ポケットモンスター ブラック2・ホワイト2

登録日:2012/06/28 Thu 10:00:23
更新日:2023/01/04 Wed 22:59:40
所要時間:約 6 分で読めます




ポケットモンスター ブラック2・ホワイト2』(Pokémon Black Version 2 / White Version 2)とは、2012年6月23日に発売された任天堂の『ポケットモンスター』シリーズのゲームソフトである。


◆概要


待望の『ポケットモンスター ブラック・ホワイト』の続編
発売時点で既に次世代機に当たるニンテンドー3DSが展開されていたが、前作に引き続いてニンテンドーDSで発売された。
第六世代はハードが3DSに移ったため、本作がDSで発売された最後のポケモンとなった。


シリーズで初めて続編として発売され、ナンバリングが冠された作品。
ポケモンといえば新作が発売された数年後に、オリジナルとストーリーの大筋は変わらないが、イベントなどを補足した「マイナーチェンジ版」が発売されることでお馴染みである。
本作もマイナーチェンジのような立ち位置にあるにも関わらず、前作『BW』の後日談を描いた正式な続編という異色作である。
前作から2年後のイッシュ地方を舞台とし、登場人物も続投されているが、ストーリーは完全に新規。
紹介ムービーも作られるほど気合いが入っている。


パッケージを飾る伝説のポケモンは、多くのプレイヤーの予想通りフォルムチェンジしたキュレム
その姿はレシラム、あるいはゼクロムと合体したかのようなもの。
「ブラック2」がブラックキュレム、「ホワイト2」がホワイトキュレムという名前である。


なお、『サン・ムーン』のアローラで『X・Y』の五年後(本作の三年後)が描かれるまで、今作が長らくゲーム版の「ポケモン」に於いて一番最後の時期列のストーリーとなっていた。
(『X・Y』は「BW」とほぼ同じか少し後、ORASは『プラチナ』やHGSSよりも過去のストーリーである)

アニメは『ポケットモンスター ベストウイッシュ シーズン2』と対応しており、前作からそのまま繋がる。


◆変更点&追加点


《BWからの変更点&追加点》

  • 舞台がBWから2年後なので一部ジムリーダーが新しくなっている
  • 主人公やライバルも一新
  • イッシュ御三家のアニメーションの変更、すてみタックル等一部のわざのエフェクトが変わっている
  • BWでは無かった南西の町、新たな施設も建造されている。逆に封鎖された区域もある
  • イッシュポケモン図鑑が一新され、クリア前で約300種登録可能
  • ポケウッドが追加
  • 伏線回収の思い出リンク
  • 新BGMの追加
…など

《システム面》

  • スプレーの効力が切れた際に同じスプレーを持っていれば、バッグを開く事無くそのまま使用可能
  • バッグにフリースペースが追加
  • ボックスのまとめて移動機能が復活&ボックス内でのポケモン検索機能が追加
  • 手持ちから道具を預かる際に、バッグに入れずに他の手持ちに移し替え可能
  • ライブキャスターがもっと便利になった
  • 近年の携帯ゲーム機の例に漏れず説明書が簡略化されているので、パソコンでヘルプを閲覧できるように


《バージョンでの違い》

  • 一部の出現ポケモンや出現率が異なる
  • 一部の街やダンジョンの構造
  • ジョインアベニューでのすれちがい通信後の内容
    例)お店の品揃えがどちらのバージョンで通信したかによって変わる
  • フェスミッションで遊ぶことのできるミッション
…など



◆ストーリー


舞台は『ブラック・ホワイト』から2年後のイッシュ地方
新しい街や施設、装いを変えたジムリーダー、そして新たなポケモンの分布など、イッシュ地方は2年間で大きな変貌を遂げていた。

ヒオウギシティに住む主人公は、ある日母親の友人であるアララギ博士からポケモン図鑑の完成を頼まれる。
博士の助手・ベルからポケモンと図鑑を貰った主人公は、同じ町に住むライバルと共に冒険の旅に出る。

