強盗




概要

2015年3月10日にリリースされたコンテンツ。
オフラインの「強盗」ミッションのように、複数のミッションにて構成されるコンテンツを最大4名のプレイヤーで楽しむことができる。

強盗を始めるには

以下の条件が必要

  • プレイヤーランク12
  • 高級マンション(10台ガレージが併設されたマンション、高床式などの種別は不問)の所有

ランク12になったら

  • ランク12になると、レスターからメールと電話が届き、マップに「L」マークがつく。
  • レスターに会いに行った後、またメールと電話が来て自分のマンションに今度は「H」マークがつく。
  • ここから最初の強盗ミッション「フリーサ強盗:下見」が開始できるようになる。

リプレイ

  • フィナーレまでクリアした強盗ミッションは、レスターに電話をするか、マンションの強盗計画ルームのボードから選択することでリプレイが可能となる。
※レスターに電話した時、メニューのリプレイにロックがかかっている場合は、フリーサ強盗をリーダーでプレイすることで解除することができる。


ミッション

フリーサ強盗 "Fleeca Job" 準備金:$11,500
ウエスタン高速道路にあるフリーサ銀行の
小さな支店を襲って、強盗メンバーとしての腕を証明しろ。
下調べし、逃走車を用意して襲撃し、うまく逃げろ。
プレイヤー 2人
報酬 イージー:$57,500
ノーマル:$115,000
ハード :$143,750
解除・割引 クルマ
クルマ(装甲)
脱獄大作戦
1 フリーサ強盗:下見
2 フリーサ強盗:クルマ
3 フリーサ強盗

脱獄大作戦 "Prison Break" 準備金:$40,000
ボーリングブローク刑務所に収監されている重要人物を逃がせ。
脱獄させるには護送車と密輸入業者の飛行機が必要だ。
機嫌を損ねないために、借りをいくらか清算して彼の車を手に入れなければいけない。
プレイヤー 4人
報酬 イージー:$200,000
ノーマル:$400,000
ハード :$500,000
解除・割引 カスコ
護送車
ベラム-5シーター
ヒューメイン研究所襲撃
1 脱獄大作戦:飛行機
2 脱獄大作戦:バス
3 脱獄大作戦:警察署
4 脱獄大作戦:濡れ仕事
5 脱獄大作戦

ヒューメイン研究所襲撃 "Humane Raid" 準備金:$54,000
秘密の研究施設に入ってデータを持ち出せ。
EMPを入手して中に入り、研究所のキーコードを手に入れ、攻撃ヘリを手配しろ。
それからチームの半分が研究所を襲い、残りの半分は仕事が終わるまで警備を追い払え。
プレイヤー 4人
報酬 イージー:$270,000
ノーマル:$540,000
ハード :$675,000
解除・割引 ハイドラ
ワルキューレ
インサージェント
インサージェント トラック
ディンギー
ドラッグ強奪ビジネス
1 ヒューメイン研究所襲撃:キーコード
2 ヒューメイン研究所襲撃:軽装甲車
3 ヒューメイン研究所襲撃:EMP
4 ヒューメイン研究所襲撃:戦闘ヘリ
5 ヒューメイン研究所襲撃:EMP配達
6 ヒューメイン研究所襲撃

ドラッグ強奪ビジネス "Series A" 準備金:$40,400
一流配送会社の立ち上げに商品が必要な三流ディーラーに手を貸そう。
国内の最も巨大な薬物業者のいくつかを襲って、品物を奪い、全部まとめて売り払え。
プレイヤー 4人
報酬 イージー:$202,000
ノーマル:$404,000
ハード :$505,000
解除・割引 テクニカル
ミュール
パシフィック銀行強盗
1 ドラッグ強奪:白粉
2 ドラッグ強奪:収集車
3 ドラッグ強奪:バイカー
4 ドラッグ強奪:ハッパ
5 ドラッグ強奪:結晶
6 ドラッグ強奪ビジネス

