パワードダダ


「私の体を構成するために、お前たちの炭素ユニットを頂く」

1993年に円谷プロがアメリカで製作した特撮作品『ウルトラマンパワード』に登場した怪獣
初代『ウルトラマン』に登場した怪獣達のリメイク版である、通称「パワード怪獣」の1体だが、
宇宙人であった原典のダダと異なり、本作では電子生命体である。
別名「三面怪人」あるいは「コンピューター生命体」。企画段階では「ダダ・プラス」「ダダ2185」という名前だったらしい。
吹き替え版では田原アルノ氏が声を担当している。



天才だったが性格が悪かったことを理由に、
医療器具用コンピューター制作会社「ニューロネット・インダストリー社」を解雇された、
元社員のリチャード・マーリンが逆恨みから報復のためのコンピューターウイルスを製作中に、偶然生み出した電子生命体。
パソコンや電子制御の自販機の中から現れて人間を襲い、
電子に変えてコンピューター内の特殊空間「ダダ・フィールド」の中に引きずり込み、
シリコンを残して炭素ユニットを奪い取り肉体を得る能力を持つ。
なお、出現する時は液晶画面に「ダダ・パターン」と呼ばれる幾何学模様が発生する。
マーリンの指示によりニューロネット関係者を次々と襲撃し炭素ユニットを奪っていったが、
やがて自我に目覚めて「自分の体を得る」事に目的を変更し、創造主であったマーリンをも殺害して炭素ユニットを奪った。

ニューロネット社によって電子の檻の中に閉じ込められ、研究対象にされそうになったが逆に同社を占拠し、
重役二人を自分と同じダダに変え(素材になった人間が違うからか、三体共顔が違う)、
救援にやってきたW.I.N.R.を三体で一蹴する。
そして、カイがウルトラマンパワードに変身すると、対抗すべく三体が合体して送電線を伝って巨大化。
手からアームレーザーを発し、サイコキネシスで物体を操るという攻撃能力や、
体の密度を変化させてパワードの攻撃を避けたり、テレポートによる瞬間移動や自らを電気信号に変化する、
といった不可思議な能力でパワードを翻弄するが、
本体がコンピューターの中のプログラムと見抜いたパワードのメガスペシウム光線でニューロネット社の発電機を破壊され、
本体がインストールされたパソコンの電源を落とされたことで消滅した。


+しかし…
エピローグは、破壊処分が決まり配線を外されたはずのコンピューターが密かに起動した挙句、
「ダァ~ダァ~……」という不気味なダダの声が響き渡るというもので、
要はパワードによって倒されたのは炭素ユニットで構成された「肉体」であり、
コンピューター生命体である本体のデータは無傷で復活の可能性があるという、
非常に後味の悪い、ホラーなラストで当時の子ども達を震え上がらせた。

余談だが、本作と同じく伊藤和典氏が脚本を担当した映画『ガメラ2 レギオン襲来』では、
現場に残されたシリコンの砂から敵の痕跡を見出すという、本作のオマージュらしき場面がある。


ゲーム作品におけるパワードダダ

3DO版『ウルトラマンパワード』では操作キャラの1体として登場している。
ジャンプ力は高めな他、体を電子化して一時的に無敵化するゲージ技も存在。
必殺技は青い半透明球の光弾や電撃光線などの飛び道具が強力。


MUGENにおけるパワードダダ

カーベィ氏の製作したキャラが公開中。
本家よりも先にMUGEN入りしたパワード怪獣である。
性能は上記の3DO版を参考にしつつアレンジされている。
超必殺技はいずれも1ゲージ技であり、「ダダ静止光線」や「電弧カッター」の他に、
一定時間全ての技を強化する「電子化」がある。
また、12Pでは常に電子化状態となる。
AIはデフォルトで搭載されているが、自我に目覚めることは無い……はず。

出場大会

  • 「[大会] [パワードダダ]」をタグに含むページは1つもありません。


最終更新:2021年01月20日 17:58