妹(elona)


「お兄ちゃん♪」

フリーのローグライクRPG『Eternal Leagu of Nefia』(略称『Elona』)に登場する生き別れた血の繋がっていない
(ローグライクとは、ランダムに自動生成されるダンジョンを探索するCRPGであり、『不思議のダンジョン』の元ネタ。
 ただし原典の『ローグ』は『ドラクエ』どころかDQの元ネタである『Wizardry』『ウルティマ』よりも古いゲームである)。
種族はローランで、職業は遺跡荒らし(過去Verではプレデター(「捕食者」と言う意味であって、宇宙とは関係ない)だった事も)。
ローランという種族は、基本女性(しかも少女)しか存在しない特殊な種族で、自キャラで作成した際も初期年齢と身長・体重が低く生成される。

原作でのキャラクター

プレイヤーのことを「お兄ちゃん(プレイヤーが女性の場合は"お姉ちゃん")」と呼びつきまとう血の繋がっていない妹。
見た目はそこそこかわいいがそのブラコン(シスコン)&ヤンデレぶりからネタ要員としても人気。
時々ネフィア(地下迷宮)に落ちている他、小さなメダルの交換でも手に入る「妹の日記」というアイテムを読むと、
「なんと、あなたには生き別れた血の繋がっていない妹がいた!」
という文章と共にペット(字面はアレだが実質的には「仲間」の意である)になり、更には結婚したり牧場で繁殖させることもできる。
もっとも『Elona』ではクリーチャーだろうが機械だろうが神話生物だろうが同じことができるわけだが。
また、そのような手段を使わなくとも「妹の日記」を頑張って複数入手すれば複数の妹を連れ歩くことが可能である
(同行できるペットの総数は魅力の数値などに基づいて限界値が決まっているため、流石に「妹の日記」を読んだ数だけというわけにはいかないが)。
なお、隠しマップに「妹の館」という施設があり、雪原にぽつんと建った大きな洋館で沢山の妹や後述のお嬢様達が共同生活をしている。
館正面の地面には縦11マス、横13マスに亘ってページ冒頭の絵が描かれ、館の中では店主(妹)が「妹が愛を込めて作ったお弁当」を販売している。
妹の館の所在地は、ゲーム中に無作為にドロップする書物「《なぞの手記》という題名の本」にそのヒントが記されているのだが、
その内容を信じるならこの妹達は……。

+《なぞの手記》という題名の本
(文字はところどころかすれている)

レイチェル…おまえの…忘れない。

記憶が……留めるために…

おまえの病気…現代の医学……手は尽くした。

私は…なしでは…

だから

永遠に…おまえの思い出を…

秘密の庭…雪原に…

場所は…から…北に2…に4…

最愛なる妹よ…私は…

安らかに眠れ…

余談になるが、妹と似たような手段で仲間にできるキャラクターとして「お嬢様の日記」を読むことで天から降ってくるお嬢様、
「妹の秘密の日記」を読むことで出現する生き別れた血の繋がっていないぬこの妹・妹猫なども存在する。
…わけがわからないよ

原作中の性能

ペットになる妹は最初から戦術・二刀流のスキルを習得しているために軽めの武器を2本持たせればそこそこ戦え、
加入アイテムの妹の日記も割と簡単に入手できるのでオススメペットにあげる人も多い。
と言うのも、お嬢様はアイテムを無作為に投げる(本人は施しのつもりらしい)ため、
下手をすると突然火炎瓶を投げ始めて街を火の海にする事もあるなど扱いが難しく
(『Elona』はプレイヤー自身の手で(他のRPGでは攻撃自体が不可能な)町の住人を虐殺出来るRPGである。まぁ時間が経つと生き返るけど。
 そもそもこの世界では殺人よりも脱税の方が重罪である)、
妹猫は初期速度が高いものの耐久に乏しく事故りやすいため、日記組三人の中では普通の妹が比較的使いやすいのは確かである。

