メタルマン







長所:しごとがはやい
短所: かなりのキレもの
好き:フリスビー
い:

「ククク、まっぷたつだ……」


カプコンの名作、『ロックマン』シリーズ第2作目『ロックマン2 Dr.ワイリーの謎』に登場する8大ボスの1体。

正式名称は、「DWN.009 メタルマン」。ワイリーナンバーズの9番目である。
Dr.ワイリーが初めて己の手だけで制作した完全戦闘型ロボットであり、『1』のカットマンがベースになっている。
全方位に投擲可能なセラミカルチタン製の回転ノコギリ「メタルブレード」で攻撃してくる。
このセラミカルチタンはカットマンの武器「ローリングカッター」にも使われていて、錆び難いという特性がある。
ファンからの愛称は頭についているソレから「歯医者」、「長男(兄貴)」など。
実はメタルマンを見たライト博士が「あれじゃ未来の歯医者さんじゃよ…」とワイリーにコメントしたという、嘘のような公式設定がある。
昔のロックマン大百科の本を古本屋で見かけた人はチェックしてみるべし。

ボスキャラとしては、パターン次第で難易度が変わるタイプ。
基本的にはロックマンの攻撃に反応してジャンプしながらメタルブレードを投げてくるだけであるが、床がベルトコンベアになっているため避けにくい。
ちなみに一定の時間経過でベルトコンベアの流れる方向が反転する。
これを利用して左方向に流れている時だけ攻撃すれば、メタルブレードをかわした後自動で左端まで戻ってくれるため、むしろ戦いやすくなる。
これを知らない初心者がゴリ押しでバスター攻略しようとすると少々苦しい相手である。
ボスラッシュ時にはベルトコンベアが無いが、弱点武器でゴリ押し可能なので楽に勝てる。

一応の弱点武器はクイックブーメランなのだが、クイックマンはステージが高難易度で、
ボス自身も弱点武器を使わないと苦戦必至なため、メタルマンの方から真っ先に撃破されることが多い。
『スーパーアドベンチャー』でも、最初に戦う敵として登場している。

倒すと手に入る武器は「メタルブレード」。
メタルマンが使う物と同様の回転ノコギリなのだが、その使い勝手の良さから全シリーズ通して最強の特殊武器と言われることも多い。
判定が大きい、8方向に撃ち分け可能、非常に燃費が良い(4発で1目盛り、計112発撃てる)、一度に三連射可能、敵を貫通する、威力もそこそこ……
と、全てにおいて至れり尽くせり。
ロックバスターの代わりにガンガン使っていってもそうそう弾切れは起こさない。
さらに、弱点としているボスが多い(フラッシュマン、ウッドマン、バブルマン)。
以上の点から、メタルブレードを如何に早く入手できるかどうかで、ゲーム全体の攻略難易度が大きく変わる。
先述のように、メタルマンから先に倒されるというのも、メタルブレードを先に手に入れた方が大幅有利、
という事実が存在しているからである。

それほど印象的なせいか、フィギュア「ねんどろいど ロックマン」では通常版以外でメタルブレードVer.だけが限定販売されている。

ちなみに、どういう訳だか、このメタルブレード、本来の持ち主であるメタルマンに やたら効く 。具体的に言うと 2発で死ぬ
使えるのはボスラッシュのみだが。
そのため「 メタルマンの弱点は自分の武器とロックバスターだ 」などと言われている。
これは機動力を向上するために装甲を薄くしたのが原因らしく、ロックバスターにも弱い……
と、設定上はなっているのだが、実際はロックバスターで攻撃しても1しかダメージを与えられない。
また、効かない特殊武器も8つ中5つと、エアーマン(6つ)に次いで多い。
そんな訳で、メタルブレードに弱いのは謎だがそれを除けば防御性能はむしろ高い方だったりする。どういうことなの……。
余談だが、『3』でドクロボットとして登場した際、メタルブレードが赤茶色をしており、錆びているように見える。


