地下基地



概要


「GTAオンライン:銃器密造」で追加されたコンテンツ。
メイズバンクの抵当流れ物件用ウェブサイトから地下基地を購入することで地下基地へのアクセスおよび銃器密造ビジネスが開始可能になる。
地下基地の詳細はこちら で参照


射撃練習場


地下基地の射撃練習場のオプションを購入することで射撃練習場へのアクセスおよびチャレンジが可能になる。アミュネーション射撃練習場とはシステムが異なる。

  • 使用できる武器は決まっており、ピストルSMGアサルトライフルカービンライフル軍用マシンガンヘビースナイパーの6種類でアップグレードしたMk2武器も使用可能。
  • いずれのチャレンジも制限時間は30秒で、スコアはターゲット頭部の赤い部分を撃つと15点、ターゲット胴体の赤い部分が10点、それ以外の部分は5点。連続でターゲットにヒットし続けるとスコアの倍率のゲージが上がり、最大で3倍になる。1発でも外すと倍率はリセットされるが、SMG以外の連射武器は1発だけなら外してもリセットはされない。
  • レベル1からレベル3まであり、1つのレベルで全ての武器チャレンジを完了するとレベル1で手榴弾、レベル2でグレネードランチャー、レベル3でロケットランチャーが地下基地に設置され回収できるようになる他、レベル1でMk2武器の限定カラー、レベル2で各投てき武器の最大所持数が5個増加し、レベル3で衣服が解除される。


射撃場真横のスペースに初期配置の火炎瓶に加え、手榴弾、グレネード、RPGが置かれる。
クールタイムは10分と非常に長く、格納庫のホーミングランチャーやヘビースナイパーのように放置してごっそり補充するのには向いていない。
放置して4発狙う前に無操作除外を食らうのがオチである。
補充数はグレネードはフル補充、それ以外は二発分。数千$分の爆発物が補充出来るため、オマケ程度には利用できる。

攻略

+...
武器 ショット数
(1ターゲットあたり)
目標スコア
レベル1 レベル2 レベル3
ピストル 1 400 / (650) 550 / (800) 680 / (900)
SMG 3 1300 / (1700) 1700 / (2200) 1800 / (2400)
アサルトライフル 5 1600 / (2000) 2300 / (2900) 2500 / (3400)
カービンライフル 5 1800 / (2300) 2800 / (3000) 3000 / (3300)
軍用マシンガン 10 2100 / (2800) 3000 / (3600) 3600 / (4100)
ヘビースナイパー 1 250 / (350) 350 / (500) 400 / (550)
※()内の数値はPC版でのスコア

  • 自由照準でチャレンジすることになる。難易度は高く熟練のプレイヤーでも相当厳しい。目標スコアを達成するにはスコアの倍率をなるべく早く3倍に上昇させ、それを維持しながらヘッドショットを狙い続ける必要がある。
  • 照準感度が高いと照準の微調整が難しいのでポーズメニューのOPTIONSから照準感度を下げる。
  • 拡張マガジンや標準仕様の場合はドラムマガジン(カービンライフルはボックスマガジン)を装着しておく。
  • 終了後のスコア表示と「FAILED」画面の表示が地味に長く鬱陶しいので、達成できそうにないと思ったら終了を選択して中断するといい。


機動作戦センター


地下基地を購入することでウォーストック・キャッシュ&キャリーから「機動作戦センター」の購入も可能となり、居住スペースまたは指令センターにあるタッチパネル式端末から「機動作戦」を開始することが可能。
機動作戦センターのオプションは有料で購入・変更可能。
  • ファントム・カスタム ($1,225,000)
  • ホーラー・カスタム ($1,400,000)
  • 居住スペース ($145,000)
  • 指令センター ($320,000)
  • 武器ワークショップ ($245,000)
  • 武器&乗り物ワークショップ($955,000)
  • 個人車両保管庫 ($195,000)
  • 内装カラー ($115,000)
区画 ユニット
区画1 居住スペース/指令センター
区画2 居住スペース/武器ワークショップ/武器&乗り物ワークショップ
区画3 居住スペース/武器ワークショップ/個人車両保管庫

  • 運転台はファントム・カスタムホーラー・カスタムのどちらかを選択できる。ファントム・カスタムの方が速力はあるが、ホーラー・カスタムはサブカラーが変更可能なためカラーリングの自由度が高い。
  • 区画1は居住スペースか指令センターのどちらかを設置できる。どちらのユニットにもワードローブが含まれており、そこで服を着替えることが可能。指令センターを設置することで地下基地の武器ワークショップでトレーラーに装着できる前部砲塔と前部&後部砲塔の購入が可能になる。また、指令センターが設置された機動作戦センターを使用している間はパッシブモードが無効になるので注意。
  • 区画2は居住スペース、武器ワークショップ、武器&乗り物ワークショップのいずれかを設置できる。武器ワークショップでは一部武器の改造やMk2武器専用の特殊弾薬の補充ができ、武器&乗り物ワークショップではそれらに加え、戦闘用車両の改造が可能。また、武器&乗り物ワークショップはダブルサイズのユニットなのでこのユニットを設置すると区画3を選択することができなくなる。
  • 区画3は居住スペース、武器ワークショップ、個人車両保管庫のいずれかを設置できる。個人車両保管庫では個人車両1台を収容することができる。
  • 内装カラーはメインカラーとサブカラーの組み合わせとなる。メインカラーによって選択可能なサブカラーがそれぞれ違いがある。どの色を選択しても価格は一律となっている。
なお、機動作戦センターと対空トレーラーの改造は地下基地の乗り物ワークショップで行うことになる。機動作戦センター駐車場にいるスタッフのところへ行くと改造できる。


銃器密造ビジネス


銃器密造ビジネスを開始するには公開セッションにてボス、CEO、MCプレジデントのいずれかに登録する必要がある。
内容としては「GTAオンライン:バイカー」で追加された「バイカービジネス」に近いところがある。

地下基地のノートパソコンを使用してディスラプション・ロジスティクスのウェブサイトへアクセスすると地下基地の現在のステータスや合計収益、各ミッションの成功率などが表示され確認できる。ページ左部分には補充、研究、在庫売却、スタッフ管理、アップグレード購入、操業停止の6項目あり、選択するとそれぞれのページを確認できる。
  • 補充ページでは原材料を盗んで調達するか原材料を購入するか選択できる。
  • 研究ページでは現在進行中のプロジェクトを確認したり、追加資金を支払って研究をスピードアップさせるか選択できる。また、完了したプロジェクトの購入方法や未解除のプロジェクトを確認できる。
  • 在庫売却ページではブレイン郡かロスサントスかどちらの地域で売却するか選択できる。
  • スタッフ管理ページではスタッフを製造か研究あるいはその両方に配属させるかを選択できる。
  • アップグレード購入ページでは追加資金を支払って地下基地の設備、スタッフ、防犯設備をアップグレードするか選択できる。
  • 操業停止を選択すると製造・研究が停止する。また全ての在庫および研究の進行状況が失われるので注意。


製造拠点準備


初めてディスラプション・ロジスティクスのウェブサイトへアクセスするとページ左部分には準備の項目しかないのでまずはこれを選択して準備ミッションを開始する。準備ミッションを完了させると武器の製造と売却を開始することができる。
  • デューンローダー
    • 目的地には原材料が載せられたデューンローダーが停めてあるので回収して地下基地まで届ける。
    • 追手が出現したり、手配度が発生したリすることはないが、広域シグナルは発信されるのでライバルプレイヤーには注意。
    • 準備ミッションを完了させると原材料が最大まで補充される。


原材料調達


スタッフが製造や研究を行うには「原材料」が必要となる。
原材料が空になると製造や研究も中断されてしまうので注意。なお、原材料の量で製造や研究のスピードが変化することはない。

原材料は自分で盗んで調達するか、現金を支払って直接購入することで補充できる。
  • 調達の場合はパターンごとに回収できる原材料の量が異なる。原材料が入っているパッケージやレイルガンなどを回収するパターンは20%で、原材料が載せられたヨウガ・クラシックライノ戦車といった乗り物ごと回収するパターンの場合は40%となる。原材料調達にクールタイムはないので連続で開始可能。調達ミッション開始時の費用もかからない。
  • ボディーガード、スタッフ及びMCメンバーの人数に応じて配置される原材料の数が変化し、パッケージやレイルガンなどの場合は最大8個まで、乗り物の場合は3人以上いれば2台配置される。人数が多ければそれだけ1回の調達ミッションで回収できる原材料の数が増えるが、その分出現するターゲットの乗り物(敵が輸送中のミュールフロガーがそれに該当する)も多く出現するようになる。多く届けることができればそれだけ原材料のゲージが大きく増加し、効率化が図れるだろう。
  • 購入する場合は原材料のゲージは最大にまで増加する。価格は購入時の原材料の残量で変化し、$15,000(ゲージ20%分)から最大$75,000支払う必要がある。購入した原材料が地下基地に届けられるにはフリーモードに8分間参加している必要がある。原材料が地下基地に到着するとエージェント14から通知される。

