施設



概要

「強盗:ドゥームズ・デイ」にて追加された新たなコンテンツ。
メイズバンクの抵当流れ物件用ウェブサイトから購入手続きが行える。

内装の変更やオプションの追加は有料。
施設スタイル、施設デザイン、サテライトキャノン、警備室、ラウンジ、寝室スペースの6つ。

デザインやスタイル、ラウンジまでは従来の物件と内容は大方同じ。
スナックの配布やペガサスの乗り物を手配してくれるスタッフもついている。
地下基地との違いは個人車両と物件ガレージに入庫することのできない大型の戦闘用車両を配置するスペースがある。
物件ガレージにも入庫できる戦闘用車両の改造を施設内で行うにはアベンジャーの乗り物ワークショップを購入する必要がある。大型の戦闘用車両の改造には必要ない。

強盗計画ルーム


強盗:ドゥームズ・デイで使用する部屋。
施設購入時に標準で設けられている。

各種設備

  • メイズバンク抵当流れ物件から追加で購入する必要がある。後付けでの追加も可能。
  • DD強盗のみが目的の場合、これらの設備を導入する必要はない。

サテライトキャノン

直訳すると衛星砲。その名の通り遥か上空から攻撃できる。
元ネタはアメリカ合衆国が開発しているのではないかと噂になった衛星兵器。
一発当たり手動照準で50万ドル、自動照準で75万ドル必要。クールタイムはゲーム内での1日、すなわち現実時間の48分である。

対象のプレイヤーがロックオン可能な屋外にいる場合で尚且つ自動照準なら自動で照準を合わせ続けてくれて、特殊な場合を除いて一発で確殺。
発射はトリガーを引いた直後ではなく、3秒間のチャージが必要。
着弾時にはその場に広範囲な爆発を発生させる。爆破範囲はメイズバンクタワーの屋上を端から端まで覆うくらい。
サテライトキャノンで倒された場合、通常の死亡と異なり「消滅」と出た後に最寄りの病院送りとなる。ログも「○○がサテライトキャノンで消し去られた」と通常とは違うメッセージが流れる。

対策としてはとにかく不用意に屋外に出ない事。
衛星軌道上から視認不可能な所(真上から直接狙えない場所)へ逃げ込めばターゲットになりにくくなる。
パッシブモードも有効な手段の一つ。
アベンジャー、機動作戦センター、テラーバイトといった耐久性が自慢の特殊車両や航空機も一撃で吹き飛ばされて殺されるが、これはあくまで運転席や助手席に居る場合で、トレーラー後部や貨物室、ナーブセンター内であれば乗り物は壊されてしまうが、それが身代わりになって自身が殺されるのを防げる。

警備室

警備室は選択した他プレイヤーを始末する突撃班を送り込んだりできるパソコンや、武器装備の表示をカスタマイズできるロッカーが設置されている。

中央のテーブルには特殊カービン、アサルトショットガン、50口径ピストル、コンバットPDW、粘着爆弾が、向かいのガラス張りの部屋にはミニガンが置かれ、各武器種の弾薬を少量(銃器は16発前後、PDWは60発、ミニガンは250発、粘着は2個)補充することが出来る。

地下基地のものと同様に所得して10分で復活するので、格納庫のヘビースナイパーやホーミングランチャーのような大量補充には向いていない。

突撃班のシステムはメリーウェザーの傭兵派遣と似たようなものだが、送り込める部隊がレベル1~3まであり、レベル1は無料だがレベル2は$2000、レベル3は$5000の費用がかかる。
装備はレベル1はピストル、レベル2はカービンライフル、レベル3は特殊カービンとアサルトショットガン。使用する車両は全レベル共通で黒のコノシェンティ55。
送り込んだ後はターゲットの観察もできる。
突撃班にはクールタイムがあるので連続で送りつけることはできない。

突撃班派遣後にターゲットに自爆や楽な道をされるとその時点で突撃班が始末した扱いになる という、システムに致命的な欠陥が存在するため使い勝手は悪い。
また、システムの都合上メリーウェザーのような任務失敗時の返金もされない。

