アベンジャー (Avenger)




詳細

データ

種類 メーカー 日本語 日本語訳 定員 動力
飛行機 マンモス アベンジャー 復讐者・報復者 2人*1 ターボシャフトエンジン
モデル 特殊アクション
Bell Boeing V-22 Osprey 十字キー右(E)でティルトローター操作
L3(G)で降着装置出し入れ
自動操縦機能*2
車両搭載*3機能、拠点機能*4
機関砲+爆弾を装備可能
十字キー右(E)長押しで爆弾槽の開閉、
×(スペースキー)で投下
太字は標準搭載、()内はPC版操作(デフォルト設定)
プラットフォーム カスタム
オンライン専用
PS4 / Xbox One / PC
プラットフォーム 価格
オンライン専用 $4,787,500
PS4 / Xbox One / PC $4,787,500

解説

概要

2017年12月12日配信の「強盗:ドゥームズ・デイ」アップデートより実装された双発のターボシャフトエンジンティルトローター機。
購入には施設を保有している必要がある。
全体的な形状は、V-22 オスプレイ をほぼそのまま踏襲している。
胴体部の国籍マークや「MARINES」の表記の通り、アメリカ合衆国海兵隊の所属機をモデルにしていると思われる。
機体塗装によれば、本機はNew River海兵隊航空基地*5所属AVG-426飛行隊*6 3496/ES-42番機ということになる。

機体性能・特殊機能

無改造状態でも機動性はかなり高い。特にVTOLモードでの旋回速度は、個人の感覚次第ではハンドリングのチューンを控え目にした方が良いほど。
一方トゥーラほどではないが、ヘリと比較して垂直上昇速度は劣る。
またVTOLモードのままスティックをベタ押しして加速しようとすると徐々に高度が下がっていく。加速時には地上との距離に十分注意したい(もっとも後述の通りアベンジャーの耐久力は凄まじいので、少し地面とキスした程度で直ちに爆散することはほぼ無いが)。

本機独自の機能として、VTOLモード中にアクションメニュー→アベンジャーのサービスから自動操縦を選択することができる。自動操縦を開始すると機体は気流の影響を受けることなくホバリングを継続し、方向キー右を長押しすることで操縦席から貨物室に入ることができるようになる。
急停止のための機能ではないので、高速飛行中に自動操縦を開始してもすぐには静止できず、スティック及びスロットルの操作も受け付けなくなるため動きを止めることもできない。レーダーを見ながら手動操作で静止させてから自動操縦を開始した方が良い。

本機は個人車両の保管スペースを標準装備し、さらにオプションで武器ワークショップと乗り物ワークショップを設置することができる。機動作戦センターが改造できる内容ならばこちらでも改造が可能なため、機動作戦センターの区画が足りないという場合はこちらを改造用に使うのも良い。

武装

購入時にオプションとして機首下部に発射速度の高い単装機関砲一門を装備できる他、施設内のワークショップを利用すれば胴体上部後方に一門、水平尾翼下部に一門の計三門まで増設することができる。
三門全て装備するとほぼ全方位をカバー可能。
大半の航空機の弱点である「戦闘機などによる直上急降下攻撃」にも対処できる。
上述の自動操縦機能に加え、砲塔操作中はボタン一つで瞬時に別の砲塔の操作に切り換えることができるため、機動作戦センターと違ってソロでも武装をフル活用できるという利点もある。

但し、その代償として機関砲を装備した場合は搭乗中パッシブモードが利用不可になり、しかも一度購入を決めてしまうと後から取り外す事が出来ない
自分のプレイスタイルと合わせ、本当に必要かどうか検討して装備するかを決めよう。
しかし『ダイヤモンドカジノ&リゾート』アップデート以降、一切武装がなくてもパッシブモードが使用不可能になってしまっている。この要素は開発側にすっかり忘れられてしまったのかもしれない。

その他、胴体内に爆弾槽を備えており、各種爆弾を搭載することができる。

余談だが、機関砲を装備している場合といない場合では、装備していない場合のほうがキャビンへのロード時間が短縮される。

防護性能

パイロットのみの状態とキャビンに乗員がいる状態では耐久力に大きな差がある。
前者の場合、アーマー強化100%を施せばミサイルは勿論、航空機にとって天敵ともいえるヘビースナイパーMk2の炸裂弾を20発以上耐え、戦闘機の榴弾機関砲を使用しても簡単には破壊出来ない。
通常の銃弾に対する耐久性も高く、胴体へのミニガン掃射を3,500発前後耐えることが可能。
風防もシャフターV12(装甲)などと同じ簡易防弾ガラスであるため、ある程度の銃弾を防ぐことができる。
また、最高出力で地面や建物に突っ込んでも煙すら吹かない。
現時点でもっとも安全な移動手段の一つと言える。
だが、後者の場合ミサイル2発で爆散する事もあるため、移動用に使う際には注意が必要。
特に、ドゥームズデイ第二幕フィナーレで格納庫に突っ込み爆散、エリート失敗ということになりかねない。

※追記
「南SAスーパースポーツシリーズ」アップデートにてデコイの項目が追加され、チャフやフレアが装備可能になった。
チャフは目標捕捉機能を妨害し、フレアは発射された誘導弾の自動追尾機能を欺瞞する効果がある。
元々の高い機動性と耐久性もあり、ミサイルで撃墜される可能性は極めて低くなるが、デコイの射出は副操縦士席でしか行えないことには注意。