上記の店主(妹)は友好キャラクターのためプレイヤーへの攻撃はしてこないが、上記の通りこちらから攻撃を加える事は可能なので、
もし攻撃してしまうと敵対状態になり中立状態の妹を大量に召喚してくる。
ただし訓練されたお兄ちゃんの中には、その大量の妹に演奏を聞かせて演奏スキルを鍛えたり、
虐殺して戦闘スキル上げした上で遺品漁りをすると言う豪の者も居る。
…まぁわざと警報器を鳴らして現れたモンスターを虐殺するなんてCRPGの伝統ですから
具体例

+ヴァリアントでの妹について
「ヴァリアント」とはローグライクにおける改造版(要は「バリエーション」)の事で、
elonaの開発終了と共に公開されたソースコードを元に、他の開発者によって妹の様々な活躍?が追加されている。
  • 謎の種から実った作物を収穫すると妹が現れる。
  • エイリアンに寄生されたはずが腹から血の繋がっていない妹が生まれる。チェストシスターってか
  • 神話生物系のクリーチャーが眷属として妹を召喚することがある。
  • 妹のなる樹がある。
  • 自宅に妹が訪れる事がある。
  • 一年に一度妹の日が訪れる。アイテムなどを使えば日付に関係なく訪れる。
  • 強大なモンスターが鬼湧きする「終末」という現象を引き起こす剣を妹に振らせると、巨大な妹を含む無数の妹が現れる。シスマゲドンの到来である
  • 妹の日記を複数読むことで妹を理解するその後しばらく発狂する
  • 呪われた妹の日記を読むと、色違いの妹が出現する。
  • フィールドで出会う山賊の中に「妹団」が混じっており、お兄ちゃん(もしくはお姉ちゃん)であるか尋ねられる。どう答えても酷い目に遭う。
  • 爆弾を持った爆弾妹が出現する。
  • 初期装備が包丁に変更される。
etc……

…こだわりようは凄いが、お前ら妹をなんだと思ってるんだ!?こう思っている


MUGENにおける妹

桜川氏が夫氏のロミアスを改変したものが存在する。
ドットは『Elona』のものを使用しているが、一部ヴァリアントの要素や派生ゲーム『ElonaShooter』のものも使われている。
性能は改変元のロミアス同様ダメージがダイス判定によるランダム性があるものになっている他、
全体的にロミアスよりもダメージが低く、隙も多めにされている。
AIは搭載されていないが、AI殺しな性能なのでそこそこ戦える。

+技一覧
  • A:包丁
包丁で切り付ける。『Elona』では短剣カテゴリに分類される。

  • B:★《ネガティブエッヂ》
ヴァリアントのHな妹(HはHでもHELLの方だがな)が持つチェーンソー。包丁の強攻撃版。

相手に向かっていく投擲武器。ダメージのバラつきが酷いが最大ダメージはダントツ。

  • X:妹が愛を込めて作ったお弁当(媚薬混入)
お弁当を前方に設置。食らった相手を一時行動不能にする。たまに卵や乳が出る。
『Elona』ではお弁当自体には狂喜度を下げる効果があり、媚薬及び媚薬混入物には友好度上昇と共に排卵・噴乳効果(男でも植物でも機械でも)がある。

  • Y:妹爆弾
後方から妹爆弾を発射。触れるか時間経過で爆発する。元ネタは『Elona』の派生フラッシュゲーム『ElonaShooter』より 

  • Z:妹召喚
三体の妹を召喚する。ロミアスのプチ召喚のプチ同様相手に向かって移動攻撃する。
見た目が本体と同じで紛らわしいが、妹の館で妹の店主に妹を召喚された時でも似たようなことになる。

  • A+B:巨大妹召喚(1ゲージ消費)
巨大な妹を召喚する
動きは妹召喚の妹と同じだが、威力・耐久力が上昇し、身長も画面いっぱいまであるので壁として有効に働く。


「お兄ちゃん!」

出場大会



最終更新:2021年09月27日 02:49
添付ファイル