キカイダー01

登録日:2009/12/07(月) 14:47:39
更新日:2019/09/09 Mon 11:27:05
所要時間:約 8 分で読めます




チェィインジ・キカイダー!ゼロ・ゥワンッ!!


『キカイダー01』とは、特撮ドラマ『人造人間キカイダー』の後番組、もしくはその番組に登場する主人公のヒーロー。
ストーリー前半では、前作の主役・ジロー/キカイダーと協力しながらハカイダー部隊と戦い、
後半では新組織・シャドウとの戦いを中心に、キカイダー兄弟とビジンダー、ワルダーといったロボット達による群像劇が展開された。
が、後半に差し掛かった頃には特撮ヒーローブームが峠を越えたこと・オイルショックによる予算不足といった要因が重なり、
ただでさえ前作「キカイダー」の頃から低予算気味だったのに浪人ロボットや忍者ロボットなど、露骨な低予算ぶりが目立つ敵怪人が顕著となっていった。

  • キカイダー01
キカイダーより先に製作された人造人間
完全な良心回路を持っており、弱者を抑圧するものに対して迷いなく戦う正義の戦士。この為ジローと違い相手が悪人であっても人間には危害を加える事は出来ない。
頭部にある太陽電池で活動する。
太陽のある場所ではキカイダーよりも強力だが、日没後や海底など太陽光が届かない場所では出力が1/10になってしまう。
太陽エネルギーを取り入れやすくするため内部機械の露出部位が多く、キカイダーとは逆に右半身が赤く、左半身が青い
パワーはキカイダーに勝るが、聴力、視力はキカイダーに遅れをとる。
太陽電池は頭部のほんの一部分に収まるほどの大きさしかなく、当時どころか現代の技術力でもあんな太陽電池でロボットを動かせるわけがないのだが、70年代当時に風力と太陽光という二大自然エネルギーで
ヒーローを戦わせたという石ノ森章太郎先生の先見の明には素直に目を見張るべきであろう。

  • イチロー 演:池田駿介
キカイダー01の人間体で、子どもや迷える人に手を差し伸べる優しさと自らの身を省みず悪と戦う正義感の持ち主。
トランペットを吹きながら登場する。
太陽光の届かない場所では変身できないが、改良したのか夜中でも変身して光線技を使用する。
苦しむビジンダーを見かねて、不完全ながらも良心回路を取り付けてあげた事もある。
漫画版では主人公がジローのまま連載が続いていたため、イチローは良心回路を持たない暴れん坊として描かれていたが、
そのことについて、イチロー役の池田駿介は「テレビ版と原作では設定も異なるので、テレビのイチローは自分なりの完璧なヒーロー像を演じた」と回想している。
前作「キカイダー」にて、ジローは光明寺博士の実の息子であるタローをモデルにしているという発言があったが、それゆえにこのイチローは誰がモデルになっているのかイマイチ不明。

  • ダブルマシーン
キカイダー01が乗るサイドカー。
地上、空中、水中、地中、宇宙まで可能な万能マシン。
最高時速は地上では500キロ、空中では800キロ。
エネルギーがあれば地球と月も行き来可能。
自動操縦も可能。
サーチライトは太陽光と同等であり01のエネルギー補充も可能である。
ベース車はジローのサイドカー後期タイプの改造である。

  • ビジンダー
大犯罪組織シャドウが、女子供に弱い01の性格を分析して作り上げた悪の人造人間。
背中にハープを背負っており、これを奏でて花畑を発生させ、その中から現れる。
結構頑丈で飛行可能。
イチローによって「せめてジローと同等の心を持ってほしい」という事で、イチローの作った不完全な良心回路を備え、01と共にシャドウに立ち向かう。
専用マシンはビジンダーマシン。