そんな中、2年前に解散したはずの組織「プラズマ団」の新たな陰謀がうごめいていた。


◆登場キャラクター


ヒオウギシティから旅立つ。
母親は昔ポケモンセンターの職員として働いていた。
選ばなかった性別の主人公は、ライモンシティでのイベントとバトルサブウェイのマルチトレインにてタッグパートナーとして登場する。

デフォルトネームは「ヒュウ」。前作のチェレン・ベルと異なり名前を自由に決めることが可能。
手持ちポケモンである御三家はタマゴから孵した個体。
昔プラズマ団に取られた妹のチョロネコを奪還するのが目的。

「俺は今から怒るぜ!」

BWから引き続き登場。
前作から二年間を経て成長したのか、しっかり者さんになっている。でも相変わらずマイペース。
現在はアララギ博士の助手を勤めている。
赤縁眼鏡を掛けた姿はまさに見習い研究員と言った所か。
主人公の行く先々に現れてはアドバイスをくれる。

ベルと同じく引き続き登場し、今作ではなんとジムリーダーになっている。
クールさは相変わらず。
ノーマルタイプのジムリーダーとしていちからポケモンを育て直し、ヨーテリー→(ハーデリア)→ムーランドをパートナーとしている。
あと何故か眼鏡を掛けなくなった。
主人公との共闘もあるなど、今回もストーリーで活躍を見せる。

世界征服を目論む組織。以前より暴力的な面が目立っている。
一方元プラズマ団はホドモエの教会跡で身寄りのないポケモン達の世話をしている。

前作のチャンピオン。今作では引退し、隠居している。

ヒウンシティで主人公の前に現れた男性。
何かを研究しているようだが…?


+ 登場人物(ネタバレ)

今作でも黒幕のオッサン。今回は世界征服を露骨に押し出している。

物語終盤に登場。
ゲーチスを止めようとするが…?

  • ブラックキュレム(ホワイトキュレム)
キュレムがNのゼクロム(レシラム)と合体した姿。
ちゃんと元に戻ります。

前作はホワイトのソウリュウジムリーダーだったが、
今作ではキラキラした新BGMを引っさげチャンピオンに昇格した。

二年後も別荘に登場。
手持ちは更に凶悪化。勘弁してください…。

  • バンジロウ
アデクの孫。裏ボス的な存在。
レベルは高いが上の二人よりは対策は楽なのが救い。


◆やりこみ要素&イベント




◆余談


今作では「なみのり」と「かいりき」が一回ずつ必要になるのだが、
陸上で「なみのり」を使えるポケモンがコアルヒーコダックなど地味に少ないので、ミジュマル以外を選んだ人は注意。
すごいつりざおもエンディング後。


クリア後は全国図鑑のポケモンがあちこちに現れるのが最近の恒例だったが、
今作は新イッシュ図鑑のポケモン以外はあまり見られないようになった。
大量発生はきちんとある。

ちなみに本作では、歴代の御三家及び伝説のポケモン以外の一般ポケは野生で出るポケモンや全トレーナーと戦えば、進化系列のうち最低1匹は図鑑に載るようになっている。


今作はレアアイテムのデフレ化がハンパない。

基礎ポイントを下げるきのみが日替わりで5個セット200円で買えてしまったり、
ジョインアベニューではあんなアイテムやこんなアイテムを安く買えたり、
ポケウッドで名演をすれば知る人ぞ知るレアアイテムもりのヨウカンやきんのたまをたくさん貰えたり。
ライモンのスポーツ施設ではドーピングアイテムをたくさん貰えたり、マスターボールも2個確実に入手可能。

気がついたらミックスオレやおいしいみずを3桁所持していた、というのはよくある話。


開発者曰く、元々BW2のストーリーはBW終盤に続編として組み込もうとしたらしいが、ソフトの容量の都合上断念し、大量の追加要素と共に今作が開発された。

2年前から企画が考えられ、2年後のイッシュ、2つのバージョン、2年間の開発期間など、開発者と今作にとって2にまつわる出来事が多かったため、
どうしてもタイトルに「2」をつけたかったらしい。

これがポケモン初のナンバリング作品が出来た経緯である。






追記・修正は観覧車の中からお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2023年01月04日 22:59