鉄道路線図



旅客鉄道の運営はロスサントストランジット(LST)。

クリックで拡大

貨物鉄道の運営はGo Loco Railroad。モデルはUnion Pacific Railroad

備考

  • 公式マップの赤い線が地下鉄。紫の線が地上の鉄道(クリックで別窓拡大)。

SuperNull氏による地上走行区間、地下走行区間、トンネル、待避線路、橋のマップ

  • 駅構内に地下鉄マップとバスのマップが掲載されている。

バスの路線図は無いが、都市部の地図に地名と各色のバス停マークが表示されている。
赤バスがA、緑バスがB、青バスがC、橙バスがDとなっている。
色によって地区が変わるのではなく、停まるバス停が変わる模様。

シリーズに登場する列車のほとんどは高架鉄道として登場していたが、今作では地上を走行する列車が主となり、更に種類も増え前作と比べ遊び要素の多い乗り物となった。
線路は道路を外れたすぐそば、または踏切などもあるため見つけやすく、逃走手段としても便利。
下記に詳細情報を記載。


メトロ



解説

ロスサントストランジット(LST)が運営する旅客鉄道。
デイビスからバートン、プエルトデルソルなどを経由し、ℓのような形を描きながらロスサントス国際空港に至る全線架線電化の路面電車(ライトレール)。

路線には地上区間と地下区間があり、それぞれモデルにしている鉄道が違うため、駅の設備などに差がある(後述)。
基本的にGTAの乗り物、特に列車は動作シミュレートが雑(後述)なため、カーブでも直線でも常時低速で走行する。
そのため路線を完全に1周するには実時間で約52分を要し、これはゲーム内での26時間に相当する。

プレイヤーは乗客として、24時間いつでも無料で利用することができるが、前述のとおり路線はかなりいびつな形をしているため、どこかとどこかを最短距離で結ぶのには向かない。
このためBAUSAQなどでは「誰も乗りたがらない」と揶揄されており、実際のところ移動手段として使っている、または乗ったことのあるプレイヤーはおそらく極めて稀で、ほとんどが警察に追われながら車ごとトンネルに逃げ込むといった間違った使い方をしているものと思われる。

路線の終点には、列車が運転台の向きを変えずに進行方向を入れ替えるためのループ線が用意されており、折り返し運転をすることはない。


車両

列車は先頭車両を背面合わせにした2両1編成で、各車両の側面にはそれぞれ2つのドアがある。
(しかし前述のとおり折り返し運転はしない上、すべての駅で左側のドアしか開かないため、片方の運転台と右側の扉は一切使うことがない。)
フロント窓下に前照灯と方向指示器、窓上に行き先表示とテールライトがついている。
(路線には分岐点がないため使うことはないが....)

乗務員は運転士一人のワンマン運転で、進行方向に障害物があると停車する。
目の前の障害物が低速で移動すると、それに合わせて車両も移動する(徒歩で移動した場合、向こうも徒歩の速度で走行する)。
運転手を銃で脅したり射殺したりすると暴走を始め、障害物があっても蹴散らして次の駅まで進行する。
駅で停車中の列車に乗り込み、車内から運転手を射殺した場合は通常どおり運行される。
このため、必要に応じて解除可能な自動運転システムのようなもので制御されていると思慮される。

貨物列車と同様に、ゲーム中に1編成しか同時に出現することはないため、すれ違いや衝突は起こらない。

オンラインでは常時扉が開いたままになるので、駅から自由に乗下車出来る。
ペヨーテで動物に変身している場合はドアが開かず乗り込む事ができない。
近くに他のプレイヤーが居てもそうなのかは不明。


破壊

軽量な電車のため、戦車などの体当たりで簡単に破壊できるはずなのだが、貨物列車と同様に何をしても脱線したり破壊されることはない。
しかし旧世代機版のある時点までは貨物列車と同様に破壊が可能で、動画共有サイトなどで当時の映像を見るこができる。
窓は銃撃を加えると割れる。


