霧咲小梅


「邪な心など捨ててください。清らかな心がないと私に勝つことはできません。」

国籍:日本
性別:女
職業:忍者
誕生日:9月1日
年齢:18歳
身長:168㎝
体重:51㎏
血液型:AB型
趣味:折り紙、温泉巡り
特技:料理(主に寿司)、泳ぐこと
好きな食べ物:寿司、天ぷらうどん
嫌いな食べ物:雲丹
格闘スタイル:忍術
異名:可憐な大和撫子
イメージカラー:水色

忍者の血を受け継いだ一流のくノ一。
清らかな性格で癒し系だが、実は忍の里の長に続く実力者でもあり、仲間の忍者たちから親しまれている。
幸村隼人の幼馴染にして修行仲間でもあり、恋人でもある。
大の温泉好きで温泉旅館の看板娘とは親友関係。
また、泳ぎもうまく水団の術も得意とする。料理も上手。
しかし年下の幼い子供に弱くロリやショタに目がない。
隼人と共にどんな任務を遂行してきたが、ある日運が悪く一度敵の忍者集団に見つかり捕まりそうになったところを、
隼人に助けられた後、自分の未熟さに負い目を感じ、忍の誇として強くなるために旅出つ。
隼人に何も言い残さずに…!

(以上、本体付属のキャラ設定より引用・改変)

亜乱田堂氏のコンプゲー『ワールドファイティング・ジェネレーション』における中ボスの一人。「きりさき こうめ」と読む。
元は幸村隼人の設定とエンディングに登場するキャラで、初の同国の代表国を持つキャラになる。
幸村隼人と対になるキャラとして製作されており、青を基調としていたり苦無を投げたり水使いだったりと、あらゆる方面で正反対。
清楚な外見だが、ロリコンでありショコンというかなり危ない嗜好の持ち主である。
当初の設定は「女は戦いに向かないと言われ、その考えを改めさせるために旅出つ」というものだったが、師匠に言われたのか隼人に言われたのか曖昧になってしまったため、変更された。
ちなみに苦無を底なしで打てるのは、手品だからなんだとか。

ホームステージは道後温泉の本館前となっており、親友と思しき看板娘も立っている。
小梅以上の巨乳なのでお辞儀をする度に揺れる!
また、『BLEACH』の雛森桃がカメオ出演している。
当初は隼人と兼用だったが、後に専用の夜版ステージが作られた。元ネタは橘右京のステージ。
因みに、背景の奥に富士山と思しき山が見えるが、道後温泉がある愛媛県は富士山からは程遠く、それに類似した火山もない。

モデルはロロノア・ゾロの幼馴染み・くいな。
髪型と髪色は『戦場のヴァルキュリア』に登場するイサラ・ギュンターと赤松健氏の漫画『ラブひな』の前原しのぶを参考にしている。
太眉なのは雛森桃の影響との事。


性能

隼人に比べDEFが80と防御力が低い分、敏捷性に優れている。
超必殺技の「豪水流し」は最大七割近くのダメージを与える火力を持つ。
AIは搭載されていないが、改変はご自由にとの事で、IX氏による外部AIが公開されている。




 「私は貴方より強いです。何せ私は伝説の忍者ですから。」

出場大会



最終更新:2024年02月28日 18:31