Quantum Break

登録日:2024/04/23 (火曜日) 23:39:00
更新日:2024/05/26 Sun 21:10:55
所要時間:約 5 分で読めます



Quantum Break』とは、2016年にレメディーエンターテイメントが開発したTPSアクションゲームである。
対応ハードはXboxとWindows 10。

概要

基本はサードパーソンシューティングゲームだが、実写連続ドラマをニコイチしている。
主人公ジャック・ジョイスを操作し、ピストル、ショットガン、マシンガン、ライフル等の各種銃火器と時を操る超常的な能力 タイムパワー を駆使して敵であるモナークソリューションズのセキュリティ部隊と戦う爽快な アクションパート 、ラスボスのポール・セリーンを操作しストーリーが分岐する選択を行う ジャンクションパート 、そしてモナークソリューションズ側の視点をセリーンとモナークのエリート警備員リアム・バークの視点で描いた 実写ドラマパート で構成されている、ストーリー主導型の作品。
ジャンクションパートでの選択により ドラマの内容も変化 する。
また、作品の都合上、登場キャラクター達は 実在の俳優をモデルにしており 、ドラマパートでもゲームキャラクターのモデル自身がそのキャラクターを演じる。

用語

  • クロノン粒子
別名:マイヤー=ジョイス粒子。
空間を一定の濃度で満たすことで時間の流れを一定に保つ役割を果たす粒子。
  • クロノンエネルギー
クロノン粒子による放射線。
常人は大量に浴びると即死する。
  • クロノンフィールド
別名:マイヤー=ジョイスフィールド
クロノン粒子に満たされたフィールド。
少なくとも地球上の全域はクロノンフィールドである。
  • タイムパワー
クロノン活性により会得する時間に関する超自然的な能力。時間経過によって能力は強化されていき、使える能力の数も増えていく。
詳細はクロノン破壊波動関数生命体/シフターを参照。
  • タイムマシン
時間さえ歪めるブラックホールとクロノン粒子の性質を利用したタイムマシン。
巨大な回廊の形状で回廊を時計回りに歩くと未来へ、反時計回りに歩くと過去へ行くことができる。
  • タイムパラドックス
タイムスリップにより生じる矛盾や過去改編。
本作には存在しない概念で、プレイヤーの選択で展開に変化は生じるものの過去改編は一切出来ないようになっている。
また別の宇宙であるレメディーコネクテッドユニバース(RCU)関連作品の『Alan Wake』や『CONTROL』でも全てはアランの原稿通りに進行していき、死ぬはずの人間を救うことはできないなどかなり無情な世界観である。
  • 無時間状態
通称:ひずみ
タイムマシンの不具合によりクロノンフィールドが損傷した結果生じた時間の断裂。
これが起きている間は時間が停止する。
この状態で活動できるのは後述のクロノン活性した人間やシフター、クロノンハーネスを身に付けた人間など限られる。

  • 時間の終わり
ポールが見たとされる無時間状態が永続する世界。
後述のシフターが支配するとされる。

  • クロノン活性
クロノン放射線を大量被曝した結果、限定的な時間操作能力「タイムパワー」を獲得した人間。
自らクロノンエネルギーを生成する生きたクロノン粒子の塊と化している。
超能力者であると同時にクロノン放射線被爆による病人「クロノンシンドローム」罹患者でもある。

  • クロノンシンドローム
時間経過により会得する未来視 タイム分岐 の能力が発現した結果、分岐する全ての宇宙の自分と感覚を共有し 生体に起こり得るあらゆる可能性を同時に体験する という筆舌に尽くしがたい苦痛を味わうことになる。
この苦痛に苦しむ症状をクロノンシンドロームと呼ぶ。

クロノンアクティブのクロノンシンドロームが最終段階に移行した成れの果て。
量子重ね合わせ状態で存在し、更に全身が常人は近付くだけで死ぬレベルの歪んだ空間に包まれている。
多元宇宙に存在する異なるバージョンの同一人物が次々と置換されていくため、周囲からはテクスチャーがバグって挙動がおかしいキャラに見える。
強力なタイムパワーを持っているのに加え、致命的なダメージに対する耐久力が非常に高い*1
無時間状態にしか存在できず、安定したクロノンフィールドにいると最悪の場合消滅する。
クロノンが含まれた目薬や吸入器等で一時的に症状を抑え常人のように振る舞うことが可能。
前述のクロノンシンドロームによる苦痛のせいで理性は消し飛んでおり、全てのものに敵対的。
時間の終わりを迎えた世界はこのシフターが支配するとされている。

  • クロノンハーネス
身に付けると無時間状態でも活動できるようになるハーネス。
最新型の民間モデルは非常にコンパクトだが、モナーク隊員が身に付ける戦闘用のコンバットギアと呼ばれるクロノンハーネスは少し大型で背中に背負う様な形となる。

