Kung Fun Man


MelvanaInChains氏によるMUGEN1.0以降専用のオリジナルキャラクター。
同氏が製作した初の自作キャラでもある。

名前の読みは恐らく「カンファンマン」。略称「KFM」
由来はカンフーマン(Kung Fu Man)タイプミスからとの事で、カンフーマン系列のキャラというわけでは無い。
というかボサボサの髪に爛々と光る黄色い目、ピンクのシャツ&靴、
凄く伸びるフリッカージャブを繰り出しそうなニュートラルと、姿はカンフーマンとは似ても似つかない。
使う技も髪の毛や星形の光、パーティーハットで攻撃したり、歩きモーションがスライド移動だったり、
果ては通常投げで自分も勢い余ってダウンしてみたりと、やっぱりカンフーマン要素は微塵も無い。
……かと思いきや、挑発では顔だけカンフーマンになる。なんなんだアンタ
また、何気に通常技にも技名が設定されていたりする。


性能

操作方法はシンプルな4ボタン方式。
ダンサーのような衣装を着て3連キックを繰り出す「Slim Daddy Fever」や、ゲージを少量消費して前後に謎の光(眼光?)を発生させる「Double Sun Power」、
おもむろに取り出したキーボードでタイピングして攻撃する「Typing of the Dead」といったユニークな技を所持している。
通常技は癖が強く扱いづらいものが多いが、必殺技超必殺技は中々の高火力であり、一部の技はスーパーキャンセルも可能。
特に「Typing of the Dead」は1ゲージ消費で発動時無敵、威力もフルヒットで4割超と中々に強力なので、ゲージが溜まったら積極的に狙っていきたい。
ただし、密着していると空振りしてしまう点には注意。
他にも「Double Sun Power」はフルヒットさせると6割近い威力を叩き出せるが、発生が非常に遅いのでぶっちゃけロマン技である。
…実は突進技の「Sliding Kick」をガードさせた上で連発するとそのまま削り殺せてしまったりするのだが、
タイミングが非常にシビアな上に時間もかかり過ぎるため、あまりおススメは出来ない。

AIは未搭載だが、IX氏による外部AIが公開されている。
当初は控えめな強さだったが「性能を引き出し切れていなかった」との事で、2022年5月19日に8年6ヶ月ぶりの更新が行われ、大幅に強化された。
最大レベルでは上記の「Sliding Kick」を用いた削り殺しも狙ってくるが、
見栄えがあまりよろしくないという事もあってか、大抵は程良い所で止めてくれるのでご安心を。
紹介動画

出場大会

  • 「[大会] [Kung_Fun_Man]」をタグに含むページは1つもありません。


最終更新:2022年05月19日 12:20