セキュリサーブ



セキュリサーブ(組織)とは?


「GTAオンライン:富と権力と犯罪」で追加されたコンテンツ。
「ボス」と「CEO」の二種類のモードがあり、CEOはボスの上位互換である。
基本的には公開セッションでプレイすることを前提で作られたコンテンツであるが、招待限定セッションでソロで挑戦できるジョブも存在する。
なお、セッション内でボスとCEOになれる人数は最大10人までという上限がある(MCプレジデントもこれに含まれる)。
上限に達している場合はボス及びCEO登録は不可能な上、オフィスのパソコンも利用不可能なので注意。

また一部ジョブでは武装した彼らの部隊がお目にかかれることから暗殺から裏ビジネスの支援や車両の輸送まで幅広く展開するれっきとした犯罪組織だと思われる。

ボスになるには

事前に$50,000所持している必要がある。
アクションメニューから「セキュリサーブ」を選択し、「ボス登録する」を選択することでボスになれる。
ボスになると、パッシブモードになることができなくなる代わりにボディガードを雇う・ボス専用スキルを使用する・専用のチャレンジやジョブを開始することが出来る。
実装当初は銀行口座に100万ドル以上あることが条件で、加えてボスでいられる時間は現実時間で4時間のみで再度ボスになるためにはクールタイムが存在し、制限なく利用するためには後述のオフィスの購入が必要であった。
しかし、「銃器密造」アップデートから時間制限が撤廃され、必要な所持金も緩和され、銀行口座の残高が5万ドル以上あるだけで自由に登録・引退が可能になったので始めたての初心者でも簡単にボスになれるようになった。

ボスになると、アミュネーションにてヘビーリボルバーや飛び出しナイフのボス仕様(デザイン・塗装違い)が購入できる。
購入さえすればボスをやめた後でも継続して使用可能。
また、4ドア車両の傍で乗車ボタンを長押しすることで運転手がいなくても後部座席に座ることができるようになる。

ボスジョブ

セキュリサーブに登録している間、フリーセッションにおいてプレイすることのできるジョブ。
詳細はこちら

チャレンジ

組織内で開催できる「フリーモードイベント」。ボディーガードが1人以上いないと開始できない。
チャレンジで入手したお金・賞金は、ボスにではなく各自に入る。
チャレンジ 制限時間 入手できる金額 備考
現金引き出し 10分
サルベージ 10分
中古車フェア 10分
トレジャーハント 10分
最重要指名手配犯 10分 $21000 組織外の攻撃無効
ターゲットレース 10分 $10000
速達サービス 10分
市場操作 15分

現金引き出し
サンアンドレアス全域のATMをハッキングして現金を引き出す。一台のATMから概ね$300~&500取得できる。
10分以内に最も多く現金を引き出したプレイヤーの勝利。ATMの密度の高いロスサントス市街地がやはり有利か。
引き出した金額はそのままプレイヤーの所持金となるのが嬉しいところだろう。
サルベージ
ボス近場の水中がイベント会場となる。リブリーザーを装着し、水中のチェックポイントを制限時間までに一番多く回収したプレイヤーの勝利となる。
チェックポイント周りの仕様はフリーモードイベントのチェックポイントチャレンジに似ている。
リブリーザーの空気は有限であるため定期的にリブリーザーも回収する必要がある。
普段訪れない海底が舞台であり、それでいて変化に富んだ地形が選ばれているので古参プレイヤーでも新しい発見ができるかもしれない。
中古車フェア
町中で車両を盗んで複数の指定された駐車場へ届け、盗んだ車両の金額を競う。
手配度も通常通り発生し、車両を盗んだことで賞金首になる可能性もある。
トレジャーハント
範囲内に1つ設置されるブリーフケースを出来る限り多く取得する。
もちろんマップには表示されないので、お馴染みトラキファイで探し出す。それ以外にも狼煙が上がっていたり、近づくほど信号音が大きくなる。場所にもよるが、入り組んだ路地の奥に設置されることが多いため、バイク等二輪車を用意しておくといいだろう。
最重要指名手配犯
手配度がついたままの状態をできる限り維持する。
制限時間は10分。いちばん最後まで生き残ったプレイヤーの勝利である。
もちろん全員生き残っても報酬を得られる。10分で約$20000獲得できる。
しかもこのチャレンジ中は組織外のプレイヤーからの攻撃が無効になる有り難いオマケがついている。
注意点として、ヘリに乗って空中に逃れたり、コンビニなど狭い室内に籠るなど警察と戦わずに済む戦法はとれない。
しかしながら装甲クルマの使用は問題ない模様。パシフィナよろしく仲良く4人で10分間ドライブするのが一番安全だろう。ロックスターは詰めが甘いようだ。
ターゲットレース
任意の地点をゴールに指定し、そこを目指して競う。一位のプレイヤーのみ報酬が得られる。組織を一か所に集結させたいときにも便利だろう。
とにかく時間を食わないのがこのチャレンジのいいところ。
ジョブのクールタイム中等暇な時にボディガードにボーナスをあげるノリでやってあげよう。
速達サービス
指定場所にある金袋を回収し、回収後できる限り素早く指定場所まで届ける
攻撃を受けるか時間経過でお金がどんどん減っていく。
市場操作
コンビニ強盗で誰が一番お金を稼げるかというチャレンジ。
兎に角マップ上にある襲撃可能なコンビニをひたすら襲いまくれば良いのだが、店舗はロスサントスとブレイン郡を併せて15軒しか無いので大所帯の組織がやればあっという間に終わってしまうのが悩み所。


