フィシャ・グスタフ・フィレナ
fixa gustaf filena
フィシャ・G・フィレナ
生年月日 1944年7月19日
出生地 リパラオネ共和国、****
没年月日 -
死没地 -
出身校 ルティーセ学院大学
学派・主義 サラリス主義
リパラオネ現代翻訳理論(サラリス派)
リタ派
ヴィト派認識論
ヴォルシ主義
刻印主義
主な概念
影響を受けた人物
影響を与えた人物
配偶者 フィシャ・グスタフ・ヴェルガナーデャ
親族 【親族】
サイン 【サイン】
フィシャ・グスタフ・フィレナ(理:Fixa gustaf filena)或いはアルフィアイユ・フィレナ(理:Alfiaiju.filena)*1とは、ヴェフィス系リパラオネ人の思想家。同化的翻訳論であるサラリス派の創始者であり、フィシャ・グスタフ・ヴェルガナーデャの配偶者。女性、ケートニアー。


略歴

幼少期

  1944年7月19日、フィレナはアルフィアイユ家の三女として生まれる。アルフィアイユ家はリパラオネ人としては珍しい皇論信仰の家庭であり、フィレナは皇論を教えられて育つことになる。平穏な社会の中で暮らしてきたフィレナは、しかしリパラオネ教を信仰する地域の子供達とは考え方が違うことに気づき、既に他者との違いとそれを尊重することを学んでいた。

青年期

 1963年(19歳)、フィレナは遠出をして当時有名だった近代法学の父にもなるレシェール・ヴェンタフに師事するため、天神大学法学部に入学する。同時にフィシャ・グスタフ・ヴェルガナーデャとも出会い、意気投合する。勉学の合間に彼と逢瀬を繰り返すようになる。1965年(21歳)に飛び級したヴェルガナーデャを追うように哲学部研究科に進学。ヴェルテール哲学の批判によるリパラオネ観念論を専門としてリタ派やヴィト派認識論の研究を進めた。当時リパラオネ観念論研究は下火になっていることから、学会の急進化が進んでいたため新人のフィレナによる大胆な説は大いに批判を浴びることになった。しかしながら、フィレナはそれと真摯に向き合うことによって自らの学説の確固たる地位を確定していった。こうして若年ながらも学会に頭角を現すようになったのがこの時期である。

関連リンク

最終更新:2022年06月28日 14:45
添付ファイル

*1 旧姓である。