空輸貨物ビジネス


極秘空輸アップデートで追加された本アップデートの目玉となる新ビジネスで、格納庫を購入後、オフィスのPCより開始することができる。
ビジネスの構図としては極秘貨物とほぼ同じで、製品の種類も極秘貨物と全く同じ。
BGMはすべて専用のBGMで、かつミッションのパターンも比較的豊富と手が込んでいる。
またBGMは後の「ナイトライフ」「ジェロの最後の誘い」といったミッションでも使われている。

概要

格納庫を購入すると、空輸貨物ビジネスを開始することができる。
格納庫内オフィスの専用パソコンから貨物を調達し、売却することで利益が得られる仕組み。
なお様々な種類の貨物があるが、どれも価格は一個あたり$10,000であり、異なるのはまとめて売却した際のボーナス価格である。

+空輸貨物のボーナス
  • 下記3つが25個ごとに35%のボーナス
    • 薬物
    • 化学物質
    • 医薬用品

  • 下記3つが10個ごとに12%のボーナス
    • 動物産品
    • 美術品&アンティーク
    • 宝石類

  • 下記2つが5個ごとに5%のボーナス
    • タバコ&酒
    • 模倣品

  • ※ 察しの通り、薬物・化学物質・医薬用品が多少得な以外はボーナスと呼べるか疑わしい内容に加えて、異なる貨物を混同して売ろうとするとこのボーナスは一切適用されなくなる。
  • 例えばタバコ&酒10個なら10%のボーナスが付くが、タバコ&酒5個・模倣品5個の計10個を売ろうとしてもボーナスは一切付かない。また、ほかのビジネスの様な高需要ボーナスも一切つかないので注意。

しかしながら調達の時間が長い割に報酬は低く、ソロでは決して儲かるとは言えない。*1
人を集めることで一度に回収できる貨物の数が増えるため、複数人前提のビジネスである。アップデートで追加された一部航空機の割引を目的として見ても良いといえよう。

空輸貨物ミッションの仕様

  • ドッグファイトボーナス、空中キャッチボーナスなどがあり若干ながらRPを得られる。
  • 貨物のパラシュート降下速度が遅くなっており、空中で航空機を用いて回収することができる。
  • 格納庫に直接貨物を投下できるようになっているため、航空機からいちいち降りずに完了させられる(ただし再度調達の際は直接入ったほうがいい)。
  • 調達や売却の際にはロンから航空機が支給されるが、異常なほど耐久性が増加しているため、自前の航空機を使うよりも良い場合が存在する。
    • ただしミッションが終わると荒らし防止の為か自動的に破壊される。
  • ミッションの難易度そのものはあまり高くないが、航空機の操作に慣れていなければ地獄と化す。オフラインとオンラインのSAフライト訓練所をすべてクリアできるぐらいの技量はほしいところ。
  • 売却完了の際に、一部がロンの取り分として回収される。
  • 追手はすべて無限沸き。相手にするだけ時間の無駄なのでさっさと逃げよう。

有用なテクニック

  • 追手がヘリであれば、後ろに乗って銃を撃つ敵だけを倒すことでさらなる追手の出現を止めることができる。
    • が、NPC特有の鬼畜エイムで狙ってくるため相手取ること自体がそもそも無駄。一直線に格納庫に帰ろう。
  • ヘリコプターはテールローターを破壊すると楽に撃墜できる。ただし墜落している途中でも攻撃してくることはあるので、落としたからといって油断は禁物。
  • 信号拳銃が相手のミサイルに対するデコイとして機能するため、もしフレアの無いヘリに2人以上乗るのであれば、乗客はフレア代わりに信号拳銃を撃つことで被弾リスクを抑えることができる。
    • 乗り物に乗ってる場合のNPC戦闘機のミサイルの精度はほとんど低いのであまり気にすることはないかもしれないが、なんらかの理由で徒歩の状態になってる場合、鬼エイムで無誘導ミサイルを正確に当ててくる為、リスキル地獄に陥る可能性がある。早急に速力のある乗り物を確保しよう。
  • フォート・ザンクード基地を買っていれば、基地内に置いてある戦闘機を拝借できる。