パシフィック銀行強盗 "Pacific Standard" 準備金:$100,000
国内最大級の銀行の一番大きな支店を襲え。
応答装置を見つけ、正しい周波数に合わせてパシフィック・スタンダードの
染料パックシステムを無効化し、ハッキング装置、逃走用のバイク、
サーマルチャージを手に入れたら、勢いよく突入して金を奪って出てこい。
プレイヤー 4人
報酬 イージー:$500,000
ノーマル:$1,000,000
ハード :$1,250,000
割引 レクトロ
サベージ
ギャングブリート2
ボックスヴィル4
1 パシフィック銀行:バン
2 パシフィック銀行:信号
3 パシフィック銀行:ハッキング
4 パシフィック銀行:車列
5 パシフィック銀行:バイク
6 パシフィック銀行強盗

乗り物割引について

解除と記載されている乗り物は、かつては該当の強盗ミッションクリアで購入が解禁される仕様だった。
現在では無条件で購入できるが、代わりに該当ミッションクリアで購入時の割引を受けることができるようになっている。

特別強盗クリアボーナス

上記の報酬以外に、特別強盗クリアボーナスが獲得できる。基本1アカウントに付き1度のみだが、莫大なGTAマネーを入手できる。
名称 内容 報酬 備考
初回
ボーナス
各強盗フィナーレの初回クリア $10万
サポーティング
ボーナス
全ての強盗準備とフィナーレをメンバーとしてクリアする $10万 順番は不問
模範手順
チャレンジ
全ての強盗準備と強盗フィナーレを順番にクリア $100万 誤りなどでロビーに参加してもジョブ開始されなければセーフ
忠誠心
チャレンジ
全ての強盗準備と強盗フィナーレを同じメンバーでクリア $100万 順番は不問
ただし一度でも他のプレイヤーを含む状態で強盗ミッション(準備・フィナーレ問わず)を開始するとリセットされる(一度クリアしたものでも同様)。
「開始すると」なのでクリアするかどうかは関係ない(自分含むメンバーのエラー退出などでもリセットされる)。
エリート
チャレンジ
各フィナーレに置いて難しい条件(クリア時間やWASTEDなしなど)をクリア $10万 複数回達成可能,フリーサ強盗は$5万
犯罪立案
チャレンジ
難易度ハードで、同じメンバーで全ての強盗準備と強盗フィナーレで、一度も命を落とさずクリア $1000万 WASTEDを伴わない失敗(EMP配達で発見されるなど)ではこのチャレンジは失敗にはならない
別視点
チャレンジ
全ての強盗準備と強盗フィナーレを1人称視点のみでクリア。ホストはカメラを1人称固定に設定する必要がある $10万 順番は不問・次世代機版のみ
忠誠心チャレンジと犯罪立案チャレンジにはフリーサ強盗も含まれているため、クリアする為には4人のメンバーの内2人ずつフリーサ強盗をクリアしてから脱獄大作戦以降をプレイすること。

ホストとメンバーの特徴

ホスト

強盗のリーダーとなる存在。仕事仲間となるメンバー3人(フリーサ強盗は1人)を集め、様々な強盗ミッションに挑む事になる。
  • メリット
    • 好きな強盗ミッションを選んで実行できる
    • 強盗フィナーレではデフォルトで55%と莫大な報酬を得られ、メンバーの報酬を削れば更に引き上げも可能
    • 難易度・コスチューム等を自由に設定できる
    • フィナーレでは各々の役割や報酬配分を自由に選択できる
    • ロビーで不要なメンバーを追い出せる
  • デメリット
    • 強盗実行時に準備費用が必要
    • 人を集めるのがとにかく大変な上、集まるメンバーも玉石混交
    • 準備ミッションで報酬が得られない(RPは得られる)

メンバー

  • メリット
    • 準備費用が掛からない
    • 準備ミッションでも報酬を得られる
    • いきなりフィナーレに参加し、美味しいところだけ持っていけることがある
  • デメリット
    • 仕事を選べない(好きな強盗を選択できない)
    • ホストの選択に逆らえない
    • フィナーレの報酬が安く最初の準備からするならホストする方が儲かる
    • 準備からしてもフィナーレで切られる可能性がある