調達ミッションのパターンは複数ある。
  • パッケージを回収するパターンの場合、乗り物に乗った状態のまま原材料の上を通過するだけでも回収できる。乗り物ごと回収するパターンの場合、テクニカル・カスタム以外はカーゴボブのフックに引っ掛けることが可能でそのまま地下基地まで空輸することも可能。(ただし、APCインサージェントポリス・ライオットはフックに引っ掛けることはできても持ち上げることができない) なお、個人航空機のボブの場合はサークルが表示されず、基地前で切り離して自走させないといけない。
  • 他のフリーモードのビジネスと同様、原材料を回収してから一定時間経過で広域シグナルが発信され、全てのプレイヤーに原材料の位置情報が通知される。ライバルプレイヤーはそれを破壊すると現金とRPが獲得できるので、セッション内にいるライバルプレイヤーにも注意。
  • 敵はカービンライフルを装備しているパターンが多いが、他のビジネスの高難度なミッションで出現する異様な強さを誇る敵に比べるとまだマシなので戦闘はそこまできつくはない。ただしドライブバイの精度は相変わらず高い。
  • 追手が出現する回数はほとんどが4回で運転席と助手席に乗った敵が2台ずつ出現する。大抵は運転手、助手席ともにマイクロSMGを装備しており、高火力なドライブバイを仕掛けてくる。また、バザード攻撃ヘリが出現するパターンの場合は特に注意が必要。機体の向きを無視してマシンガンを浴びせてくるので戦闘時は速攻で撃ち落とさないと危険。

攻略

一部のパターンではボスまたはCEOで開始した時とMCプレジデントで開始したと時とで、出現するされる敵や乗り物、その敵が装備している武器、追手の乗り物が変化する。
以下、MCプレジデントでミッションを開始した時のみに発生する内容については太字で表記する。
+調達ミッションのパターン一覧
  • 捜索エリア
    • 目的地はパレト・ベイに停泊してあるクルーザー、チュパカブラ・ストリート(エリシアン島)の貨物船、バニングのいずれかで捜索エリア内にいるトライアドに気づかれないよう原材料を盗む。
    • 目的地へ到着するとサプレッサー付きの軍用ピストルが支給される。
    • 捜索エリア内には敵が22人もおり、ピストルやアサルトライフル、ポンプ式ショットガンを装備している。バニングの場合はさらにスナイパーライフルを装備した敵2人が建物の上から見張っている。
    • 途中で敵に気づかれると警戒態勢に入り、増援のフロガーが2機出現し、ガンナーがマイクロSMGで攻撃してくる。さらに原材料回収後には追手のダブスタかパレト・ベイの場合はフロガーが出現するようになる。
    • 敵の数がとにかく多いので、気づかれて戦闘になったら1人ずつ確実に始末しよう。
    • クルーザー内、またはクルーザー付近の海上で死亡した場合はシーシャークに乗った状態で復活する。
    • 他のステルスミッション同様、敵のライフは低く設定されているので無理にヘッドショットを狙わなくともスナイパーライフルやポンプ式ショットガンなどで胴体を撃てば一撃で倒せる。
    • 敵の戦力自体は増援含め貧弱なので、面倒ならステルスミッションということを忘れ最初からバザード等で爆撃してしまっても良い。

  • 利他主義者
    • 目的地はカルト教団施設、ラトン・キャニオンの森林地帯、ストロベリーのホームレス村のいずれかで利他主義カルト教団やホームレスから原材料を盗む。
    • 敵の大半はピストルやポンプ式ショットガンを装備しているが中にはバトルアックスや信号拳銃を装備をしている敵もいる。接近される前に倒してしまおう。
    • 航空機で爆撃すれば楽に片付くので、一通り排除したら原材料の回収に向かおう。ただしストロベリーの場合は高架下のため、航空機で爆撃することができないが、防弾仕様の車両を使用すれば乗り物から降りることなく原材料を回収できる。
    • 原材料回収後、マイクロSMGを装備した追手がラットローダーに乗って出現するか、マイクロSMGと2連式ショットガンを装備した追手がラットバイクに2人乗りで出現する。特に後者の場合は強力なドライブバイを仕掛けてくるので注意。
    • 「GTAオンライン:極秘空輸」で信号拳銃から発射される発煙筒が、近くのホーミングミサイルを引き付けるように変更されたためミサイル搭載の乗り物で全て一掃するというのが少々難しくなった。ギリギリロックオン出来るか出来ないか位の距離を取れば敵の射撃や信号弾の発射頻度も激減するので、ミサイルで倒せるだけ倒しておき、残った敵は地上に降りて片付けた方がいいだろう。

  • 隠し場所
    • 目的地は鉱山(グレート・チャパレル)、ロスサントス川の地下道、リサイクルセンター(ラ・プエルタ)のいずれかでマドラッゾ・カルテルまたはロストMCから原材料を盗む。
    • ゲーム内時間で夜間に発生しやすい、というより昼間には発生しないパターン。
    • 目的地へ到着し中へ入ると信号拳銃、フラッシュライト、フラッシュライト付きのポンプ式ショットガンが支給されるので活用しながら進んでいこう。
      • 鉱山の場合、真っ暗闇の廃坑内を進んで行かねばならない。発煙筒が焚かれているが効果は薄いので必要に応じてフラッシュライトや信号拳銃、ナイトビジョンなどの用意もしておくといい。
        ピストルやマイクロSMG以外にもポンプ式ショットガンを装備した敵が多いので、出会い頭の攻撃に注意。3人称視点の時にカメラを動かして敵が待ち構えてると判断したら、アサルトライフルなどで距離を保ちながら処理していこう。
        なお、原材料の配置場所は毎回固定で、最初の分かれ道を左に進んだ先。
      • ロスサントス川の場合、地下道に破壊不可能なバリケードが築いてあるので、車で乗り込むことはできない。
        原材料の周囲にはマイクロSMGやポンプ式ショットガンを装備した敵がかなりの量いるので、迂闊に近づかないようにしよう。
      • リサイクルセンターの場合、ストーリーミッション:ストレッチ・ワークの舞台にもなるリサイクルセンターへ向かう。建物内部は全体的に暗めだが、フラッシュライトが必要なほどではない。
        物陰に隠れている敵が多いので、1人ずつ確実に片付けること。
    • 追手はハントレーSまたはデーモンに乗って出現する。原材料を所持した状態で出口へ近づくとすぐに出現し、広域シグナル発信までのタイマーも起動する。

  • 輸送ヘリ
    • 目的地はノース・カラフィア・ウェイ、マッケンジー・フィールド、エル・ゴルド灯台のいずれかでアルメニアン・マフィアが輸送中のフロガーを破壊して落下した原材料を回収する。
    • テクニカルアクアが貸し出され、地下基地のそばに配置されている。荷台に搭載されているマシンガンでフロガーを撃ち落とす。
    • 貸し出されたテクニカルアクアを使用せずに自前のバザード等の航空機でも構わないが、フロガーに近づき過ぎると軍用マシンガンを装備したガンナーに狙われるので注意。大回りしつつ背後を取って1機ずつ撃ち落とそう。
    • 原材料を載せていたフロガーを破壊すると原材料はパラシュートを開いて落下していく。落下地点へ向かい回収しにいこう。また、航空機に乗っている場合は空中で回収することも可能。
    • 原材料を回収したと同時に追手のバザードが二機出現する。機体の向きを無視してマシンガンを浴びせてくるので注意。原材料を回収するまでは出現しないのでなるべく逃走用の乗り物を用意した状態で回収してそのまま逃走するのがベスト。
      • ヘリなどで攻撃する場合、海上で撃墜してしまうと原材料の回収に支障をきたし、泳いで回収しようものならヘリの猛攻撃を受けることになる。空中でキャッチするか、陸地に到達するまで待って撃墜するとよい。
    • ターゲットのフロガーはロックオンの判定が少々おかしく、誘導ミサイルだと発射したミサイルがフロガーの下をすり抜けてしまい全然当たらないこともある(オプレッサーMK2やデラックソ等の鬼誘導ミサイルでも発生する)。

  • 輸送トラック
    • トライアドまたはロストMCが輸送中のミュールを破壊して残骸から原材料を回収する。
    • デューンバギーまたはデューンFAVが貸し出され、地下基地にのそばに配置されてある。バザード攻撃ヘリサベージなどの航空機で直接向かってミュールを破壊するのもあり。
    • 運が大きく絡むので最悪の場合、最後の1台までハズレということもある。出現地点は密集しているが全て進行方向がバラバラなので、残った原材料を載せていた1台が既に遠くまで行ってしまうこともある。地下基地のある方角へ向かって走行しているのであればともかく高速道路を走行中のミュールは遠くまで行ってしまうことが多いので、最優先で破壊したいところ。
      • 極秘貨物の似たようなパターンと違い、最後までマーカーが点滅していたターゲットが当たりとは限らないので注意。
    • 原材料を載せていたミュールを破壊してからしばらくすると、ダブスタまたはデーモンに乗った追手が出現する。すぐに原材料を回収しないと原材料のある場所に乗り物を停めてくるので、早いとこ回収して逃走しよう。
      • 余談だがこのダブスタは激レアな「2の仕様」である。奪ってクリアするか、奪った後ミッションをわざと失敗すればお持ち帰り可能。