調達ミッション

カッコ内は支給される機体の名称。
+...
  • ビジネス準備(なし)
  • 最初の1回目のみの準備ミッション。モーグルを回収し準備を完了させる。
    • 目的地に着くとロストのメンバーが2人いる。始末したらモーグルを奪って所有の格納庫に届けるだけのかんたんなお仕事。
      • 途中に手配度☆2が付くが低空飛行してなければ問題ないのであまり気にする必要はない。
    • なお、現場にはモーグルと一緒にロスト仕様のスラムバンが配置されているが、こちらの乗車はできない。
    • 空輸貨物ビジネスにはバイカービジネスなどのような「手入れ・襲撃」が存在しない。そのため、この準備ミッションは最初の1度だけしか行えない。

  • タイタン護衛(モーグル)
    • マップ外より飛んでくる味方のタイタンを、敵対組織プロフェッショナルのバザード攻撃ヘリから指定地点まで護衛する。
    • タイタンのライフが右下のゲージで表示され、これが尽きてしまうと失敗してしまう。
    • 特定の地点に到達するとタイタンから荷物が放り出されるので空中で回収する。
      • パラシュート降下された貨物回収後に敵のプロフェッショナルのヘリが増援で2機出現するが、バザードでも真っ直ぐ基地へ帰れば追いつかれる事はない。
    • 注意点としてこのミッションではホーミングミサイルが機能せず、支給されるモーグルは複数人でなければ殆ど役に立たない。
      • そのためこのパターンはソロの場合なら自前の攻撃ヘリ、航空機を用意したほうがクリアしやすくなる。
      • 相手のバザードは脆いためマシンガンのみでも十分撃退可能。慣れればモーグルの前面固定マシンガンでも撃墜できるため、ソロでモーグルに乗ったからと言ってクリア不能というわけではない。
    • タイタンが目標地点に着くまで追手のバザードは無限沸き(上限2機)。
      • それを加味してかバザードはマシンガンのみしか使わない上に、不自然レベルで散発的かつ消極的に撃っている。すぐに撃ち落とされる…なんてことにはならない。完全放置すれば流石に失敗になるが。
      • 敵よりも怖いのはタイタンへの誤爆攻撃。ミサイルでバザードを落とそうと撃ったらタイタンに当たってしまいミッション失敗というケースもある。サベージを持っていけばなおさらそのリスクは高まる。
      • バザードは運転手かテールローターのみを破壊すれば、地上まで墜落する時間が長いため再出現までの時間稼ぎに有用。これを繰り返すことで、タイタンへの損害を最小限に抑えられる。モーグルやマシンガン搭載のヘリに乗ってれば狙ってみよう。

  • メリーウェザー襲撃(P-45 ノコタ
    • ドッグファイトパターンその1。
    • 戦闘機のレーザーの部隊を襲撃し、貨物を回収する。
      • 編隊を殲滅するとさらに増援が現れる。場合によっては2~3回出現する。
      • 最初に狙う部隊は貨物を持っておらず、必ず増援が貨物を落とすようになっている。
    • ノコタは支給品だが弾数無限のホーミングミサイルとデコイを搭載し、さらにミサイルは連続発射できるため強力。また機動性も高く、自前の航空機を用意しなくても楽に戦える。
      • 貨物回収後に敵ヘリが2機ずつ出現するがノコタであれば振り切るのは容易い。車など状況次第では狙撃手だけを倒しておくと良い。

  • 基地爆撃(LF-22 スターリング)
    • 敵対組織のスクラップ基地を襲撃し破壊して貨物を奪う。
    • LF-22 スターリングにはマシンガンと投下爆弾が装備されているが、爆弾を繰り返し落下させるだけで十分対応出来る。
      • 基地にはホーミングランチャーやロケットランチャーを装備した敵が何人かいるが、普通に飛んでいればまず当たらない。ただしロケットランチャー持ちは射程が異様に長いので、残した状態で貨物の乗り物に向かうとそこまでロケットを撃ってくることもある。
    • 殲滅したら付近に貨物が乗せてある乗り物が現れるのでそれを回収して運ぶ。
      • 運んでいると後方からプロフェッショナルの場合は敵バザード、トライアドの場合はフロガーが2機追跡してくるが意外と速くないため、ひたすら飛ぶだけでも十分逃げ切れる。
    • スターリングはかなり癖のある航空機なので、クリエイトデスマッチ等で十分練習しておこう。爆撃が苦手ならハイドラやバザードなんかを使った方が手っ取り早いが、耐爆性能はないのでロケットランチャーには注意。
      • 地下格納庫でRPGなどの爆発物を回収できる状態にしてあるならば、地上に降りて敵NPCを殲滅し爆破した方が早い