強盗を始めるに当たっての心構え

以降の解説は「野良でプレイしている」という前提での話となっている。
いずれもあくまで参考程度に。

強盗参加前に準備・用意しておく物

  • 基本操作などはできて当たり前。ミッションに参加してから「飛行機が操縦できない」「パラシュート降下ができない」等で失敗しないように。
    • 各地の飛行場やヘリポートに行けばヘリや飛行機に乗り込め、空中で降りればパラシュートが勝手に装備されるのでそれでも練習できるが、オフラインのフライト訓練所へ行けば基本的な飛行機とヘリの操縦とパラシュートの操作を学べるのでそちらで練習するのもオススメ。
      • パラシュート降下技術に関してはオンラインのいずれかのパラシューティングを最終降下地点にきちんと降りられる位の技量が有ればまず問題無い。
      • オンラインにもフライト訓練所があるがいずれも基礎技術の応用になっており高難易度。さらに強盗ミッションにほとんど役に立たない技術を磨くミッションも複数ある。ただ、最後まで行けば飛行技術が磨けるのは確かで、キャラクターの飛行スキルも上がり、全てクリアすれば10万ドルが貰えるので全くの無駄ではない。
  • 武器は一通り用意しておく。
    • コンタクトミッション同様に強盗はNPCとの戦闘が基本なので、対抗できるだけの武器は揃える必要がある。
    • 特殊カービンや改良型ライフル、ブルパップライフル等のAR系、車内からドライブバイ可能なピストル系、重火器のコンパクトグレネード辺りならランクに関係なく解禁されているので、コンタクトミッションやボスジョブをひたすら回って報酬を貯めて購入しておこう。
    • 敵に気付かれないよう音を立てずに行動する『ステルスミッション』も幾らか存在するため、ステルススキル上げと一緒にサプレッサーを取り付けたライフルを一本持っておくと良い。
    • 用意した方が良い武器や車両については強盗:ドゥームズ・デイのページも参照。
  • 弾薬はしっかり補充する。
    • 重火器やMk2武器の特殊弾薬のような元々持てる数が少ない、またはミニガンの様に消費が激しい火器の弾薬は弾切れになり易い。開始時の準備画面のほか、リスタート時のメニュー画面でもL3ボタン(PC版:Shift)を押す事で弾薬は一括のみ(持ってる武器の全弾薬を満タンに購入する)だが購入可能。同様にR3ボタンでボディアーマーも一つだけだが購入できる。
    • また、弾薬はクイックメニューの所持品からいつでも購入できる事も忘れずに。
    • ただし、Mk2武器の特殊弾薬はこれらでは補充できないので注意*1
  • 車での移動が基本となるので、十分にチューニングを施した高性能車を用意しておく。当たり前だがアクセル全開で壁に激突してしまう様な荒い運転は避け、車種、乗り物を問わず一通り運転できるのも絶対条件。
    • 「運転が苦手だからor面倒だから他人の車に乗せてもらおう」とは絶対に考えない事。他人を乗せるのを嫌うプレーヤーもいる。ただし目的地までスキップしようとする場合もあるので、同じ車に他のプレイヤーが乗り始めたり、向こうから近づいて来てクラクションを鳴らされたら乗るといった臨機応変さも大切。逆に他のプレイヤーが乗ってきた場合はそのまま乗せた方が良い。
    • 人を乗せるのであればアクションメニューからアクセス設定を全員または乗客にする。
    • 機銃付きの車両を持ち込んだ場合は銃座に人が就いていないと性能を活かせないので、この場合は寧ろ乗ってもらった方が良いだろう。
  • 戦闘や運転等のプレイヤースキルも勿論だが、キャラクターのステータスも非常に重要。強盗ミッションに参加するからには、射撃・運転・スタミナ・体力・飛行・ステルスの6つのステータスはできる限りMAXに近づけておく事
    • 特にプレイの基本となるスタミナ・射撃・運転はレベル上げも容易なのでカンストさせておきたい。
    • 普通にプレイして増えづらい体力・ステルス・飛行が高ければ、慣れている・やる気があるプレイヤーと見られやすいのでできる限り上げておこう。
    • 肺活量は必要な場面がほとんどない上、ステータスを表示でも確認できないため不要。
  • ランクは可能な限り上げておく。
    • 体力ステータスとは別に、20ランクごとにライフが上昇し、銃撃などで短時間で死ににくくなるうえ、ライフの回復速度も少しだけ速くなる。また、一定ランクで武器等も解除されていく。
    • 1~30台ランクだとNPCとの銃撃戦で瞬殺される危険性があり、ハードだとそのまま失敗してグダりかねない。それ以前に強盗に参加しようとしても力不足と見なされて蹴り出される可能性がある。
    • また、低ランクでホストで募集しても、フレンドでもなければ上記の死に易さ等の観点から退出されることもあり、人が集まりづらい。
    • 50ランク辺りならマシンガン等と超重量ベスト(防弾チョッキ)の解禁によってある程度こなせるようになるため、まずは装備解除と資金集めとミッションの練習も兼ねてコンタクトミッションを回していくのが先決。時間はかかるがいっそ100まで上げてしまえばプレイヤーの腕以外の心配は無くなる。