  • レイルガン
    • 目的地はヒューメイン研究所かメリーウェザー本部のどちらかでメリーウェザーからレイルガンを盗む。
      • ヒューメイン研究所の進入経路は、強盗ミッションの「ヒューメイン研究所襲撃」(セキュリティパネル爆破ではなくハッキング)と同じ。敵のメリーウェザー兵は物陰に隠れてたり死角から攻撃してきたりする。
      • メリーウェザー本部の場合、オフィスにレイルガンが置いてあり、その手前のセキュリティパネル(2箇所のうちどちらか)をハッキングすることになる。建物内にはメリーウェザー兵が密集しているので迂闊に突っ込むとすぐに倒されてしまう。
    • レイルガンを回収すると自動的に装備され、ライフとボディアーマーが最大まで回復しライフの最大値が大幅に上昇する。また自爆した際も1発は耐えられる。弾薬数は無限だが、一度回収すると地下基地まで届けるか死亡するまでは他の武器を装備することはできない。死亡するとレールガンを失いミッション失敗となるので注意。
    • 原材料回収後、建物内にピストルを装備したメリーウェザー兵がさらに出現し、乗り物のアイコンがレーダーに表示されるのでそれに乗って逃走する。必ずその乗り物を使用する必要は無く、入口前に逃走用の航空機やオプレッサーを停めておけば追手を無視して逃げることも可能。
      • ヒューメイン研究所の場合は入口にティッパーが配置されている。(2人以上でミッションを開始した時のみエージェント14からメールでティッパーに乗って逃走するよう勧められる)
      • メリーウェザー本部の場合はヘリポートにバザード攻撃ヘリが配置されている。
    • 配置されている乗り物に近づくと追手が出現する。
    • レイルガンを所持した状態で一度死亡したらミッションに失敗する仕様を配慮してか、レイルガン回収後以降に出現するメリーウェザー兵は全員ピストルを装備しているほか、追手のバザード攻撃ヘリは搭載されているマシンガンでは攻撃してこない。(ガンナー2人がピストルで攻撃してくるだけ)しかし、インサージェント トラックの機銃席にはガンナーが乗っており、普通にマシンガンで攻撃してくる。マシンガンの威力は高く、レイルガンでは強力なインサージェントのガンナーだけを先に倒す事は不可能な点に注意。被弾しないよう遮蔽物にカバーを取りながら攻撃しよう。車体に3発命中させれば破壊できる。
  • ヒューメイン研究所・メリーウェザー本部ともに基本的に用のない場所のため、マップで確認されるとレールガン回収であることが簡単にバレてしまう。もたもたしていると入口で出待ちされ殺された挙句にミッション失敗になりかねないので注意。

  • 装甲車
    • 目的地はグレート・チャパレル、ザンクード川、エリシアン島のいずれかで、メリーウェザーの車列を襲撃し、原材料が載せられた乗り物を盗む。
    • 目的地に着いたら奇襲エリア(レーダーに表示されている黄色の円)へ向かい、敵の車列を待ち構える。
    • 車列は原材料が載せられたインサージェントが1~2台またはAPCが1台と、インサージェント トラックが2~3台(うち2台には機銃席にガンナーが乗っている)、上空にはワルキューレが1機という編成。
      • 機動作戦」のAPCのミッション「海底資産」を行うと原材料が載せられたインサージェントがAPCに変化する模様。
    • 原材料が載せられた乗り物が奇襲エリア内に入るとエージェント14から合図が送られるので、それに従って攻撃をすると車列は足を止め、ガンナー以外のメリーウェザー兵は乗り物から降りて攻撃してくる。
      原材料が載せられた乗り物が襲撃エリアへ入る前に攻撃することも可能だが、その場合は逆に全速力で逃走を開始してしまい、カーチェイスになる場合がある。
    • 耐爆性能のある乗り物だらけなので、爆発物や航空機のミサイルはあまり効果がない上、原材料ごと破壊しかねないのであまりおすすめしない。
      また奇襲エリアには遮蔽物に使えるブロックや材木が配置されているが、ワルキューレの砲撃にはほとんど役に立たない。
      安全策なら装甲車に乗って奇襲エリアで待ち伏せ、攻撃を仕掛けよう。
    • かつては敵の攻撃が緩く簡単に攻略できるパターンであったが、「強盗:ドゥームズ・デイ」アップデート以降はワルキューレが機関砲で、APCがキャノンで攻撃してくるようになったため難易度が大幅に上昇。何の対策もなく挑むとワルキューレの機関砲でリスキル地獄に持ち込まれる可能性もある。
    • インサージェントのガンナーはあまり積極的に撃ってこないので倒しやすいが、狙いは正確な上にダメージも高いので注意。
      ワルキューレは左右のミニガンはともかく機関砲は一発でも食らえばすぐ死ねるので最優先で始末しなければならない。上手く車列を止められたらホーミングランチャーや車内からのヘビーリボルバーなどで手早く撃ち落とそう。
    • 所有している機動作戦センターに砲塔を装着している場合、エージェント14からの合図の後に機動作戦センター内から砲撃を加えると、機動作戦センター内にいる限り降りてきた敵が棒立ちのまま何もしてこなくなるので、そのまま砲撃で護衛のインサージェントトラックを乗員もろとも破壊し(砲撃3発で破壊可能)、機動作戦センター内から出た後、回収する乗り物に乗っている敵を始末すれば楽に回収できる。尚この方法は同じく砲塔を搭載したアベンジャーでも行える。
    • 原材料回収後はコンテンダーが2台出現する。しかし回収する乗り物が装甲車なのでピストルのドライブバイはほとんど通らず、ラムアタックを仕掛けられてもむしろ追手が弾き飛ばされるので、構わずにアクセル全開で逃走しよう。
    • ちなみにこのミッション中は車両に耐爆性能が付加されるため、本来耐爆性が皆無な装甲クルマでも多少は耐えることができる。

  • ブリート
    • エージェント14にとって不都合な敵対機関を排除して、それと引き換えに原材料がある場所を聞き出してから回収する。目的地はバインウッド水力発電所、ランチョ水力発電所、ロスサントス空港デポのいずれか。
    • 敵対機関はカンペ(韓国のギャング)で、中にはインサージェント トラックの機銃席から周囲を見張っている敵もいる。
      また、ランチョ水力発電所の場合、施設の屋上からスナイパーライフルで狙撃してくる敵やピストルやカービンライフル装備の敵の中に紛れてポンプ式ショットガンを装備した敵も2人ずついるので注意。
    • 現場にいる敵や物資、乗り物を破壊していくことで画面右下のゲージが減っていく。敵対機関のゲージがある程度減ると増援としてバザード攻撃ヘリが2機出現し、機体に搭載されているマシンガンで攻撃してくる(乗員もピストルで攻撃してくる)。
    • 物資の箱の近くにあるメリーウェザーの箱を壊すと粘着爆弾が出現するので活用しよう。もちろんバザード等の航空機で空爆もあり。
    • 敵対機関を完全に排除すると原材料のアイコンがレーダーに表示されるので向かい、原材料が載せられたブリートを回収する。
    • 原材料回収後、追手のクルマが出現する。スポーツカーなので直線だと少し引き離した程度ではまたすぐに追いつかれてしまう。
      このパターンでの追っ手は他のパターンに比べ無茶を仕掛けてくる傾向があり、特に注意したいのはラムアタックで、前方から現れたときに喰らえばNPC補正により簡単にストップさせられ、強烈なドライブバイがお見舞いされることになる。ただし、スピードの出し過ぎでコーナーを曲がり切れずに事故を起こす事も多々ある。
      • このパターンで出現するクルマは耐久力がかなり低く、APピストルでも1マガジン撃ち込むだけで爆発するほど脆い。そのため、無理に乗っている敵を狙わず車体を撃つ手もある。
        またブリートはリアウィンドウがパネルで塞がれているので、前方からのラムアタックやパニックを起こして車線をはみ出して来た一般車にさえ気を付ければ真後ろにつけられても焦ることは無い。
      • 原材料はどのパターンでも個人航空機やペガサス便の配達ポイントに近い位置に出現するため、追撃が面倒ならカーゴボブで空輸してしまうのも手。ただし重量があるからか慎重に吊り上げ空輸しないと切り離されてしまい、追手の猛攻撃で再度吊るどころではなくなってしまう。