  • 誕生日祝い(ハワード NX-25)
    • スタント飛行を決め、「熱中度」を最大まで上昇させる。
      • ゲージが貯まる条件は「背面飛行」「アンダー・ザ・ブリッジ」「ナイフエッジ」。そして「低空+背面飛行」。
      • マップにスタント可能場所がすべて表示されており、アンダー・ザ・ブリッジは黄色、ナイフエッジ飛行はピンクで表示されている。ただし熱中度が上がるのは1箇所につき1度まで。
    • ロスサントスにスタント飛行可能な場所が密集しているので、ロスサントスを中心にやれば良い。ただし他プレイヤーには注意。
      • 特にロスサントス川は難易度の低いアンダーザブリッジが連続して出現するので、うまく活用すればどんどん上がっていく。背面のままでぶっちぎれば最速で熱中度を達成できるのでオススメ。
      • 説明でも表示されるが、スタントだけでなく背面飛行も有効。ハワードで開始直後から背面飛行を続ければ4分ほどで達成できる。フォート・ザンクードから開始する場合は障害物の少ないアラモ海周辺で背面飛行し続けるのも手。
      • 機動性の優れるハワードが支給されるが、支給されるハワードしか使ってはいけないという決まりもないのでCEO スキルのバザード を呼び出してそれで橋をくぐり続けてもゲージは上がるので本当にスタントができない人でも余程操縦が下手でなければクリア自体は可能。
    • 熱中度を最大まで上げることで貨物が載せられたミュールがマップに表示され、回収できる。
      • かなり辺鄙な場所に配置されることが多いのでさっさとトラックを破壊して航空機で移動したほうが良い。

  • 貨物機強襲(V-65 モロトク
    • ドッグファイトパターンその2。
    • 巨大なメリーウェザーの貨物機を襲撃する。
      戦闘機のレーザーが護衛として何機も飛んでおり、護衛を始末しつつ、A・B・Cと3機飛んでいる貨物機を破壊する必要がある。
      • 貨物機を全部壊す必要はなく、ABCのどれかに積まれている目的物が落下すると表示されるため、空中、あるいは地面に落下したものを回収すればよい。
      • 他と同様に、必ずしもモロトクを使う必要はなく、自前のレーザーやハイドラを使うのもいいが、モロトクはインターバル無しでミサイルを連射出来るので、武装的には不自由しない上、無制限に使えるデコイフレアを装備しているので護衛や追手が放つミサイルを避ける必要が無く攻撃だけに専念出来るので、無理に乗り変えなくてもいいだろう。
    • 余談だが、貨物機を「完全破壊」できる唯一無二のミッションでもある(ドゥームズ・デイのデータ漏洩で登場する貨物機は落ちていくだけで爆散しない)。

  • ヘリ回収(ローグ
    • メンバーが2人以上の時のみ選ばれる。
    • 用意されたローグを使用し、複数の敵基地を破壊する。
    • ローグには機銃と爆弾が装備されているが、機銃は炸裂弾ではないので殆ど爆弾しか使わない。パイロットは爆弾を投下しやすいように飛行し、副操縦士は爆撃に専念しよう。
    • 全ての基地を破壊すると貨物が積まれたヘリの場所が表示される。ヘリごと回収するか、破壊して貨物を回収し、格納庫まで届ける。
    • ローグの最高速度はハイドラより速く、爆撃するにはコツが要る。ランディングギアを出しておくと減速し狙いやすくなるが、その場合は上昇し難くなるため「ギア出し下降→爆撃→ギア引っ込め→上昇」という手順が必要になることも。

  • 輸送貨物強奪(バザード(非武装)
    • ハウィックにあるホテルの屋上へ着陸し、隣の屋上にいる敵を殲滅しながら大量に置かれている箱を破壊して貨物を探す。
      • リスポン位置が固定されているので死亡しても屋上へ上る手間がないが、PKerに嗅ぎつけられると妨害されることもあるので注意。
    • 貨物を回収するとロンからパラシュートで飛び降りることができると言われるが、そのまま乗り付けたバザードに戻って格納庫へ向かう方が手っ取り早い。
      • 貨物を回収するとともに敵増援のフロガーが2機出現するので注意。上記にあるようにガンナーだけを始末しておけば無力化する上に、引き離されない限りは再出現しないので離陸前に乗員を始末しておくと安全。

