デント/ポッド/コーン(ポケモン)

登録日:2011/02/27(日) 12:25:33
更新日:2020/07/26 Sun 23:14:17
所要時間:約 7 分で読めます




ポケモン勝負の 基本は
タイプ相性! これ 大事!


ポケットモンスター ブラック・ホワイトの登場人物。
サンヨウシティのジムリーダーを務める三つ子。


【ゲームでの彼ら】

一番目に挑むサンヨウジムのジムリーダー達。副業はレストランのウェイター。
シリーズ初の、3人で1つのジムを担当するジムリーダーで兄弟のうち1人が代表して挑戦者の相手をする。
またの名をトライアルトライアングル。

プレイヤーが対戦することになる相手は、最初に選んだポケモンによって決まり、


ツタージャポッド
ポカブコーン
ミジュマルデント
のようになる。

それぞれ得意とするタイプが異なり、ポッドはほのおタイプ、コーンはみずタイプ、デントはくさタイプのポケモンを使用。

上記のシステムにより、最初に選んだポケモンで進もうとすると必ず相性的に苦戦することになる。

ただし、近くのダンジョン「夢の跡地」にいけば、相手になるジムリーダーに相性的に有利になる三猿の内の1体が手に入るため、そちらを使えば一気に楽になる。

■手持ちポケモン

デントヤナップ
ポッドバオップ
コーンヒヤップ

  • ヨーテリー

手持ちは3人とも共通して『三猿の1匹+ヨーテリー』の構成。2匹とも物理・特殊両方の攻撃力を高める「ふるいたてる」を覚えている。
レベルもそんなに高くないので、跡地で貰った猿でサクッと勝ってトライバッジをゲットしよう。
ついでにわざマシン83(ふるいたてる)も貰える。
積み技の中では地味な性能で基本的にストーリー攻略用と言えるが、対戦でも両刀アタッカーには採用の余地があるかもしれない。
ちなみに今回からはわざマシンが何度でも使えるようになっている。


ブラック2・ホワイト2での彼ら】

3人揃ってジムリーダーをやめ、ショーレストランの経営とポケモンの鍛練に専念している。
前作から今作までの間にダークトリニティと対決するが完敗してしまい、3人で一人前という現実を改めて痛感してしまった為。
それぞれが一人前になるまではジムを畳むことにした。

とは言えゲームクリア後、ショーの一環として1日1回彼ら3人とのマルチバトルに挑むことができる。

■手持ちポケモン

デントマラカッチ/ナットレイ/ヤナッキー
ポッドクイタラン/ヒヒダルマ/バオッキー
コーンバスラオ/ヤドキング/ヒヤッキー

また、ポケモンワールドトーナメントにも出場してくる。



【アニメでの彼ら】

デント

CV:宮野真守
ミジュマルを選んだ際に闘える。
アニメでは5話から登場。ポケモンソムリエであり、サンヨウジムのジムリーダーの1人。
また、ポケットモンスター ベストウイッシュの新同行人であり、愛すべきバカ。
詳しくは項目を参照。


ポッド

CV:森田成一
ツタージャを選んだ際に闘える。熱血でやや自信過剰な性格。とにかく技で攻める攻撃的なバトルスタイルをとる。
サトシとのジム戦では先鋒を務める。さり気に加齢臭発言のカベルネにも負けている(まあ彼女はフタチマルを使うため相性は不利である)。
更にシューティーにも敗れていたことが発覚した(彼の手持ちはジャノビーだったため相性上有利だったにも関わらず敗北)。

外見は赤い髪を炎のように立てている。

アニメでは勝率0パーセント

これに関して、本人もかなり気にしていたようである。

だが、初登場から一年以上経って再登場した際に、かつて自分を倒したサトシに勝利。やっと初勝利を納めることに成功した。
夢はイッシュ地方初の炎タイプのジムを開くこと。

■手持ちポケモン

  • バオップ
技:ほのおのパンチ、かえんほうしゃ、あなをほる

ほのおのパンチ、かえんほうしゃ、ニトロチャージ、だいもんじ

アニメでポカブとの炎タイプ同士の戦いで、レベル差で有利にバトルをすすめるも敗れる。

コーン曰くポッドの敗因は「防御せず、イケイケの攻撃一辺倒」であることらしく、デントと再会した時の技構成を見ると炎タイプの攻撃技のみでバランスが悪い。
しかしその後はポッドとバオップ自身の成長により基礎体力を高めソーラービームを修得しミジュマルに初勝利をおさめる。

デント「バランスが大事だよ」


コーン

CV:石井真
ポカブを選んだ際に闘える。クールでキザな性格。一人称は「コーン」
話し方は丁寧で相手の裏をかくトリッキーなバトルスタイルをとる。サトシとのジム戦では次蜂を務める。

外見は水をイメージしたような青い前髪で右目が隠れている。また二人に比べてズボンの丈が短い。

アニメの影響で三兄弟で一番強い印象がある。
名前の由来はとうもろこしの英訳「コーン」。

■手持ちポケモン

  • ヒヤップ
技:かげぶんしん、ひっかく、みずでっぽう、どろあそび
アニメで相性的に不利なピカチュウと対戦するも、完全にピカチュウを翻弄して勝利する。
忘れがちだが、これは(某黒竜のせいで本調子ではなかったとはいえ)シンオウリーグ優勝者ラティオスに善戦した直後の話である。
こんなヒヤップがいてたまるか


【余談】

三つ子なのにあまり似ていないことから、アニメではその事について触れられている。
コーン曰く「17人兄弟だったとしてもそれぞれ別のタイプを選んでいるだろう」とのこと。

BW1の最終決戦に現れなかったことから「ダークトリニティの正体なのでは?」と推察されていた時期もあったが、BW2でそれは否定された。

ゲーム中の彼らが経営するレストランのティーは…

デントが最高の茶葉を選ぶ
コーンが最高のを用意
ポッドが最高の火加減でお湯を注ぐ

というそれぞれの役目を果たすコンビネーションによって最高のティーが完成する。
一番大事な役目のデントが抜けたアニメでは、最高のお湯しか出来ないため店の売れ行きが懸念される。
更に、自分の不甲斐なさに激怒したポッドが家出していたことが明らかになったため、出せるのは最高の水だけ……

大丈夫かこの店!?




追記・修正は最高の水を飲みながらお願いします

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2020年07月26日 23:14