虎杖悠仁


「自分が死ぬ時のことはわからんけど、生き様で後悔はしたくない」

週刊少年ジャンプ連載の漫画『呪術廻戦』の主人公。読みは「いたどり ゆうじ」。
アニメでの担当声優は 榎木淳弥 氏。

元々は仙台に住んでいる何の変哲もない普通の高校1年の少年だった。
ただ、両親は物心つく前に他界しており、唯一の肉親だった祖父も病気により1話時点で死別しており、
本編時点では天涯孤独の身の上ではある。

ある日、高校の百葉箱に保管されていた特級呪物「両面宿儺の指」を偶然拾い、
両面宿儺の指を回収するために派遣された呪術師・伏黒恵と出会ったことで、彼の運命は大きな転換期を迎える。
伏黒から「呪い」の存在を聞かされ、さらに学校でオカルト研究会の先輩達が指の封印を解いてしまったことで、
無数の呪霊を呼び起こしてしまう異常事態に直面する。
「呪力には呪力しか通じない」という理屈のため一般人である悠仁は本来打つ手が無かったが、
呪霊に襲われた先輩と負傷した伏黒を助けるために、その場にあった両面宿儺の指を飲み込み呪力を手に入れる

本来、特級呪物は猛毒も同然でありまず人間が取り込めば即死するはずだが、なんと指は悠仁の体に適合し、
呪霊を退けることには成功したが、代わりに指に封じられていた史上最悪の特級呪霊「両面宿儺」が悠仁の肉体を器として受肉。
……ところが、悠仁は宿儺から自力で肉体の主導権を奪還し、
特級呪物への稀有な耐性と宿儺を取り込んでも自我を保てる「器」としての素質を持っていたことが判明する
とはいえ宿儺復活の危険性は変わりないため呪術界は彼を秘匿死刑に処そうとするが、
この現象により誰も消滅させることができなかった宿儺を(悠仁ごと)消滅させることが可能になったため、
特級呪術師「五条悟」が上層部に提言し、「二十本ある宿儺の指を全て取り込ませてから死刑」という執行猶予が与えられる。

悠仁は死刑には納得していないが、祖父の「オマエは強いから人を助けろ」という遺言もあり、
呪いの被害に遭う人物を少しでも減らせるならと、宿儺の指を全て取り込むことを決意。
東京都立呪術高等専門に編入し、呪術師の道を歩むことになる。

生来が非呪術師であるため、基本的に生まれつきとされる「術式」は使用することができないが、
呪術に関わる前から、砲丸投げで約30m(世界記録越え)を記録するなど超人的な身体能力を有しており
(このため体育教師が本人に無断で運動部に転属させようとした程)、
呪力を手に入れたことでさらに強化しており、呪力が少ない代わりに並みの呪術師を凌ぐ身体能力を誇る
「天与呪縛」という体質の人間と同等かそれ以上の膂力を、素の身体能力と呪力だけで実現している。
このため、戦闘スタイルは呪力を纏った肉弾戦のみだが、その威力が桁違いに高い一芸特化型である。

+両面宿儺について

「許可なく見上げるな」

呪術全盛の時代に術師が総力を挙げて挑んでも敵わず破れたと伝えられる「呪いの王」。
担当声優は 諏訪部順一 氏。劇中では「宿儺」と呼称される。
本来の宿儺は4本の腕と2つの顔を持つ異形であったらしく、
死してなお力の源であった20本の指は呪物と化し千年間に渡って誰も消し去ることができなかった。
強力な呪物があると他の呪いが寄り付かなくなるという性質のため、
毒を以て毒を制す魔除けとして悠仁の通っていた高校に指の内の1本が安置されていた。
しかし、千年以上の年月で封印が緩み、取り込むことで膨大な呪力を手に入れられる呪物に性質が変化し、
その強大な呪力を求めて高校には呪霊が集まるようになったのが、第1話の出来事である。

現在は悠仁の肉体を器として受肉しているが、悠仁の特異体質により肉体の主導権を奪うことができず、
リミッターに等しい悠仁のことを忌々しく考え、虎視眈々と出し抜く機会を狙っている。
指が1本でも残っていれば理論上は完全復活できるらしく、自分の指の一部を取り込んだ悠仁を殺すことにも躊躇は無く、
実際に一度心臓を抜いて殺してしまったが、伏黒のことを「唯一の好奇」として気に入ったことから、
伏黒を傍で見守れる存在として悠仁を生かすことに決め、ある契約を結び彼の心臓を治癒している。

不完全な復活の状態でもそこらの特級呪霊を凌駕する呪力を備えているだけでなく、
一見しただけで相手の能力のメカニズムを瞬時に見抜くなど、横暴な言動に反して頭も切れる。
また、彼の領域展開「伏魔御廚子」は敵を閉じ込めることに特化している一般的な領域展開と異なり、
あえて空間を分断せず「相手に逃げ道を与える」という縛り(制約)を自身に課すことで領域の性能を底上げし、
術式が必中になる領域の範囲を最大半径約200mまで拡張することを実現している
(劇中で「キャンパスを用いず空に絵を描くに等しい神業」とまで言われる絶技)。


『呪術廻戦』作品概要


本作は『ジャンプGIGA』で短期連載されていた『東京都立呪術高等専門学校』をパイロット版兼前日談とした作品であり、
前作の設定および世界観を共有している他、前作のキャラクターも続投で登場している。
前作は後に『呪術廻戦』0巻として発売されており、読まなくても不都合は無いが、
読んでいないとダイジェストに感じる部分はある。

前作は乙骨優太という少年が主人公で、作者曰く当初は週刊連載化の予定はなかったらしいが、
これが好評を博したことと、単行本化した際に本誌連載の番外編として出版した方がたくさんの人に読んでもらえるという話を受けたことで、
世界観を共有した『呪術廻戦』の企画を立ち上げたという。
1巻は発売後即品切れが続出し重版が決定するなど大反響を呼び、
2020年10月からアニメも放映され、2021年3月にはシリーズ累計発行部数4000万部を突破している。
丁度連載開始の同時期に同誌で連載されていた『鬼滅の刃』のヒットも相まって、
Web小説時代以前のラノベ全盛期以来となるダークファンタジーブームの筆頭として『鬼滅の刃』と共に名を挙げられている。

作風はホラーテイスト強めで、かつ敵味方問わずかなりの頻度でキャラが死ぬ。

ちなみに作者の性癖のせいで太ももが豊満な女性キャラが多い
(作者は兄の結婚式でウェルカムボードを書いて兄嫁を傷つけるまで普通の太さを書いてると思っていたらしく、
 それ以前まで「太い」と主張する担当とかなり衝突したらしい)。


MUGENにおける虎杖悠仁

Joey Jostar氏の製作した『JUS』風ドットのちびキャラが公開中。MUGEN1.0以降専用。
機動力は高く2段ジャンプも可能。
攻撃面はパワータイプで一撃が高火力な上にコンボ性能も優秀。
強攻撃は若干大ぶりな部分はあるが、着弾の瞬間と当たり判定の出現が合致しない「逕庭拳」などがあり、
見た目以上に攻撃を避けにくい。
また、宿儺モードになるモードチェンジ技も存在し、
この状態になると攻撃の発生及び攻撃範囲が劇的に強化される。
AIもデフォルトで搭載されている。
DLは下記の動画から

出場大会



最終更新:2021年06月10日 22:53