のイメージを結びつける創作が多い。
      おそらく元祖は実在の盗賊『鼠小僧』からの派生と思われるが、一説ではネズミという単語自体が「寝盗」または「盗み→ヌスミ→ネズミ」からきているという説があるくらい、ネズミと泥棒とは縁深く印象付けられているのである。チュチュリーナとドロッチェもまたそれらの派生の一つと言えるかもしれない。
    • 世界各国で抱かれるネズミの印象は様々。疫病や不吉、逆に繁栄の象徴であったりするが、概ね海外ではファンタジーのネズミといえば童話に登場するような可愛らしいイメージの物が多い。
      しかし泥棒とネズミがはっきりとイメージで結びついているのは日本くらいだったりする。

  • リメイク版では仲間にするとタイトルにも登場するが、任意加入キャラクターのためか他の仲間達とは反対側にいる。

  • リメイク版の追加要素として披露されたアートワークでは覆面をしていたりと忍者風の装いだった。

  • DanceDanceRevolution with MARIO』では、彼女のテーマ曲が「チューチューテクノ」というタイトルでアレンジ収録されている。
    2周目から解禁されるEXモードにおいて、ワールド4の2曲目としてプレイ可能。背景ムービーは「暖炉に火を焚べたロッジでボブルやスノーマンと共に踊る」というもので、雰囲気にあったリミックスが特徴となっている。ちなみに同作の出典作品のうち『ペーパーマリオRPG』は当時最も新しい作品であった。
    リメイク版において、原曲は「チュチュリーナとうじょう!」という名称が新たに付けられた。

  • 女盗賊(忍者)・任意加入・主人公の行く先々に現れる・その世界におけるパワーアップアイテムを集めている…と任天堂と度々コラボする作品登場人物とは共通点が多い。



これからは アナタの ぼうけんに ついていくことにします


だって アナタに ついていったら たくさん追記・修正できそうですもの!

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

+ タグ編集
  • タグ:
  • チュチュリーナ
  • ペーパーマリオ
  • ペーパーマリオRPG
  • 泥棒
  • 怪盗
  • バッジ
  • アイマスク
  • チューさん
  • ビンタ
  • 任意加入
  • 隠しキャラ
  • 女泥棒
  • ですわ口調
  • ネズミ
  • キス魔
  • ラブリーチューチュー
  • 店長
  • マリオシリーズキャラクター項目
  • ハイヒール

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleの プライバシーポリシー利用規約 が適用されます。

最終更新:2024年07月11日 23:13

*1 『ヨッシーアイランド』で初登場したネズミのような敵種族。前作『マリオストーリー』でも名有りキャラとしてロレンチュが登場している。

*2 ゴンババ城に隠されたバッジを見付け出して欲しいという内容。なお依頼を受けた者を試すために彼女が自らの手で隠した物だということが、依頼達成時に本人の口から語られる。

*3 向こうは防御無視に加え相手がどこにいても当てることが出来、さらに最大まで強化した際の基礎威力も1高く、さらにさらにトゲを無視できる。流石に炎はダメだが

*4 例えばノコノコの場合「ピンチデガンバルP」及び「ハッピーハート」や「ハッピーフラワー」をドロップする事があるが、その内所持するのは前者2つだけであり、チュードロボーで手に入れられるのは装備の有無に関わらず「ピンチデガンバルP」「ハッピーハート」だけ=「ハッピーフラワー」はドロップのみの入手となる。

*5 「ナイスデボウギョ(P)」のレッドワンワン、「パワープラス(P)」のマホマホ及びマホマホーン、「ボウギョプラス(P)」のワンワンとジャイアントボムなど。ただしワンワンとジャイアントボムは成功判定が右端に寄っているのでタイミングがシビアとなっている。

*6 それぞれ攻撃力が1下がる代わりに被ダメージが1下がる「ナマクラヤイバー(P)」と攻撃力が1上がる代わりに被ダメージが1上がる「モロハノヤイバー(P)」をドロップする。他には100階ダンジョンの深層に登場するヤリクロウ及びトゲノコエースがドロップする。

*7 逃亡時の成功判定を示すゲージの初期位置が狭くなりゲージが溜まりにくくなっている。場合によっては連射機能対応のコントローラーを使っても逃げられない場合もある。

*8 ただしあちらの回復量は20であるが。