オーク

 種族:オーク
 職業:チーフテン 
 使用武器:チーフテン・アックス
 使用魔法:部下のシャーマンが「オークマジック」を使用

「オークの王は俺様だぁ!」

+一般的なオークのイメージ
元々オーク(Orc)というのはオルカなどと同語源(さらにさかのぼるとローマ神話の冥府の神「オルクス(Orcus)」が起源)の海に住む怪物を指した。
しかし、現在のファンタジー作品では一般的にトールキン作品に登場する「狂暴な醜い亜人」というイメージが基本になっている。
ただ、一般的なタイプはトールキン作品内のイメージとも微妙に違い、こちらは「ゴブリンとも呼ばれる」という描写から分かるように基本的には小ぶりで、
物語内で「ウルク=ハイ」と呼ばれるような大型の亜種の方が一般的なイメージに近い。
また、日本では「欧米のイメージに近い鬼形オーク」と「豚顔の獣人風のオーク」の2タイプが混在しており、後者の出典や広まった経緯は謎とされている。*1

現在MUGEN入りしているオークは、タイトーから発売された対戦型格闘ゲーム『カオスブレイカー(ダークアウェイク)』のプレイヤーキャラクター。
樫の木と間違えた人はこちら
遥か昔、神話の時代に竜に従っていた種族の末裔。
誇り高きオークのボスで、オークは勿論、ゴブリン、トロル、その他各種族を配下に従える。
部族を率いて移動し、宿敵であるエルフや人間などの部族を見付けると襲いかかり、破壊と殺戮・略奪を行う
同じく好戦的なダークエルフとは、世界の制覇を掛けて衝突を繰り返している。
太古から受け継がれた血に導かれ、本能のままに最果ての島へと、太古の竜へと引き寄せられていく。

チーフテンは族長・酋長の意。イギリスの戦車の名前でもあり、オークも何の因果か後述のように超必で戦車を用いている。
『カオブレ』で唯一CVが判明しているキャラで、演じたのは何と空条承太郎(『ASB』以降)や右代宮戦人でお馴染みの 小野大輔 氏。
今では考えられない配役だが、当時(2004年)は氏も無名だったので納得というか。
…と思っていたら、2019年のアニメ『旗揚!けものみち』においてオークの親玉の声を担当していた。

性能は人間弾幕を交えた中距離戦特化。
オーク兵を召喚する3種類の必殺技(弓兵、槍兵、アッパー兵)で敵の動きを抑制し、
横に長い優秀なJBによる空対空で相手に飛びを許さずに制空権を握っていく。
マナバーストも3つ中2つがストライカーによるもので、
シャーマンに呪わせて体力かゲージにスリップダメージを与える「呪い殺せ!」と、
画面後方から戦車走らせる高威力の「轢き殺せ!」(通称「台車」)で指揮を執る
(ちなみにこの戦車、『ダンジョンズ&ドラゴンズ シャドーオーバーミスタラ』の1面ボスにしか見えなかったりする。
 まぁ『D&D』以前からあるデザインなのかもしれないが)。
6Aはヒット時のみキャンセル可能なため、多段技の「踊りやがれ!」を仕込む事でヒット確認が不要なダメージソースになる。
弱点はこの手のキャラのお約束だが、自分からダメージを取りに行きづらい事。
中下段技が性能もリターンも悪いので、どうしても打撃と投げの2択に頼る事になる。
専用装備のスパイクメイスは物理攻撃力上昇+通常技に削り付与と文句無しの性能で、オーク以外にも使いやすい。


MUGENにおけるオーク

斑鳩氏による原作再現仕様のものが2014年5月に公開された。
相殺やアイテム選択などの『カオブレ』特有のシステムを搭載済み。
持ち味を存分に発揮するデフォルトAIが存在し、アイテムやAIレベルを設定可能。


「ガハハハ!終わった、終わった メシにしようぜェ!」


出場大会

更新停止中


*1
トールキン作品内ではオークの容姿について豚顔という説明はない。
オークへの罵声として「豚野郎」と呼んだことから来ているという説が優勢だが確証はない。
豚顔のイメージは少なくとも日本国内では『DQ2』の設定資料集で、堀井雄二が鳥山明に渡したモンスターデザイン注文のラフ画に、
「オーク:イノシシとブタと人間をかけあわせたような悪鬼」とあるので、この時期(1986年頃)には既にあったのは確か。

翌1987年のFC版『ウィザードリィ』では豚男のオークが登場、さらに翌年の1988年の『大魔界村』にも豚男が出ているため、
この時期までには一般的なイメージとして広まっていたようだ。
「洋ゲーの『ウィザードリィ』でこうなってるんだからアメリカではそうなんだろう」という印象が広まったのだろうか
(ただしFC版『ウィザードリィ』のキャラデザは日本人の末弥純氏)。


最終更新:2021年07月27日 21:04
添付ファイル