  • ライノ戦車
    • 目的地はフォート・ザンクード、トレーニング場(パレト・ベイ)、エル・ブロ・ハイツのいずれかでからライノ戦車を盗む。
    • 目的地がフォート・ザンクードの場合、エージェント14が手を回してくれており、東西のゲートを開きっぱなしになる他、制限空域に侵入しても手配度が発生しなくなる。
    • ライノ戦車の周囲には大量の兵士がいる。近づくか攻撃を仕掛けると手配度星4つが発生し、ライノ戦車を地下基地付近に運ぶまでは継続される。(地下基地付近にまで運ぶとすぐに手配度は消える)
    • ライノ戦車の近くにカーゴボブが2機配置されおり、ライノ戦車を回収するとレーダーにアイコンが表示されるのでカーゴボブでライノ戦車を空輸することができる。このカーゴボブは耐久性能が上がっている他、フックを吊るすワイヤーが通常よりも長くなっており、機首を前に傾けても高度が下がりにくい。
    • 追手はサベージが出現する。搭載されたミサイルとキャノンは使用してこないが、軍用マシンガンで攻撃してくるので被弾しすぎるとカーゴボブが煙を吹く可能性がある。煙を吹き出したら自走に切り替えるなど臨機応変に対応したい。
    • 高木や鉄塔のそばを通ると避けきれないことが多く、たまに墜落してくれる。
      吊り上げているライノ戦車を振り回してサベージにぶつけてしまうのもあり。うまくローターに当てれば墜落してくれる。
    • 地下基地が近ければ戦車に乗ったまま届けるのも手。
      ライノ戦車を直接運転して届ける場合、サベージが出現しない代わりにマイクロSMGを装備した兵士3人が乗車しているクルセイダーが出現する。クルセイダーの出現数には限りがあり、残りは警察のパトカーしか出現しないので、キャノンやキャタピラで踏み潰して蹴散らせばいい。但しあまり調子に乗り過ぎるとダメージが蓄積され誘爆してしまいかねないので気を付けよう。

  • テクニカル・カスタム
    • 目的地はレッドウッド・ライト・トラック、デル・ペロ・ビーチ、バッカニア・ウェイ(ターミナル)のいずれかでプロフェッショナルまたはロストMCからテクニカル・カスタムを盗む。
    • 回収するテクニカル・カスタムには重量シャーシアーマー、耐久グリルガード、7.62mmミニガンが装着されている。
    • 12人いる敵のうちカービンライフルを装備した敵が大半で、さらに最初からテクニカル・カスタムの荷台のミニガンで攻撃してくる敵もいるので注意。
    • テクニカル・カスタム回収後に出現する追手はフィージティブバザード攻撃ヘリのどちらか。MCプレジデントで開始した場合はデーモンフロガーのどちらかが出現する。
      • ヘリはガンナーが軍用マシンガンで攻撃してくる他、バザードの場合は搭載しているマシンガンも使用する。
    • テクニカル・カスタムには重量シャーシアーマーが装着されているがNPCの正確無比な銃撃の前には殆ど役に立たず、加えてドライブバイが不可能なため一方的に攻撃される。そのため地上の追手が出てくるとすぐに追いつかれ中身だけあっさりくり抜かれることも多い。アクションメニューを開きスナックを食べながら逃走するか、味方がいる場合は荷台のミニガンで攻撃するといいだろう。
      • 対空トレーラーを所有しているならテクニカル・カスタムに牽引させておくと砲塔が盾代わりになり被弾率を押さえる事が出来る。
    • 一方で追手の航空機からの攻撃は機銃もマシンガンも角度の都合で通りにくく脅威にならないので気にせず逃げよう。

  • ヨウガ・クラシック
    • 原材料が載せられたヨウガ・クラシックを盗む。ヨウガ・クラシックは錆びだらけでボロボロな見た目*1なので分かりやすい。
      • 原材料回収後に追手としてハントレーSに乗ったマドラッゾ・カルテルまたはデーモンに乗ったロストMCが出現する場合がある。
      • あるいは乗り物が警察の管理下にあり手配度星1つが発生する場合もある。こちらから手出しをしない限りは手配度星1つで固定。とは言えヨウガ・クラシックの性能では警察の追跡から逃れるのはわりと難しい。レーダーをよく確認して裏路地や未舗装などを通り警察の追跡を振り切ろう。
    • 最初からカーゴボブを持ちだして空輸してしまえば追手を気にすることなくお持ち帰りできる。このパターンではエージェント14の電話指示が他の回収ミッションに比べ具体性を欠く*2ものとなっており、それで判別可能(後述の隠しパターンである可能性はあるが)。

  • 重装備(2人以上のメンバーで開始した時のみ発生する)
    • 目的地はフォート・ザンクードロスサントス国際空港のどちらかから重装備を盗む。
      • フォート・ザンクードの場合、格納庫の2階にある木箱を破壊することで重装備を回収できる。しかし、格納庫内には大量の兵士がいる。格納庫に近づくことで手配度星4つが発生し、それに伴ってクルセイダーに乗った兵士が駆け付けてくる。囲まれる前に倒すか、遠方からヘビースナイパーで格納庫内の兵士を片っ端から狙撃していくか、クルマ(装甲)に乗り込んで安全に倒すのが望ましい。
        また、エージェント14が手を回してくれており、東西のゲートを開きっぱなしになり、航空機で制限空域に侵入しても手配度が発生しなくなる。
        重装備を回収すると積載車の付近に停められていたライノ戦車が重装備を回収したプレイヤーに向かって移動し始めるので、グレネードランチャーで爆破するか、車体後部の通気口にミニガンを撃ち込むことで素早く無力化させることができる。
      • ロスサントス国際空港の場合、黒の貨物機の後部ハッチ周辺と貨物室にいる大量の兵士を倒しながら貨物室へ向かう。こちらは手配度星3つが発生し、ポリス・クルーザーに乗った警察が出動するので、囲まれる前に後部ハッチ周辺の兵士を片付けて貨物室へ侵入しておきたいところ。
        貨物室にある木箱を破壊することで重装備を回収できる。重装備を回収するとクルセイダーが2台出現する。クルセイダーには兵士2人が乗車しており、マイクロSMGで攻撃してくる。
    • 重装備を回収したプレイヤーはライフが最大まで回復するが、武器はミニガンしか装備できない(弾薬数は無限)、乗り物に乗ることができないといった一部行動が制限される上、ライフの自動回復もしない、アクションメニューからスナックやドリンクを使ってライフを回復することも出来ない(但しアーマーの予備やCEOスキル等での要請品を使って間に合わせの耐久力回復は可能)為、敵に囲まれる状況だけは避けて素早く脱出する必要がある。
    • 重装備を回収すると積載車のアイコンがレーダーに表示されるので重装備を回収しなかった味方が積載車を回収しにいく。
      積載車を回収したら重装備を回収したプレイヤーを荷台に乗せてそのまま地下基地まで届ける。(特殊車両のウェイストランダーなどの荷台に乗っても振り落とされない車両を所有している場合は要請して荷台に乗せてあげるのもあり)
    • 追手はサベージが出現する。軍用マシンガンを装備したガンナーが攻撃してくるだけなので荷台からミニガンで返り討ちにしよう。
      重装備を地下基地付近に運ぶまでは手配度星4つまたは手配度星3つの状態が継続しているので積載車を運転するプレイヤーは警察の追跡に気を付け、荷台に乗ったプレイヤーが転落しないよう地下基地まで届けよう。
    • ロスサントス国際空港に出現する貨物機はミッション終了後も残ったままで破壊可能。しかし操縦は不可能。

  • ポリス・ライオット(2人以上のメンバーで開始した時のみ発生する)
    • おとりチームと回収チームに分かれてN.O.O.S.Eから原材料を盗む
    • 回収チームが向かう目的地(見晴らしのいい場所)はボーリングブローク刑務所、N.O.O.S.Eの施設、ベスプッチ警察署、デイビス保安局のいずれかとなる。
      • おとりチームは回収チームが安全に原材料を回収できるようにするため、まずは手配度星4つを発生させる必要がある。回収チームの目的地から少し離れた場所に白のルイナー2000が用意されているのでそれに乗って手配度星4つが発生するまで大暴れしよう。用意される白のルイナー2000は「ボスのジョブ:フルロード」で使用するルイナー2000と同じく強化されている。
        手配度星4つを発生させたら後は回収チームが原材料を地下基地に届けるまで警察とN.O.O.S.Eの注意をこちらに引き付けるだけ。一度でも手配度星4つを発生させれば、途中で倒されたとしても手配度はそのまま継続しているので、また手配度を発生させるところからやり直す必要はない。
      • 回収チームは目的地の見晴らしのいい場所へ行くと近くに原材料が載せられたポリス・ライオットFIBのSUV、ポリス・マベリックが停めてある。そこにN.O.O.S.Eの隊員も4人いる。
        そのまま待機し、おとりチームが手配度星4つを発生させるとN.O.O.S.Eの隊員がポリス・マベリックに乗って出動するので、その場から去るのを確認したら原材料が載せられたポリス・ライオットを回収して地下基地に届ける。
    • 注意点として、おとりチームは手配度が発生している状態で回収チームの目的地や原材料を回収した回収チームにへ近づかないこと。近づきすぎると作戦失敗となり、回収チームにも手配度星4つが発生してしまう。そうなると警察とN.O.O.S.Eに追われながら原材料を地下基地まで届けなければならなくなる。原材料を地下基地付近にまで運ぶと手配度星1つにまで減少し、警察の追跡を振り切る必要がある。
      なのでおとりチームは回収チームが離れた場所でかつ原材料を回収した回収チームが通るであろうルートで警察を引き付けるのは避けよう。
    • 当然だが、N.O.O.S.Eが出動する前に回収チームが原材料に近づいても作戦失敗となり、警察とN.O.O.S.Eから追跡されることになる。
    • エージェント14が用意したルイナー2000は改造されており、ペイント以外にもヘッドライト、ホイール、タイヤスモーク、パラシュートなどが改造されている。ナンバープレートの文字は「Agent 14」を省略して「A14」となっている。

