加藤英美里

登録日:2010/11/26 Fri 12:00:08
更新日:2022/04/15 Fri 22:09:39
所要時間:約 6 分で読めます




加藤英美里とは、日本の女性声優。

生年月日/1983年11月26日
血液型/B型
出身地/東京都福生市
所属/81プロデュース→フリー→スターダストプロモーション

正統派人気女性声優。

ある人物からかなり溺愛されている人物である。



《声優に至るまで》

高校三年時に友人の鹿野優以に誘われてアミューズメントメディア総合学院へ見学、入学をした。
その後、現事務所のオーディションの告知を見て、受験を決意。

その際に自己PRで神社にある熊手販売のバイトの経験を活かし


商売繁盛家内安全!
という掛け声を披露。
結果合格し、今に至る。



《エピソード》


優以さんとのラジオが有名な御人。
英美里さんは小野坂さんから能登麻美子白石涼子と並んで三大天女の一人として称されている。

英美里さんと優以さんと小野坂さんの三人はよく遊ぶことが多く、遊ぶ度に小野坂さんは英美里さんの行動にいちいち


「可愛い」

と連発するらしい。


◇Twitter

英美里さんが好きなゲームについて語ったり、FF14のβテスト当選報告等でよく利用するコンテンツ。

英美里さんは香織さんと藤田咲と共にAKBに間違われたと呟いたこともある。
一体どんな間違われ方なんだ…

ちなみにTwitterを題材にした『Twittest!!』という曲を歌っている。


◇矯正

2010年4月16日の自身のblogにて3月から歯の矯正を始めたとの旨を伝えた。
このように至ったのには理由がある。

メディアに露出する機会が増えてから「歯並びが悪い」「モルボルじゃね?」と2ちゃんねると指摘されたのがきっかけである。
通称:モルボル事件

それまで笑顔だった英美里さんだが、ネタにされて以来、口元を閉じた不自然な笑みを浮かべるようになった。
これがおかしいという反応が起こり、更に酷い言葉で揶揄されてしまう。

こういった一連のことに耐えかねた英美里さんは遂に歯の矯正を決意したのである。

近い将来、英美里さんが本当の笑顔を見せてくる日が来るだろう。

余談だが、このニュースが報じられた時の勢いは凄まじいものであった。

そして2011年、8月。
矯正は終了。ブログにて綺麗な歯を見せた笑顔を見せてくれた。
その笑顔はまさに天使である。


◇ギター

かつてドラムをやっていた英美里さん。

ところがMAG・ネットにて福原香織(ベース担当)と共にギターを練習していると述べていた。

練習を積み重ね、10月10日のライブではギター演奏を初披露した。ライブ中


「ゲームやりながら出来るんだよ、ギターは!」

という名言を残した。



《芸風並びに主な役柄》

英美里さんは主に女性キャラを演じることが多い。

中でもエウクランテ(武装神姫)、ディスク(NEEDLESS)、鳳条院聖華(プリンセスラバー!)、
などのようにツインテールのキャラを演じる機会が多く、自身もこの髪型をよくやるらしい。

また、デビュー作の『今日からマ王!』でドリアを演じて以来、
メイリン(黒執事)、霞愛歌ハヤテのごとく!)、マキナ・ルリ(STAR DRIVER 輝きのタクト)などメイドが出る作品に出演することも多い。

英美里さん本人は今後マスコットキャラや悪役キャラを演じてみたいらしい。
…そんな訳で『魔法少女まどか☆マギカ』で遂にマスコットキャラと悪役を同時にこなす快挙を成し遂げた。



《代表的・特徴的な役》


◇赤堤ももこ(出ましたっ!パワパフガールズZ)
明るく元気な主人公、ロリコンホイホイ。

英美里さんはこの役を1年間演じたことで考え方や行動が変化したと語っている。
例えば、この作品から共演者と積極的に交流するようになったとか。

尚、スネーク役の宮田幸季とは共演する機会が多く仲がいい。



ツンデレ、巫女など様々な要素を持つキャラ。

この役から英美里さんが一気に有名になったと思われる。

この作品では柊つかさ役の香織さんと共に鷲宮神社のイベントにて巫女服姿を披露した。

また、白石稔作詞・作曲の『えみりんのテーマ』という失恋ソングが作られた。
なかなかの名曲だが、これに対して英美里さんは無反応だった。

余談であるが、この作品で「そのなんちゃらアカデミー(クイズマジックアカデミー)というのに入っちゃえば?」とこなたに言うシーンがあったが、
本人がクイズマジックアカデミーにマヤ役で登場する事になった。(更に余談であるが、ドラマCD等でこなた役をやった広橋涼もユリ役で出ている。)



西尾維新原作のロリキャラ。

本編第4話のOPである『帰り道』は数多の紳士を生み出したとされている。
千石撫子の『恋愛サーキュレーション』?あれは中毒者だ。)

第5話の予告は……
間が悪かった。

全く関係ないが、似たような役に
茅沼キコ(DARKER THAN BLACKシリーズ)がある。



男の娘キャラ。
2010年のこのライトノベルがすごい!では男女部門双方でランクインするほどの人気キャラである。

英美里さんは秀吉が性格は男、見た目は女という特殊な役故に、どこまでが男性でどこからが女性らしく演じなければならないかという点に大変苦労したそうである。
例えば、溜息つく場面でも男でありながらどこか色っぽく演じたとか。

ラジオ番組の『バカとテストと召喚獣 文月学園放送部』では暴走する原田ひとみから

「えみりちゃんが好きなんですよ」
と言われ、迫られていた。

尚、この作品では双子の姉である木下優子も演じている。


スニークブラザース シスター(海賊戦隊ゴーカイジャー)
初の特撮キャラにしてシリーズ唯一の女性怪人。さらに妹キャラという萌えの塊だが…その外見は自分で確かみてみろ!


《その他出演作》
◇火ノ原灯(ケロロ軍曹)
◇アカツキ(ログ・ホライズン)
◇太郎丸(がっこうぐらし!)
◇アウラ・ベラ・フィオーラ(オーバーロード)
◇才川リコ(小林さんちのメイドラゴン)
◇綿木ミシェル(バトルガール ハイスクール)
◇クミ(おそ松さん)
◇彩瀬なる(プリティーリズム・レインボーライブ)
◇押牛あがり(味楽る!ミミカ)




僕と契約して追記修正してよ!

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2022年04月15日 22:09