停車駅は全部で10駅。
駅の出入口に駅名が記されていなかったり、メトロのマークがない場合もある。
異なる2つの鉄道(ロサンゼルスの地下鉄とライトレール)をモデルにしているため、地上駅と地下駅の設備には差がある。
地上駅は改札がなく、ホームが短い(最大4両まで停車できる)。
地下駅は改札があり、ホームが長い(最大6両まで停車できる)。
路線はデイビスから空港へ向かう便がSouthbound(南行)、逆がNorthbound(北行)となる。

以下の解説では南行の順で駅を並べている。

デイビス駅(Davis Station)


所在地:デイビスCarson Ave.フランクリンの家の近くの理容室の隣
ホーム:地上1面2線
解説
メトロ路線の始発・終着駅である。
南ロスサントスの複数のギャングの縄張りを隔てた通りにある。
道路の中央に位置しているため、乗客は横断歩道を渡ってホームにアクセスする。

この駅付近の区間は併用軌道で道路と並走しており、列車が近づくと周辺の信号は赤になる。
そのため自動車と接触することはめったにないが、付近のギャングたちが小競り合いの撃ち合いを始めた場合はこの限りではない。
当駅止まりの北行列車はこの駅で乗客を降ろすと、一度ループ線に入って向きを変え、南行列車として反対側のホームに戻ってくる。


ピルボックスサウス駅(Pillbox South Station)

(Pillbox Hill)


所在地:ダウンタウン - ピルボックスヒル - アルタストリートとアダムズアップル大通りの交差点。
ホーム:地上1面2線
解説
アダムズアップル大通りに立派なエントランスが設けられており、アルタストリート側からもホームへ行ける。
ホームは島式のため、乗客は線路を歩いて渡ることになる。

エントランス


リトルソウル駅(Little Seoul Station)



所在地:リトルソウル・サンアンドレアスAve.
ホーム:地下1面2線
解説



デルペロ駅(Del Perro Station )



所在地:デルペロ・メイズバンクウエストビル前
ホーム:地下1面2線
解説
オンラインで購入できるオフィスビル、メイズバンクウエストの目の前にある駅。



ポートラドライブ駅(Portola Drive Station)

(Rockford Hills)


所在地:ロックフォードヒルズ - デルペロ大通りとサウスデルペロ大通りの間及びドーセットドライブの交差点。
ホーム:地上1面2線
解説
駅構内はそれなりに広く、壁に広告が掲示されている。
警察も立ち番しているため、治安は良い方か。

ポートラドライブ駅にあるエリアマップ

駅構内のアート


バートン駅(Burton Station)


所在地:バインウッド - ロックフォードプラザ併設。
ホーム:地下1面2線
解説
駅構内のマップとポートラドライブ>のポスター

旅行の乗継マップ

駅構内のアート



ピルボックスノース駅(Pillbox North Station)



所在地:ロスサントスダウンタウン・ペニリスビル地下
ホーム:建設中
解説
ピルボックスヒルの地下にある建設中の駅。
未開業のため営業はしておらず、列車も止まらない。

メトロ路線の中では唯一、対向式ホームとなっている。
建設中のエスカレーターはコンコースから小さなエントランスホールにつながっているが、ここから先や地上のエントランスはまだ完成していない。
建築設備と日中の時間に出現する作業員は、南へのトンネルを経由してアクセスしているようだ。
建設に関するニュース速報がラジオで放送されており、ロックフォードヒルズの住民は地下に地下鉄が通ることを望んでいないようだ。

おそらく多くのプレイヤーがオリンピック高速道路からロスサントス川に抜ける地下水路を逃走中にしている途中で発見しているであろうこの駅は、閉鎖中にも関わらず地下駅の中でも最も有名かもしれない。

ウィーゼル・ニュースラジオセグメントによると、LSTは鉄道プロジェクトへ160億ドルの予算割当を発表しており、路線は多くの人気のある通りを走り、建設中は何年も通行止めになるとしている。
この駅の南に新しく建設されたトンネルは、新しい路線の一部として計画されているものかもしれない。

次のストロベリー駅に向かう途中にはロスサントス川との並走区間があり、北行の線路側には下水道に続くチューブ状の排水トンネルが隠されている。
この先で線路は地上に出て、貨物線と並走したのちリトルビッグホーンAve.を横断して高架線へと入る。