ラウンジ

標準、高級、プレミアの3つの内装を選べる。
パソコン、テレビ、ラジオ、ジンが置かれている。
オプションの導入で大きなソファの後ろ側のガラスにプライバシーガラスの切り替えができるボタンが追加される。

寝室スペース

購入することで出現位置として施設を選べるようになる。内装は「ラウンジ」と同じく標準、高級、プレミアの3つ。
ワードローブの前では着替えが可能。
「ラウンジ」にオプションのプライバシーガラスを設置することで、この「寝室スペース」にもプライバシーガラスが設置される。

小ネタ

強盗:ドゥームズ・デイの各シナリオをクリアする事で、記念品のオブジェクトや小物が施設の内部に追加されていく。また施設のサーバールームやオフィス等で働くNPCも増え賑やかになる。
  • データ漏洩
    • 受付フロアのデスク右脇にIAAの記念盾。
  • ボグダン・プロブレム
    • 同じく受付フロア、セキュリティゲートのある入り口側から見て左奥に、クリアケースに入ったボグダンの潜水艦の模型。及びフロア中央に準備ミッション・潜水偵察で破壊した機雷の実寸大オブジェ。
  • ドゥームズ・デイ・シナリオ
    • ラウンジのパソコンが置かれているデスクに、スラスター、ミサイル発射施設にあった核弾頭ミサイル、サテライトキャノンらしき攻撃衛星の模型三種。及びサテライトキャノン操作室の出入り口の右隣にあるスペースに大きな銀色の鷲の像(IAAオフィスビルの敷地内にある公園に設置されてる物と同じデザイン)。

立地

パレト・ベイ、ゴルド山、サンディ海岸、ザングード川、グランド・セノーラ砂漠、ルート68、ラゴ・ザンクード、ロン・ウィンドファーム、ランド・アクト貯水池施設の計9つの施設からなる。
市内からのアクセスがよくおおむねすべてのミッションを効率よく進められるのは、州の中央あたりに位置し、速度の出せる道に面したロン・ウィンドファーム、グランドセノーラ砂漠、サンディ海岸、ルート68あたりである。またラゴ・ザンクードは価格もお手頃でフォート・ザングード格納庫、ラゴ・ザンクード地下基地が近くにあり、ほかの拠点と連携しやすい。ただアクセスの面ではほかの施設とはすこし劣る。

もっとも高額なランド・アクト貯水池施設はその価格の割に車でのアクセスが悪く、準備ミッションなどで山道からダムに転がり落ちる人や、山をショートカットしようとして無駄に時間をかけてしまう人などがよくいる。ただ隔絶されたところにあるのでゴルド山とおなじくロアフレンドリーなプレイをしたい人に向いている。
ロン・ウィンドファームは高速道路の分岐の間から入るショートカットをもちいれば市内からもっともアクセスがよいが、近くに風車が林立しているのが少しネックとなっている。
パレト・ベイやゴルド山はロスサントス市からもっとも遠く、ミッションを効率よく進めていくには向かないので、ロールプレイ重視でもなければ買わないほうがよい。
ただしパレト・ベイは地下基地・クラブハウス・製造拠点を固めているならラゴ・ザンクード以上の連携の良さを発揮するので、自身の施設所有状態も加味すればパレトが一番となる場合もある。
また州のほぼ中央に位置するルート68も地下基地・クラブハウス・結晶の製造拠点が集まっているうえに、東にコンビニ、西にアミュネーションがあり利便性が高い。さらに個人航空機も施設のすぐそばに置かれる。

エリートチャレンジを確実にしたいなら・・・

第一幕のエリートチャレンジはグランド・セノーラ砂漠、サンディ海岸またはロン・ウィンドファームがもっとも適している。
また準備ミッションはすべてロスサントスで行われるため、高速道路からのアクセスのよいこの3つの施設は第一幕と相性がよい。

第二幕のエリートチャレンジはランド・アクト貯水池以外ならクリア可能。
グランド・セノーラ砂漠はアベンジャーまで線路上を進んでいけば十分クリアできる。

第三幕のエリートチャレンジはハンジャールとバラージがマップにアイコンが表示されるまではタイマーはカウントされないのでどこの施設でもクリアできる。