「重量ユーティリティベスト」について

  • 服屋で購入できる服装「重量ユーティリティベスト(ヘビー戦闘服)」を着用することで、強盗ミッション限定ではあるが銃撃・爆発によるダメージを1/4に軽減する効果がある。ランク100以上・体力スキル・ライフゲージ満タンであればロケランの自爆やヘリのミサイルの直撃にも1発耐える程の耐久力を得ることができる。
    • 装着すると移動速度が下がる(ダッシュができなくなる*2)デメリットがあるが、それ以上に耐久力が上がるメリットの方が大きい。強敵であるメリーウェザーやNOOSEは勿論、パシフィック銀行襲撃直後に駆け付けてくる警察の大部隊が相手でも余程無茶なプレイをしない限り銃撃戦で死ぬという事がほぼ無くなるため、非常に有用。
    • 服屋の「トップス」→「ユーティリティベスト」から重量ユーティリティベスト2種類のいずれか、またはカウンターのコスチュームから強盗:ヘビー戦闘服2種類のいずれかを購入し、装着したものを保存して強盗用服装を「保存済みコスチューム」に設定する事で殆どのミッションで使用できる。*3
      • 注意しなければいけないのはホストが強盗用服装を「保存済みコスチューム」に設定しない限り、自分はおろか他の参加者が使用したくてもできないということ。特に熟練者やベストの効果を知っているプレイヤーは、激しい戦闘が発生するミッションや指定車両を追手の激しい追撃をかわして届ける必要があるミッション*4で保存済みコスチュームに設定されていないと、それだけで「確実にクリアしようという意欲が全く感じられない、参加するだけ時間の無駄」と判断して即退出するケースが多い。有能な参加者を募るという意味でも、保存済みコスチュームの設定は極めて重要である。「どうせなら用意された衣装を着たい、自分の思い通りの設定でプレイしたい」と思うかもしれないが、それを通した結果クリアできなければ元も子もないということを忘れずに。
    • ヒューメイン襲撃の一部ミッション*5のみ、強盗専用コスチュームからでもヘビー戦闘服を選択可能。
    • 戦闘が(実質)発生しないミッション*6*7*8の場合は重量ユーティリティベストを使用してもメリットが一切無い*9為、保存済みコスチュームにしなくても問題無い。
    • 「強盗:ドゥームズデイ」アップデート以降様々なユーティリティベストが追加されたが、これらにはダメージ軽減効果が一切無いので注意。
+参考動画 重量ユーティリティベストの購入及び保存方法

重量ユーティリティベスト効果検証(動画後半にて有用性を解説しています)


ミッションのプロセス・攻略手段を素早く掴め

初めのうちは分からないことは多いのは仕方が無いが、流れは早く掴む様に。
  • 強盗ミッションに参加する前に各強盗ミッションのページを見て、手順及び攻略法を全て理解しておく事。強盗は専ら稼ぎミッションとしか見られておらず、とにかく「時間短縮・効率の良いプレイ」が求められる。
    • 既に攻略し尽くされたコンテンツであり、少し探せば攻略法もプレイ動画も簡単に見つかるので、必ず予習をしておきたい。また、効率の良いクリア方法や裏技も研究されている。同じ役割のベテランがマーカーやセオリーを無視して行動している様なら、それを参考にしたり、フレンドになったら理由を聞いてみるといいだろう。
  • 自分の力量に見合ったプレイをすること。不慣れな内は華々しい活躍より失敗しない堅実な立ち回りを心がけること。
    • 纏まって行動するミッションであれば、最悪死にさえしなければ他のプレイヤーのスキル次第でどうにかなる場面も多い。同じ個所で死亡を繰り返してしまうのであれば、戦闘を他のプレイヤーに任せて安全な場所に隠れるのも有効な手段の一つである。
  • また、いくら攻略法が研究され尽くしていたとしても、すぐにそれを行動に移せる初心者はまずいないので、どうしても不慣れな内は失敗を繰り返してしまう。誰もが最初は初心者。指示を理解しようとしなかったり身勝手な行動に走らない限り、できるだけベテランプレイヤーは初心者の失敗に寛大な姿勢を持ってほしい。
  • そして、野良強盗は稼ぎとしては現状最低効率である事を頭に入れておくこと。稼ぎのために初心者にイライラするくらいなら野良強盗はさっさと卒業してしまおう。
    • ちょっとした攻略法、クリアへの近道を見つければ、その分さらに有利になる。迷惑にならない程度に、思いつく手段は全て試してみよう。