ボディガード

ボディガードになるとボス同様にパッシブモードが利用できなくなる。
また、以下の制限と特典が貰える。

ボスの近く(組織カラーで表示されるエリア内)にいる事で体力回復速度にボーナスがつく。また範囲内にいると定期的にボスの側近ボーナス(RP+100)が発生する。
一定時間毎に収入(初期値$5000)が手に入るようになる。ボスが死亡する度に、次の収入額が-$250(最低$2500)される。
取得したお金(地面に落ちているお金・車売却)はボスに収めることになるので注意。
「ボスが所持金⇒収入を共有する」をしてくれたら貰うことが出来る。組織で共有する項目の上限%が0%だと共有することはできない。上限の上げ方は不明。

スキルはボスと同様の内容で使用可能。
ボスの設定によっては組織内のプレイヤーに攻撃することができない。もちろんボスからの攻撃も通らない。
が、パッシブとは異なりヘリなど乗り物に対しての攻撃はしっかりと入る。プレイヤーにはダメージは入らないものの、十分な嫌がらせとなるため注意。

ボスと同様、ボディガードになるとアミュネーションにてヘビーリボルバーや飛び出しナイフのボディガード仕様が購入できる。
購入さえすればボディガードをやめた後でも継続して使える。


スキル

周辺に要請した物資を瞬時に要請者の周辺に用意してくれる。オフラインチート並に使い勝手がいい。

ボスが要請する車両・航空機を所持している場合、費用が無料になる。
要請した地上車両は防弾タイヤを装着している。また、ボーラ―LE LWB、コノシェンティ、シャフターLWBは装甲仕様のもの。
要請した車両・航空機がすでにボス周辺に存在する場合要請することはできない。
車両の要請は基本的にクールタイム無しで利用できるが、破壊された場合に限り2分間要請ができなくなる。
置き去りにしてきた車両がまだ乗れる状態で残っている場合、再度要請すると損傷などはそのままの状態で近くに移動するだけなので注意。特に移動や戦闘で使用頻度の高いバザードなど、煙が出る状態で放置していると次に呼び出すときに痛い目にあうだろう。
クールタイムを発生させずに修復したい場合は、車両から離れた後一度別の車両を要請し、再度使いたい車両を要請することで修復できる。

「幽霊モード」、「当局を買収」はボスのみ発動でき、それぞれレスターの「レーダーから消える」、「警察に賄賂」の効果を組織全員に適用する。ただし効果時間がレスターの「1分」と異なる。
また、レスターの「レーダーから消える」では極秘貨物等の各種違法ビジネスで取り扱う物品を隠すことはできないが、「幽霊モード」はこれを隠す効果もある。
ブルシャーク $1000
弾薬 $1000
アーマー $1500
武装リムジン $20000
ボーラーLE LWB(装甲) $5000
バザード(武装型) $25000
コノシェンティ(装甲) $5000
シャフターLWB(装甲) $5000
ビージェイ 無料
ワシントン 無料
幽霊モード $12000
当局を買収 $15000