運用上の注意

回転翼翼端に「Tip lights」と呼ばれる緑色衝突防止灯を装備しており、夜間飛行時はリング状に発光する。
綺麗ではあるがその分目立つため、PKを好むプレイヤーに対しては自分の位置を晒すことになるので要注意。

片翼停止状態でも飛行可能な実機の再現なのか、(描写はかなり違うが)片方のエンジンが停止してもただちに墜落することはない。
ただし、回転翼が片方でも破損した場合は操縦が非常に困難になる*7
回転翼は大型で耐久性が低く、障害物に当たるなどで損傷しやすいため本機最大の弱点となる。
また、エンジンが可動部品である弊害なのか、爆発物の当たりどころが悪いとエンジンが脱落する
アベンジャー以外の航空機ではまずお目にかかれないレアな現象なので、見れた人はある意味ラッキーかもしれない。

飛行モードの切り換えと爆弾槽の開閉ボタンが同じなため(短押し、長押しの違いはあるが)、爆弾槽の開閉をしようと思ったら飛行モードが切り換わっていた(もしくは逆)なんてこともあるので注意して操作しよう。

アベンジャーの貨物室内に収容した個人車両の出庫にはルールがあり、基本的にアベンジャーから最も近い道路上にしか出現できない。浜辺や山の頂上、ビルの屋上などに個人車両を降ろしたくても、着陸地点から離れた道路の真ん中に出てしまうので覚えておこう。
また、自動操縦でホバリング中の本機から出庫させようとすると空中に放り出される。出庫に用いるキーも暴発しやすく、下手を打つと致命的な損傷を負う危険性があるので空中でワークショップを利用するのは控えた方が良い。
しかしデラックソやオプレッサーを空中から発進させたり、州から遠く離れた海上にストロンバーグを投下するなど、ちょっとした遊びには使える。
ただしホバリング中のアベンジャーには入庫できなくなるため、一度施設に戻さなければならない点に注意(デラックソですぐ傍まで接近しても入れない)。

余談

施設へ格納する際に流れる映像では、回転翼が折りたたまれた実機同様の格納状態になる*8
この格納状態の機体はデータ上「アベンジャー2」という別機体扱い。PC版ならMOD等で呼び出すこともできる。外見以外全く同一のパラメータなので通常通り飛行やカスタムも可能。参考動画

過去作『GTA:LCS』では同名のバイクが登場している。
Freeway(フリーウェイ) をベースにした自警団の特注バイクで、防弾性能を有していた。
ゲーム内では自警団ミッションのクリア特典として1台が隠れ家に贈られるだけで、それを保存しなければ入手不可という非常に希少性の高いバイクであった。


空翔ける死神、降臨。
Warstock Cache & Carry サイト内の解説より*9


入手場所、出現場所

オフライン

  • 出現しない。

オンライン

  • 施設を所有してる状態で、オンラインショップ「Warstock Cache&Carry」から購入可能。

改造費用

施設の"ワークショップ"でなければカスタム不可。
武器ワークショップ、乗り物ワークショップ、砲塔の設置と内装カラーの変更はWarstock Cache & Carryのサイト内でしか実行できない。

アーマー

アーマー 【6種】 費用
オンライン専用
なし $1,000
アーマー強化20% $7,500
アーマー強化40% $12,000
アーマー強化60% $20,000
アーマー強化80% $35,000
アーマー強化100% $50,000

爆弾

爆弾 【5種】 費用
オンライン専用
なし $700
爆弾 $75,000
火炎爆弾 $85,000
ガス爆弾 $95,000
クラスター爆弾 $120,000

エンジン

エンジン 【4種】 費用
オンライン専用
EMSアップグレード:レベル1 $9,000
EMSアップグレード:レベル2 $12,500
EMSアップグレード:レベル3 $18,000
EMSアップグレード:レベル4 $33,500

ハンドリング

ハンドリング 【4種】 費用
オンライン専用
ハンドリング(標準装備) $1,000
スムーズハンドリング $20,000
スポーツハンドリング $27,000
レースハンドリング $35,000

ボディーペイント

ボディーペイント 【21種】 費用
オンライン専用
なし $11,400
ベーシック迷彩 $18,240
ザンクード迷彩 $19,380
スプレー迷彩 $20,520
3カラーアウトライン $21,660
90sサンドボックス $22,800
モダン5カラー $23,370
不毛の戦域 $23,939
冬季迷彩 $24,510
アーバンウォリアー $25,080
自然保護区 $25,650
海戦戦術 $26,220
アーバンジオメトリック $26,789
コヨーテジオメトリック $27,360
大柄ジオメトリック $27,930
海戦ジオメトリック $28,500
デザートフラクタル $29,070
アーバンフラクタル $29,639
大柄デジタル $30,210
中柄デジタル $30,780
小柄デジタル $31,350
スカル 無料
ナックルダスター 無料
コンベア 無料
星々 無料
ロイヤルスチュワート 無料
ギャラクシー 無料
ツリー迷彩 無料
キャンディケイン 無料
スノーフレーク 無料
ヒイラギかざろう 無料
ハンティング迷彩 無料(2018年8月21日~2018年8月27日にログインした者限定)
Sessanta Nove」マルチカラー 無料(2018年9月11日~2018年9月17日にログインした者限定)

メインウェポン

メインウェポン 【2種】 費用
オンライン専用
前部搭載砲塔 $0
前部&上部&後部砲塔 $240,000


※ペイントの改造費用は全車種共通。
 詳細は乗り物 カスタマイズのページを参照。