  • 残骸捜索(バザード(非武装)
    • ホテル屋上から貨物を強奪するケースと同様に非武装バザードが用意される。ただしこちらは青色。
    • マップに表示された探索エリアで墜落したマベリックを探す。墜落機からは煙が吹いているのでそれを目印にするとよい。また、墜落機を発見するとともにミニマップに貨物が表示されるのですぐに見つけられる。
      • 貨物のすぐ近くににる負傷した敵がピストルを持っているが、一度でも攻撃すれば倒せるので脅威にはならない。だが、貨物に近づくと同時に敵のヘリが2機出現して後部ガンナーがマシンガンを浴びせてくるので回収後は手っ取り早くガンナーをくり抜いてから引き上げる方が良いだろう。
      • パレト・フォレストの場合、貨物が木の下にあるため一度乗り物を降りる必要があるが、場所によってはバザードに乗り込んだまま回収できるので即時離脱が可能である。

  • ジャマー破壊(FH-1 ハンター
    • 高難易度パターン。
    • ハンター攻撃ヘリを使ってメリーウェザーがサンアンドレアス全域に仕掛けたジャマーを全て破壊し、貨物の位置を特定後回収する。
      • ハンターの攻撃力は破壊的で、弾幕ロケット等の高火力火器を使用可能。また、助手席も高精度の機銃を使用可能なので二人で行えば火力の底上げが期待できる。
      • ジャマーを全て破壊するとマップにブリッケードで輸送中の貨物が表示されるので、ブリッケードを強奪もしくは破壊しよう。貨物を回収すると追手の武装バザード2機が出現するが、ハンターの機動力なら逃げ切れる。
    • …と、ここまで書けば優秀なハンターを使って楽に回収できると思われるが、実際は高難易度で場合によってはセッション移動などでやり直したほうがいいレベルのハズレパターンである。
      • まずこのミッションは移動距離が非常に長く、さらにジャマーの数も多いためソロでまともにやると20分近く時間がかかる。
      • その上ジャマーは小さい上にミサイルのロックオン不可。
      • トドメにミサイルの爆風でジャマーは壊れず、ほぼ直撃を狙わなければジャマーを破壊できないという無駄な精細さを要求されるのが難易度の高さに拍車を掛ける。投下型爆弾によるじゅうたん爆撃も使えるが当てにくいことには変わらない。
      • そのため、持っているのであればサベージを持ち出すのが圧倒的にオススメ。あるいは少し慣れがいるがバザードのマシンガンで狙うか、近場に降りて粘着爆弾で破壊するという手も有効。

  • イプシロン・プログラム(なし)
    • イプシロンセンター屋上に駐機されているレアなイプシロンカラーの非武装バザードを強奪するパターン。他のパターンとは異なり、乗り物は用意されない。
      • 黒服のボディーガードに見つからないように盗むか、護衛を始末して強奪する。ただし護衛の戦力は貧弱なので見つかっても簡単に殲滅できる。信者は攻撃してこない。
      • 強奪後に武装バザードが2機出現するが、相手にしなくても逃げ切れる。

  • 飛行場からの強奪(なし)
    • サンディ海岸飛行場か、マッケンジー飛行場から航空機を強奪するパターン。こちらも乗り物支給なし。
    • 乗り物はパイロやローグなどランダム。
      • 格納庫内に貨物と敵がいるため、航空機のままだと手を出しづらい。降りて制圧することも考えよう。
      • 回収すると追手としてP-996レーザーが2機出現する。しつこく追跡してくる上に、ホーミングこそしないもののミサイルを撃ってくるので油断しないように。

  • トゥーラ・サルベージ(トゥーラ
    • 水上飛行戦闘機トゥーラが支給される。
      • トゥーラはVTOL機である他、武装として機銃・爆弾投下が可能。2人以上ならマシンガンの使用が可能である。また離陸時にジェットでの急速離陸が可能であり、使い勝手は見た目以上に優秀。
      • 加えて水上への離着陸も可能。シースパローでも用意しない限り、このミッションにもっとも向いている機体。
    • 貨物が沈んでいる場所には既に別のライバル組織が引き上げ作業を行っており、カーゴボブ、ディンギー、タグ、シーシャークに乗り込んでいる敵がいるのでそれらを全滅させる必要がある。
      • 敵を始末した後は水上に着陸し、貨物を潜って回収する必要がある。リブリーザーが3個支給されているので余程の事がない限り、回収出来なくなることはない。
      • 貨物回収後は他のパターン同様に護衛が出現する。トゥーラでも十分逃げ切れるので相手にする必要はない。