CEO

アップデート「金と権力と野望」で追加。ダイナスティ8のサイトからエグゼクティブオフィスを買うことでCEOになる権利を得られる。

ボスとの相違点

基本的にボスの上位互換である。
引退後に再登録出来るまでの時間制限がない。好きな時に登録し、好きな時に引退できる。
後述の「極秘貨物」の取引が行える。
オフィスさえ持っていれば、例え銀行口座が$0でも登録できる。
スキル「幽霊モード」の有効時間が2分→3分に、また値段が$12,000と高額化。
スキルで呼び出せる乗り物が追加される。
  追加車両    要請条件   要請料金 
ブリッケード 大型倉庫購入 $9,000
ランポ・カスタム 大型倉庫または中型倉庫購入 $5,000
XLS 大型倉庫または中型倉庫または小型倉庫購入 $5,000
ヴォラタス オフィス購入 $10,000

オフィスからは、購入済みのペガサス車両を直接要請できる。
要請車両 要請料金
スイフト $200
スイフト Flying bravo $200
スイフト デラックス $200
スーパーヴォリト $200
スーパーヴォリト カーボン $200
ヴォラタス $200
フロガー $200
マベリック $200
バザード攻撃ヘリ $500
アナイアレイター $1,000
ワルキューレ $2,000
サベージ $3,000
カーゴボブ $200
カーゴボブ ジェットサム $200
インサージェントトラック $500
ストレッチ $200
武装リムジン $500
テクニカル $500
ブリッケード $200
リベレーター $200




極秘貨物

CEOのオフィスのPCからアクセスできるビジネス。

詳しくはこちら

車両取引ビジネス

「GTAオンライン:カーディーラー」で追加されたコンテンツ。

詳細はこちら

特殊車両ジョブ

「GTAオンライン:カーディーラー」で追加されたコンテンツ。

詳細は「特殊車両ジョブ」のページを参照。




セキュリサーブを上手く進めるための対策

+詳細

過疎セッションを狙う

  • 他のプレイヤーが少なければ、それだけ安全になるのは言うまでもない。できるだけ人数の少ないセッションを探そう。

安全なセッションを探す

  • 好き放題暴れ回る無差別プレイヤーキラーやチーターがいては仕事にならない。お遊びで折角のチャンスを台無しにされては笑えない。
  • GTAオンラインは、照準モードが自動か自由かで隔離されるので、比較的民度が良い自由照準セッションがおすすめ。
  • 一昔前なら戦車が居るとか戦闘機が飛んでるだけで危険なセッションだと判断できたが、最近ではPKer御用達の乗り物も大量に増えた上、デラックソやオプレッサーMK2の様な地形を選ばない乗り物は、効率の良い移動手段として使用してる無害なプレーヤーもどこにでも居るので、乗り物はあまり目安にはならない。
    一番わかりやすいのは、左下に頻繁に同じプレーヤーにばかり○○が倒されたと通知が出てる事だが、反撃なんか殆ど出来ない違法ビジネスの売却ミッションなどを誰かが開始するまで物件内で待機してる様なプレーヤーも多い。
    指標の一つとしてはポーズメニューのプレーヤーのタブから確認できるキルデス比がある。目安としては意見が分かれる所だが、基本的に1.0以上のプレーヤーは危険だと思っておけばセッションを選びやすくなる。ただ、あくまで目安であって、1.0以上でも単に、襲撃されても返り討ちにしてしまう実力の持ち主と言うだけで無害なプレーヤーも当然居るし、逆に1.0未満でも妨害してくる人は居るので一概には言えない。無暗に後述の除外投票を使うのは避けよう。
  • 過疎セッションで他のプレイヤーにメッセージを送って談合しておくのが楽。

信頼できるフレンドを集める

  • それなりに信頼できる仕事仲間がいればやはり有利。数が多ければ一度に行える仕事の量も増え、妨害に対抗するのも容易になるはず。もちろん信頼できない者は呼ばないこと。

