カード能力解説 > 癒しの天使ガールズ

癒しの天使フローレ 癒しの天使シエル 癒しの天使ロコ 癒しの天使リゼット 癒しの天使ニナ

レア度 ☆6~7
カードタイプ かいふくタイプ・単体
スキル能力 nターンの間、かいふくタイプの通常攻撃を
「こうげき」に「かいふく」×2を上乗せしたm連続攻撃にする
Lスキル能力 かいふくタイプのステータスを強化し、なぞり消し数+n。
さらにクエスト出発時かいふくタイプの初回スキル発動ぷよ数を減らす
Bスキル能力 なし
コスト量 48,60

概要

2020年7月のぷよフェスにて、癒しの天使ロコから順に登場。

癒しの天使『ガールズ』とあるだけのことはあり、天使シリーズ闇の天使シリーズの女性キャラのみの構成となっている。
天使シリーズのみだと黄色と紫がボーイズになるが、それだとシリーズ名に反することになってしまうための措置なのだろうか。
当初は黄色と紫は不在のシリーズになり、別の枠で男性陣が実装されるのでは?という声もあった模様。

ステータス

-☆6 Lv99
☆6 Lv99
キャラクター たいりょく こうげき かいふく
癒しの天使フローレ      
癒しの天使シエル      
癒しの天使ロコ      
癒しの天使リゼット      
癒しの天使ニナ      
-☆7 Lv120
☆7 Lv120
キャラクター たいりょく こうげき かいふく
癒しの天使フローレ 6640 3575 3120
癒しの天使シエル 6608 3566 3139
癒しの天使ロコ 6672 3556 3130
癒しの天使リゼット 6640 3556 3139
癒しの天使ニナ 6608 3575 3130
回復タイプではあるが単色のフェスカードであるため、攻撃力は同タイプの中でもかなりの高水準。
それでいて回復力も極めて高く、全体的にバランスよく高い器用万能なハイスペック性を誇る。

リーダースキル

かいふくタイプのステータスを強化し、一度に消せるぷよ数をn個増やす
さらにクエスト出発時かいふくタイプの初回スキル発動ぷよ数をm個減らす

☆6で攻撃力3.5倍、体力3.0倍、回復2.5倍、ぷよ消し数+1、初回スキル発動数3個減。
☆7で攻撃力4.5倍、体力3.5倍、回復3.2倍、ぷよ消し数+2、初回スキル発動数4個減。

回復タイプ指定ではあるものの、全能力値を大きく上げる強力なスキルとなっている。特に回復力の増加量は☆6時点でも既に近年のフェス☆7に匹敵し、☆7時点でこの回復倍率を持つ(超える)フェスはほかにかわったエコロしかいない。
タイプ縛りに加え全体的に上昇や追加効果を小さくする代わりに回復力を大きく底上げしてくれるあんどうりんごといった性能。

全能力が3倍を超えるリーダースキルで、フェスとしてまともな攻撃力を持つカードは珍しい。
追加効果も優秀であり、回復タイプで固められるならリーダー筆頭候補となる。


スキル

nターンの間、かいふくタイプの通常攻撃を
「こうげき」に「かいふく」×2を上乗せしたm連続攻撃にする

☆6で2ターン、3連続。
☆7で3ターン、4連続。
必要ぷよ消し数は40個。

サンタの師ローザッテが似た効果を持っており、あちらは攻撃と回復の合計で、属性色問わず味方全体にかかるため回復タイプのみしかかからないこちらよりはデッキ構築ハードルが低め。
その分回復タイプで固められるのであれば上乗せする回復力が多い分、回復タイプのものとは思えないほどのものすごい攻撃力で連続攻撃を仕掛けられるようになる。
攻撃回復逆転では上乗せが適用されずただの連続攻撃になってしまうが、連撃回数には影響がないため通常時よりは劣化するものの回復タイプが逆転しても能力が大きく変化する訳ではないため殴り要員として不足はない。

ちなみに『回復を上乗せする』効果のため回復力を下げられると効果が落ちてしまうが、回復上乗せ効果は攻撃力ダウンの影響を受けないことが確認されている。
攻撃力低下の後に回復上乗せ計算が施されている可能性が高く、固定値アップ系リーダースキルと計算式は同一扱いとなっている模様。

コンビネーション

「ガールズ」「はばたき」
フローレ、シエル、ロコは「光の学園」も持つ。
シエルは「めがね」も持つ。


デッキ考察

スキル、リーダースキルのどちらを生かすにしても回復タイプの強化となるため、必然的に回復タイプ統一で組むことになる。
単色であればスキルの発動数を揃えられるため安定はするが、単色で組むと自由度がかなり下がり童童話類似スキルや条件エンハンス枠など抜けているパーツがあることが多く、普通に組むだけでは最高火力は出せないことが多い。
ただし紫属性については一通りすべてのものが揃っている他、童話に相当する回復タイプがない緑属性についてもフォンダンなイスティオ暴力的なバフ効果の攻撃回復エンハンスを持つため火力は十分に出せるだろう。イスティオもまた回復タイプ参照のため多色デッキでも同様の方法が使えるのは大きい。
多色であれば要所から必要なものを持ち込めるため自由度が上がるものの、蒸気都市のフェーリを採用する場合は(特にリーダーまたはサポーターとして起用する場合)主属性を5色揃える必要があり、編成難易度が上がる。

あくまでも通常攻撃のみの強化のため、通常攻撃無効の場面ではスキルはなんの意味もなさない点に注意。


評価

これまでの連続攻撃スキルは強力なものであれば棒術のラフィーナジーニアスナイトクルークのように本人にしか効果がないものだったり、全体にかけるものでもおおきいポポイルリシアのように倍率が抑えられていたりしていた。
しかしこのカードはタイプさえ合えばいい分火力を乗せやすいため、回復タイプが手元に多い人であれば強力な攻撃枠として起用できるだろう。
最大限に生かすには資産が必要になるが、使いこなせば非常に強力なカードである。


カード詳細

癒しの天使フローレ
2020年8月のフェス目玉として怪盗マドレーヌとともに実装された。


癒しの天使シエル
2020年9月のフェス目玉として追憶の天騎士ユーリとともに実装された。


癒しの天使ロコ
2020年7月のフェス目玉としてうららかなジュリアとともに実装された。


癒しの天使リゼット
2020年12月のフェス目玉としてなよたけのリンとともに実装された。


癒しの天使ニナ
このカード実装時点で既にハビラおよびまばゆいヤナキングオブさかな王子大道寺知世と回復タイプの主要カードが勢揃いしているため、このカードの運用時は単色で完結しやすくなっている。
一応蒸気都市のフェーリもあるのだが、こちらは多色で生きるカードの為ほかの天使を使った方が良いだろう。
最終更新:2021年05月27日 01:17