+クリックで表示 ネタバレ注意!
  • 墜落現場
    • 銃器密造ビジネスのイースターエッグ的なパターンにして、極秘貨物ビジネスにおけるセキュリサーブのセキュリサーブ像の様なやり込み要素的なもの。このパターンを発生させるには以下の条件2つを満たさねばならない上に、満たしていても必ず発生するとは限らないので注意。
      • 原材料調達成功回数600回以上。
      • ゲーム内時間で21:00~23:00の間に調達ミッションを開始する。
      • 条件を満たし、尚且つ調達ミッションを開始してこのパターンが確定した場合は、天候が必ず雷雨を伴う大荒れの空模様になる。
    • ミッション開始時のエージェント14からの電話は原材料が積まれたヨウガ・クラシックを回収するパターンと同じだが、目的地へ到着するとそこには墜落したばかりと思われる巨大なUFOの残骸、そして煙を上げて走行不能になったライノ戦車バラックスFIBのSUVと周辺一帯には科学者兵士FIB捜査官らの死体が多数転がる異様な光景が広がっている。
    • 目的のブツは墜落したUFOの近くにある謎の蛍光色に発光するスライム状の物体。回収した瞬間金色の光りと共にエイリアンらしき生物がこちらを囲む様に多数出現するが、戦う事は無く不気味な笑い声と共に再び光りになって消えてしまう。
    • 回収後は地下基地にまで届けるだけ。別にエイリアンからの追手とかは無いので安心していい。なお調達ミッション完了後はいつもの様にエージェント14からの電話では無く、メッセージで今回の件に関しては硬く口を閉ざす様にと脅迫じみた忠告を受ける。また、この調達ミッションを完了させると原材料のゲージがどれだけ減ってようと最大まで増加する。流石はエイリアンの遺物と言った所だろうか…?


研究


研究にスタッフを配属することで研究が進行し、様々なプロジェクトが解除されていく。
解除可能なプロジェクトは全部で51あり、戦闘用車両に装着できるパーツや武器にMk2武器のアタッチメントなど様々。開発されるプロジェクトの順番はランダムで自動で選択される。

追加資金を支払わず原材料を時間経過で消費させてプロジェクトの完了させる場合、地下基地のアップグレードの有無とスタッフの配属先で研究の進行速度は変化する。
研究で1つのプロジェクトを完成させるために必要となる原材料は1.5ゲージ程度。
追加資金を支払って研究を即完了させる場合、研究のゲージが少しでも増えたら追加資金(~$225,000)を支払ってプロジェクトを完了させる。未解除のプロジェクトが多ければ多いほど出費が莫大になる。
配属 未アップグレード 片方アップグレード 両方アップグレード
研究 5時間 4時間15分 3時間30分
両方 10時間 8時間30分 7時間

  • 製造と同じく研究もコンタクトミッション強盗ミッションなどのフリーモードから退出するジョブをプレイ中でも原材料さえあれば研究は進行する。
  • 放置してプロジェクトの完了を待つ場合、アパートなどにあるTVを見る、地下基地や製造拠点などに設置されているの監視カメラの映像を見る(防犯設備アップグレードの購入が必要)、スティックを固定するなどして無操作によるセッションから除外されるのを回避すれば放置中でも研究は進行される。放置している間に地下基地のスタッフの費用と公共料金を引かれないようにするためボス、CEO、MCプレジデントの登録をしたまま放置しないようにしよう。
  • 全てのプロジェクトが完了すると研究に配属されていたスタッフは自動的に製造へ配属される。

研究内容

カテゴリー 研究内容
重装備サービス 重装備
戦闘用車両カスタム 「ハーフトラック」用クアド20mmオートキャノン
戦闘用車両カスタム 「戦闘用タンパ」用デュアルリモートミニガン
戦闘用車両カスタム 「戦闘用タンパ」用後部発射迫撃砲
戦闘用車両カスタム 「戦闘用タンパ」用重量シャーシアーマー
戦闘用車両カスタム 「デューンFAV」用40mmグレネード・ランチャー
戦闘用車両カスタム 「インサージェント トラック・カスタム」用50口径ミニガン
戦闘用車両カスタム 「インサージェント トラック・カスタム」用重量アーマープレート
戦闘用車両カスタム 「テクニカル・カスタム」用7.62mmミニガン
戦闘用車両カスタム 「テクニカル・カスタム」用ラムバー
戦闘用車両カスタム 「テクニカル・カスタム」用ブルートバー
戦闘用車両カスタム 「テクニカル・カスタム」用重量シャーシアーマー
戦闘用車両カスタム 「オプレッサー」用ミサイル
戦闘用車両カスタム 「対空トレーラー」用デュアル20mmフラック
戦闘用車両カスタム 「対空トレーラー」用ホーミングミサイル砲台
戦闘用車両カスタム 「機動作戦センター」用後部砲塔
戦闘用車両カスタム 近接地雷
ペイント フラクタルペイントセット
ペイント デジタルペイントセット
ペイント ジオメトリックペイントセット
ペイント 自然保護区ペイント
ペイント 海戦戦術ペイント
特殊弾薬 火炎弾
特殊弾薬 ホロ―ポイント弾
特殊弾薬 徹甲弾
特殊弾薬 完全被甲弾
特殊弾薬 さく裂弾
Mk2武器アタッチメント ピストル Mk2用スコープ
Mk2武器アタッチメント SMG Mk2用ホロサイト
Mk2武器アタッチメント SMG Mk2用ヘビーバレル
Mk2武器アタッチメント ヘビースナイパー Mk2用ナイトビジョンスコープ
Mk2武器アタッチメント ヘビースナイパー Mk2用サーマルスコープ
Mk2武器アタッチメント ヘビースナイパー Mk2用ヘビーバレル
Mk2武器アタッチメント 軍用マシンガン Mk2用ホロサイト
Mk2武器アタッチメント 軍用マシンガン Mk2用ヘビーバレル
Mk2武器アタッチメント アサルトライフル Mk2用ホロサイト
Mk2武器アタッチメント アサルトライフル Mk2用ヘビーバレル
Mk2武器アタッチメント カービンライフル Mk2用ホロサイト
Mk2武器アタッチメント カービンライフル Mk2用ヘビーバレル
Mk2武器ペイント Mk2用ブラッシュ迷彩ペイント
Mk2武器ペイント Mk2用スカルペイント
Mk2武器ペイント Mk2用「Sessanta Nove」ペイント
Mk2武器ペイント Mk2用「Pereseus」ペイント
Mk2武器ペイント Mk2用ヒョウ柄ペイント
Mk2武器ペイント Mk2用ゼブラ柄ペイント
Mk2武器ペイント Mk2用ジオメトリックペイント
Mk2武器ペイント Mk2用ドーン!ペイント

重装備

+... 研究で開発できるプロジェクトの1つでプロジェクトが完了するとウォーストック・キャッシュ&キャリーから購入可能になる。
アクションメニューを開き所持品→重装備サービス→重装備を要請する($5,000)ことで、ボディアーマーと付属のミニ
ガン(弾薬数は無限)が入った箱が近くに投下され、回収すると自動で装備される。
敵対モード:ジャガーノートや敵対モード:パワーマッドで使用するジャガーノートスーツと同じものだが、頭部は黒の防弾ヘルメット+スカルタクティカルスキー(マスク)という組み合わせの服装になる。



重装備の性能は
  • 圧倒的なタフネスぶりを誇る。敵対モード:ジャガーノートどころかストーリーミッションの強盗:バレトでマイケルやトレバーらが使用するあのジャガーノートスーツに匹敵する程。
  • 爆発物を受けても吹き飛ぶどころか怯みもしない。所謂スーパーアーマー状態。
  • ヘッドショットの即死判定も無効。
  • ミニガンの弾薬数が無限のお陰で凄まじい継戦・迎撃能力を誇る。