  • クロノンハーベスター
名前の通り周囲のクロノン粒子を収穫し貯蔵する機械。ライフボートプロトコルのために開発された。

  • クロノンダンプナー
クロノン粒子を収集する機械。
広範囲のクロノン粒子を枯渇させるため、クロノン活性した人間やシフターも範囲内ではタイムパワーを使えなくなる。
耐久性も非常に高く、停止させるには電源をOFFにするしかない。

冒頭のあらすじ

2016年10月9日、主人公 ジャック・ジョイス は親友の ポール・セリーン によってマサチューセッツ州リバーポート大学へ呼び出され、そこで研究開発されていた タイムマシン の実験を秘密裏に手伝うことになる。
しかしその最中に突然、ジャックの兄 ウィリアム が銃を手に乱入し発砲。
これが原因で誤作動を起こしたタイムマシンは時間を司る クロノン粒子 が逆流し、近くにいたセリーンとジャックはクロノン粒子から放射されるエネルギーを大量に被曝してしまい、意図せず時間を操る能力 タイムパワー を会得するのだった。
直後、追い討ちをかけるようにリバーポートの一帯を支配する大企業モナークソリューションズのセキュリティ部隊に襲撃され、混乱の最中、 セリーンはタイムマシンを通って2021年の未来へ逃げ出し 、ジャックは兄と共に地下へと逃げ込んだ。
尚も立ちはだかり 容赦なく発砲してくる モナークの警備員達に対し、本能的にタイムパワーを発現させて何とか大学からの脱出を目指すジャックの前に現れたのは、2021年に「時間の終わり」を目撃し、冷徹な人間になってしまった モナークソリューションズの社長ポール・セリーン であった。

「時間の終わり」を阻止しようと 運命に抗う ジャックと、未来を見たが故に 諦観 に支配され消極的な対応を推し進めるセリーンの対立がの行方はいかに……。

キャラクター

◇ジャック・ジョイス

演:ショーン・アシュモア
ゲームパートの主人公である白人男性。
元悪ガキの チンピラ で、職業は不明。
タイで銃火器の扱いをマスターしたため戦闘力は高い。
幼馴染みのセリーンに呼び出され久しぶりに再会したと思ったら 非合法な タイムマシンの実験に手伝わされた挙げ句、兄に銃を向けられたりモナークソリューションズに追い回されたり未来を見て変わり果てた親友と殺し合う羽目になったりと悲惨な運命を辿る。
別の宇宙であるレメディー・コネクテッド・ユニバース(RCU)関連作品でティム・ブレーカー(time breakerのもじり)として再登場を果たすが、「 失われた時間 」や「 赤毛の女 」、「 多面体 」、「 自分の別バージョン 」を「現実のように感じられる夢」として見たと語っており、シフターとして異なる宇宙に存在する自分であるジャックと知覚を共有していることが示唆されている。
詳しくはクロノン破壊波動関数生命体/シフターを参照。
なお、ジョイスというファミリーネームは「チョイス(選択)」の言葉あそびである。

ポール・セリーン

演:エイダン・ギレン
ジャンクションパートの操作キャラにしてドラマパートの主役の一人。
ジャックの幼馴染みの親友だったが、2021年にタイムトラベルして「時間の終わり」を見てしまい、その後1999年にタイムトラベルして「時間の終わり」を阻止するために奮闘するも過去を変えられなかったため、諦観と悲観に支配されて変わり果てた。
モナークソリューションズの社長にしてラスボス。
詳細は当該項目を参照。

◇ウィリアム・ジョイス

演:ドミニク・モナハン
ジャックの兄。タイムマシンの開発計画「プロジェクトプロムナード」の中心人物であり、クロノン研究の第一人者。
タイムマシンの実験をしていたジャックとセリーンを銃を手に妨害した結果、二人はクロノンエネルギーを大量被曝する羽目になった。 割と戦犯 である。
彼が開発したクロノンフィールドを安定させる装置「クロノンフィールドレギュレーター」が「時間の終わり」を阻止する鍵となる。

◇マーティン・ハッチ

演:ランス・レディック
モナークソリューションズのCEOにして広報担当。
セリーンの側近だが不審な行動が目立つ。
異なるタイムライン、即ち多元宇宙に同時に存在しているという謎の人物。
RCUには酷似した存在として ワーリン・ドア が存在しており、ハッチと同一の存在であることが露骨に示唆されている。
詳細はクロノン破壊波動関数生命体/シフターを参照。

◇ベス・ワイルダー

演:コートニー・ホープ
モナークの警備員の一人である赤毛の女
未来からやって来た自分から「時間の終わり」を聞かされ、それを阻止するために数々の裏工作を行いジャックをサポートする。
RCU関連作品にもベスの同位体と思われる赤毛の女ジェシー・フェイデンが登場する。

◇リアム・バーク

演:パトリック・ホイジンガー
ドラマパートの主人公である、モナークの警備員の指揮官。
ジャンクションパートの選択次第で''ジャックの前に立ちはだかる。
詳細はモナークソリューションズを参照。