ストロベリー駅(Strawberry Station)



所在地:ストロベリー オリンピック高速道路
ホーム:高架1面2線
解説
オリンピック高速道路との並走区間にある唯一の高架駅。
ストロベリーアヴェニューとオリンピック高速道路が立体交差する位置にあり、地上にはバスセンターがある。
このバスセンターは高架下ということもあり昼間でも薄暗く、夜間は覆面パトカーが巡回している(オフラインのみ)。
この駅周辺の高架区間で、アルタストリートと並走するメトロと立体交差する。


プエルトデルソル駅(Puerto Del Sol Station)


所在地:プエルトデルソル・イノセンス大通りとカライスAve.の間
ホーム:地上1面2線
解説
高架線と地下線の中間に位置し、複数の道路と高速道路の交差点の近くに位置する駅。
メトロ駅の中でも周辺のごちゃごちゃ感は抜群で、周辺の道路はこの駅を大きく迂回する形をとっている。


ロスサントス国際空港駐車場駅(LSIA Parking Station)


所在地:ロスサントス国際空港
ホーム:地下1面2線
解説
その名の通りロスサントス国際空港の駐車場にアクセスするための駅。
この駅で降りると複数のレンタカー会社とホテルがある。


ロスサントス国際空港第4ターミナル駅(LSIA Terminal 4 Station)


所在地:ロスサントス国際空港
ホーム:1面2線
解説
ロスサントス国際空港の地下にあるメトロの終着/始発駅。
列車はこの駅で乗客を降ろした後、トンネル内で向きを変えてデイビス方面行のホームに戻ってくる。




貨物列車



解説

ディーゼル機関車がコンテナ貨車や有蓋貨車、液体燃料を積んだタンク貨車を牽引する列車。
線路の近くに行くと遠くから汽笛が聞こえ、列車が出現する。

残念ながら一部ストーリーミッションを除いて運転はできないが、走行中の列車に飛び乗ることで不正乗車することができる。

不正乗車するには、轢かれないように注意しながら線路脇に立ち、空荷のコンテナ貨車が通過するタイミングでジャンプボタン(□ボタン/Xボタン)を押す。
降りる場合は、ジャンプすると飛び降りることができる。

列車は車と違い車輌特定ができない上に、パトカーが出現しない線路上を走るので、警察からの逃走に使用すると簡単に手配度を消すことができる。
警察ヘリが出動してる場合は、コンテナの隙間に移動するか、カバー状態にすれば狙撃されにくい。

なお、メトロの電車とは違い、こちらは前をふさいでも停まってくれない。
たとえライノ戦車であろうが蹴散らして走り去ってしまう。
それもそのはず、モデルになった機関車は中型サイズだが、それでも現実には単体で100トンを超える重量があり、重貨物列車を牽引したり、はたまた踏切などでの大型車との衝突はもちろん、列車同士の衝突をやらかすことまで考慮しており、超が何個もつくほど非常に頑丈に作られている。GTA5において戦車だろうがなんだろうが蹴散らして走っていくのもあながち非現実的ではないのだ。

路線

主に列車が走っているのは以下の路線。
南ロスサントスからパロミノ高速道路と並走するようにタタヴィアム山地を抜け、グランドセノーラ砂漠ではイーストジョシュアロードと並ぶ。
その後スタブシティの脇を通過してラトンキャニオン、チリアド山のトンネルを抜けてパレトベイの工場地帯に至る。
パレトベイを抜けるとグレートオーシャン高速道路と並んでゴルド山の脇を抜け、デイビスクオーツ採石場、パーマー・テイラー発電所を経由してロスサントスに戻ってくる。
市内ではロスサントス川に沿って南下し、南ロスサントス港を回ってロイ・ローレンシュタイン大通りの軌道を抜けてロスサントス川の東岸へ渡る。
列車は一部ミッション中を除いて路線を時計回りに進行し、同時に複数の編成が出現することはない。