  • 海の輸送(シーブリーズ
    • 水上飛行爆撃機シーブリーズが支給される。
    • シーブリーズは小型ながらマシンガンと投下型爆弾を装備している。ミサイルは無い。
    • 敵の基地に行き、タグボートミュールトラッシュマスターを破壊すると貨物がドロップするのでそれを拾って回収する。
      • シーブリーズの耐久力が高い上、水上着陸が可能なのもあり、使い勝手は悪くないが、移動速度はジェット機に劣るのでハイドラなどを用いてさっさと破壊して回るのも良いだろう。
      • タグボートからドロップしても、海上を漂うのでハイドラのホバーモードやバザードなどで回収可能。
      • 水上ヘリのシースパローを持ち出すのも良い。

  • 高高度からの侵入(カーゴボブ
    • カーゴボブでヒューメイン研究所軍事基地から貨物の積まれたバザードを強奪する。
    • ボーリングブローク刑務所ではライオットを盗み出す。
    • 各種施設の上空に行くように指示され、その後はパラシュートで降下するように指示される。
      • このミッションで使用するカーゴボブは黒塗りの隠密仕様。なお、このカーゴボブに乗らないと貨物や敵の位置が表示されないので注意。
    • 着地時に支給されるサプレッサー付きの軍用ピストルか、自前のサプレッサー付きの銃で見張り全員を1人1人確実に始末する必要がある。
      • 敵はヘッドショットなどで一撃で倒さないとサプレッサー付きの銃でも即発見になるため注意。スナイパーライフルで複数人抜くときもヘッドショットでないと一撃で始末できない。
      • 全員始末するまでは目標に乗りこめない。
    • 見つかった際は手配度3が付くが、容易に逃げ切ることが可能。ある程度始末した後にわざと見つかってから回収するのも選択肢か。
      • しかし軍事基地の場合は発見されると、軍人以外にも基地内を巡回している戦車にまで攻撃されるため、難易度が一気に高くなる。
      • 敷地内で死亡した際、目的の乗り物のすぐ近くで復活することがあるのでわざと死ぬのも手。

売却ミッション


売却完了時にボーナスを含めた売却額の2.5%がロンの取り分として差し引かれる。
また他ビジネス同様ミッション放棄のペナルティも存在し、セッション変更等で売却ミッションを放棄すると売却数量に応じて1~3個の貨物を失う。

売却に用いた乗り物を戻すと報酬がもらえるが、微々たるものなので微妙なところ。
+...
  • スカイリフト
    • それまでオフラインでしか登場しなかったモンスターヘリに乗れる。
    • 難易度は低いが、オフライン未プレイでもその巨体から察する通り、移動速度が飛行船並みなので早々に嫌気が差すこと請け合い。その上移動距離がやたらと長いのでとにかく暇になりがち。
    • そしてその遅さ故、売却完了後に格納庫へ時間内に戻るのは、配達場所にもよるがまず間に合わない。仮に間に合ったとしても前述の通り追加報酬はショボいので、売却が終わったらさっさと自分の乗物に乗り換えた方が良い。

  • ハワードNX-25
    • 目標地点の上を超低空で飛ばなければ物資を投下できず、その目的地は当たり前の様に低い橋の下やビルの間などにある。使用するハワードも曲芸飛行をするには速度が速すぎるため難易度が非常に高い。少なくともフライトスクールを全てシルバー以上でクリアしてるくらいの技量は必須。途中で墜落しても配達した分の報酬は入るので、まずは確実に届けられそうなポイントから回った方が無難。

  • ハンター
    • 所定の地点に物資を投下して行くのだが、取引の情報が漏れており各投下地点に敵が待ち伏せているため、それらを掃除してから投下して行く。
      • どの配送地点にもスナイパーやロケットランチャー持ちが数名いるが、機動力を活かし旋回していればまず当たらない。
      • ただし例によって敵NPCの狙撃精度が鬼仕様なので近寄りすぎるとバシバシ撃たれまくるので、遠距離からホーミングミサイルで掃除していくのが確実。
      • ちなみに売却完了後は、十数秒後にハンターのエンジンが停止するようになっている(そのまま乗り続けて他プレイヤーへの攻撃に使用されないようにするための処置と思われる)。売却が終わったらさっさと自前の乗り物に乗り換えてしまおう。
    • この売却パターンは「ハンターで目標地点に向かう」→「敵を排除する」→「貨物を投下」まではいいのだが、ハンターが複数台あると「いちいち開始地点に戻ってからもう1つの貨物を1箇所目に輸送する」必要があり、非常にテンポと効率が悪い。ソロでこのパターンが来たら大体間に合わないのでセッション移動を推奨。