◇エイミー・フェラーロ

演:アメリア・ローズ
リバーポートの土地を次々と買収していくモナークソリューションズに抗議運動を起こした女子大生。
ジャンクションパートの選択により序盤から終盤まで味方になってくれたり序盤でモナークソリューションズに口封じに殺されたりする。

◇ニック・マスターズ

演:ショーン・ダリー
ジャックを大学まで送ったタクシードライバー。
エイミーが序盤で死ぬ場合は代わりにジャックの仲間になる。
RCU関連作品にも同位体と思われるP6/ディラン・フェイデンが登場する。

◇ソフィア・アマラル

演:ジャクリーン・ピニョル
セリーンの恋人にしてクロノン技術の研究者。
彼女の生死はジャンクションパートの選択によるが、死ぬ場合は何れも 愛するセリーンに殺される 皮肉な末路を辿る。

◇クラリス・オガワ

声:ジーニー・ボレッタ
モデル:ジュール・デ・ヨング
モナークセキュリティの司令官。つまり ジャックの敵の親玉 なのだが、物語は彼女からジャックへのインタビューで進行していくため、 物語冒頭から和解することが明らか になっている。

◇アラン・ウェイク

声:マシュー・ポレッタ
演者:イルカ・ヴィリ
作中作『リターン』で宿敵ミスター・スクラッチと対決したり、リバーポート大学の黒板一面に『CONTROL』と『Alan Wake Ⅱ』のネタバレや伏線をびっしり書き込んだり、アラン・ウェイクの著書『サドンストップ(サイン入り)』をリアムの妻エミリーが所持していたり、モナークの社員が勤務中に『Alan Wake』を遊んでいたりとやたら出番が多い。
なお『Alan Wake Ⅱ』の「最後の草稿」のエンディングにて 多元宇宙の神 となったため、 本作の出来事は全てアランの筋書きという可能性がある。

ミスター・スクラッチ

声:マシュー・ポレッタ
演者:イルカ・ヴィリ
アランの邪悪なドッペルゲンガーにして超自然的な殺人鬼。
アランの宿敵。
詳細は当該項目を参照。

◇アレックス・ケイシー

演:サム・レイク
『リターン』に登場するFBI捜査官。
『Alan Wake』にも声のみ登場した『MAX PAYNE』の主人公マックス・ペインのセルフオマージュキャラ。
『Alan Wake』では声がマックスと同じくジェームズ・マカフリーが演じていたが、台詞の無い本作では 外見もマックスと同じ ことが判明した。
なお、『Alan Wake Ⅱ』にて メインキャラ として再登場を果たし、 見た目はレイク、声はマカフリーな99%マックス・ペインなケイシー を拝むことができる。
また、前述の通りアランは後に多元宇宙の神となるため、『MAX PAYNE』シリーズはアランの『アレックス・ケイシー』シリーズから生まれた宇宙である可能性がある。

◇サーガ・アンダーソン

『リターン』に登場するケイシーと共に 失踪した作家 の謎に迫るFBI捜査官。
『Alan Wake Ⅱ』にて 主人公の一人 として再登場するが、人種が変更された。
しかし、ある人物の娘という設定のための人種変更であるため 意味のあるキャスト変更 と言える。

登場する敵

モナークセキュリティ

当該項目を参照。

クロノン破壊波動関数生命体/シフター

当該項目を参照。

余談

「彼は知らなかったのだ。我が家たる湖の向こうに広がる常闇の海を。その荒ぶる(wilder)波とその静けさ(serene)を。私はその港(port)を訪れた」

これは『Alan Wake』冒頭でトーマス・ゼインが詠みあげた詩である。
セリーン ワイルダー 、そして 港(リバーポート)を訪れた、何も知らなかった男 ジャック。
彼らの運命を操っていたのは、アラン・ウェイクではなく闇の底にいてなお創作意欲を失わずにいる映画監督兼詩人なのかもしれない。

追記、修正は時間の終わりを阻止してからお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

+ タグ編集
  • タグ:
  • モナークソリューションズ
  • シフター
  • アラン・ウェイク
  • レメディー・コネクテッド・ユニバース
  • RCU
  • ジャック・ジョイス
  • マーティン・ハッチ
  • ポール・セリーン
  • ティム・ブレーカー
  • ワーリン・ドア
  • ミスター・スクラッチ
  • Alan Wake
  • Quantum Break
  • クォンタムブレイク
  • 時間操作
  • 時間停止
  • 2016年

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleの プライバシーポリシー利用規約 が適用されます。

最終更新:2024年05月26日 21:10

*1 例えば銃で撃ち殺しても死ぬのは重ね合わせになった一人だけ。理論上は致命的なダメージを与え続けていれば重なっている同一人物は減っていくためいずれは殺せるが不可能に近い