不用意に固まるな

  • 危険だからと不必要に仲間に密着するのは殆どの場面で効果的ではない。
  • どんなミッションでもその一か所しか安全地帯が無いというロケーションはほぼありえない。複数のプレーヤーが同じ位置から同じ様な視野で敵を狙うのも無駄なことが多い。
  • カバーポジションの取り合いになったり、味方同士が邪魔して敵を狙えない、最悪は味方の後頭部にミサイルをお見舞いして自爆などという事故も招きやすい。
  • 仲間同士が密集するのは、敵と戦いながら逃走する、狭い通路で前後から敵が来るなど、一部の限られた条件下でない限りメリットは殆どない。互いにカバーし合える安全な位置取りを心がけよう。


スナック・ボディアーマーを有効活用しろ

  • 高難度のミッションで一番重要になるのがライフやアーマーの回復と言った自己管理。これを怠ると致死率が跳ね上がる。特に重量ユーティリティベスト未着用の場合は要注意。スナックはいざという時の体力回復にとても役立つので、フリーモードでこまめに買い足しておこう。
    • ボディーアーマーは超重量アーマー1択。
    • スナックはカバー中ならノーモーションかつ連続で使える。間違っても棒立ちの状態でスナックを使わないように
    • カバー中と同様、武器を構えている時(持ってるだけではなく、狙って構えた時)も同様にノーモーションで使える。これを利用すれば回復しながら銃撃してゴリ押しで突破と言う荒業も可能。
    • これらを把握しておけば、絶対に死にたくない場面などで、クイックメニューを開きっぱなしにしておき、いつでも即座に回復アイテムを使える状態にして保険を掛けておく事もできる。乗り物に乗っている時も同様にスナックをモーションなしで使用できる。
  • 上記の様に便利ではあるのだが、あくまでも消耗品であり、ミッション中は補充不可能な上に少額とは言え購入費用及び補充の手間も掛かる。重量ユーティリティベストを装着すればこれらに頼らずとも銃撃による死亡率を限りなくゼロに近い数字に抑えられ容易に難所を突破しやすくなるので、戦闘が発生するミッションであれば常日頃から保存済みコスチューム+重量ユーティリティベスト装着を心掛けたい。


イージーミスに気をつけよう

全てのジョブに言えることだが、ふとした油断、操作ミス、自爆などで死亡し、ミッション失敗に繋げてはならない。常に気を抜かない様に。
他の参加者にとっても、決して安易では無い自分の役割を繰り返し行うのは大きな負担。
  • 乗り物の運転も油断禁物。回収対象となる乗り物は慎重に運ぶ。
  • ヘリのローターや飛行機のプロペラには巻き込まれないように気を付ける。


良識と協調性を保て

強盗ミッションは仲間との緊密な連携が重要となる。故に、メンバーの足を引っ張ったりチームの和を乱す様な行動を取ったりする事は慎もう。
  • 前述のイージーミスにも繋がるが、不意に他のプレイヤーを車で轢いたり、他のプレイヤーの車を破損させないように気を払うように。間違ってしてしまったのならすぐでなくても良いので謝る事。
    • 当然ながら故意に行うのは人としても論外。ストレス発散はオフラインで。
  • 車で移動するときも仲間と接触してスピンさせたりする事の無いように。バイクの場合は大事故に繋がるので注意。迅速に移動するに越したことはないが、あくまで移動でありレースでは無い。荒い運転は避けよう。
  • どんな些細なイタズラでも、相手によってはやられた瞬間に即退出という事も有り得る。ただでさえ疑心暗鬼になりがちなGTAOの世界では些細なイタズラが喧嘩、晒しに発展することも珍しくないので注意しよう。
    • 機銃つきの乗り物に乗ったときに、不必要に撃つなどの行為は、運転の邪魔なのでするべきではない。
  • アクションの敬礼はコミュニケーションに便利なので登録しておくと良い。