  • アルファZ1
    • こちらも所定の場所への物資投下。
      • ハワードと同じく超低空で物資投下しなければならないが、投下地点がビルの合間とかではなく山岳の尾根や湖などな為、ハワードに比べれば幾分かマシ。だが、風車下等技術を要するポイントは幾つかあるので(配達台数増加により増大)こちらも最低でもフライトスクールくらいは通っておこう。また、基本的に警察に手配されたり追手が来たりすることもない。

  • シーブリーズ
    • こちらも所定の位置への物資投下。投下地点は近海が多め。
      • 追手にローグ2機が出現するが、無誘導ミサイルを撃つか体当たりをしてくるだけなのでほぼ無害。ミサイルを撃ってきた後は上手い具合に並走することもあるので、上手くいけば背後に回ってマシンガンを撃ち続けて撃墜させることも出来なくはない。
      • ただ相手にしても時間の無駄なので、後ろに付かれたら宙返りで背後に回り、そのまま配達を続ける方がよい。
      • 1台の配達時間目安はLS空港スタートで5~6分程度。

  • モーグル
    • こちらも所定の位置への物資投下。滑走路から飛び立ってしばらくすると追手にポリス・マベリックが2機出現する。
      厄介なことに、例えソロで売却しに行こうが関係なく手配度が4つも付き、更に追っ手として出現した警察ヘリだけでなく、手配されたことで駆け付けて来る警察ヘリも加わるので最大4~5機の警察ヘリから追尾、攻撃される。
      モーグルはヘリよりも圧倒的に鈍足なので基本的に振り切る事は出来ない上に耐久性も大して高くないので、売り切る前にヘリからの攻撃に耐えられずエンジンが停止して失敗になる。ソロではモーグルでヘリを撃墜しようとしても照準を捉えられることはまずない。その為ソロでの売却はまず不可能。
      しかし投下地点の配置次第では何とか持ちこたえることが出来るらしい。どちらにせよソロでこのパターンを引き当てたらセッションを変えるなどして売却をキャンセルし、再度売却するのが最善だろう。
+雑談用掲示板にて提起されていた売却法、真偽不明にて参考程度に 敵ヘリが出現する前にあらかじめ高度をとっておき、移動時は基本角度をつけて上昇し続ける、そうすると上昇力で劣るヘリが着いて来られず弾が当たらない位置まで逃げることが可能、ポイントに投下する時は機首を真下に急降下、投下したら速度を活かしてまた上昇、これを繰り返せば時間は掛かるが比較的安全に売却可能との事。

  • ハボック
    • こちらも所定の位置への物資投下。物資が3箱だろうと3台での売却を強要される。
      • 1台で2箇所に投下する必要があるが、投下地点が高速道路の下や建物の合間など狭い場所が多い。
      • 投下可能な高さが低く、かつ狭い場所で微調整しながら投下場所に飛行する必要がある為敵対プレイヤーからは格好の的となりやすい。ハボックの耐久性もあまり高くなくキャノピーが大きい為楽にスナイパーライフルで打ち抜かれる。
      • 逆に言えばそれ以外に懸念事項はあまりないため、妨害してくるプレイヤーがいない状態なら比較的マシなミッションと言える。
        ハボックは速い航空機であるため、よほど大きなミスをしない限りは3台売却でも時間切れになり辛いのも強み。
      • 物資投下後は開始地点に戻る必要があるので乗り捨てしないようにしよう。

  • カーゴボブ
    • 他に比べて難易度が低い。カーゴボブで用意されているコンテナを吊り上げ、待機しているトレーラーに運ぶ。
      • 最初はロンから移動中のトレーラーに載せろと言われるが、ご親切にトレーラーが止まってくれている。位置合わせは正確にしなくても、ある程度的に入れば画面に投下操作の表示が出るので、そこで投下してしまえばショートムービーに切り替わり回収される。
    • なお、ペガサスで呼んだ自前のカーゴボブは吊り上げることができず、用意されたカーゴボブでしか配達できないので注意。
最終更新:2021年03月08日 15:21

*1 仮に空輸貨物調達に掛かる所要時間と同じ時間分他のミッション系ジョブをプレイした場合、報酬はクライアントジョブで$30,000以上、ボスジョブで$20,000以上、コンタクトミッションで$12,000以上になる