駅・支線


SuperNull氏による地上走行区間、地下走行区間、トンネル、待避線路、橋のマップ
黄色の線が支線

ロスサントス市内、ターミナル島やエリシアン島、サイプレスフラットには複数の貨物支線がある。
テキスタイルシティには貨物ターミナルのような基地がある。
ブレイン郡では、パレトベイの工場地帯、デイビス・クオーツ採石場横とパーマー・テイラー発電所、サンチアンスキー山脈に貨物支線がある。

これらの支線に列車が分岐することはなく、列車は駅のない本線上を延々走り続けることになる。
唯一、パーマー・テイラー発電所の踏切手前の信号所では停車するため、ここでしか見られない停車中の貨物列車を見ることができる。
(ここに列車が停止すると、発電所の支線に分岐するポイントを塞ぐことになる。)
また、テキスタイルシティの車両基地や、採石場の支線はシングルプレイのミッションで訪れることがあり、その際は動いている列車が進入していることから、普段はゲーム上の都合でアクセスできないが、一応稼働していることが窺い知れる。
ただし、サイプレスフラットの支線は荒れ果てており、既に廃止されている可能性が高い。

破壊

実装当初は破壊が可能だったが、詳細な時期は不明なものの少なくとも2014年10月2日のLTAアップデート 以降はミッション外でスポーンしたものは完全に破壊不可能であることが確認されている(ミッションスクリプトでスポーンした列車は破壊可能な場合もある)。
ただし通常のスポーン時に通常の攻撃で破壊できないだけであり、MODなどを使えば破壊可能。オンラインでもチーターがいれば破壊される可能性があるので注意。

+以前可能だった破壊に関して グレネード3発程度で破壊できたが、急所とならない部分(貨物等)を攻撃してもダメージは入らない模様。
この急所判定が謎で「線路に爆弾を置き、先頭車両が踏んだところで爆破し破壊する」という動画もあれば、同じ方法でも破壊できない、グレネードで撃つと破壊できる、貨物の種類によって破壊の可否がある、など様々な情報があり、ややこしい状況となっていた。
果ては、元来オフラインで破壊できたという事例だったのにもかかわらず、オンラインで破壊できたという事例も寄せられ、真相は最後まで謎のままだった。


余談

GTASAではブラウン・ストリーク鉄道という企業が旅客列車を走らせており、SA中を巡ることが出来たうえに乗っ取って運転し、暴走させ脱線させるなどということも出来た。
また、加速や減速には時間がかかるが、最高速度は速い という、現実の列車の動きをある程度リアルにシミュレートしていた。*1
しかし、GTA4、RDRからの列車全般は、ミッション時のイベントを除き乗っ取っての運転や、そこそこリアルなシミュレートといったものは一切無くなり、現実離れした自動車並みの急加速と急停車、きわめて遅い最高速度で動くただのオブジェクトに退化してしまっている*2*3
本作のメトロが、お遊びにすら使うのが厳しい遅さなのもこの仕様の悪影響といえよう。
運転士もただ見た目だけのようで、走行中の列車の運転士を射殺しても、それ以降も特に問題なく勝手に走行し続ける。
「RDR2」ではある程度進化し、機関士も飾りではなくなったが、動きは相変わらず。むしろ線路まで見ると退化しいてる面もある。
ちなみに本作の運転士は走行中に死亡/消滅しても、プレイヤーが離れて再度近づくと復活したり、稀に車などでぶつかった際に座標がズレることも。

列車の初出は初代GTA。他の乗り物と同じく強奪し乗り回すことが出来たが、他の列車と軽くでも衝突すると即爆発というトンでも仕様。
ただしPS版の初代GTAでは出現しない。
最終更新:2021年08月23日 12:57

*1 ただし車両そのものはかなり軽量で、CJ(プレイヤーキャラクター)でも脱線後は押すことができた。おそらく"詰み"防止の為であろう

*2 実際の実行ファイル上の実装はオブジェクト(電柱や小物など)用のクラスでなく車両用クラスの列車である

*3 数秒で最高速まで加速し、停まる時も数秒で急停車する。車で発電所横に停まる貨物列車に押されて計測したところ、僅か4秒足らずで約50km/hに到達