持ち込み車両関連

  • 強盗ミッションには通常のコンタクトミッションとは違い、持ち込める車両に制限がある。
    • 個人車両且つ一般車であればクルマ(装甲)含めほとんどの乗り物が利用可能だが、ハンジャールやAPCといった高火力車両、オプレッサーMK2やデラックソのような飛行車両は使用不可。
    • また、スピードー・カスタムやルイナー2000のような特殊車両、ペガサス配送の車両や航空機、格納庫の個人航空機も持ち込めない。
  • 持ち込み可能且つ実用的な兵装を持つ武装車両は主にヴィジランテ戦闘用タンパテクニカル・カスタムハーフトラックインサージェント トラック・カスタムバラージメナサーが有る。
  • 屋外で戦闘が発生する殆どのミッションではクルマ(装甲)や充分なカスタムを施した武装車両を持ち込めば難易度は大きく引き下がる。
    • 充分にカスタムした武装車両を用意する事は100万ドル単位の莫大な事前投資が必要となる*10為、資金にある程度の余裕が無いと厳しい。
    • クルマ(装甲)は自宅ガレージさえあればよく、価格も比較的お手頃で容易に購入できるため、「脱獄大作戦」以降の強盗をスムーズに進めたいのであれば是非所有しておきたい。後に挑戦するであろうドゥームズデイ強盗なども含め、戦闘に車両を持ち込める状況ならこれがあるだけでクリアがぐっと楽になる。
  • 個人車両を移動にのみ使用するようなミッションでは、フルカスタマイズを施したスーパーカーやスポーツカーがオススメ。場面に応じて臨機応変に車種選択をしよう。
  • バイクは移動速度は速いものが多いが、運転手が剥き出し故に衝突事故や銃撃で死にやすく、遮蔽物にもできないので個人車両を移動だけに使うミッション以外では注意。
  • 「車両アクセス」の設定には注意する事。
    • 設定が「なし」や「フレンド」などになっていると、他のプレイヤーは乗りたくても乗れなくなってしまう。これに気づかずクラクションを鳴らして乗り込むようアピールする人は珍しくないので、強盗参加前に「乗客」か「全員」に変更しておこう。
    • 近接地雷を搭載している車両を持ち込む場合はクラクションと間違って敷設しないように。

難易度は内容と仲間に合わせて調整を

基本的に難易度はメンバーの報酬も考えてノーマルかハード設定。
  • 仲間がフレンドや高ランクの場合はハードでよい。ただ、ヒューメインEMP強奪やパシフィック強盗・車列など、危険度や事故率の高いミッションや、集まったメンバーのランクや能力を見てハードだとグダりそうだと感じた場合はノーマルにした方がよい。基本的に難易度による差は「チームライフの数のみ」だと思っていい。
    • ハードでは「死=ミッション失敗」だが、ノーマルなら1回、イージーなら2回までは死ぬ事が許されるので、クリアがだいぶ容易になる。フィナーレ目的でスムーズに準備を進めたい場合はノーマル設定も決して悪い選択では無い。
      • なおイージー設定にすると報酬がノーマル設定の半分になる為、大抵の場合、普通にコンタクトミッションをクリアするよりも報酬が少なくなってしまい、労力に対する報酬の割が合わなくなる。ある程度強盗を熟知しているメンバーや稼ぎ目的で参加しているメンバーは、この時点で抜けてしまう事が多いので注意。
    • また、フリーサ強盗:下見やヒューメイン:EMP配達、パシフィック強盗:バンなど、戦闘が無いミッションでノーマルやイージーにすると「ミッションの内容を把握していない素人」と判断されやはり退出されやすいので注意。
  • なお、基本的にどんな強盗だろうとフィナーレはまず難易度ハードにすること。一番の稼ぎ所で難易度ハードにしなかった場合、ロビーで抜けられる可能性が高い。
    • チェックポイントがない脱獄大作戦の場合は、ノーマルにするのも有り。
    • もっとも、メンバーが低ランク揃いならノーマルに抑えた方が安定性は高まるので、どうにもならなさそうであればハードに固執することはない。
    • まず最初はハードで試してみて、どうしてもチェックポイントが進まない場合にはノーマル以下を検討しよう。


