みずタイプ(ポケモン)

登録日:2010/04/12(月) 19:58:52
更新日:2021/04/29 Thu 10:04:02
所要時間:約 10 分で読めます





潮風とか、水とか、浴びたい頃なんじゃない?


ポケットモンスターシリーズに登場するタイプの一つ。


名前の通り海や湖等に住む水棲生物の姿をしたポケモンが多く、体色も水色が多い。

代表的な水タイプのポケモンとしては御三家カメックスゲッコウガ、他にはギャラドスラプラスミロカロス等が挙げられる。

水に住む生物は数がとても多いためイメージが連想しやすいのか、最も標準的なタイプと思われるノーマルタイプを差し置いて最も数が多いタイプとして有名。

最近はあまりに水棲生物をみずタイプにすると単調すぎるからか、
マッギョ(地電)、シビルドン(電単)、ドラミドロ(竜)、カラマネロ()、オトスパス(単)といった水を持たない水棲生物モチーフのポケモンも登場している。
(ただしカラマネロはタマゴグループが水中1と水中2、他の四系統は水辺に生息しているなど、多少は水棲生物モチーフの面影を残している)


御三家常連タイプということもあり、ストーリーでは比較的序盤から入手可能なポケモンが多い。
特に「なみのり」や「うずしお」「ダイビング」等の秘伝技も多いため、自然と使用者が多くなる。
みずタイプの誰かを取り敢えず旅の相棒兼なみのり要員にしたり、水上で使う技を集中的に覚えさせて雑用係にしたり、おそらくシナリオで最も使われるタイプだろう。

その数故に複合タイプもかなり多く、全タイプに複合したポケモンがいる。
相反する炎タイプと複合することはないと思われていたが、ボルケニオンの登場により、飛行タイプ以来の全タイプ複合を達成した。


【特徴】


能力値は全体的に特攻や特防に優れた者が多めで安定した能力を持つ者が多い。


攻撃面で抜群が取れるタイプは地面
防御面で抵抗を持つタイプは炎・水・
攻撃が半減されるタイプは・水・ドラゴン
弱点のタイプは草・電気
なお氷技でも例外的に「フリーズドライ」は弱点扱いとなる。

全体的に安定感に定評のあるタイプであり、初代から現在に至るまでシナリオでも対戦でも常に安定した実力を発揮している。

攻撃面、防御面共にタイプ相性のバランスが良く特に弱点である草、電気タイプは特殊が多いため特防に優れる水タイプには有利。
また水タイプのほぼ全てがこおりタイプの技を覚える事ができるため苦手な草とドラゴンも対策可能で攻撃面も有利。

技は「ハイドロポンプ」や「しおふき」等の高威力のものから、「なみのり」「たきのぼり」「ねっとう」等の安定感のあるものまで必要なものはだいたい揃っている。
特に「なみのり」は秘伝技ということもあり手軽に覚えられるのが大きい。
第三世代(RSE)までは水タイプの技は一律特殊技扱いだったためか、特殊技に比べると物理技は種類が少なめ。
それでも怯みの狙える「たきのぼり」に先制技アクアジェット」等それなりに種類はあり、第七世代(USM)では教え技として「アクアブレイク」も普及している。

また、「ハイドロポンプ」は初代から第七世代まで技マシンこそ存在しなかったが、殆どの水ポケモンが自力で習得できるためマシン技並みの使い勝手で、なみのりに次ぐ主力級の技として使われ続けている。
ついでにルギアアメモースドラミドロなど水棲生物系のポケモンも不一致ではあるがレベルアップにより自力で覚えられる。
どう見ても水棲生物ではないボーマンダは従来から習得可能で、第八世代では更にニドキングドサイドンも覚えられるようになったが、コイツらは元々技が豊富だから仕方ない。

また水タイプの技は「あまごい」状態で強化されるうえ水タイプに多い特性「すいすい」も活かしやすく雨パの中心となるタイプである。
ただし、雨下で必中となる高火力弱点技「かみなり」には注意。
また「ぼうふう」も必中になる。

その数の多さも相まって恐らく総合的に最も優遇されたタイプと言えるだろう。

特に第三世代では雨パの強さもあいまって、最強のタイプとして君臨していた。

しかしながら、第四世代(DPt)では草タイプの高威力技の追加、
第五世代(BW)ではナットレイ等の強力な水メタの登場といったバランス調整を受けて、かなり落ち着いてきている。
というか単水には結構厳しい環境だったりする。

とはいえ、まだまだ強タイプの一角ではある。

その数の多さ故にメジャーなポケモンも多く、あのカイオーガパルキアも水タイプに所属している。


しかし数が多いという事は必然的に競争が激しく、落ちこぼれの数も多くなるという事である。

無名な空気魚達」や「存在価値が鱗のみのハート魚」「何をどう頑張ってもオリジナルに勝てない劣化レプリカなクリオネ」等のネタポケの数も多かったりする。
良い事ばかりのタイプなんていないのだ。

また第六世代以降は上記の通り特殊な氷技「フリーズドライ」で弱点を突かれるようになった。
使用者こそ少ないが氷受けが安定しないことがあり、複合タイプによっては4倍弱点なので注意。
4倍になるポケモンは こちら を参照。

サブウェポンとしては「れいとうビーム」など氷タイプの技を覚えるものが大半を占める。
本来相性の悪い草タイプや、600族を中心に強力なものが多いドラゴンタイプの対策として重宝する。
氷タイプは攻撃範囲こそ優秀だが耐性面は最低レベルの貧弱さなため、優秀な耐性を持つ水ポケモンに氷技を使わせるのは無駄がなく強力。
結果、水ポケモンを安定して受けられない草タイプとアタッカーとしての出番を奪われる氷タイプのポケモンは不遇になりがち。
初代では水に弱い3タイプがいずれもマイナーで比較的メジャーなゴローニャダグトリオも当時の強力技「ふぶき」で十分だったので水技の需要は少なかった。
が、その環境ですらフリーザーよりも水/氷複合組やスターミーのように氷技をサブとして採用する水タイプを使った方が強力だったというのが近年の主な見解。
めざめるパワー」のタイプは電気・草・炎から選択されることが多い。
電気と草は水ポケモン同士の戦闘に、炎はナットレイユキノオー等、複合タイプで氷が等倍止まりの草ポケモンに対して有効である。


【みずタイプの主な使い手】


・一般トレーナー

かいパンやろう
ビキニのおねえさん
つりびと
ふなのり
うきわボーイ
うきわガール
うみきょうだい
トライアスリート(海)
ダイバー
あまさん
ファイヤーマン
みずぎカップル
サーファー

・ジムリーダー


・キャプテン


・四天王


・チャンピオン

ミクリ(RS及びORASではジムリーダー)




追記・修正は水も滴るいいトレーナーにお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2021年04月29日 10:04