朱島歩武


「俺は全力で!自分の居場所を守ってやる!」

ETERNALの18禁超銀河級・総選挙RPG『輝光翼戦記 天空のユミナ』の主人公。Now Dying。
神撫学園の2年生で弓那の同級生。本人は平穏で程々な毎日を求めているが、
入学前に父親に守れと言われたトラブルメーカー弓那によって、いつもアクシデントに巻き込まれる。
名前の読み方は「あかしま あゆむ」。名前の入力が面倒なため、プレイヤーからはよく「ほぶ」や「ボブさん」とも呼ばれる。
担当声優は櫻井真人氏。
シリーズの続編である『輝光翼戦記 銀の刻のコロナ』にも、他の論説部メンバーと共に参戦している。

原作でのキャラクター

普段はのんびりとした性格であるが、いざという時には熱血し、決められる所は決める男。よくいる気もするが、気にしない。
育ての父親である朱島武人に幼少の頃から(歩武曰く「拷問染みた」)様々な訓練をさせられてきたため、身体能力は非常に高い。
その影響なのか生まれつきのものなのか、何かと面倒事を嫌う傾向にあり、特に父親武人の訓練話はトラウマになっているようで、
その手の話題は積極的に避けようとする。
もっとも武人の事を嫌っているわけではなく、星徒会大戦にて彼の事を現星徒会長である那由他に対して楽しげに話す姿も見受けられる。

やがて「翠下弓那を守れ」という武人の命令により神撫学園に入学。
歩武本人は「翠下弓那」は武人の妄想上の存在だと思い込んでいたが、転校当日に弓那と出会い、
妄想が実在したという驚愕を口に出した事から二人の縁が始まる事になる。
一生懸命だが致命的にアレな弓那と、やる気は無いが適当に流す歩武は噛み合っていないようで噛み合ってる微妙な友人関係が続いていたが、
しかし、留年の危機に陥ってしまった弓那にその撤回活動に巻き込まれ、そのドサクサの中で、
論説部部長黒河雲母の誘いに応じて論説部に入部し、弓那に星徒会大戦を勝ち抜かせようとする事になる。
論説部の中では常識人ポジションとして働かされており、星徒会大戦中は雲母の命令で主に偵察や諜報として、他の参加者達と交流を深めていく。
ちなみに、彼がいなければ論説部が瓦解しかねない重要なポジションを担っていたりする(弓那とへのツッコミが雲母だけでは追い付かない的な意味で)。
というか、雲母を除くと歩武以外の正部員が実質問題だらけなため、自然と彼に仕事が舞い込んでくる。

また、主人公補正のためか、非常にもてる。同級生や星徒会大戦のなどからも好意を寄せられている。
が、本人は胸の控えめな子が好きという事を心の中で呟いたりもする。
そのためか偶にロリコン扱いされたりも
実際、メインヒロイン3人+FDヒロインの4人とも戦闘力的にはギャルゲ基準で底辺である。
まぁこの製作者の作るヒロインだと無いのが基本で、ある方が珍しいのだが。

余談ではあるが、オーダクルパートでは女装するシーンが多い。
……誤解の無いように言っておくと、彼自身が女装マニアとかそういう事ではなく、
オーダクル内においてのハズレ演出が彼の女装だったりするだけである。
しかし、どうにも公式でそういうネタ扱いされているような…。

+本編ネタバレ
実はアルゴダ星という別の星で武人に拾われた異星人。
武人は自分の娘である弓那を守るため、義理の息子である歩武に命令し神撫学園に入学させたのだった。
そのため、弓那とは義理の兄妹の関係になる。
しかし、論説部の純正の地球人の割合が低すぎである(異星人と地球人のハーフ、異星人×2、地球人だが成長停止)。

『銀の刻のコロナ』では終盤に登場。ユミナ本編以降は論説部と一緒に色んな世界を旅して回っている。
時間軸的には完結編以降なので弓那と付き合っている。
ただ、一緒に過ごせば過ごすほどあまりの残念っぷりに、本当に彼女がこいつでいいのかと最近自信が無くなってきた模様。
まぁ何だかんだで仲はいいのだが…。
論説部の中でも『コロナ』勢の中でも、数少ない常識人およびツッコミ役として頑張っている。