基本的に野良メンバーの報酬はデフォルトから下げない


  • 強盗ミッションのフィナーレで得られる報酬の分け前は、ミッション開始前にホストが自由に決めることができる。*11
    • 報酬のデフォルト設定はホストが55%、メンバーが3人それぞれ15%になっている。ただしフリーサ強盗は参加者が二人のためデフォルトでホスト60%、メンバー40%となり、報酬の下限は30%となる。
  • 報酬配分次第でメンバーの機嫌を損ねず強盗がスムーズに済ませられるか、はたまた金に目が眩んで報酬をケチったホストと報酬に不満を持ったメンバーのいかにもGTAらしい醜い争いゴタゴタが展開されるかが左右される。
    • ホストの報酬を増やす為のメンバー報酬引き下げはシステム上何の問題も無い行為で、とにかく儲けたいのであれば極端な話だがホスト70%、メンバー合計30%という設定も可能。(報酬の上限は70%まで)。
    • 最も野良での報酬引き下げはメンバーのモチベーションが著しく下がりミッション遂行が困難になりやすく、それこそ報復として、良くて退出、悪ければ仕事をサボったり「荒らしても良い」という意思表示とみなして荒らし行為に走るプレイヤーは多く、実際に悪質な妨害や荒らしに出られると、困難どころかクリア不可能*12になってしまう。
    • もちろん荒らし行為を行ったメンバーにも非があるが、あくまでも野良メンバーの大半は稼ぎ目的で参加しているため、正規の報酬が払われなければ働きたくなくなったり、荒らすという形で抗議したくなるのは当然。この場合では不当に報酬を下げたホストが原因となる。不当にメンバーの報酬を引き下げた分だけ、クリア率の低下及び荒らし率の上昇があるという事を忘れてはいけない
      • 逆に予め了承を得ているフレンドや無報酬で構わないと自己申告してくるメンバーであれば、当該メンバーの報酬を0%に調整して自分の配分を増やしても問題無い。
      • またメンバー側もホストは開始前に準備金を支払っており、尚且つフィナーレまで一切報酬が無いということも考慮し、不当な報酬引き上げ要求は控えた方が良いだろう。

信頼できるフレンドを集める

  • 野良で拾ったメンバーはそれこそ赤の他人に過ぎない。稼ぎのために協力はするが、基本的にはホストのことを“第一には”考えてはいない。
  • 連携が取れるメンバーを集めれば、当然強盗の遂行も楽になる。効率よく稼ぎたければ信頼できる仕事仲間を探そう。
    • ゲーム内で有能なメンバーを探すのが難しければGTA5強盗関係のコミュニティでメンバーを募るのも一手。しっかりした募集条件を記載しておけば有能なメンバーを集めやすくなる。


野良メンバーの人選

  • フレンド等と行うのであれば問題ないが、野良で強盗を行う場合、いかに有能でやる気のあるメンバーを集めるかが重要となる。
  • 現状では度重なるアップデートにより強盗以外の稼ぎ手段が多数追加され、有能なプレイヤーの大半はそちらに流れてしまっているか、確実にクリアできるフレンド同士でしか強盗はプレイしない、或いはビジネス製造の間の暇潰しで参加、中には初心者救済のための手伝いという傾向にある為、野良強盗に参加するプレイヤーの質がやや落ちている傾向にある。*13
    • まず大事なのは、「ランクと実力が比例しているとは限らない」という事、ランクはあくまで目安と考えるべき。
      • どれだけランクやステータスで判断しても、荒らし目的のプレイヤーやミッション内容を理解できないプレイヤーを引かされる可能性はゼロでは無い。かといってランクもステータスも殆ど上げていないプレイヤーが有能である可能性も極めて低い。
    • プレイ人口が多い休日等はメンバーの集まりも良くなる一方、荒らしや下手なプレイヤーの割合も増えるのでより一層警戒する必要がある。ストレス無く強盗を進めたいのなら夜間がお勧め。
      • PC版は世界共通のサーバーなので、時間を絞る意味は無い。
  • フィナーレではできれば準備ミッションの参加メンバーを集めたい。前の準備ミッションで活躍をしているのであれば、フィナーレに使ってもまず問題は無い。
    • フィナーレから入ってきたり、準備で大して活躍していないのにもかかわらず不当に報酬の引き上げを要求するプレイヤーがいればすぐに解散し、そのプレイヤーを除いたメンバーで組み直す事を推奨。そういったプレイヤーは大抵引き上げ高に応じた仕事をしない。