  • マリ 演:志穂美悦子
ビジンダーの人間体。後半は彼女が実質上の主役であった。
マリとしての人格はビジンダーとはやや異なっているようで、良心回路を搭載する以前から女性らしい慈愛の心を持つ。
寒さには弱いのか上着無しで寒い冬に一晩さらされるとエネルギー転換装置が耐えられず、停止してしまう。
その胸には小型水爆が内蔵されており、ブラウスの第3ボタンを外すと起爆装置が作動する。
しかも迂闊に水爆を外すと命に関わる。
誤爆防止の安全装置も内蔵され、シャドウ基地から遠隔操作できるようになっている。
体内に激痛回路が内蔵されており、シャドウ基地から遠隔操作されると周囲の者に「胸を緩めて」と頼んでしまう(ボタンを外させて水爆を起動させるため)。
演じた志穂美悦子は、後年アクション女優として一躍大スターとなった。

  • アキラ
ハカイダー部隊に狙われる少年。
実は、プロフェッサー・ギルの次男。
背中には、ジャイアントデビルの心臓部の設計図が刷り込まれている。
図面は水に反射させた光を当てる事で現れる。
後にヒロシとも違和感なく兄弟として接している。

  • リエコ
アキラを影から守る女性。
ダークではアキラの教育係をしていた。変装の名人。
最期は自分がロボットである事を明かして爆死した。
(しかし人造人間用のトラップを「人間だから」という理由で作動させずにくぐり抜ける等、ロボットという設定と矛盾するエピソードが存在する)。

  • ヒロシ
ギルの長男。
弟のアキラと同じく、背中にジャイアントデビルの設計図を隠し持つ。
アキラより男らしい。

  • ミサオ
ヒロシと共に登場した女性。
ダークではヒロシの教育係として働いていた。
ダーク壊滅後はスリをして彷徨っており「金持ちか悪人からしかスラない」というポリシーの持ち主。
リエコの死後は、アキラの世話もするようになる。

  • 百地頑太
甲賀忍者百地三太夫の子孫とぬかすフリーカメラマン。
特ダネをものにしようとカメラを持ち歩いているが、いつも失敗しているドジな男。
イチローやアキラからは「がんも」と呼ばれ、そう呼ばれると怒る。
服部半平の後継キャラクター。後に降板

  • キカイダー
前作の主人公。
イチローの弟として製造された人造人間。
01のピンチには度々登場し、キカイダー兄弟として活躍する。
当初から準レギュラーで登場することが目玉の1つだったが、後にジロー役の伴大介が『イナズマン』の主役・渡五郎役に決まり、番組を掛け持ちすることになったため、後半では出番が減っている。
01の太陽電池の弱点を度々救った。
キカイダーもギルハカイダーの笛の弱点を01に救って貰うなど、持ちつ持たれつの兄弟である。
修理能力にも長けており01の修理も行なう。

  • ジロー
キカイダーの人間体。
ギターを持って颯爽と現れる。

  • 光明寺博士
キカイダー兄弟の生みの親。
帰国後にシャドウに拉致られた。

ハカイダーがプロフェッサー・ギルの頭脳を頭部に納められ復活した姿。別名ギルハカイダー。
ダークの最高科学者3人の脳を埋め込み生まれたレッド、ブルー、シルバーの3体のハカイダーを従え、ハカイダー部隊を結成。
顔のイナズマ模様が異なり、胸部の四つの十字マークがある。
サブローにはならず、変身能力を駆使して他の人間に化ける事が出来る様に成った。 雑誌「テレビランド」などの記事では、「サブローは処刑された」と説明されている。
性格に変化は生じているが、記憶や人格はハカイダーと同じであり、ギルの人格は持っていない。
脳が変わったことで、クールでニヒルな性格から傲岸で残忍な性格へと変貌、世界征服とキカイダー兄弟の抹殺を目的とする。
ハカイダー部隊壊滅後はシャドウに加入するが、01打倒を意識するあまり組織の命令に逆らうことも。
ビッグシャドウの手によって蘇生・洗脳され、以後はシャドウに忠誠を誓う。
ギルの悪魔笛も使用可能。
シャドウ幹部になってからは、通り魔殺人したり、殺犬したり、石油ショックで不足していたトイレットペーパーを購入しようとしてパニック状態になったスーパーマーケットでトイレットペーパーが備蓄している倉庫を暴いたりなどアホになった。
最期はキカイダー兄弟とビジンダーによるトリプルサークラインを受けて爆死した。