この様に重装備を着用したプレイヤーに生身で立ち向かうのは自殺行為と断言出来るが、決して弱点が無い訳ではない。
  • タフネスぶりと引き換えに、移動速度は強盗ミッション中のユーティリティベスト着用時より更に遅くなるという鈍重っぷり(以前はジャンプやダッシュ、更にはよじ登りも出来ない程だったが、「強盗;ドゥームズ・デイ」で改善された)。
  • 爆発物で吹き飛びはしないもののダメージは受けるので、戦闘機のキャノンなど爆発力と連射力を兼ね備えた武器に対しては鈍重さも相まって短時間しか耐えられない。
  • 重装備着用中は乗り物に乗車することができない。自分で運転するだけでなく助手席やトラック、バンの荷台にも乗れないが、段差を利用して他のプレイヤーが運転するガーディアンウェイストランダーなどの荷台に乗り即席テクニカルにすることは可能。
  • 武器はミニガンしか装備できないので文字通り「爆発力」が無い。故にクルマ(装甲)などの防弾能力を持つ乗り物相手には不利。
  • 流石に車両からのラムアタックを受けると跳ね飛ばされ、また爆発には怯まないのに接近を許して素手や近接武器による攻撃を受けると怯むので最悪の場合そのままじわじわとハメ殺される。
  • ライフの自動回復はしない上、アクションメニューからスナックやドリンクを使ってライフを回復することも出来ない。但しアーマーの予備やCEOスキル等で要請したアーマーを使ってその場凌ぎの耐久力回復は可能(これも「強盗:ドゥームズ・デイ」アップデート以前は不可能だった)。
  • 重装備を要請するとセッション内の他のプレイヤーにも通知され、重装備着用中はアイコンがドクロマーク(賞金首のアイコンとは違い、ストーリーモードのトレバーで開始できる妄想ミッションのアイコンと同じもの)が表示されるので非常に目立ち易くなる。またメリーウェザーの弾薬投下サービスと同じように、先に他のプレイヤーに回収される危険性もある。
  • 重装備着用中は水深のある水辺に入る、もしくは落とされると泳ぐ事ができず、すぐに溺死する。
  • フリーモードのビジネス中では使用できない。ミッション開始時に強制的に脱がされる。つまり現状ではフリーモードでのPK(プレイヤーキル)、しかもかなり限定された場所でしか有効活用出来ない。そのため、趣向品の側面が強い。使いこなすならタフネスさにかまけて真っ向からのごり押しだとかえって不利な状況に陥るので出来るだけ被弾を抑えながら、車両が上がってこれない段差や高台、航空機からの爆撃を受けづらい閉所に陣取るなどの工夫を凝らす必要がある。
  • 逆に相対する場合は防弾仕様の車両を用意してラムアタックによる轢殺を狙う、幽霊モード等を使用しレーダーから消えて接近、近接武器で攻撃を仕掛ければ怯む上にアーマーを無視してライフに直接ダメージを与えられる。間違っても生身での真っ向勝負は徹底して避ける事。同じ様に重装備を要請して撃ち合いもありだが、その場合は相手より的確に弾丸を撃ち込むエイム力の高さが必要になってくる。


武器売却


スタッフを製造に配属することで自動的に武器の製造を行い、在庫を増やすことができる。
在庫は時間経過で最大で100箱分まで製造され、任意のタイミングで売却可能。在庫を売却することで利益を得られる。
在庫が最大になると製造がストップする(もちろん原材料は減らない)。

  • 設備アップブレードとスタッフアップグレードの有無で、進行速度と在庫価格は上下する。
※現在片方アップグレードでスタッフのみだと表の通りにならなかったとの情報があります。細かな点がわかり次第編集、又は議論板への情報提供をお願いします。
※()はスタッフを製造と研究の両方に配属させている場合
個数 未アップグレード 片方アップグレード 両方アップグレード
1箱 $5,000
10分 / (20分)
$6,000
8分30秒 / (17分)
$7,000
7分 / (14分)
100箱 $500,000
16時間40分 / (33時間20分)
$600,000
14時間10分 / (28時間20分)
$700,000
11時間40分 / (23時間20分)

  • 原材料1ゲージ当たりから製造される在庫と価格(青字は所要時間)。
割当 未アップグレード 片方アップグレード 両方アップグレード
製造 10箱($50,000)
3時間20分
15箱($90,000)
2時間50分
20箱($140,000)
2時間20分
両方 5箱($25,000)
3時間20分
7箱($42,000)
2時間50分
10箱($70,000)
2時間20分

ブレイン郡で売却するか、ロスサントスで売却するか選択できる。地下基地から遠いロスサントスを選択した場合は売却額が1.5倍になる。
途中で配達用の乗り物が破壊にされると製品も破壊されその分の利益を失うことになるのでライバルプレイヤーにも気をつけたい。ただし、それまでに配達した分の利益は得ることができる。
売却ミッション中にセッションから退出などしてミッションを放棄するとペナルティとして在庫が何箱か没収される(金額としては$14,000)。ただしペナルティは軽いので危険を感じたら早めに離脱すると良い。物品全損よりは遥かにマシ。
個数 未アップグレード 片方アップグレード 両方アップグレード
ブレイン郡 ロスサントス ブレイン郡 ロスサントス ブレイン郡 ロスサントス
100箱 $500,000 $750,000 $600,000 $900,000 $700,000 $1,050,000

ライバルプレイヤーのいるセッションで売却ミッションを完了させることにより、「高需要ボーナス」を得ることができる。
(ロスサントスを選択した際に加算される1.5倍も含む)売却額の1%×売却ミッションを完了した時点でのライバルプレイヤーの人数
売却額が高額なほど、セッション内にライバルプレイヤーが多いほど得られる利益が増えることになる。当然ライバルプレイヤーによって妨害されるリスクも増える。
なお、高需要ボーナスによる利益は、ディスラプション・ロジスティクスのウェブサイトに表示される合計収益には計上されない。

売却する在庫の量に応じて用意される配達用の乗り物の数が変化する。
  • 売却する在庫が25箱($175,000)を超えるとほとんどのパターンで配達用の乗り物が2台用意されるようになり、さらに大量の在庫を売却するとなると3台、4台と用意される配達用の乗り物が増える。
  • 地下基地の場所や配達する地域、売却する在庫の量、売却ミッションのパターンなどにも影響されるが、ボディーガード、スタッフ及びMCメンバーが不足していると 時間内に全ての製品を配達しきれない場合があるので、大量に在庫を貯めた場合はメンバーを加入させてから売却ミッションを開始することで制限時間内に全ての製品を配達できる可能性も上がる。

攻略

一部のパターンではボスまたはCEOで開始した時とMCプレジデントで開始したと時とで、出現するされる敵や乗り物、その敵が装備している武器、追手の乗り物が変化する。
以下、MCプレジデントでミッションを開始した時のみに発生する内容については太字で表記する。
+売却ミッションのパターン一覧
  • トレーラー(1~2台、制限時間15分)★オススメ
    • 情報が警察に漏れており、その対策としてファントムウェッジが用意され、それで武器貨物が載せられたトレーラーを牽引して受けた受け渡し地点まで届ける。ファントムウェッジは一般販売用モデルと比べると耐久性能は向上してるが、「[[特殊車両ジョブ]];資産回収」や「ボスのジョブ;突進」で使用する強化仕様ほどでは無いので、調子に乗って対向車線を走り対向車を跳ね飛ばしまくってるとすぐに煙を吹き始める。アリーナウォーズアップデートより、ファントムウェッジの耐久性能が向上し、車両に衝突しても耐久値が減らなくなったので(オブジェクトや建物や地面などに衝突した場合は多少だが減る)、車両を跳ね飛ばしまくってもそれが直接の原因となって煙を吹き出すことはなくなった。
    • トレーラーを回収してからしばらくすると手配度星3つが発生し、受け渡し地点付近に運ぶまでは継続される。ファントムウェッジの耐久性能が向上しているとはいえ、吹き飛ばした車両がコンテナに引っかかって思いもよらない挙動を引き起こしたりすることもあるのでロードブロックや前方を走行しているカーを押し退ける程度に留め、避けられる一般車両は素直に避けたほうが無難だろう。また、跳ね飛ばした車両のボディが地面などに衝突して大きな衝突ダメージを受けていきなり爆発することもあるので、跳ね飛ばした車の動きをよく見て爆風をくらわないように注意しよう。
      あるいは機動作戦センターを要請しファントム・カスタムまたはホーラー・カスタムで牽引するのも手。特にファントム・カスタムなら出力系のチューニングをしっかり行っていれば速度で上回るが、突破力に関しては劣るので同じ大型トレーラーなど大型車両への追突には要注意。
    • トレーラーが横転などをして牽引不可能な状態になってしまっても自動で適切な場所へ移動されるので安心しよう。ただし、水没・大破した場合は適切な場所へ移動されることはないので注意。
    • 用意されるトレーラーが最大2台までなのがこのパターンの最大の利点。他プレイヤーの妨害が入ったり運転に手間取らなければ1人でも時間内に2台配達できる。
      • また、トレーラーが2台用意された場合、1台を受け渡し地点にまで届けると手配度星1つにまで減少する。パトカーも減り検問もなくなるので2台目を運ぶ時は楽になる。

