カード能力解説 > 大神官シリーズ

大神官ミノア 大神官カティア 大神官ミーシャ 大神官ディーナ 大神官ヤナ

レア度 ☆6~☆7
カードタイプ かいふくタイプ・単体
スキル能力 味方全体の状態異常を解除
(☆7)味方全員の体力50%回復、隣接キャラのスキルカウント軽減
Lスキル能力 自属性カードの体力と攻撃力をアップし、体力が0になっても1回のみ「最大体力のn%」で復活
(☆7)かいふくタイプも対象になり、回復値アップが追加
Bスキル能力 なし
コスト量 ☆6:48、☆7:60


概要

2018年2月中旬のぷよフェスにてヤナから順番に登場。
2018年10月のギルドイベントセレクトガチャにてシリーズ名が判明した。
2021年1月6日にミノアとカティアの☆7が解放、2021年2月7日にミーシャ、ディーナ、ヤナの☆7が解放された。

ステータス

☆6 Lv99 たいりょく こうげき かいふく
大神官ミノア 4110 1900 1960
大神官カティア 4028 1872 2040
大神官ミーシャ 4192 1843 2000
大神官ディーナ 4110 1843 2040
大神官ヤナ 4028 1900 2000
☆7 Lv120 たいりょく こうげき かいふく
大神官ミノア 6576 2660 3136
大神官カティア 6445 2621 3264
大神官ミーシャ 6707 2580 3200
大神官ディーナ 6576 2580 3264
大神官ヤナ 6445 2660 3200
かいふくタイプとしては初のフェスキャラだけあって、かいふくはトップクラス。
こうげきは同じかいふくタイプ単色のフェスキャラの癒しの天使ガールズに比べると低く、副属性ありのフォンダンなイスティオと同程度。
スキルも含めてアタッカーにはあまり向いていない。

スキル

味方全体の状態異常(怒り・怯え・混乱・麻痺・毒・封印・スキル封印)を解除
☆7ではさらに最大体力の50%を回復する効果とこのカードに隣接するカードのスキル発動ぷよ数を4個減らす効果が追加される。
必要ぷよ消し数は20個。

回復タイプらしい支援がメインのスキルであり、味方の受けたバッドステータスを一度にまとめて回復できる。
状態異常回復スキルの先駆者であるビースト鍛冶師は、☆6時点では欠点の塊でほとんど使われることがなかったが、
こちらは味方全員の封印を含む全状態異常に対応し、ぷよ消し数も軽く隙がないのが魅力。
スキル発動数2倍のステージ効果でもなお40発動にとどまるため、状態異常を撒きまくるテクニカルクエストでも活躍が見込める。
ただし、本人が行動不能(混乱・麻痺・封印状態)の場合やスキル封印を受けた場合は、スキル自体が使用できない。

☆7ではさらに味方を支援する効果が追加される。
隣接カードのスキル発動数減少は無視できない効果だが、このカードがリーダーになると1枚しか隣接できないのが悩ましいところ。

リーダースキル

☆6:自属性カードの体力と攻撃力を3倍にし、体力が0になっても1回のみ「最大体力の50%」で復活する
☆7:自属性カードとかいふくタイプの攻撃力を4.5倍、体力を3.5倍、回復力を2.5倍にし、体力が0になっても1回のみ「最大体力の75%」で復活する

復活判定が行われるタイミングは「自ターンの開始時」。
倒されたカードが即時復活するという訳ではない。
例えば毒状態のダメージなどで自ターン終了時に自属性の味方が倒れた場合、相手のターンを挟んだ後
次の自ターン開始時に復活することになる。
同一ターンに複数の味方が倒された場合であっても、復活の条件を満たしていれば次ターン開始時に全員が同時に復活する。

復活対象になるのは大神官がリーダーの時に倒された自属性の味方のみである。
別のリーダーが倒れた後、大神官がリーダーになった時に倒れた元リーダーを復活させる、ということはできない。
また、復活の対象となるのは直前のターンに倒された味方のみ。
仮に大神官が倒された後、天使シリーズのスキルを使用し復活させ、リーダーに復帰した場合でも
復活するまでの間に倒された味方はリーダースキルによる復活の対象にならない。

なお復活判定の特性上、味方と同時に大神官自身が倒された場合は、復活効果は発動しない
リダサポ両方を大神官にすればどちらかが倒れても一度復活可能ではあるが、即死級の全体攻撃で一掃されてしまった場合は全く無意味となる。

デッキ考察

リーダースキルそのものが優秀なため、単純に単色デッキのリーダーとしてだけでも十分活躍してくれる。
だがせっかくこのカードを使うのであれば、「復活」というユニークな効果を生かしたい所。

天使シリーズの復活と異なり、体力半分の状態で復活できるため立て直しが容易。
また複数のカードを同時に復活させる事が可能なのは強みである。
自分自身さえ倒されなければ、自身以外が全滅したとしても一気に元通りにする事も可能。
またタフネスでは防げないタフネス貫通攻撃に対しても耐性を持つ事ができる。

ただし、復活の仕様をよく理解していないと思ったような運用ができない場合もあるので注意。

タフネス系のリーダースキル持ちとは非常に相性が良い。
「自身が倒されると復活できない」という弱点をカバーしてくれる上に、復活したカードには再びタフネスの効果が付与されるため
大神官以外のカードは即死級のダメージに3回まで耐えられるようになる。

「味方の状態異常を解除する」というスキルも特徴的。
封印状態すら解除してくれるため、状態異常を駆使してくるテクニカルクエストなどでは
このカードを入れておけばより安定したクリアも可能になるだろう。

特訓ボード

種類 その他
たいりょくアップ
かいふくアップ
こうげきアップ
たいりょくアップ
かいふくアップ
こうげきアップ
状態異常耐性
とっくん内容選択 ステータス+50
たいりょくアップ
かいふくアップ
こうげきアップ
たいりょくアップ
かいふくアップ
こうげきアップ
属性ダメージ耐性(大)
とっくん内容選択 ステータス+50
たいりょくアップ
かいふくアップ
こうげきアップ
たいりょくアップ
かいふくアップ
こうげきアップ
状態異常耐性
とっくん内容選択 ステータス+50
状態異常耐性
状態異常耐性
状態異常耐性

☆7になればとっくんで5つの状態異常(怒り、怯え、混乱、麻痺、毒)の盾を付けられるので、自身が行動不能でスキルを使えないという状況が少なくなる。
封印とスキル封印はどうにもならないが。

ただし全部取得する場合、たつじんトリュフをかなりの数使うので所持数に注意。

コンビネーション

ガールズ エルフ

神官エルフシリーズと違い剣(ナイフ)を持っていないので剣士はつかない。

評価

カテゴリがフェス系のため特訓パターンがフェス系であるが、その関係から5人のうちミーシャとディーナは優先して手に入れておきたい。
この2人は☆6でも特訓で混乱耐性・麻痺耐性が得られるため、状態異常回復スキルの弱点を克服することができる。
混乱はプレイヤーをも止めてくるため非常に危険、麻痺は行動不能で動きが止まる上にダメージ3倍が致命的なので早急に治さないと危険だからである。
昨今のギルドイベントでは状態異常を与えてくるボスが以前より増えているため、耐性やリカバリー手段を用意しておかないとピンチになりやすいので持っておくと安心できる。

余談



カード詳細

大神官ミノア


大神官カティア


大神官ミーシャ


大神官ディーナ


大神官ヤナ
最終更新:2021年05月21日 23:44