無理そうならさっさと諦める

  • 失敗例や強盗メンバーの動きで「このメンバーではどうやっても無理」と察することはできる。
    • 失敗続きで何度も容易ではない任務を最初からやらされるのは精神的にも辛いため、長引くとどんどんグダグダになっていき、集中力が切れてきて些細なミスも増えてくる。
  • そうなってまでも無理に続ける必要はないので、ホストの場合は解散して組み直し、メンバーの場合は見切りをつけて退出するというのも手。無理に付き合っても時間と弾薬費を無駄にするだけ。
  • ただ、一度失敗しただけで即退出・即解散というのも避けたい。どんなベテランだろうと失敗することはあるので、最低でも2~3回は挑戦するようにしたい。
    • ミッション中に抜けるのは基本的にNG。唐突にミッションが終わってしまい、抜けた側も負け犬ポイントが付いてしまい、双方に無利益となる。抜けるなら失敗してリザルトに戻ってからにしよう。


その他

  • 本編ストーリーミッションやコンタクトミッション、フライト訓練所、パラシューティング・レース等のアクティビティを一通り行えば戦闘や車両運転、航空機の操作、パラシュート操作を覚えられるので、基本的な操作が習得前提である強盗ミッションでも多いに役立つ。
  • 強盗ミッションが終了すると、基本的にメンバー全員が非常に近い状態でフリーモードに戻る。杞憂だとしてもその場でPKされたくない人はミッションに入る前にパッシブモードの使用を忘れずに。
    • 招待セッションからクイックジョブで公開セッションで募集されていた準備ミッションに参加した場合、ミッション終了後に招待セッションに一人で戻ることができるが、ホストが招待セッションから募集していた場合は同じ招待セッションに全員で行くことになる。
  • 小ネタとして、いずれかの強盗を受注している状態でクイックジョブから他人の強盗に参加しようとすると、自分が現在受注している強盗しかヒットしなくなる。*14
    • この仕様を利用すればクイックジョブを自分の好きな強盗にだけ絞る事が可能。
最終更新:2020年08月10日 12:14

*1 補充は武器ワークショップのみ

*2 ジャンプしながら歩くことで多少は速く移動できる

*3 脱獄大作戦:警察署の警察署潜入チーム及び同フィナーレ、ドラッグ強奪:収集車に関しては、保存済みコスチュームの設定ができない為に使用不可

*4 ヒューメイン:軽装甲車、ドラッグ強奪:バイカー、パシフィック:ハッキング等

*5 EMP、戦闘ヘリ、フィナーレの地上チーム

*6 フリーサ強盗:下見及び同フィナーレ(用意された装甲クルマを使っての逃走になる為、死亡要素がほぼ皆無)

*7 ヒューメイン:EMP配達(完全なステルスミッションなので戦闘=失敗)

*8 パシフィック銀行:バン(最後に警察を撒く必要があるかもしれないがそれだけ)

*9 耐久力アップのメリットを活かす場が無く、移動速度低下のデメリットだけが悪目立ちしてしまう

*10 殆どの車両がワークショップ設置に加え、地下基地での研究解除及び高額なカスタム費用が必要になる

*11 報酬の上限は70%、下限は0%となっている

*12 分かりやすい例で言えば「全員で乗り込むべき乗り物に意地でも乗らない」というケースや、自殺や回収目標の破壊、クリア直前で故意に退出してミッション失敗に追い込むケース等々。こういった行為に出られるとホストにも他メンバーにも打つ手がなくなってしまい詰んでしまう。

*13 とはいえ、誰も彼も強盗に励んでいた頃は単純に母数が多かったので結局ピンキリではあったが

*14 例を挙げるとパシフィック銀行強盗をホストとして進行中であれば、クイックジョブを掛けてもパシフィックしか当たらなくなる