ポケモンワールドトーナメント(ポケモンBW2)

登録日:2012/06/27(水) 21:33:40
更新日:2020/02/20 Thu 19:35:27
所要時間:約 14 分で読めます




注意!
ポケモンBW2の本編~クリア後のネタバレ要素を含みます。
ネタバレが嫌な方は、今すぐ他のページにとんぼがえりするように。











地上最強のポケモントレーナーが見たいか―――――――――!!




『オ――――――――――――――――――――――――――――!!』




ワシもじゃ ワシもじゃみんな!!



ポケモンワールドトーナメントとは、BW2にて新しく登場した要素。


会場はホドモエシティの南、かつて冷凍コンテナがあった地帯。ヤーコンがホドモエの発展の為に建造した。
余談だが、ここで手に入れたポケモンをBW1に転送すると、出会った場所が冷凍コンテナになる。

ヤーコンに勝利した後に入れるようになる。


広い敷地の中央にドームがあり、その中でトーナメントが行われる。
トーナメントはいくつか存在し、細かなルールは違えど、どれもバトルフロンティアのようにLvが一定の値に一時変化してからの戦いとなる。
どのトーナメントも試合形式をシングル、ダブル、トリプル、ローテーションから選べる。
シングルは3匹、ダブルとローテーションは4匹、トリプルは6匹エントリー。

どのトーナメントも主人公含めて8人の選手が出場するので、3回勝てば優勝。
敵の肩書きは全員「ポケモントレーナー」となっている。

決勝は専用BGMになり、戦闘中にカラフルなライトがポケモンの周りをグルグル照らす。

優勝するとBPが手に入り、勝ち抜いたトレーナーからのコメントが聞ける。
途中で負けても、参加賞として4種の欠片のうち1つが手に入る。

また、ノーセーブでレベル変動するので個体値チェックにも。
あと、当然ながらタワークオリティの類は存在するのでめげないように。


なお、何故か四天王は登場しない。
歴代で別の地位にいた場合、高いほうに統一されている。
そのため、キョウ、グリーン、ミクリの3人はジムリーダー経験もあるが、キョウは四天王扱いとなり登場せず、残り2人はチャンピオンとして登場する。


★トーナメント一覧

■左の受付
こちらはPWTに入れるようになり、一連のイベントを済ませた後ならクリア前でも挑戦でき、トーナメント毎にルールが違う。

一回戦はモブ、準決勝と決勝はチェレンホミカアーティカミツレヤーコンベル(ベルはミックスとレンタルのみ参加)の中のいずれかとの戦い。


◆ホドモエトーナメント
道具やポケモンの重複、伝説ポケモンの使用がOK等、何でもアリの戦い。他のトーナメントはLv50だが、このトーナメントのみLv25での戦いとなる。
ストーリーで初めて参加する時は一回戦はライバル、準決勝はチェレン、決勝はアクロマとの試合となる。

◆レンタルトーナメント
途中交換が無いバトルファクトリー。
最初にクジを3つの中から1つ引き、
それで貸し出されるポケモンの進化度合いや強さが変わる。

◆ミックストーナメント
お互いに試合前に手持ちの種族名を見せ合い、1匹交換して戦う。トリプルバトルのみ2匹交換。
どのポケモンが持っていかれるかは相手が選ぶ。勿論試合終了後には返却。

先発のポケモンで残りのポケモンを出来る限り一撃で倒せれば楽。


■右の受付
こちらは殿堂入り後に開催、各地方のジムリーダーとの戦いとなる。

決勝はPWT決勝専用BGMが流れるが、一回戦と準決勝はその地方のジムリーダー戦BGMのアレンジ曲が流れる。
すべで新規アレンジとなっており、DS音源が存在しないホウエンは勿論、シンオウやジョウトのBGMもDPtHGSSの時の曲とは違うアレンジとなる。
カントー金銀バージョンではなく、初代の方の曲のアレンジとなっている。

DS用グラフィックが存在しなかったホウエン勢は新規グラフィックで登場。
可愛いフウ、ランツツジやカッコいいアスナトウキ等、他に負けないくらい見ていて楽しい。


ジムリーダー達は全員ガチパ。全ポケモンに等倍以上のダメージを与えてくる上にきあいのタスキ所持のガブリアス、バレパンハッサムやフルアタスターミーや火炎玉オオスバメフウランのトリパにドレディアモルフォンの蝶の舞等、様々な戦法を使ってくる。