「除外投票」を使う

  • 不正行為では無いが、間違いなく相手を不快にさせる行為なので、あくまで妨害行為等に対するどうしてもと言う時の最終手段。極秘貨物調達も車両回収も「現在いるセッションの区分」だけでジョブ開始の可否を判定しているので、例えCEO1人であってもジョブの実行は可能。
    • だが仮に何も危害を加えるつもりのないプレイヤーに対して行ってしまうとそのプレイヤーに負け犬 ポイントが付与されてしまい、なにも行っていないのにも関わらず負け犬になってしまう可能性がある。
    • もしあなたが偶然ボスやCEOのいるセッションで、取引を妨害するなどといった迷惑行為をするつもりはないのに、いきなり除外され負け犬ポイントまで付与されてしまったらどう思うだろうか?
  • ただし、何らかのボスジョブ・調達・売却中の相手は、そのジョブが終了するまで除外することはできない(たとえ過半数の票が集まっても)ので、除外無効の時間をフルに使って嫌がらせを仕掛けた側が報復される可能性は十分にある。また、繰り返しになるが相当な恨みを買う行為なので、その場は除外できても名前やクルー等を相手の身内やゲーム外に晒されて、後で報復を受ける可能性もある。



セキュリサーブ利用者への対策

+詳細
昨今フリーセッションにおいては、これらセキュリサーブの仕様を上手く利用し有利にプレイヤーキルを行っているプレイヤーが多くみられます。
当wikiではもちろん推奨していない行為ですが、少しでも対応できるよういくつか対策を記述します。

いたずらに近づかない。

  • 一口にセキュリサーブと言っても、さまざまな目的でみんな登録している。
    真っ当にジョブをプレイすることを目的としている人ももちろんいるが、上記のようにプレイヤーキル目的で登録している人も多い。
    彼らのマップ内に踏み込まないようにすれば、トラブルに巻き込まれることを減らせる(しかしCEO登録をして戦闘機で暴れ回ってる者や、集団で組織を組んでる場合は遠くに居ても標的になる場合があるので油断は禁物)。
  • 金稼ぎとして真っ当にジョブを行ってる組織にも手を出すのは控えた方が良い。
    妨害行為は公式が認めている行為ではあるが、極秘貨物などを破壊したところで入ってくる報酬は少ないうえに、その後面倒なことになるリスクの方が遥かに大きい。

幽霊モードに注意!

  • 数あるセキュリサーブのスキルの中で一番脅威なのがこの幽霊モードだろう。最大3分もの間、起動した組織内のメンバー全員がレーダーに映らなくなる。
    ミニマップの範囲内で消えるだけなら対策も容易いが、遠い場所で起動し奇襲をしてこられるとまず対応できない(武装車両などを入手→幽霊モードで奇襲のパターンが多い)。
    対策としては、セッションに入室した際に各組織の大体の場所を把握しておくことだろう。怪しそうな組織が居れば常にマップで警戒しておこう。
    幸い、発動と同時に「組織○○が幽霊モードを起動した」とログに残ってくれる。
    自身がCEOなどに登録していない状態であれば、パッシブモードか退出にするのが最も効果的。

ブルシャークによって銃撃戦は不利になりやすい。

  • 幽霊モードの次に厄介なスキルがブルシャーク・テストステロンの召喚。
    お金さえあればクールタイム無しで何度も出し続けることが出来るので、ブルシャークによる攻撃力と防御力の強化によって銃撃戦では歯が立たないことがある。
  • 特にスナイパーライフルと併用されると非常に厄介。連続的に一発でキルされるなどの場合はブルシャーク使用中の可能性が高いので、無暗に撃ち合わない方が良い。

ボスジョブ中はフリーセッションではない!

  • よく勘違いされがちだが、ボスジョブ中は立派なジョブ扱い。個人車両を破壊しても負け犬ポイントもつかないし、保険金も請求されない。つまりスーパーカー等高級車で保険金特攻などはまったく意味をなさない。
  • さらに極秘貨物の取引中は、セキュリサーブには基本的に一切の手配度がつかない。