  • デューンFAV(1~4台、制限時間15分)
    • 武器貨物が載せられたデューンFAVで複数の受け渡し地点へ届ける。デューンFAVには中量アーマープレート、近接地雷、ミニガンが装着されている。
    • 受け渡し地点は5カ所(最後の受け渡し地点は4カ所配達してからレーダーに表示される)で、売却する地域ごとに複数のパターンがある。
    • この配達地点は広範囲(ロスサントス市内売却の場合、パルミノ高原の端の端がチョイスされる事も)に渡り、いずれも入り組んだ場所に設定されている。高速道路近くに設定されているが実際は大回りしないとたどり着けなかったり、工場の中の非常に狭いポイントが配達地点であることも。デューンFAVはスピードはそこそこ速いものの走破性が悪く、ちょっとの運転ミスで横転したり最悪スタックして動けなくなってしまう。
    • 武器貨物を1カ所受け渡し地点に配達すると、追手としてトライアドダブスタに乗って出現するか、MCプレジデントで開始した場合はロストMCデーモンに乗って出現する。
      • このNPCはドライブバイの精度が極めて高いだけでなく、積極的にラムアタックを仕掛けてくる。操縦者が保護されていないデューンFAVでは乗車したままの対処は極めて難しく、攻撃を避けようと焦って事故を起こすと集中攻撃で一気に殺されてしまう。
      • 配達用の乗り物に装備されている近接地雷を仕掛けて追手を撒く方法もあるが、配達ポイントによるが1本道を逆走しないといけない事も多くどのパターンでも使える手ではない。無論むやみにばら撒いてると、自分で仕掛けた近接地雷に引っ掛かって死亡してタイムロスになることもあるので注意。また、複数人でプレイしてる場合、地雷は後続のプレーヤーにまで反応するので、先頭を走るプレーヤーが撒くのは避けよう。FAVは対爆性能はあるが、ドライバーは剥き身(衝突判定に覆われていないところが広い)なので地雷を踏むと車両が無事でも死んでしまう。
      • 追手の出現数は決まっているため、降りて殲滅してしまうのも手。時間はかかるが結果的にタイム短縮につながる事もありうるだろう。
    • 後述のマーシャルトラックのパターン同様、GPSルートが表示されないためポーズメニュー開いてマップでどこに受け渡し地点があるか確認し、行き先マーカーも設定しておこう。また、MCプレジデントは行き先マーカーを設定するとMCメンバー全員にも自動で行き先マーカーが設定されるのでうまく活用しよう。受け渡し地点までのGPSルートが表示されないのは、クロスカントリーで受け渡し地点まで向かうよう意図的に仕向けているからだと思われる。(他にも特殊車両ジョブ;ロードサービスでウェイストランダーを目的地にまで届ける際もGPSルートは表示されない) ちなみに5か所目だけはGPSルートが表示されるようになっている。
      • この点から、このパターンはどちらかというとブレイン郡で売却するのを前提としたパターンといえる。
    • 最後の配達を終えた後も、制限時間内にエリアを離れないといけないが、実は最後の配達を終えた後時間切れになってもミッション成功となり報酬も問題なく入る。
    • これらの点から、バイカートレードで言う所のボックスヴィルに相当するハズレ枠と言える。殆どの場合ソロなら1台運ぶのが目一杯なので2台以上ある場合は放棄して仕切り直す方が良い。また、北西部に基地を持っている場合1台ですら配達できないパターンを引くこともあるので、その場合も仕切り直した方が早い。
    • 制限時間は15分しかない上、移動距離も長いため、余計なことをしてるとすぐに時間が無くなってしまう。ショートカットを図った結果スタックしてタイムロスにならないようにしたい。

  • インサージェント トラック・カスタム(1~3台、制限時間15分)★オススメ
    • 武器貨物が載せられたインサージェント トラック・カスタムを受け渡し地点へ届ける。ペイントはマットのブラックのアーバンジオメトリック。
    • 通称『仕事モード』と呼ばれ、エージェントの『今日は仕事モードで行くぞ』というセリフが出ればこのパターンが確定する。
  • こちらは受け渡し地点は乗り物ごとにバラバラだが、配達用の乗り物をそこへ届けるだけで配達完了となる。
    • 何のトラブルもなく受け渡し地点まで届けれる場合もあるが、追手としてマドラッゾ・カルテルハントレーSに乗って出現するか、MCプレジデントで開始した場合はロストMCデーモンに乗って出現する場合もある。
      • あるいは警察に目をつけられて手配度星1つが発生する場合もある。
      • 重量アーマーが装備されているため、砲手がいない場合はドライブバイが不可能なので、ラムアタックに注意してさっさと逃げ切った方がいい。
    • 他のパターンに比べると非常に簡単。地下基地の場所と売却する地域にもよるが1人でも制限時間内に3台配達することは可能である。

  • メリーウェザー襲撃(1~3台、制限時間30分)
    • 武器貨物が載せられたインサージェント トラック・カスタムで複数の受け渡し地点へ届ける。インサージェント トラック・カスタムには中量アーマープレート、マシンガンが装着されている。こちらのペイントはスプレー迷彩(緑と茶とボディカラーの迷彩)で、車両自体のカラーはマットのブラック。
    • 各受け渡し地点には信号ジャマーが配置されており、レーダーに表示されているエリア内にいる間はライバルプレイヤーのレーダーに表示されなくなる。メリーウェザーとの戦闘中はエリア内に配達用の乗り物を停めておくといい。
    • メリーウェザー兵を全滅させるか、途中で配達用の乗り物に乗って1度でもエリアから出ると信号ジャマーは無効になり、広域シグナルが発信される。
    • メリーウェザーに情報が漏れており、受け渡し地点に配達するたびにメリーウェザー兵が出現し大勢で襲撃してくる。全滅させないと次の受け渡し地点へ配達することができない。
    • メリーウェザー兵はメサエンデューロ、2カ所目の受け渡し地点からはインサージェント トラック、3カ所目からはバザード攻撃ヘリに乗って出現する。徐々に襲撃は激しくなっていき、最終的にはインサージェントトラックやバザード攻撃ヘリが複数出現するようになる。
    • インサージェント トラック・カスタムに搭載されているマシンガンを活用して敵を迎え撃つか所有している戦闘用車両などを要請して応戦するのもあり。また、最後の受け渡し地点では配達用の乗り物に乗ることができないので注意(機銃席のマシンガンは使用できる)。
      • ラスト箇所に配達して全滅させたら周辺エリアから離れるまで売却は完了しないため、5か所目はマーカーを踏む前に殲滅と配達後の移動用に戦車や装甲車を呼ぶなどしておくとよい。
      • 「ダイヤモンドカジノ&リゾート」アップデートで、ミッション中は歩かずに機銃のある席に入れるところにいないとドライバー不在の状態では長押ししても運転席に向かうようになったせいで、ソロでインサージェントの機銃を使う場合は必ず歩かずに銃座につけるところまで移動してから乗車ボタンを押さないと銃座につけなくなったので注意。ただし、組織のメンバーはミッションをしていないときと同様に、誰も乗っていないインサージェントでもどこにいても長押しで銃座につける。
    • NPCの射撃精度はヘリも含め甘く、完全防弾ではないはずのインサージェントトラック・カスタムからドライブバイで攻撃していてもまず死ぬことはない。時間はかかるが4か所目まではドライブバイのみで安全に殲滅できる。
  • マドラッゾ邸やランチョタワーなど近くにギャングが出現している場所が受け渡し地点の場合、発砲等をすると周囲のギャングが一斉に敵対化し攻撃してくる上、メリーウェザーとは一切敵対することなく一方的にプレイヤーを攻撃してくるので注意。先にギャングをわざと敵対させて一旦離れてからまた戻るとギャングが一時的に消え、メリーウェザーと同時に相手にせずに済むので活用しよう。
    • ギャングは通常敵対時と同様、プレイヤーを車両から引きずり降ろそうとしてくる。ドライブバイで戦闘している場合は注意。もし3箇所目以降で倒されたらヘリの機銃による無慈悲なリスキルが行われる。
  • このパターンの敵NPCは、襲撃に来る途中で結構な確率で離れた場所で動かなくなるのが居る。ただ、動いてない様に見えて、一般車などと事故ってるだけで、なおかつ、後退すればいいものを前進し続けて無理やり進もうとしてるAI特有のお察しな行動が故にモタついてるだけな事が多い。(本当に地形にハマッてる事もあるが)
    • また、敵NPCは最初は必ず配達ポイントに向かう様になっている為(一旦目的地につけばその後はプレイヤーに向かってくる)、プレーヤーが近づいて行っても動ける様になった途端に、プレーヤーを無視して何が何でもそちらへ移動しようとする。
      • その為、少し動かないからと、しびれを切らして下手にこちらから向かうと、今度は逃げられる様な状況になってしまい、無駄に付近を一周してくる羽目になる。動いてない敵が居ても少し様子を見て、その場で待っていた方が良い事が多い。
ただし、攻撃ヘリやオプレッサーmk2のような機動力が高い乗り物にすぐに乗れる状況なら破壊しに向かう方が圧倒的に速い場合がほとんど。