また、テッセンがウォッシュロトムを使ったり、アスナがバシャーモを使ったり、ツツジやサカキがエースを進化させていたりと、
パーティーに変化の見られるキャラも多い。

勿論、半減きのみや各種ジュエルにいのちのたま、きあいのタスキといった道具も完備している。
ジムリーダーの手持ちは切り札とそれ以外6匹以上の手持ち存在し(同じポケモンでも技や特性、持ち物が違う個体もいる)、
切り札は必ず先発で登場、それ以外はランダムでエントリー。
その為、同じ相手でも戦う毎に違った戦法となる。

手持ちポケモン6体で苦手なタイプの対策もしており、例えばみずタイプの使い手であるカスミアダンマキシコーンシズイミクリ全員1体以上みず/じめん複合ポケモンを手持ちに加えている。加えて一部はれいとうビームふぶき、リンドのみでしっかりくさタイプを返り討ちにする手段まで持ち合わせている始末。


◆イッシュリーダーズトーナメント
殿堂入り後に解禁。
イッシュ地方の新旧13人のジムリーダーが参加する。ホドモエトーナメント等と同じく、制限は無い。

カントーリーダーズトーナメント
ジョウトリーダーズトーナメント
ホウエンリーダーズトーナメント
シンオウリーダーズトーナメント
イッシュリーダーズトーナメントに優勝すると解禁。
ここから伝説や幻、こころのしずくやフリーフォールに制限がかかる。

リーダーズトーナメントにはサカキ、デント、ポッド、コーン、アロエ、ハチクといったOBも参加する。
また、フウ、ラン、デント、ポッド、コーンは個別参加。
グリーン、キョウ、ミクリ、アイリスのポケモンリーグ組は参加しない。

◆ワールドリーダーズトーナメント
カントー、ジョウト、ホウエン、シンオウの4つ全てで優勝すると解禁。
46人全員が出場者となる。
今まではトーナメント毎にBPは固定だったが、このトーナメントは3回の戦いで残った手持ちの合計がそのままBPとなる。
つまり、6匹参加のトリプルで全て完全勝利すれば18BP貰える。

◆チャンピオンズトーナメント
ワールドリーダーズトーナメントに10回優勝すると解禁。
レッド、グリーン、ワタル、ダイゴ、ミクリ、シロナ、アデクの歴代チャンピオン達が出場するトーナメント。

◆レンタルマスタートーナメント
地方トーナメント5つとレンタルトーナメントに優勝すると解禁。
レンタルトーナメントよりもガチなポケモンが選ばれる為、シビアな戦いとなる。時々ジムリーダーの中にベルが参加。

◆ミックスマスタートーナメント
各地方トーナメント5つとミックストーナメントに優勝すると解禁。
イッシュのジムリーダーが参加。こちらも相手が普通のミックストーナメントよりレベルの高いポケモンを連れている為、難関。

◆タイプエキスパートトーナメント
ワールドリーダーズトーナメントと同時に解禁。
17タイプのトーナメントが存在し、そのタイプが含まれるポケモンしかエントリー出来ない。
相手はそのタイプのジムリーダー、足りない人数はモブトレーナーが参加するが、主人公は可能な限りジムリーダーとの戦いになる。
因みにタイプ毎のジムリーダー数は
ノーマル:4
ほのお :3
みず  :5
くさ  :3
でんき :4
こおり :3
かくとう:3
どく  :2
じめん :2
ひこう :3
エスパー:3
むし  :2
いわ  :3
ゴースト:2
ドラゴン:2
あく  :0
はがね :2









女性の敬称はドーム内のジムリーダーの簡易プロフィールを解説してくれる黒服が呼んだ時のもの。本人曰く「イメージ。年齢までは知らん」。
この黒服は女性ジムリーダーの説明は割と張り切っており、「ミルホッグのかたきうちが凄かった」とか、
「ソフトボールが好きでユニフォームっぽい格好をしてる」とか、「ああ! みらいよちされてえ!!」とか、愛のある解説をしてくれる。
一応男性もそこそこ情報を仕入れており、マチスがイッシュ出身等と言ったり。
相変わらずカタコトだが


また、ダウンロードでトーナメントが追加出来るようになっており、
早速6月29日から2012年の日本代表決定戦の上位6名のパーティーが配信されている。
プロのパーティーなので勿論強いが、本物は比じゃないほどのポケモン脳を持っている事をお忘れなく。




追記・修正はPWTを制覇したトレーナーにお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/