原作中の性能

武器はTOP画像にある通り片刃の両手剣。
キャラクターごとに割り振られている4色の属性の内、歩武は赤属性にあたる。
前衛として、アタッカーになるもよし。バックヤードから攻撃するもよし、補助もある程度はこなせるが、
単体だけでなく全体攻撃もこなせる優秀な攻撃能力が際立っている。
しかし、後衛の全体攻撃はそれほど威力が高くなく、対ボスならば持ち前の火力で押せるという前衛向きな部分が多い。
自己強化技でどのルートでも手に入る「アウェイキングオーバーライド」や、
妨害されない最強攻撃技「アカシマディスエレメンタラー」など、攻撃の面では非常に優秀。

物語の後半ではメカに搭乗する事により全属性を使いこなせるため、ほぼ常に前衛となる。
この時の能力は極めて優秀ではあるが、ゲーム時間の多くを占めるオーダクルにおける戦闘には使えないため、
ダメージコンテストなどの特殊な機会で無いといまいち日の目を見ない。

『ユミナFD』では唯一追加での男性の仲間であり、赤属性のテニス緋ノ宮黎との差別化が為されている。
具体的に言えば、あちら側が攻撃面での特化ならこちらは防御もそこそこに優れている。
最大火力では負けるが、その分防御もちゃんとこなせるタイプと言った所か。

『銀の刻のコロナ』では終盤で仲間になる。
性能はと言えば、前作主人公だけあって攻撃力だけなら全キャラ中トップクラス。
味方全体の攻撃力を2ターン上げる「エンデバーマインド」が異様なほど強く、
最大までレベルを上げると攻撃力が2倍以上上昇するという凄まじい事になっている。
これとMP消費0の「アカシマキャリバー」をやっていれば大体勝てるので、他のスキルの出番が無くなってしまうほど。
他にも自分を回復・強化するフィールドスキルなどを持つため、とても使いやすいキャラとなっている。
『コロナFD』でも相変わらず強く、さらに論説部メンバーが序盤から仲間になる事もあり、最初から主力として戦える。


MUGENにおける朱島歩武

弓那達ETERNALキャラを手掛けたrakurai氏によるものが存在。例によってスプライトは原作のものを使用している。
主に炎のエフェクトを纏った剣を使用した技で戦う。自己強化技も持っているが割合攻撃には効果が無いため、使う技は選ぶ必要がある。
3ゲージ技である「アカシマディスエレメンタラー」の際にはカットインが見られる。
防御面ではジャストディフェンスとして炎の楯を持っており、ガード硬直を短縮する事が可能。
rakurai氏のキャラ全般の特徴としてカウンターとクリティカルが存在し、クリティカルは1%の確率で攻撃力が2倍になる。
movetype = Aの相手に攻撃を当てるとカウンターとして攻撃力が1.5倍になる。ちなみに、この両者は重複しない。

AIもデフォルトで搭載されており、炎の楯の確率を設定する事が出来る。
更新によって10Pと11Pが追加され、10Pは常時強化技のアウェイキングオーバーライド状態。
11Pはステ強化したカラーで、10Pに加え攻撃力5倍と防御力2倍に加えゲジマシと被ダメージの半分回復が付き、狂下位~中位クラスとなる。
火力も勿論のこと耐久力が特に凄まじいが、ダメージ取得の仕様上開幕大ダメージぶっぱ当身などのロック技を使う相手には弱い。
一応前者は炎の楯、後者は防御力2倍である程度対応可能ではあるが、隙を突かれる事も多い。
12Pでは常時ゲージMAXで、更新によって10割コンボするようになった。
プレイヤー操作

+大会ネタバレ
MUGEN祭 大盛りシングルトーナメントにおいて順調に勝ち進む中、永峰希美と対戦する。
接戦の末ここで敗退するのだが、この際に一撃必殺技のぞみんパンチを喰らった絵が、
あまりにも違和感のない完璧な一枚絵 となって見えたため、視聴者から大きな反響を呼んだ。
サムネは14:34~

出場大会

プレイヤー操作



最終更新:2020年04月25日 00:34