  • マーシャル(1~3台、制限時間15分)
    • 受け渡し地点はパロミノ高地やタグヴィアム山地などの丘陵・山岳地帯などで武器貨物が載せられたマーシャルで複数の受け渡し地点へ届ける。
    • デューンFAVのパターン同様、クロスカントリー前提故かGPSルートが表示されない。ポーズメニューを開いてマップでどこに受け渡し地点があるか確認し、行き先マーカーも設定しておこう。
    • マーシャルは図体のデカさと有り余るパワー、飛び跳ねやすい性能が相まって操作性が悪い。急斜面を登る時はアクセルを調整しながら必要に応じてサイドブレーキを使用する。特に斜面を走行中は常にアクセル全開にして走行するのは避けよう。
    • 岩だらけの険しい場所へ行こうとすると僅かな操作ミスであっという間に転がり落ちてしまうこともある。ショートカットを図って転落するようでは本末転倒なので慎重に進もう。
    • 幸いデューンFAVと違い、どのパターンでも1つの山岳・丘陵地に5か所の配達目標が集中しているため、1か所に辿り着きさえすれば1台なら時間に余裕を持って配達できるだろう。
    • 武器貨物を1カ所受け渡し地点に配達すると、プロの追手が2人乗ったバザード攻撃ヘリが出現し、後部のガンナーが軍用マシンガンで攻撃してくる。ヘリの高度やこちらの位置によっては高威力のマシンガンをまともに受けることになり厄介なので、敵が出現したら配達用の乗り物から降りて、バザードのガンナーを始末するといい。バザードの操縦士は搭載されたミサイルやマシンガンは使用しないのでガンナーさえ始末してしまえば完全に無力化する上、バザード自体を撃ち落とさなければ次の追手が出現することもないのでかなり楽になる(ただし地形との衝突等でバザードが煙をふいて、エンジンの耐久値が時間経過で減った結果動かなくなってどこかに着陸すると2人ともヘリから降り、パイロットはマイクロSMGで、後部のガンナーは軍用マガジンで襲ってくる)。
    • またバザードは出現し追跡を開始した際、プレイヤーとの高度差の関係によっては上昇しきれずそのまま猛スピードで山肌に突っ込み煙を吹くか、最悪の場合爆散してしまう。特に後者の場合は運が悪いと飛んできたヘリの残骸に当たって、姿勢を崩して転げ落ちてしまう可能性があるので注意。
    • 一応後方からの銃撃は荷物があるためあまり通らない。残り1~2か所なら体力に気を付けつつ走り抜けるという手もある。ただし、マーシャルの屋根で銃撃を防げる場面も多いので、3か所以上残っててもヘリとの位置に注意して横付けされないように全力で走り抜けるのもあり。
    • 武器貨物を最後の受け渡し地点へ配達すると、ムービー後にサンチェスに乗った状態で出現する。ミッション用のスクリプトで生成されたものなので、ガレージには保存できない。
    • デューンFAVよりはマシだが、ソロで2台以上の配達は時間がかなり厳しい。

  • インサージェント(2~3台、制限時間15分、2人以上のメンバーで開始した時のみ発生する)★オススメ
    • 画面右下に信号ジャマーのゲージが表示され、そのゲージが空にならないよう車列を維持しながら武器貨物が載せられたインサージェントを受け渡し地点へ届ける必要がある。
    • 車列を維持することで広域シグナル発信までのタイマーが0になった後も発信されなくなるが、1台でも車列から離れると広域シグナルが発信される。再び車列を維持し直すことで信号ジャマーのゲージが回復し発信を防ぐことができるが、逆に車列を維持できていない状態が続くと追手のカンペクルマバザード攻撃ヘリのどちらかに乗って出現する。上手く車列を維持することができれば1度も広域シグナルが発信されずに受け渡し地点までに届けることができるとはいえ、インサージェントのアイコンが連なって走行しているのはマップやレーダーから見れば広域シグナルが発信されなくともやはり目立つので注意。
    • MCプレジデントとロードキャプテンが設定できるフォーメーションアシストのように自動でスピードが制限されたりはしないので周りと合わせる必要がある。
    • 車列を維持するのを無視し急いで受け渡し地点へ届けるのもあり。


アップグレード


各アップグレードを購入することで在庫価格の改善、製造と研究の所要時間の短縮、襲撃の発生確率の減少といった効果が期待でき銃器密造ビジネスの促進が図れる。
設備アップグレード スタッフアップグレード 防犯設備アップグレード
$1,155,000 $598,500 $351,000
  • 設備アップグレードを購入すると製造エリアと研究エリアの設備や内装が変化する。
  • スタッフアップグレードを購入すると配属されるスタッフが増員される。
  • 防犯設備アップグレードを購入すると入口と在庫エリアの内装が変化し、入口にはアサルトライフルを装備した見張りと在庫エリアにはポンプ式ショットガンを装備した見張りが配属されるほか、地下基地の各エリアに監視カメラが設置され、ノートパソコンが置いてあるデスクの横に監視カメラから地下基地の各エリアの映像が見れるようになる。
  • ただし、別の地下基地を購入するとアップグレードを購入し直す必要があるので注意しよう。

注意点として、アップグレードを行うと地下基地のスタッフの費用と公共料金がより高額になる(全てのアップグレードを行うと$9,400にまで跳ね上がる)。物件の公共料金、整備士やアシスタントの給料と重なるとかなりの額になってしまうので、できるだけスタッフの費用と公共料金を支払いたくない場合はゲーム内時間で1日(リアルタイムで48分)が経過する前にセッションを退出して回避するように心がけたい。
地下基地のノートパソコンから地下基地のステータスを「操業停止」にしておけばスタッフの費用と公共料金は引かれなくなる。ただし操業を停止すると銃器の在庫・研究の進行状況が全て破棄されるので在庫は売却し、研究は完了した状態で行おう。
バイカービジネスでも有効だがボス、CEO、MCプレジデントに登録してなければゲーム内時間で1日が経過しても再び登録しない限りは地下基地のスタッフの費用と公共料金が引かれない。(MCプレジデントの場合は製造拠点のスタッフの費用と公共料金も含む)未払いでも原材料さえあれば製造・研究はされるので放置して在庫を貯めたり研究を進行させたい場合は覚えておくといいだろう。


銃器密造ディフェンス


地下基地の在庫を一定以上貯めることで発生するミッション。何の前触れもなく突然エージェント14からの電話がきて盗まれた武器を取り返しに行くことになる。
おそらく在庫が50%(ゲージ半分)以上になると発生する(要検証)

  • ボス、CEO、MCプレジデントに登録している時に発生し、公開セッションだけでなく限定セッションでも発生する。対策としては外へ出る前にボス、CEO、MCプレジデントを解除し、外にいるときはなるべくボス、CEO、MCプレジデントの登録をしないようにするなどして発生するのを防ごう。
  • 防衛ミッションに失敗すると盗まれた武器は全て失うことになる。在庫を多く貯めていればいるほど失った時の損失が大きくなるので大量に在庫を貯めている場合は特に注意が必要。

攻略

+防衛ミッションのパターン一覧
  • ワルキューレ
    • 目的地はサンディ海岸飛行場、ポピュラー・ストリート(サイプレス・フラット)、レイバー・プレイス(エル・ブロ・ハイツ)のいずれかでメリーウェザーから武器が載せられたワルキューレMOD.0を取り戻す。
    • 目的地へ到着すると武器が載せられたワルキューレが停めてあり、その周囲にはメリーウェザー兵もいる。ステルスミッションなので気づかれないように全員倒してワルキューレを回収するのがベストだが、かなり密集しているので気づかれずに全員倒すのは難しい。ただ、途中で気づかれてしまってもそれまでに敵をある程度倒しておけば戦闘は楽になるのでステルス状態はできるだけ維持したいところ。
    • 目的地へ到着してから一定時間が経過するか、途中で敵に気づかれた場合、警戒態勢に入りメリーウェザー兵の1人がワルキューレに乗って逃げようとするので離陸される前に倒す。
      • ワルキューレが離陸してしまうと撃墜させるしか方法が無くなるので、逃げられる前にワルキューレを破壊し、パラシュートで落下する武器を回収する。
    • ワルキューレが破壊されると盗まれた武器の半分が破壊されてしまい、半分しか取り戻せなくなる。そのため、離陸前も爆発物などで攻撃するのはNG。
    • 航空機で目的地へ向かう場合、目的地の近くに着陸しようとすると音で気づかれてしまうこともあるので少し離れた場所で着陸させた方がいいだろう。
    • 武器が載せられたワルキューレか破壊したワルキューレの残骸から武器を回収したら地下基地まで持ち帰る。
    • 追手はバザード攻撃ヘリが1機ずつ出現する。調達や売却ミッションの時と同様機体に搭載されたマシンガンで攻撃してくるが、相手は1機なのでワルキューレでも基地までは持ちこたえられる。

  • パウンダー
    • 目的地はポピュラー・ストリート(ラ・メサ)、ブローグ・アベニュー(デイビス)、レイバー・プレイス(サイプレス・フラット)、エリシアン島のいずれかでプロフェッショナルから武器が載せられたパウンダーを取り返す。
    • 目的地へ到着すると武器が載せられたパウンダーが停めてあり、その周囲には敵が12人いる。パウンダーには防犯装置として爆弾が3個設置されており、敵に気づかれると爆弾のタイマーを起動させるため(制限時間5分)、制限時間内に爆弾を全て処理しないと奪われた武器もろともパウンダーが爆破されてしまいミッション失敗になる。
      • 当然だが、爆発物を使用したり航空機などで爆撃するのは厳禁。上記の武器が載せられたワルキューレとは違ってこちらは爆破されると全ての武器が破壊されてしまい、ミッション失敗となる。
    • 爆弾の処理はおなじみのハッキング(それぞれ文字合わせ、数字探し、ブロック合わせが一つずつ)で解除する。爆弾のハッキングを開始するたびに増援として敵が5人ずつ出現するので、一度手を付けたらすぐハッキングを中止し、出現した敵を倒してから再度ハッキングに取り掛かるといい。ハッキング中は無敵だが終了時に行動不可能になるので、無視すると終了時に射殺される可能性が高い。
    • 制限時間内に爆弾を全て処理することができたら、武器が載せられたパウンダーを回収し地下基地へ持ち帰る。
    • 追手はフュージティブが2台。マイクロSMGでドライブバイを仕掛けてくるが、背後からの攻撃は通らないので無視しても問題ない。怖いのは正面衝突のみ。