有賀ヒトシ氏の漫画作品『ロックマンメガミックス』では、『2』を再現した『R破壊指令』において登場。
カットマン達と合流したロックマンの前に、ヒートマンクラッシュマンと共にエアーマンの増援として現れている。
カットマンと激しいカッターの撃ち合いを行っていたが、傷だらけなカットマンと対照に最後まで無傷だったのは性能の差だろう。
しかし、スカル衛星作戦の失敗を悟るやエアーマン達と共に撤退。本人はまだ戦いたがっていたが、クラッシュマンに諭され渋々引き下がった。
好戦的な性格で、元は家庭用ロボットであるカットマン達を、自分達は純粋な戦闘用ロボットであるという点から嫌悪している。
後に『6』を再現した『史上最強の敵』にもモブとして再登場しているが、酒に酔ってシャドーマンに「いってらっさい」と呑気に応じるなど
『R破壊指令』に登場した時のシリアスさは影も形も無かった。まあ、他の2ボス達もクイックマン以外みんなそんな感じだったが。

+エグゼシリーズのメタルマン
ロックマンエグゼシリーズでは『3』『4 トーナメントブルームーン』に登場。オペレーターは旅館うらかわのお土産屋である白泉たま子。
頭と両肩に歯車を付けたビジュアルに変化はそうないが、本家に比べだいぶ大柄。性格は無口だが優しく、どこか武人のよう。

『エグゼ3』では市民バトラーとして何度でも戦える。ストーリー上でもN1バトル本選のベスト4をかけて一度は戦うことになる。
N1バトルの時は必ず予備フォルダ(本来のフォルダとは別の、チップ内容の固定されたフォルダ)で戦わねばならず苦戦しやすい。

『エグゼ4』ではブルームーン版のみ登場。いまいち気合の入らない熱斗とロックマンに活を入れるため、岩砕きの修業を行わせる。
バトル終了後はロックマンと魂が共鳴し、メタルソウルを手に入れられる。
メタルソウルはバスターにブレイク性能が付きシールドを貫通でき、無属性またはブレイク属性の暗転しないチップをチャージすることで攻撃力を2倍にできる。
このため、エアホッケーやスーパーバルカンといった多段ヒットするチップを強化すると、とんでもない威力を叩き出せる。

敵として戦う場合、初めにエリアの真ん中の横列に歯車があり、ゆっくりエリアを移動するため動きが制限される。
歯車の移動先にいると50ダメージを受けたうえで歯車が消えるが、また張りなおされるので鬱陶しい。
さらに本体はアーマーを持ちなので怯むことがなく、技もブーメランのように歯車を飛ばすメタルブレード、ロックマンを狙って落ちるメタルミサイルなど、
歯車と合わせるとどれもこれも避けにくい。かといって動き回りすぎると、
こちらのエリアに入って強烈なパンチを繰り出すメタルフィストを出そうとしたメタルマン 本体 に接触しやすくこれまた厄介。
本体もブレイク性能を持ち、バリアで守れないのも面倒な一因。

ナビチップは目の前1マスにメタルフィストを繰り出すというもの。攻撃力は非常に高いが目の前1マスしか攻撃できないと思いきや、
出現から攻撃までの間にAボタンを押しながらカーソルを移動させるとメタルマンがそこまで移動してくれるため、思ったより使いやすい。
他にもメタルマン本体と重ねることで置物を破壊できるため、対戦でエリア最後列に置かれたポイズンアヌビスを破壊できたりする。
自分の最後列を攻撃できるチップは少ないため、数少ない手段として使えることは覚えておいて損はない。

「おっと お前の相手は俺なんだろ?」



MUGENにおけるメタルマン

Laspacho氏によるものが存在し、海外サイト「Infinity Mugen Team」にて代理公開されている。
ロックマンをベースにして製作したものであり、『MVC』のシステムがベースになっている。
英語で喋るが、音声ファイルには日本語の台詞(未使用)も入っている。

性能としては、元のゲームの影響かやはり遠距離タイプ。
メタルブレードの投擲も、上昇、直進、下降、2連射、バウンドと多彩な種類がある。
バックステップしての投擲などという近距離対応のものまで存在している。
連れている小型のメカドラゴン巨大化したり、ストライカーとしてクラッシュマンを呼び出したりもする。
勝ちポーズの一つに、倒れてる敵に歩み寄ってメタルブレードを投げ付けて血が噴き出る演出があり、若干グロ注意となっている。


キャラクター以外ではアフロン氏の裏骸がファミコン版のメタルマンを召喚することがあり、
出現すると『2』のボス戦のBGMが流れ始め、自分が倒されるまで相手にメタルブレードを投げ続ける。


出場大会



添付ファイル