  • ブラックドラゴン
ハカイダーが変身した怪物ロボット。なぜかこれだけ名前が英語である。

  • レッドハカイダー
ハカイダー部隊の幹部。
胸当てが赤色で「R」のマークがある。
「ヒェッヒェッヒェッヒェッ」という奇怪な笑い声を上げながら出現する。
ボウガンが武器。
最期は01のブラストエンドによって完全に破壊された。

  • 朱ムカデ
レッドハカイダーが変身したロボット。

  • ブルーハカイダー
ハカイダー部隊の幹部。ボスの座を狙う野心家。
胸当てが青色で「B」のマークがある。が武器。
最期はレッドハカイダーと共にブラストエンドの直撃を受けて爆死した。
レッドとブルーは同時に造られた為、回路が繋がっており片方が死ねば両者とも死ぬ。

  • 青ワニ
ブルーハカイダーが変身したロボット。

  • シルバーハカイダー
ハカイダー部隊の幹部。が武器。
クールな性格で一説によるとハカイダー4人衆では最後に作られて性能的に向上していたらしく、
サブリーダーにされていたが、そういう描写はない。
胸当てが銀白色で「S」のマークがある。
最期は01のブラストエンドを受けて爆死した。

  • 銀エビ
シルバーハカイダーが変身したロボット。

  • ガッタイダー
ハカイダー四人衆が合体した姿。
頭部に4つの脳を持ち、四人衆全ての武器を使用できる。
死神ミサイル原爆砲の威力は絶大。ショルダーブーメラン、飛行能力、テレポートが使える。
キカイダー兄弟を苦しめるが、ブラストエンドの直撃を受けてレッド、ブルー、シルバーの合体回路が破壊、合体不能となる。

  • プロフェッサー・ギル
ダーク基地と運命を共にしたが、
死後その脳がハカイダーの頭部に組み込まれることでハカイダーは復活。
野望成就をハカイダーと二人の息子に託した。
ビッグシャドウによってハカイダー頭部の脳から記憶が呼び出された際は、ビッグシャドウの脅しに対してうろたえる姿を見せた。
のちに執念を亡霊と化し、現世に現れた際にはハカイダーを改造し、三倍にパワーアップさせている。

  • アンドロボット
ハカイダー部隊の戦闘員。若葉マークのような顔で稲妻型の武器を使う。

  • ビッグシャドウ
大犯罪組織シャドウの首領。
その正体は不明。最期は光明寺の策にはまり基地と運命を共にした。

  • シャドウナイト
シャドウの幹部で西洋風の甲冑と巨大な単眼が特徴。最期は01に敗れ爆死。
人間体はシルクハットにアイマスク、カイゼル髭の姿。

  • ザダム
ビッグシャドウが月面基地から呼び寄せた最高幹部。
2体の悪魔型ロボットが横並びで合体したような姿をしている。両腕にトライデントを持つ。
太陽光の下では3分前後しか活動できないはずだったが、改良したのか後半では昼間でも長時間行動している。
最終決戦では「ザダム分離術」で2体に分離して戦うも、キカイダー兄弟とビジンダーのトリプルサークラインを受けて爆死した。

  • ワルダー 声:渡部猛
01を破壊するためにビッグシャドウが雇った謎の侍ロボット。
頭部に殺人回路を持つ剣術の達人。
ビジンダーに惚れておりラブレターを送ったりも。
マリもワルダーに返事を返すことで、二人のやり取りは文通に発展。青春だ
善悪の判断ができないため、「悪い奴に吠え、泥棒に噛み付き、善悪の判別をするもの」として犬に苦手意識を持つ。
専用マシンのワルダーマシンを持つ。
武器は機関銃や分銅杖にもなり、も仕込まれている超槍銃。
また、ワルダー家に先祖代々伝わるという刀・雷神村雨と風神村雨を持つ。
エネルギー転換装置を二つ装備しており、一つは転換装置の壊れたビジンダーを助ける為に譲った。
エネルギー回路を失なうと1週間しか生きられなくなる。
最期はビジンダーに助けられた01に最後の勝負を挑み爆死した。

  • シャドウマン
シャドウの戦闘員。アンドロボットと姿が酷似しており、後継機と思われる。

追記・修正は太陽電池に光を当てながらお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/